Aimerの歌詞リスト

よみ:
エメ

3min

歌手
Aimer
歌い出し
When you're looking for the special 飛び出すだけでいいよ Move from coast to coast. You don't need tickets 荷物もなくていいよ 君と三分間で世界を 誰も見てない West of Eden を めまいがするくらいの Heaven の Here's the sign Let's get out You feel the world is calling? Gimme just three minutes Even if we face the boring Rhythm and soul beat it Rhythm and soul, we are めまいがするくらいの Heaven を 誰も見てない West of Eden を 旅に出るのに確かな理由は Here's the sign Let's get out You feel the world is calling? Gimme just three minutes Even if we face the boring Rhythm and soul beat it Rhythm and soul, we are 明日 世界のどこにいたとしても 三分間ですぐに会いに行くよ I'll find you I feel you so far away, close and near Let's get out You feel the world is calling? Gimme just three minutes Even if we face the boring Rhythm and soul beat it Let's get out You hear? The world is calling Gimme just three minutes Even if we face the boring Rhythm and soul beat it Rhythm and soul, we are

7月の翼

歌手
Aimer
歌い出し
星屑の中 羽ばたいた あの白い鳥の様に 何もかもを投げ出して 飛べたなら 変わるのかな? どこにも行けずに まだここにいる ただ 会いたい 浮かぶ言葉はいつも弱くて 変わらず胸を焦がすよ ねえ もし願いが叶うなら 夜空も越えて会いに行くよ 暗闇の中 輝いて 咲き誇る花の様に 何もかもが愛しくて いつまでも探している どこかで会えたら また微笑んで ただ 会いたい 君の笑顔は今も 遠くで変わらず夜を照らすよ ねえ もし願いが叶うなら 迷わず君に会いに行くよ 思い出の公園や 懐かしい教室も 今でもあの日と同じままかな? 寂しげな街灯と 最後に見た駅のホーム 溢れ出す景色に手を伸ばす 会いたい… 浮かぶ言葉はいつも弱くて 変わらず胸を焦がすよ 会いたい… 君の笑顔は今も 遠くで変わらず夜を照らすよ ねえ もし翼があるのなら 迷わず君に会いに 夜空も越えて会いに行くよ

A LETTER

歌手
SawanoHiroyuki[nZk]:Aimer
関連作
アニメ「機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]」アレンジ版
歌い出し
All my friends have gone away I need myself to sing this song But you always passed away. But It seems to be o.k. All my wish and powers They would take me to the gate Should I really find my problem? Do I really want to know about? I’m writing a letter for me Is there anything I would say? I don’t have to throw my life away Everything goes wrong– –to turn into the way of life This could take so long to find the way All those people cry in vain N ow I see the light in pain I can find the way of love You don’t have to throw your life away Everything goes wrong– –to turn into the way of life This could take so long to find the way All those people cry in vain Now you see the light in pain You can find the way of love All my friends have gone away I need myself to sing this song But you always passed away. But It seems to be o.k. All my wish and powers They would take me to the gate Should I really find my problem? Do I really want to know about? I’m writing a letter for me Is there anything I would say? Say good bye into the perfect sky But it’s your love can be the real life line

After Rain

歌手
Aimer
歌い出し
ぬれたシャツとぬれた頬 アスファルト 帰り道はいつもより ちょっと寂しげ 線路沿いに咲く小さな花でも 凍えた体 揺らしてる だから 昨日よりもずっと綺麗な 眩しいあなたがそこにいる 風に口づけ 歩いていける 大丈夫 昨日よりも きっと確かに 輝く明日がそこにある 空に飾ろう 花束 今は知らない 花の名は ちぎれ雲と雨上がり 街路樹 帰り道はいつもより ちょっと綺麗で 雨の匂いなら 気付けば遠くへ 消える頃には愛しくなる だから 鼓動よりもずっと確かに 胸打つ何かがそこにある 空は気まぐれ よくある話 大丈夫 昨日まで流した涙も 声にできなかった想いも 歌に託して サヨナラ 誰も知らない恋の歌 誰かにもらった傘なら もういらない 胸を締め付けた強がりなら きっと強さに変わる 昨日よりもずっと綺麗な 眩しいあなたがそこにいる 風に口づけ 歩いていける 大丈夫 鼓動よりもずっと確かに 胸打つ何かがそこにある 虹も気まぐれ 素敵な景色 大丈夫 昨日まで流した涙も 声にできなかった想いも 歌に託して サヨナラ 誰も知らない雨の歌

AM02:00

歌手
Aimer
歌い出し
AM02:00の誘う風に 少し 遠く ここまで来た 嫌いな街灯りさえ 紅く 淡く にじんでいた あの時 君が言った言葉は まだ胸で そうrefrain 繰り返しては 眠れない夜を巡る 君を思うほどに いつも残るの ただ不安が 私はまだここにいる そばにいたいって言えずに 眠れずに 君を思うほどに どうして逃げたくなるの? 私を見て きっと君なら そう 笑うよね? 笑うよね… You don't know really how I feel. You don't know really what I feel. I miss you, really. AM02:00の誘う風に 少し 遠く ここまで来た 降り注ぐ優しい雨 碧く 甘く 包んでいた 会えない 夜のこんな 気持ちを 濡らしていく そう let it rain 傘もささずに 眠れない夜を巡る 君を思うほどに いつも残るの ただ不安が 私はまだ願っている こんな夜のコト 言えずに 眠れずに 君を思うことが どうして悲しくなるの? また明日 きっといつものように会えるよね? 会えるよね… 君を思うほどに いつも 残るの ただ不安が 私はまだここにいる そばにいたいって言えずに AM02:00 君を思うほどに どうして逃げたくなるの 私を見て きっと君ならそう 笑うよね? 笑うよね… You don't know really how I feel. You don't know really what I feel. I miss you, really. You don't know really how I feel. You don't know really what I feel. I miss you, really.

AM03:00

歌手
Aimer
歌い出し
鮮やかに流れ出すヘッドライト 気持ちはまだ"帰りたくない"と 寂しげに遠ざかるテールランプ 気まぐれで不器用なダンス踊る 駆け下りるスロープ まるで真夜中バレリーナ A floating step 月明かりに A flowing step 浮かぶ横顔 君に伝えたかったのは 単純で 些細なこと 少し鼓動 加速してる 今更で きっと笑うよね 覚めない夢を夢見てる 消えない声を聞いている 明けない夜を開けてみる Who can tell why I miss you, really? 足早に流れてくヘッドライト 今夜もまたSleepless Night 寂しげに遠ざかるテールランプ 縮まらない君とのDistanceだけが とめられないループ また思い出す 帰り道 A floating step 少しだけど A flowing step 触れた指先 AM00:00 想いを綴るだけ 期待だけして浮かぶ様な AM01:00 AM02:00 まだ眠れずに 真夜中も越える様な AM03:00 君に伝えたかったのは 単純で 些細なこと 少し鼓動 加速してる 今更で きっと笑うよね 覚めない夢を夢見てる 消えない声を聞いている 溶けない夜を解いてみる Who can tell why I miss you, really? 君のこと想うほど わからなくなる気持ち 今は夢の手前だと 静かに願う 君に伝えたかったのは 単純で 些細なこと 少し鼓動 加速してる 今更で きっと笑うよね 覚めない夢を夢見てる 消えない声を聞いている 明けない夜を開けてみる Who can tell why I miss you, really?

AM04:00

歌手
Aimer
歌い出し
伝えたいことも 伝えられないまま 夜が溶けてゆく 叶わない二人 終わらないわがまま 朝が呼んでいる How do you feel? What do you feel? How do you feel? What do you feel? 風に誘われAM02:00  落ち着かない気持ち 星も揺れてるAM03:00 きっともう夢心地 魔法をかけて 天使からFairy Taleを ありふれた夏の夜の夢を辿る 伝えたいことも 伝えられないまま 夜が溶けてゆく 叶わない二人 終わらないわがまま 朝が呼んでいる 街の明かりは夜の虹 月の影をまとい 飽きもしないでAM04:00  君の残像(かげ)と踊る 魔法をかけた 眠らないNightingaleは あやふやな夏の夜の夢を綴る つたない言葉を 繰りかえすだけで 夜は哭いている 帰れない一人 まだ夢の手前で 朝が待っている Now do you sleep? Now do you dream? Now do you sleep? How do I sleep? 伝えたいことも 伝えられないまま 夜が溶けてゆく 叶わない二人 終わらないわがまま 朝が呼んでいる つたない言葉を 繰りかえすだけで 夜は哭いている 帰れない一人 まだ夢の手前で 朝が待っている

April Showers

歌手
Aimer
歌い出し
長い雨に遠ざかる声 足を止めて町を眺める 煙る空がどこか奇麗で 懐かしい場所に変わって いつも傍にいてくれたよね 俄雨に立ち尽くす日も ふいに浮かぶ過ぎた景色と 木陰の下 雨宿り 小さくて幼い それはまるで 泣き虫な誰かみたいで 四月の雨 濡れた羽 雲雀はまだ 飛べずにいる 浅い春の冷たさに身をすぼめて 時を待ち続ける 日差しの種 淡い夢 羽ばたくまで 唄を添えて 遠い空の切れ間へと 五月の花の名を 今は知らずに 長い影と呼びかける声 時を止めて星を見た夜 眠る前に交わした言葉 失くしたくないものばかり 小さくて幼い それはいつも 泣いていた 傍にいたくて 失くせないもの増えるたび 暖かさに沈んでゆく 通り雨の冷たさに身をすぼめて 歩き出せずにいる ゆずれないもの ひとつだけ 鞄の中 仕舞い込んで 今でもまだ覚えてる右手のぬくもりと 唄を頼りに 遠く響く雷鳴には 春の嵐の手招きの音 いつか ここで 同じ景色を見てた 四月の雨 風に揺れ 雲雀は今 空を見上げ 浅い春の冷たさに身をゆだねて 羽を広げてゆく ゆずれないもの ひとつだけ 鞄の中 仕舞い込んで 遠い空の切れ間へと 花咲く五月へと 傘もささずに

Ash flame

歌手
Aimer
歌い出し
うらぶれたシグナル 無暗に光らせ 果てない迷路 進んだってどうせ a 9 days wonder 絡まった旋律 解かぬままリピートしたら いつまでも 疼いて痛い 満ち足りない 変わりはしない? この世界 心したいようにして 吠える勇気は 微塵もないくせに 愛されたい すがろうとしてるの? もういいって 澱んでくだけの思いこそ解けば 夜を撃つ サイレン 夢想への SOS 全部 朽ち果てていいから 透き通った一瞬を 呼び覚ましてよ ねえ ここから Ash flame 宿して抗え どんな無様でも手を伸ばせ 苦い笑みも ひび割れたくらいじゃ 壊れやしない ぐしゃぐしゃ 丸めて心を 捨てようとして 的外れのまま 耐えるのには長すぎる滑走路 託されたい 変えようとしてるよ どうしたって だからお願い あのフレイズを繋いでみせて ぼやけたシグナル 両手にあつめて 急かすように 紡ぎだしたストーリー a 9 days wonder 真夜中の不文律 ひとつも置いていかないよ いつまでも 抱いていよう 夜を穿つ サイレン 瞬くは SOS どんなに 汚れ 削られても 夢という怪物は 美しいんだよ 何度でも Ash flame 宿して刃向かおう 誰に追われても構わない 過ぎし日の cloud nine 宿命果たすまで 絶やさないよ

Because we are tiny in this world

歌手
SawanoHiroyuki[nZk]:Aimer
歌い出し
You must take a risk just on my side Now we are here to search the light As soon as moon light cut the night Here you go, searching for your way Show me your confidence Holding my hands Moving my heart Wrapped around me tight Every little things with you All I remember, you’re blue Come right back Take a chance and fly to the fight We will all say hi to the world We have so much war in this world Let’s move on You will save me from the despair I will save you dear So much strife we can not ignore Because we are tiny in this world So I say Coming back or Give it up for your life Coming back or Give it up for your love Coming back or Give it up for your time Coming back or Give it up for your chance …For earth You are shy with me for my love you hide so Shut them down with all your might The girl you love she waits for you In the heat you see your goal You are our self defense Calming my fears Catching my tears Keep me in your sight Every little things with you All I remember, you’re blue Come right back Take a chance and fly to the fight I will wait for you in the fire Die it only makes you stronger sill Let’s move on You will save me from the despair I will save you dear So much strife we can not ignore Because we are tiny in this world So I say Coming back or Give it up for your life Coming back or Give it up for your love Coming back or Give it up for your time Coming back or Give it up for your chance …For earth Would you die for me and our love? We must show the earth we care It’s a world of hurt yeah I know Let’s move on You will save me from the despair I will save you dear So much strife we can not ignore Because we are tiny in this world Come right back Take a chance and fly to the fight We will all say hi to the world We have so much war in this world Let’s move on You will save me from the despair I will save you dear So much strife we can not ignore Because we are tiny in this world So I say Coming back or Give it up for your life Coming back or Give it up for your love Coming back or Give it up for your time Coming back or Give it up for your chance …For earth

Believe Be:leave

歌手
Aimer
歌い出し
壁の写真 錆びたフレーム 空の花瓶 あの日のままで 捨てられない 古びたテディベア 擦り切れたネイビーのコート I believe in you 何度も言う 越えられない あの日のバッドエンド 泣き虫は きっと直らない もう少しそばにいたかった I'm needing you! I'm needing you! 叫んだって 変わらない A needle in you?  ドアは閉まる …ちょっとWait! Wait yet! “Believe Be:leave” まだ夢見ていたんだ So I dreamt? 理由なんてなしで I believe but you leave さよならさえ 言えなかった Still I believe? ビリビリに引き裂いて I lost your heart 悲しいよ 寂しいよ 壊れたハート あの日のままで 抱きしめた 大事なテディベア 引き出しに閉じ込めた涙 I believe in you 何度も言う 変えられない あの日のバッドエンド Like my mom said きっと帰らない あと少しそばにいたかった I'm needing you! I'm needing you! 叫んだって 届かない A needle in you?  時が止まる …ちょっとWait! Wait yet! “Believe Be:leave” 愛された気がしてたんだ So I dreamt? 理由なんてなくて I believe but you leave 幼さで拭えなかった Still I believe? ビリビリに引き裂いて I lost my heart “Believe Be:leave” まだ夢見ていたんだ So I dreamt? 理由なんてなしで I believe but you leave さよならさえ 言えなかった Still I believe? ビリビリに引き裂いて Believe! I believe 愛された気がしてたんだ So I dreamt? 理由なんてなくて I believe but you leave 幼さで拭えなかった Still I believe? ビリビリに引き裂いて I lost your heart

bL∞dy f8

歌手
SawanoHiroyuki[nZk]:Aimer
関連作
アニメ「機動戦士ガンダムUC[ユニコーン] RE:0096」ED 2
歌い出し
Behind your mask You smile, smile me with the greed and the frantic eyes I hate it, but I can’t deny it I don’t wanna be like you The feud between us escalates deeper into tons of tragic wages Can’t stand it, but I never fight it Though I haven’t proofed enough Hypnotized by your charismata None realized, you won’t be true But I know you are right if I were on your side So confused… God, what a judgement! Is my punishment? Can’t I escape from my sole bloody fate? Where is my fragment? Lost is the moment Need to look back what we’d done with They are still crying Who can hold back this war of slaughter? Ain’t no one gotta refuse It doesn’t really matter Betray myself to save the others’ soul Although I wanna get out of here We will keep running We will keep running We will keep running to replay the One-way Freedom We will keep rolling We will keep rolling We will keep rolling to replay the One-way Freedom Behind your back So dark, something dark has ruled your words and deeds I found it, but I couldn’t prove it I don’t wanna feel for you We clearly missed out Furthermore we’ll repeat the same guilt with the sick creeds Can’t avoid it, but I’ll try to fix it And we’ve gotta turn the tide Hypnotized by your charismata None realized, you won’t be true But I know you are right if I were on your side So confused… God, what a judgement! Is my punishment? Can’t I escape from my sole bloody fate? Where is my fragment? Lost is the moment Need to look back what we’d done with They are still crying Who can hold back this war of slaughter? Ain’t no one gotta refuse It doesn’t really matter Betray myself to save the others’ soul Although I wanna get out of here No more pain remained to regret with the stains Wash all them off to forget my damn conflicts with you Don’t let me be off my nuts cuz of your surrender Why don’t you sell me out? Why don’t you take it out? Almost I lose what I’m living for Knock on the floor to spit out the anger from hatred Don’t let me be off my nuts cuz of your surrender Why don’t you sell me out? Why don’t you beat me? We will keep running We will keep running We will keep running to replay the One-way Freedom We will keep rolling We will keep rolling We will keep rolling to replay the One-way Freedom

Black Bird

歌手
Aimer
関連作
映画「累 -かさね-」主題歌
歌い出し
小さな頃の小さな願いは 誰のためにどんどん大きくなった? Everyone never knows 重ね続け過ぎた嘘に No one finds me 分からなくなるよ Black Bird すぐに堕ちていきそうだ まるで一人のステージ まっ暗闇で声を枯らすよ I cry きっと空の飛び方なんて 誰も教えてくれなかったよ まっさかさまに海の底へ I fall 愛されるような 誰かになりたかっただけ あなたの瞳(め)なら 歪んだ世界の何もかもが どんなに奇麗だろう いつか叶うと 探し続けてきた朝に No one finds me 戸惑いながら Black Bird ふいに消えていきそうだ 急に光りだす景色 真っ赤な太陽 羽を溶かすの? I fly? こんな声の鳴き声なんて 誰も気づいてくれなかったよ まっくろこげに 身を焦がして 愛を抱きしめるような あなたになりたかっただけ すぐに堕ちていきそうだ ふいに消えていきそうで まっ暗闇で声を枯らすよ I cry ずっと空の飛び方なんて 誰も教えてくれなかったよ まっさかさまに幻(ゆめ)の淵へ I fall 愛されるような 誰かになりたかっただけ

Blind to you

歌手
Aimer
歌い出し
何て言えばいい? もう何を言えばいい? To you… 交わした言葉 乾いた風と遠くに It's too late to say how I feel you now I miss you, your all 見つめたいのに目を閉じた 'Cause I'm blind to you I just cry for you 名前のない季節の隅で 遅過ぎる夕鳴きに 返事はない You still stay in my heart I know it's over You never belong to me 戯れだけで誤魔化せていた その日々 No one's ever known 終わった愛の居場所は It's too late to say how I feel you now I miss you, your all 失くさないように目を閉じて You could be my proof I promise you the moon 出口のない景色の中で 大げさな約束に 意味などない You still stay in my heart 'Cause I'm blind to you I just cry for you 名前のない季節の隅で 遅過ぎる夕鳴きに 返事はない You still stay in my heart I know it's over You never belong to me It's too late

Brave Shine

歌手
Aimer
関連作
アニメ「Fate/stay night: Unlimited Blade Works」OP 2
歌い出し
左手に隠した 願いは願いのままで 覚めない幻(ゆめ)見てた 右手には空の記憶 誰もしらない世界の果て  やまない雨にうたれていた 守りたいものを守れる強さ  それを信じられなくなる弱さ すべてを受け入れて 未来(あした)を探す Brave shine 手を伸ばせばまだ Stay the night 傷だらけの夜 You save my life かざした刃の先に想いを重ねた 祈りは時を越えて Your brave shine... 光ること忘れた 青い星が残してく 消えない影見てた すれ違う赤の軌道 何も知らない子供のまま 明けない夜を彷徨ってた 失くせないものを失くした弱さ 何も信じれなくなる脆さ 立てなくなっても 運命(さだめ)は進む Break down 崩れ堕ちてゆく星座が 傷つけあう夜 You're breaking dawn 交わした約束(ことば)の中に 独りを支えた確かな理想(ゆめ)を添えて... 守りたいものを守れるのなら すべてを受け入れて 未来(あした)を探す 夜明けを灯す Brave shine 手を伸ばせばまだ Stay the night 傷だらけの夜 You save my life 重ねた涙の果てに光をみつけた 祈りは時を超えて My brave shine...

Bright Stars feat. Aimer

歌手
GROWN KIDS
歌い出し
20,000 light years away isn't far when you know the stars. There's a billion beautiful ways I could travel to where you are. If you've ever seen the sky and you were outside the city I could almost guarantee you've wondered what we're doing here. Nobody knows exactly what the reason is we're livin' Still we float on through the air. 2015 years we've been here— At least that's what they say when they don't know where to begin. There's a map that's sure to lead us through the garden in your head There's an atlas that's connected to the palm that's in your hand. If the planets have a planet somewhere way beyond these planets Something far beyond the physical and logic in our brains Just standing up on that hill きっと見つけたんだ まだ見ぬ世界が僕らを包んでる Nobody's gonna blame just you if you saw the sun from above まだ見ぬ世界はWe all could be alone tonight So they say... Every atom in my body came from the stars above me That's why I shine bright and no, no one could ever touch me. Look to the sky, look to the right of me I'm not here alone with aliens and you beside me. Deep breaths when I'm depressed Funny how the sunset puts it all in perspective. I know there's something bigger, I know there's something out there Until we find out what, I'mma do my thing right! Just standing up on that hill きっと見つけたんだ まだ見ぬ世界が僕らを包んでる Nobody's gonna blame just you If you saw the sun from above まだ見ぬ世界はWe all could be alone tonight

broKen NIGHT

歌手
Aimer
関連作
ゲーム「Fate/hollow ataraxia」OP
歌い出し
流れる星(ひかり)を ただ 重ねる指を 求めた声は 閉ざされた庭の中 虚しく 響く 満たされた赤い月 光と闇 まどろみの刻(とき) 許されない約束 飾られた記憶 終末(おわり)を問いかける 重ねた 愛しい罪 優しい嘘 眠れぬ悲しみ 祈り呟く 翼を奪われた幻(ゆめ)に わずかでも星(ひかり)を 虚ろな未来を ただ 普遍の愛を 求めた声が 残された刻(とき)の中 浮かんで 消える いつまで続くんだろう 螺旋の闇 逆さまの月 確かなのは今だけ ひび割れた記憶 この目で追いかける 失くした 愛しい月 優しい雨 眼れる囁き 飛び立つことを 忘れた 鳥たちは 歌う 儚さと 痛みを 水面に映る 星(ひかり)さえ まだ 深く 沈む 狂った月と 壊れた夜が 音もなく 暗闇を 奏でる 重ねた 愛しい罪 優しい嘘 眠れぬ悲しみ 祈り呟く 翼を奪われた幻(ゆめ)に わずかでも… 失くした 愛しい月 優しい雨 眠れる囁き 飛び立つことを 忘れた 島たちは 歌う 儚さと 痛みを

But still…

歌手
SawanoHiroyuki[nZk]:Aimer
関連作
アニメ「機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]」イメージソング
歌い出し
There was a pity boy lapsed into apathy and doubt But he got a chance to change Somehow you bumped into his range He’s just a normal boy longing for happiness And now you see what I mean In fact, He was who I used to be I was reborn with your sacred love I don’t know what to do in my mind But I believe in your mighty heart Whenever I lose control, your soul always brings me back Even if I got lost or went blind Monoceros, take me to the Seventh star Open the door to the peaceful world I was a tiny boy, vanished in the mazes of stardust Why do we gotta spend our lives only for hurting each other? I could just cry for them cursed at, I’m powerless What worth is this fighting for? We’ll never find out anymore No one knows, even the Gods above I can’t draw any schemes of my mind But I believe in your mighty heart Whenever I lose control, your soul always brings me back Even if I got lost or went blind Monoceros. take me to the Seventh star Open the door to the peaceful world Do you see the lights of life? They are ready to shine I do swear, I’ll keep telling them “But still…” forever Because you bring me to life I could fly toward your sign through thejeweled universe I don’t know what to do in my mind But I believe in your mighty heart Whenever I lose control, your soul always brings me back Even if I got lost or went blind Monoceros. take me to the Seventh star Open the door to the peaceful world

closer

歌手
Aimer
歌い出し
I stand behind these lies While I fall apart inside There's no one to tell me why Did I ever close my eyes to see? Colours seem to fade To this melancholy state Who says what am I to change? Did I ever take the time to breathe? Can you keep me in the dark And never let me see The light can be so much worse And I feel it slip away One last good memory Our time has come and gone I'm fading away A little bit closer To that moment I'm standing next to you But I know How this story will unfold A litte bit farther Till I'm caught up To what I'm running from But I know the end It always ends with you Try to hold onto the pain The one thing that won't change It's keeping me grounded And the one reality Starts slipping away And crumbles all around me I'm fading away A little bit closer To that moment I'm standing next to you But I know How this story will unfold I stand behind these lies While I fall apart inside There's no one to tell me why Did I ever close my eyes to see? Colours seem to fade To this melancholy state Who says what am I to change? A little bit closer To that moment I'm standing next to you But I know How this story will unfold A little bit jaded Can't take it There's only one way out So I know the end It always ends with you

cold rain

歌手
Aimer
関連作
アニメ「魔道祖師」ED 2
歌い出し
When cold rain's falling from the sky, Will you stay by my side? 止まない雨に打たれ あなたは哭いていた 冷たいだけの詩に その瞳を逸らして 淡い夢に身を任せ そばにいたかった 隠せない面影を 手繰り寄せて 今、世界の隅で Can you hear me now? I'm here あの深く刺すほどに 強くなれと願う Hold my hand ただ描いたのは それぞれの 道を選べるとき 消えない炎の中で 季節は揺れてた 陽だまりに身を寄せた 春は過ぎ去って 深い夜の帳に落ちる露が ただ、白く煙る And I figure it out なぜ 不確かなものばかり 強く胸を焦がす cold rain まだ拭えない正しさを 洗い流して You're here Can you hear me now? I'm here あの遠く雷鳴が 強くなれと叫ぶ cold rain 今、白い雨が一輪の 花を咲かせるとき 花を咲かせるとき

Cold Sun

歌手
Aimer
歌い出し
重ねた言葉は何を守るため? 強くなれるだけでいい 答えはもういらない 例えば心は傷を負うだけで それだけのものだとしたら 悲しいね それでも空を見上げてる 行き場をなくした月の影 勢いを増した向かい風 知らないどこかで手にした何かは 音を立て すぐに消えた そう 世界の片隅で 祈りとか誓いすら意味をなさない 居場所すら忘れ 歩き続けてく かざした刃は誰を守るため? 強くなれるだけでいい 答えはもういらない 例えば心は傷を負うだけで それだけのものだとしても かまわない それでも空を見上げてる うつむいたままの景色まで 目に映るものは痛みだけ 知らない誰かに望んだ全ては 今はもう風に消えた そう 世界はまわるだけ 残された期待なら意味をなさない 求めたものは捨て 歩き続けてく 重ねた言葉は何を守るため? 弱さと向き合うなら 涙はもういらない 「さよなら」「さよなら」くりかえすだけで それだけの日々だとしたら 悲しいね それでも空を見上げてる いまでも星を探してる 夜明けを求めた旅人は 真夜中輝く 青い太陽 傷ついたこと 傷つけたこと すべて体温(ねつ)にかえるまで ずっと歩いてく 重ねた言葉は何を守るため? 強くなれるだけでいい 答えはもういらない かざした刃は誰を守るため? 弱さと向き合うなら 涙はもういらない 心は 心は 傷を負うだけで それだけのものだとしても かまわない それでも空を見上げてる

Daisy

歌手
Aimer
歌い出し
It's always in my heart 寝過ごしたまま 日曜の朝 なんて素敵な日差しに 今が永遠なんて おおげさ いつもそう ふいに出た声に照れくさそうに そっと君は笑う Daisy, you could make me feel How beautiful Sometimes make me fool Baby girl, in our comfy room I'm in the mood for kissing more All I need is falling for you now Daisy, it's true It's always in my heart ありふれた部屋 一輪の花 カーテン揺れてる 窓辺に 君の手に触れたくて おどけて いつもそう 二人きり部屋で 午後の予定も ずっとまとまらない Daisy, you could make me feel How beautiful Sometimes make me fool Baby girl, in our comfy room I'm in the mood for kissing more All I need is falling for you now Daisy, it's true 君を乗せ 自転車は進む 何にもない午後と 南風が誘う空へ Daisy, you could make me feel How beautiful I don't know what to say Baby girl, you are my comfy room I'll be the one to tell the truth All I need is falling for you now Daisy, you I tell the truth All I need is falling for you now Daisy, you

DAWN

歌手
Aimer
歌い出し
果てしなく広がる この空に 奇跡なんてなくてもかまわない 流した涙なら 隠さない もう何があっても 例えば そう 空を横切る白い鳥のように翼があって 自由に今 空を飛べたなら 逃げるように ただ彷徨っていた   地上(ここ)でしか見えないものがあって 地上(ここ)でふたり出会えた 行く宛のない旅路としても もう二度と迷わない 願いは 一つだと誓う 果てしなく広がる この空に 奇跡なんてなくてもかまわない 流した涙なら 隠さない もう何があっても 振り返れば 寄せては返す 白い波が ほら 選んできた足跡だけ消してくれるから 正しさとか もう答えはなくて 漕ぎだした船は帆をはって 凍える風 吹かれた 遠ざかってく渚の隅で 思い出と悲しみが手を振り さよならを謳う   果てしなく広がるこの海に 行き場なんてなくてもかまわない 嵐の夜ですら 怖くない もう何も怯えることもない 勇敢な想いがつまずいた夜も そばにいるよ 何があっても そばにいるよ 消えてゆく月と 星のない夜空 何より暗いのは そう 夜明け前 朝日まで もう少し 明けてゆく 静かなあの空に 奇跡なんてなくてもかまわない つないだこの手なら離さない もう何も怯えることもない 眠れない想いを抱きしめた夜に 朝は来るよ 手を伸ばせば 朝は来るよ

Deep down

歌手
Aimer
関連作
アニメ「チェンソーマン」第9話 ED
歌い出し
命の悲鳴 途絶え闇へ とけたら 言の葉を散らした 深い 深い 微睡(まどろみ)へ 眠れるよう 赤い指でその目を閉じ 畏れるように 血に溺れる戒律のように 傷口に降る雨のように 痛み刻みつけて 彷徨う群れの中で 行き着く場所に気づけないまま また一つ欠けた わからない 解りたい 拾うことなくまた捨てゆく涙 届かない 聞こえない 縋り付く声呼び覚ます戯れ言 失くした物を忘れた 隙間に棲みついている影 いつからそこに居て 笑ってた I feel you deep deep deep deep down 刹那の氷雨(ひさめ) 打たれ目醒め ざわめく 告毎(つげごと)を散らした 淡い 淡い 幻を 振り切れば 偽りが輪郭を浮かべ 平伏すように 胸に穿つ楔のように 息を止め抗うほどに 記憶を引き裂いて 擦り切れる希望を 褪せた世界に焼き付けたまま ただ繋ぎ止めた 離れない 離したい 癒えることなく 纏わりつく兆し 戻れない 響かない すり抜けた声 かき鳴らした鼓動 願った物を手にした 甘美と喪失に飲まれ どれほど長い時を 辿ってた I call you deep deep deep deep down Deep deep deep deep down

Destiny

歌手
SawanoHiroyuki[nZk]:Aimer
関連作
アニメ「機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]」イメージソング
歌い出し
Have a good sleep for mom and dad What can I do for feeling sad All of my fear is getting harder Losing my motion I can’t hide Going my way I want to hurry Moving my feet and sneaking out Losing my mind I’m feeling down Looking for the truth in this life You can run You can run Nothings gonna change the world If we don’t try so hard You can ride You can ride It’s a miracle Waiting for you now in the dark We were born in a different place They just want to know where the box is Everything in the tapestry We can meet when the fight is done There are many problems in this world Today is not always on your side To the death I’m so scared, It’s war Sky blue in my sight Down on the street of east of seven What can I do for feeling bad All of my fear is getting louder Losing my notion I can’t find Going my way I want to run Moving my feet for breaking now Losing my beat and feeling down Proud to die for our destiny You can run You can run Nothings gonna change the world If we don’t try so hard You can ride You can ride It’s a miracle Waiting for you now in the dark We were born in a different place They just want to know where the box is Everything in the tapestry We can meet when the fight is done There are many problems in this world T oday is not always on your side To the death I’m so scared It’s war Sky blue in my sight There are many conflicts in this world Unclear my path around the fallen ones Into the space to back again So evermore a peace reigns

EGO

歌手
SawanoHiroyuki[nZk]:Aimer
関連作
アニメ「機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]」アレンジ版
歌い出し
You can deeply hold your breath for loneliness For the perfect smile I smell your ego on the way It’s long since I saw the snow You’ve been told before All this things have gone You told me, so many mental heavy days Do the right thing but always wrong eventually In his arm for dreaming on But we’re not the same Anymore… Give me your hand I really need your help It’s not a game What are you saying? Trembling in the dark It’s time to find the answer A life for counter by the storm The waves are all of the world Have you tried to face your days that you can learn Ego… Give me your hand I feel pain so much It’s not a game What are you saying? Walking in the dark It’s time to find the answer A life for counter by the storm The waves are all of the world Have you tried to face your days that you can learn You can deeply hold your breath for loneliness For the perfect smile I smell your ego on the way It’s long since I saw the snow I’ve been read before At the end of lines

escalate

歌手
Aimer
関連作
アニメ「NieR:Automata Ver1.1a」OP
歌い出し
Who sings this song about us pain and sorrow? 鏡映しの業を 済ましたふり繕って 見つめてた 繰り返す痛み 未だ知らぬ憧れ The weight of my sin nails me down 足搔いても Is it the future falling 偶像崇拝みたいだ 微かな不安の足音を Despair of all Emptiness follows you here This never-ending war 信じたい未来へ 巻き戻して 赦せなくて escalateして escalateして I need someone to 目を伏せ Pray in my name 太古へ祈って 折れては繋いで Again and again and again 螺旋のよう one thing 何故戦い続けるの? まだ捨てきれない物は 仮初めか確かな希望か ふれる針 Searching to find the truth there’s no tomorrow 醒めない夢模様を 悟ったふうにあしらって 探してた Same vision repeats itself 崩壊寸前の楽園 抗った果ての結末を Resisting me I must be near to break down Release me I’m in pain 信じ合う世界へ 書き換える 今 染まれなくて escalateして escalateして I can live and die for  天空(そら)を駆け Give me a name 名前を付けて 絞りだした声は Again and again and again 嵐の業 always まだ抗い続けるの? 瞼に焼き付く物は 漏れ出す光か残骸か 揺れる影 赦せなくて escalateして escalateして I need someone to 目を伏せ Pray in my name 太古へ祈って 折れては繋いで Again and again and again 螺旋のよう one thing 何故戦い続けるの? まだ捨てきれない物は 仮初めか確かな希望か ふれる針 Pray in my name

Even Heaven

歌手
Aimer
歌い出し
今はもう ずっと じっと息をひそめたままでいい 宇宙(そら)はまだ きっと もっと 深くへ 沈む 飛び立つ勇気を忘れて 広げた翼も失くして 天国さえ 消えた 青い地球(ほし) 何もいらないと言って ここにいるよと言って 行き場のない 続きもない願いだけ 響いてる ここにいるよと言って そばにいるよと笑って 確かめたいことを 音にすれば 壊れてしまうことは 知ってるよ 今思う ずっと ずっと 辿り着けなくたっていい 君となら きっと もっと 遠くへ行ける いますぐ扉をたたいて 抱えた痛みけとばして 目を凝らせば 見える 青い月 何もいらない場所へ 誰も知らない世界へ 知りたくない 聞きたくないことさえも 滲んでく 君の右手を握って どこへ行くかも忘れて 描いた幻想(まぼろし)を 現実(もの)にすれば 壊れてしまうことも 知っていた 確かな明日や 重ねた昨日よりも 不確かな二人がここにいる それだけでいい… 何もいらないと言って そばにいるよと言って 汚れのない 終わりのない 願いだけ 響いてく 歩き疲れた場所で 変わらない世界の果てで 全てを失くしても “願い”だけは 誰にも壊せないと 信じてた

ever after

歌手
Aimer
関連作
ドラマ「ホットママ」主題歌
歌い出し
あと少しでいいから ここにいて それくらい いいでしょ? 気づいてよ 振り返るたび いつもまぶしくて あなたの笑顔が よく見えない かけがえのない時間(とき) これからもずっと 続いていけるような ありふれた願い抱えた手を 零さないように 重ねて ただ笑ってたくて そばにいて欲しくて 誰よりもその心に触れたくて あなたの優しい声 聴かせて欲しいんだよ 目を閉じてほら 消えないように包みこんでいて欲しいんだよ 無理しなくていいから 窓開けて ひとりにしないから はなしてよ 握り返せないほど 凍えた 指先をそっと とかすように 当たり前の奇跡 忘れてしまうほど 満たされてる日々を 白みゆく夜を見送るたび 想いだしていたいよ 何度も ただ笑ってたくて そばにいて欲しくて 探してしまう 心に触れたくて 吐息をたしかめて ぬくもり分け合って それだけでいい この手を離さないでいて いつまでも 擦り切れそうな言葉とか 剥き出しのままの欠片に その瞳(め)が滲んでも ここに ここにいるよ ずっと ただ笑ってたくて そばにいて欲しくて 誰よりもその心に触れたくて あなたの優しい声 聴かせて欲しいんだよ 目を閉じてほら 消えないように包みこんでいて欲しいんだよ

everlasting snow

歌手
Aimer
歌い出し
It's just arrived 今夜 奇跡は 空から舞い降りて ひとりぼっちの肩で羽を休めて こう呟いた “better not cry” 誰もがみんな 足早に過ぎ去ってく 白い吐息越し見た街は どこか愛しく見えた やがて 大切な誰かを傷つけた事 愛しい誰かが側にいない事の孤独や 悲しい思い出 優しく包み込んでゆく Everlasting snow 冬の奇跡 今年も街を白く染めて 祈りというキャンドル 誰もが胸に小さな灯りをともす It's just bright みんな 季節を愛しく思うほど 色づいてく街に 鐘は響いて 想いをのせた “better not pout” はしゃいだ夢は 足跡を残してく 赤いリボンをそえた それはきっと 願いの形 そして 変わらない月日が過ぎ去った事 描いた何かに躓いて泣いた昨日も 愛しく思えて 優しく包み込んでゆく The everlasting now 夜空見上げ 傷つけあった時を止めて 一人じゃないよって 誰かがそばで 小さな奇跡をおこす ありふれた景色消して 雪は降る 世界が幸せであれと願う様に 恋人は歌う 夜の街で Let it snow… Happy holiday! Everlasting snow 冬の奇跡 世界を今日も白く染めて 祈りというキャンドル 誰もが胸に小さな灯りをともす

Falling Alone

歌手
Aimer
歌い出し
深く深く落ちていく 一つ二つ消えてゆく もうここには戻れない 涙が頬をつたう 狭まった世界 滲んで見えた景色が 青く見える 枯れ落ちた偽りのdreaming I'm falling alone 傷ついたこの羽は貴方が縫い合わせた 握りしめた手 離さないで 絡ませ 強く また 生きてゆく君と You're inside my nights Still feel lost inside your eyes Try to hold on tight But you're long gone Lie in bed and dream of sleep Cause nothing's right with me Under sheets I'm wondering Will this be the end? 枯れ落ちた偽りのdreaming I'm falling alone 傷ついたこの羽は貴方が縫い合わせた 握りしめた手 離さないで 絡ませ 強く また 生きてゆく君と 剥がれ落ちた偽りのdreaming I'm falling alone 傷つくことにさえ今はもう慣れた僕 伸ばしたこの手 絡ませて 激しく そしてまた ふみだせるよ きっと

for ロンリー with 阿部真央

歌手
Aimer
歌い出し
大好きな人 君はどう思う? 些細なことでぶつかり合う僕らを 僕の意地っぱりも 君の強がりも 全部会えないことのせいにしてしまおう 大好きな人 知っているか? 今日も君への想いで僕は揺れてる ちょっととぼけた 可愛い人 今君に会いたくて僕は泣いてる 触れられない 触れ合えないことに かなり参ってる 不安なんだよ Baby 口にはできないけど 抱き締めたなら ただそれだけで済んでしまうことなのに 大好きな人 なんでそう思う? 自分ばかりが好きなんじゃないかって 驚いたよ 大好きな人 今の僕にその言葉はないだろう? 電話越し 突然に泣き出す君にどぎまぎしている どうしろっての Baby こんなに好きなのに… 他の何かじゃ 満たせそうにないから困っているのに 大半が 下らない すれ違い 想い合うが故の憂さ 抱き締めたなら ただそれだけで済んでしまうことなのに

Higher Ground

歌手
Aimer
歌い出し
Here I am again Wandering What road will take me where I'm not turning back Not this time How high can I go? I'm not coming down Don't know why, don't know why Don't know what's begun I will find my higher ground So close I could touch a star Oh so long, oh so long So long left to go Searching for my higher ground If I fall, please catch me now I know it's alright Here with you Here I am again Wandering What road will take me where 戻れない夜や日々に How high can I go? すがれないなら Don't know why, don't know why Don't know what's begun 憧れとhigher ground そこに意味はなくても Oh so long, oh so long So long left to go 手を伸ばした higher ground 今は届かなくても I know it's alright Here with you I will find my higher ground So close I could touch a star Oh so long, oh so long So long left to go Searching for my higher ground If I fall, please catch me now I know it's alright Here with you

holLow wORlD

歌手
Aimer
関連作
ゲーム「Fate/hollow ataraxia」挿入歌
歌い出し
In this place, I have to stay? My memory wearing off I lost my name Is this dark haze that you said? I walk like a lost child I lost your face If everything could be imaginary one Can I be resigned to losing end? Is this where I live? Or is this where I leave? Eternal flame The hollow world I see, the sorrow deeply I feel Now they're perfectly burned out Eternal flame just back in my hands Like a double-edged sword I don't care It's time I have to go that way Cause I got ready to break my endless days In this place, I have to dive? There's no time for guessing at I lost the game Is this your craze that you drive? I'm confusing like a child I lost your faith If everything could be oblivious one Can I get freedom from losing end? Is this where I live? Or is this where I leave? Eternal flame The hollow world I see So slowly cutting in the deepest We're violently screaming out Eternal flame just back in my hands Like trouble with doubt I don't care It's time I have to go that way Cause I got ready to break my endless days Eternal flame The hollow world I see, the sorrow deeply I feel Now they're perfectly burned out Eternal flame just back in my hands Like a double-edged sword I don't care It's time I have to go that way Cause I got ready to break my endless days

hollow-mas

歌手
Aimer
歌い出し
I'm reading the stars Standing in the dark 問いかける 終わりの日 Bleeding, I see 命の灯 行く先を伝う祝祭を歌に Do you treat me like real heart? Do you treat me like real hurt? Do you treat me like real life? Do we dream at night? 物語を綴れば 空の杯も輝く Hollow-mas, so we dance to live Hollow-mas, so we dance to be… I'm bleeding, you see? 命の灯 問いかける 終わりの日 I'm reading the stars Standing in the dark The winter is coming on there…

Hƶ(ヘルツ)

歌手
Aimer
歌い出し
曖昧なヘルツに合わせたならNo Good もうパスワードのようにダイヤルをアジャスト 見えない波長が声を音を届けて 名前のない時間、リライトする 空と空を架けて想いと想いを繋げて 僕たちを輝かせる弾むジングル さぁ Radio 響けクールな音で 憂鬱なノイズすらイレース うまくいかない苛立ちも泡んなって消える So great day 軽快な鼻歌で 単色な日々をメイクアップ ハイになるサウンド 明日へのエネルギー yes! 揺れ幅でもって伝えてAmplitude そんな遠くに行っちゃ届かんよFrequency 鼓膜を震わす心地よい言葉 身体を駆け巡っていく Pops Rock Fusion Jazz R&BにCountry 流れ出すその瞬間に心躍る Oh DJ! バッチリなナイスなチョイスで 誰かの孤独すらイレース 溜め込んじゃってるストレスも煙になって消える So great day キャッチーなイントロで 単調な日々をグレードアップ どんな背景も彩ってくれるんだ yes! さぁ Radio 響けクールな音で 邪魔するノイズはオールイレース 口をつくようなヨワネなんかボリューム絞ってしまえ! そんくらいで feel so good!自分だけの チューニング見つけてワンアップ 拳をギュッと固く握って yes!!

I beg you

歌手
Aimer
関連作
映画「Fate/stay night [Heaven's Feel] II.lost butterfly」主題歌
歌い出し
あわれみを下さい 堕ちた小鳥にそっと触れるような かなしみを下さい 涙ぐんで 見下ろして 可哀想だと口に出して 靴の先で転がしても構わないわ 汚れててもいいからと 泥だらけの手を取って ねぇ輪になって踊りましょう 目障りな有象無象は全て たべてしまいましょ スパイスは堪え難いくらいがいいわ lie, lie, lie, la la la... 怯えた小鳥は さよならなんて言えなくて 愛を請う仕草で黙り込んで つつましいつもりでいた lie, lie, it’s a lie, not a lie, もう辛い  散々傷ついて やさしいせかいに誰だって行きたいわ ひとつに溶けてしまいましょ 憎しみも愛情もむしゃむしゃと 頬張ってしまいましょ 混沌の甘い甘い壺の中で lie, lie, lie, la la la... 曖昧に笑うから 会いたいと思うのよ I know you’re here to stay with me 愛されていたいだけ lie, lie, lie, you’re to be with me 雷鳴の咲くところ 惨憺たる heavenly feeling 愛だけ残ればいい しんしんとかなしみだけがふりつもる 願望も悔恨もただ埋め尽くす きずな結んだ遠い春の日の 傷跡さえも消えてしまうの やがてキラキラ夢の中 朽ちて行く光は貴方に 届くはずだから まぶしくて 涙が止まらない ねぇどうか側にいて 泥だらけの手を取って 離さないで どうかずっと側にいて 離さないで 暗くなるの、側にいて 離さないで、見えないわ  ただずっと側にいて 離さないで  ただずっと 愛してる

i-mage

歌手
SawanoHiroyuki[nZk]:Aimer
歌い出し
他の誰かに当てられたライト その後ろの明かりを取り合いしても レンズの向こうは色さえも滲んでいる 流れる言葉に委ねても くぐれない出口にぶつかるだけ 舵の取れない船から落ちる 綺麗事敷いた逃げ場が透ける 悔しさを認める君と旅へ どんな翼でも広げてみればいい 自分だけが乗る風を掴む空 次から次へ変わっていくとしても そこから始められる 僕らの描いた大人の掌 捨てる事じゃない 争う訳じゃない 乾いた街でそびえ立つ木のような 心を抱きしめた君たち 憧れの背中に問いかけても 振り返り微笑んでくれはしない 横に並べば 同じ顔をしているだろう 触れた覚悟が揺れてても 誤魔化さないわがままで抑えれば いつもの今日が違う目をしている 夜明けを見てる 星が寝る空 陽射しと雨の 次を浴びせる どんな翼でも広げてみればいい 自分だけが乗る風を掴む空 次から次へ変わっていくとしても そこから始められる 僕らの描いた大人の掌 捨てる事じゃない 争う訳じゃない 乾いた街でそびえ立つ木のような 心を抱きしめた君たち Light and dreams that children hold tight Now you have them in your right hand どんな翼でも広げてみればいい 自分だけが乗る風を掴む空 次から次へ変わっていくとしても そこから始められる 僕らの描いた大人の掌 捨てる事じゃない 争う訳じゃない 乾いた街でそびえ立つ木のような 心を抱きしめた君たち Light and dreams that children hold tight Now you have them in your right hand

i-mage <in/AR>

歌手
Aimer
歌い出し
他の誰かに当てられたライト その後ろの明かりを取り合いしても レンズの向こうは色さえも滲んでいる 流れる言葉に委ねても くぐれない出口にぶつかるだけ 舵の取れない船から落ちる 綺麗事敷いた逃げ場が透ける 悔しさを認める君と旅へ どんな翼でも広げてみればいい 自分だけが乗る風を掴む空 次から次へ変わっていくとしても そこから始められる 僕らの描いた大人の掌 捨てる事じゃない 争う訳じゃない 乾いた街でそびえ立つ木のような 心を抱きしめた君たち 憧れの背中に問いかけても 振り返り微笑んでくれはしない 横に並べば 同じ顔をしているだろう 触れた覚悟が揺れてても 誤魔化さないわがままで抑えれば いつもの今日が違う目をしている 夜明けを見てる 星が寝る空 陽射しと雨の 次を浴びせる どんな翼でも広げてみればいい 自分だけが乗る風を掴む空 次から次へ変わっていくとしても そこから始められる 僕らの描いた大人の掌 捨てる事じゃない 争う訳じゃない 乾いた街でそびえ立つ木のような 心を抱きしめた君たち Light and dreams that children hold tight Now you have them in your right hand どんな翼でも広げてみればいい 自分だけが乗る風を掴む空 次から次へ変わっていくとしても そこから始められる 僕らの描いた大人の掌 捨てる事じゃない 争う訳じゃない 乾いた街でそびえ立つ木のような 心を抱きしめた君たち Light and dreams that children hold tight Now you have them in your right hand

insane dream

歌手
Aimer
歌い出し
また記憶をつきさす 焼けた匂い もう呼吸もできない 目眩がするような黒い太陽 息継ぎの痛みを 切り刻んで around the way 記憶を消して feel my fear すがりついた and I'm dead 振りほどいて insane dream Tell me what you want me to believe I can't see you I can't feel you ただ赦しを求めて 流す渇望(ねがい) まだ鼓動は絶えない 視界を失くした 赤い瞼よ 三度目の祈りを 切り刻んで around the way 記憶を消して feel my fear すがりついた and I'm dead 振りほどいて insane dream 切り刻んで around the way 記憶を消して feel my fear すがりついた and I'm dead 振りほどいて insane dream Tell me what you want me to believe I can't see you I can't feel you

Iris

歌手
Aimer
歌い出し
夏の夜に咲いた青い花は 季節さえ もう忘れていた 遠い街明かりや宝の地図は 幻のように霞んだ 何も信じることができずに ただ 歩いて 光を探してる それだけ 泣きだした空に 肩はふるえて 二人だけの魔法をかき消した 悲しくて 歩いた道を辿ることすらできないよ もう眠ろう 朝が来るなら Good Night… 目が覚めた頃に夏の雨は 気がつくと もうやんでいた ゆっくり流れる時を止めて 世界のすみで私は祈った "ひとつ ひとつ あなたを知りたい" 紡ぎ出した想いを届けたい それだけ 溶けだした色が ひとつになって 夜にかかる虹を描き出した 嬉しくて あなたの肩にたよることしかできないよ まだ眠ろう 朝が来るまで Good Night… 夏の空に咲いた夜の虹に 二人の未来重ねたい それだけ 二人は きっと あの空へと続く道を歩んできたのだろう 忘れかけていた夢や優しいメロディー 思い出すまで眠ろう 朝が来るまで Good Night…

Ivy Ivy Ivy

歌手
Aimer
関連作
ドラマ「結婚するって、本当ですか」主題歌
歌い出し
一晩ひとり泣き明かしました 口の中 砂漠みたいに乾きました それでも マシだと思いました 濁った懺悔の雨に打たれるよりは でも あの日の僕らは間違っていました 世界の美しさに 今ごろ 気付きました せつなくなるよ ふたりなら 寂しくたって ひとりじゃない もう二度と無いこの一瞬に抱かれてみよう どうしようもなくうれしくて泣く かなしすぎて笑えるね もう一度だけ飛び込んでみた沼に咲いた花 ちょっとした悲劇に溺れました そっとしておいた罠 崩れ落ちた ひょっとして評判の運命ですか? 最高で最後の出会いですか? ごめんね 余裕がなくて閉ざした ぐしゃぐしゃに散らかった部屋だけど ようこそ いま 選んだ扉の先は見えないけど 確かめに行こうよこの手は繋いだまんま カスタムせずにあるがまま どうなったって許せる やっと出会えたこの一瞬を抱きしめてみよう どうしようもなく溢れる 願いを口にして もう一度だけ水をあげよう 一緒にいよう ちょっとした喜劇にハマりました ぐっとこらえたから零れました ひょっとしてこじらす感情ですか? 舞い降りたフラワーシャワー涙でぬれた せつなくなるよ ふたりなら 寂しくたって ひとりじゃない もう二度と無いこの一瞬に抱かれてみよう どうしようもなくうれしくて泣く かなしすぎて笑えるね もう一度だけ飛び込んでみた沼に咲いた花 ちょっとした悲劇に溺れました そっとしておいた罠 崩れ落ちた ひょっとして評判の運命ですか? 最高で最後の出会いですか? ちょっとした喜劇にハマりました ぐっとこらえたから零れました ひょっとしてこじらす感情ですか? 舞い降りたフラワーシャワー涙でぬれた I'll remember that, Ivy Ivy I'll remember that Ivy Ivy Ivy

Just say good bye

歌手
SawanoHiroyuki[nZk]:Aimer
歌い出し
Thank you mom, I still love you Your memories in a plastic case That’s stays deep inside my heart But I’ve never seen his face I wish you could rest in peace so long You left me alone in this world Say good bye Stop crying now We are a part of war in this deep world so Say good bye Now I must go How can we stop war? I can’t see any more in this sad place Thank you mom I want to hug you If you were still by my side so That stays deep in side of my heart But I’ve never seen your smile I wish for them…. they could rest in peace That you gave me life in this world Say good bye Stop crying now We are a part of war in this deep world Say good bye Now I must go How can we stop war? I can’t see any more in this sad place Say good bye Don’t fear hell We are a part of war in this deep world Say good bye Now I have to go How can it be ? I can’t speak no more Say good bye Stop crying now We are a part of war in this deep world Say good bye Now I must go How can we stop war? I can’t see any more in this sad place

LAST STARDUST

歌手
Aimer
関連作
アニメ「Fate/stay night: Unlimited Blade Works」挿入歌
歌い出し
ふりしきる強い雨 描いた理想(ゆめ)の果て 震える肩濡らし 歩き続けた 擦り切れた小さな手 隙間を埋めるまで 色の消えた記憶 拾い集めた 愛しさ 優しさ すべて投げ出してもいい 失くしたもの 見つけたなら 傷つくのが運命(さだめ)だとしても 心はまだ彩(いろ)を放つ 最後のStardust 舞いあがれ Dust to Dust, Ash to Ash 彼方へ 願いの破片よ 届け 遠ざかる通り雨 消えてく夜の風 孤独だけが 傍にたたずんでいた 選んだ 正しさ すべて間違いでもいい 信じたもの 守れたなら 傷だらけの硝子の心が 忘れかけた熱を灯す 最後のStardust 舞いあがれ Dust to Dust, Earth to Earth 彼方へ 願いの破片よ 永遠(とわ)へ Brave shine Stay the night You save my life Your brave shine… Brave shine 傷つくのが運命(さだめ)だとしても 心はまだ彩(いろ)を放つ さよなら Judas 灰になれ Dust to Dust いつかの弱さへ 傷だらけの硝子の心が 忘れかけた熱を灯す 最後のStardust 舞いあがれ Dust to Dust, Ash to Ash 彼方へ 願いの破片よ 永遠(とわ)へ

March of Time

歌手
Aimer
歌い出し
それはいつもの帰り道 ふいに口数減るから 少しだけど不安になる 君のちょっと斜め後ろ 午後の木漏れ日の中で 君だけを見てる I don't wanna miss your all 瞬きさえ Every little thing you do 忘れるほど これがかけがえのない季節だと信じていたい 君はただ 夢 隣りで笑っていたい それだけで また世界は七色に変わる ありふれた恋の詩 過ぎてゆく時間の中で 心は三月のまま 大人気なくて不安になる 教室の窓の向こうに 午後の木漏れ日の中に まだ君を見てる Everyday I miss your all 溜息さえ Every since I've Known you 空回りで 訳もなく空の飛行機雲を追いかけていた それはまだ 夢 瞳に焼きつけたい 触れかけた手は 世界を何度でも変えて包みこんだ March of Time 青すぎる空を見上げて 幼すぎた時間を数えた もう君のいないこのバス停は 今もあの日のまま 君はただ 夢 隣りで笑っていたい それだけで また世界は七色に変わる 色褪せない恋の詩

marie

歌手
Aimer
歌い出し
毎夜 深紅の宴 泡沫に抱かれて 14の時にすぐに 迷子のまま 覚えのない言葉と偽りの首飾りすら 壁の画の誰かの悲しみを語り出す 奪われることを恐れて 与えられることを忘れて 終わりを告げていく美しい日々 10月の雨に打たれて 目を閉じた その時に 何を手に入れるのだろう? 教えてよ Marie 毎夜 指輪(リング)の森で あの風に吹かれて 12の唄 紡いで 夢見ていた 縋る様に抱き合う 平然と狼狽ですら 壁の画のいつかの輝きを語り出す 麗しき天で結ばれ この地上で引き裂かれて 光を消していく 愛おしい日々 飾られた椅子に腰掛け 振り払うその腕に 何を手に入れるのだろう? 教えてよ Marie 繋ぐために捨ててきた 境界を越えて 脱ぎ捨て去った白いドレスは 今も泣いてるの? 奪われることを恐れて 与えられること忘れて 終わりを告げていく美しい日々 10月の雨に打たれて 目を閉じた その時に 何を手に入れるのだろう? 教えてよ Marie

Memento mori with Aimer

歌手
androp
歌い出し
時は流れない (時は流れて) 一面に咲くレンゲソウ (雪は溶けた) あなたの匂いがしたんだ 一人がいい (一人きりは嫌い) 暗闇の中歩いて (優しい春に) ただ あなたはいなくなった 夢が消えた (夢が生まれて) ねえ 過ぎ去った夏の終わりに (街に溶けた) 中身の無い入れ物みたい 求めたのは (求めていたのは) あなた (あなた) 慣れ過ぎた嘘をついて (見え透いた嘘をついて) また 離れてく 離れてく (離れてく 離れてく) 凍えたまま冬が来て (凍えたまま冬が来て) 流れてく 流れてく (流れてく 流れてく) 季節は巡って (季節は巡って) 雪が溶けた (雪が溶けた) 一人きりは嫌いになったよ (一人きりも好きになったよ) 望むことも (望むことも) 比べられて比べた (比べられて比べた) 生まれたこと恨んだ (生まれたこと恨んだ) それでも (それでも) もう一度だけ会いたいのはあなた (もう一度だけ会いたいのはあなた) 二人で居たい (色づき始めた秋に) あなたと居たい (思い出す 思い出す) あなたとなら (泣き続く明日が苦しそうに) でも戻れない 消えそうな明日を繋いでるんだよ 息をして 息をして (息をして 息をして) 生きてるのが望み通りじゃなくても (生きてるのが望み通りじゃなくても) まだ涙拭いてよ (まだ涙拭いてよ) 生きてるんだよ その命ちゃんと見してよ (生きてるんだよ その命ちゃんと見してよ) 終わりならばいつか来るさ (終わりならばいつか来るさ) 悲しみなど腐るほどある (悲しみなど腐るほどある) 生きてくんだよ (生きて 生きて) どうせ消え去る前に (どうせ消え去る前に)

Mine

歌手
Aimer
歌い出し
二人を知って 季節を知った 心がそこに見えた 一人を知って 痛みを知った 心は色彩(いろ)を捨てた 窓辺の花びらは 五月の風に揺れて 消えた 聞かせて 君の歌を あの笑顔で その声を 浮かぶ景色でも 同じ花を見ていた 聞こえる? I miss you そう 泣きそうで もう 負けそうで あれは春の頃 想う when you were mine 二人はいつも夢中になって 何かを探していた 痛みを知って 自分を知った 心は君がくれた 木陰の約束は 口づけの様に淡く 消えた 聞かせて 君の歌を あの笑顔で その声を 奏でてた夢は 同じ夢のままかな? 聞こえる? I miss you そう 泣きそうで もう 負けそうで あれは春の頃 歌う when you were mine 静かに遠ざかる 陽だまりの音 もうちょっとで雨の季節 少しだけ泣いてた 聞かせて I love you あの笑顔で その声を あれは春の頃 想う when you were mine 夢を見ていた 歌う when you were mine

Monochrome Syndrome

歌手
Aimer
歌い出し
映画で見た様なシーン 素敵なストーリー もう少しくらい期待させて What's going on? 引いたり押したりして 筋書き通り もどかしくて Boy meets girl なんて What's wrong? Manual Step 1 "Step up!" 君の近くで見えるように それから Step back? Standard なんて意味がないよね Can you hear my heartbeat singing to your heart? Ding dong って鳴らすよ すぐにね Monochrome な夜をすり抜けて I know where we should be going Can't you see now? It's easy to give in to your heart 連れ出して見せてよ その手で 白か黒かなんて気にしない 曖昧っていう色をつけて 背伸びをして見ていたモノクロ映画 もう少しくらい白黒つけた? What's going on? ダンスも踊れなくて 筋書き通り? もしかしてさ Girl meets boy かもね? What's wrong? 迷わず "Step up!" Step up 甘い香りのしている方に 思わず Step back? Standard なんて柄じゃないのに Can you feel me? My belief leading with your heart 手を取ってみせてよ すぐにね Syndrome な恋はきまぐれと I don't care where this is going Can't you see now? It's easy to give in to your heart いつだって曖昧な二人は 白が黒で 黒が白になる 愛の Flavor 漂わせて Take a red-eye flight Good-bye the days of blue Now the yellow light giving warning turns to the green Colors! Can you hear my heartbeat singing to your heart? Ding dong って鳴らすよ すぐにね Monochrome な夜をすり抜けて I know where we should be going Can't you see now? It's easy to give in to your heart いつだって曖昧な二人は 白が黒で 黒が白になる 愛の Flavor 色をつけて

MOON RIVER -prologue-

歌手
Aimer
歌い出し
Moon river, wider than a mile I'm crossing you in style some day Old dream maker, you heart breaker Wherever you're going I'm going your way Two drifters, off to see the world There's such a lot of world to see We're after the same rainbow's end Waiting round the bend My huckleberry friend Moon river and me

my sweetest one

歌手
Aimer
歌い出し
まるでサーカス 魔法のような 内緒で聴いた ぼろぼろのレコード 子供の頃 好きだった歌が 急に懐かしくて 愛しく思える 何気ない日でも 幸せを感じた そんな日が また来るなんて 気付いたんだ いつかの歌を 今 歌うよ All I need is love 声を聞いてよ すこし照れるけど 君に届け You’re my sweetest one ありふれた言葉の意味を見つけたのは 君だから きっと ずっと そばにいるよ All I need is love Your pictures on the wall tell me, directly You’re my sweetest one Your songs are wonderful like a wonder wall ひとりぼっち 部屋の隅 内緒で聴いた ぼろぼろのレコード 負けそうで 泣きそうな日も 今は懐かしくて 愛しく思える 悩めるときも 悲しみのときも こんな日が また来るはずと 気付いたんだ いつかの歌を また歌うよ All I need is love 声を聞いてよ すこし照れるけど 君に届け You’re my sweetest one ありふれた言葉の歌を歌えたのは 君だから きっと ずっと そばに… すれ違う夜もあるけど 答えはいつでも ひとつで シンプル 失くせないものを 見つけたよ だから歌える 捧げる 君のためだけに この歌を All I need is love 声を聞いてよ すこし照れるけど 君に届け All I need is love Your pictures on the wall tell me, directly so Now I got a way You’re my sweetest one Cause every little word you said to me Everything I can see, even sunshine, wakes my love, always All I need is love Your pictures on the wall tell me, directly You’re my sweetest one Your songs are wonderful like a wonder wall

Next 2 U

歌手
SawanoHiroyuki[nZk]:Aimer
関連作
アニメ「機動戦士ガンダムUC[ユニコーン] RE:0096」イメージソング
歌い出し
Have a little break We’re running through the lights, out of breath Our will made us right here, didn’t it so? Is this feeling fake? We’re happier far than we’ve ever known Maybe we’ll make it finally I had to be the Queen anywhere I went, anytime I talked It’s been a while since I’ve not pretended to be a grownup Cuz you make my makeup’s off Take off my dress and crown Then I can fall sound asleep We had paced back and forth all that time You do never know that love I felt I can be an ordinary girl While I’ve been right next to you Have I still been cared? We’ve been together after all these days No much time talking over day and night When I feel your stare My heart’s like flying high above the phase Maybe we’ll overcome the scars You want me to be free Free from legacies, free like meteors That’s why I cried since I’ve been attended to so kindly You’re who make my makeup’s off Take off my heels and gown Then I can breathe in so deep We had paced back and forth all that time You do never know that love I felt I can be an ordinary girl While I’ve been right next to you Won’t you promise me? No matter how far apart Always keep thinking of me We must be heart to heart Baby…twinkle, twinkle! My little fortunate star Are you with me? Take off my dress and crown Then I can fall sound asleep We had paced back and forth all that time You do never know that love I felt I can see the dream of you and I Take off my heels and gown Then I can breathe in so deep We had paced back and forth all that time You do never know that love I felt I can be an ordinary girl While I’ve been right next to you

ninelie

歌手
Aimer with chelly (EGOIST)
関連作
アニメ「甲鉄城のカバネリ」ED
歌い出し
君を繋ぐ空の星が1つ音を立てても どれも同じ雨に濡れた夢ばかり 乾くだけの光(こう) 相手をなぞる 答えに疲れた 繰り返す日の無い夜明けに 崩れた朝 捕まえたdaydream 出遅れたストーリーと栄光が どこへ叫び唱えても 荒れたトンネル 声もくぐれない だからサイレンス 灯すためと 外とパズルのようにハマるピースが必要としても 影(えい)もない偽(いつわ)りと同じだ 捨て去られ並ぶだけの賞(しょう) 箱の中に揃えた苛立(いらだ)ち 順番待ちさらし 誤魔化しのゴール Don't be above your daydream 角(かど)が取れたvision 君の夢が横で外れても 僕は歌い 橋をかけよう だからサイレンス 鳴らすためと どこまでも片側に沿ったリズム 過ぎた街並は終の愛と遠くへ 伝えれない歪(ひず)みかけのイメージに 目が覚めた抵抗 型落ちの衝動 砕けたcry&dream 扉だけの理想 街が雑音に溺れはしゃいでも 僕は歌い 舵を捨てよう だからサイレンス 響くためと (Don't be afraid, daybreak has come)

ninelie <cry-v>

歌手
SawanoHiroyuki[nZk]:Aimer
歌い出し
君を繋ぐ空の星が1つ音を立てても どれも同じ雨に濡れた夢ばかり 乾くだけの光(こう) 相手をなぞる 答えに疲れた 繰り返す日の無い夜明けに 崩れた朝 捕まえたdaydream 出遅れたストーリーと栄光が どこへ叫び唱えても 荒れたトンネル 声もくぐれない だからサイレンス 灯すためと 外とパズルのようにハマるピースが必要としても 影(えい)もない偽(いつわ)りと同じだ 捨て去られ並ぶだけの賞(しょう) 箱の中に揃えた苛立(いらだ)ち 順番待ちさらし 誤魔化しのゴール Don't be above your daydream 角(かど)が取れたvision 君の夢が横で外れても 僕は歌い 橋をかけよう だからサイレンス 鳴らすためと どこまでも片側に沿ったリズム 過ぎた街並は終の愛と遠くへ 伝えれない歪(ひず)みかけのイメージに 目が覚めた抵抗 型落ちの衝動 砕けたcry&dream 扉だけの理想 街が雑音に溺れはしゃいでも 僕は歌い 舵を捨てよう だからサイレンス 響くためと

Noir! Noir!

歌手
Aimer
歌い出し
寝ないで 聞いていた世界は 光であふれていて もう寝る時間と あなたが優しく教えてくれた ママ! まだ暗いよ 暗いよ I cry 星たちは逃げ出したみたい どのくらい叫べば 声は届くの? 塗りつぶしたいよ 黒を黒で 消せない痛み 消し去る痛み 目を閉じれば こぼれた暗闇さえ もう怖くなんてない My perfect blindness You've never shaken me down beside me And I can remember what you said “Hello, this beautiful world!” Then I used to pray so in my bed till dawn “La La” I sing the lie and cry out tonight 指先が擦り切れて痛い どのくらい歩けば 朝に届くの? And fill me right now in “Noir et noir” To vanish endless ache, give me new ache I feel no fear if I can close my eyes I don't look back to my past My perfect blindness 塗りつぶしたいよ 黒を黒で 消せない痛み 消し去る痛み 目を閉じれば こぼれた暗闇さえ もう怖くなんてない 手探りでも 怖くなんてない My perfect blindness

ONE

歌手
Aimer
歌い出し
Raise your flag, the only one Don't look back! You don't let me down Rushing out to rising sun Nothing but the heart or crown いつかのONE TWO STEP 踊っていた ON & ONで揺らして TWO-FIVE-ONEで鳴らして どんどん 遠く 広がって You're the one 君は いつだって 声をからして 笑って 泣いて 歌って ONE BY ONEで刻んで 勇敢でいたいと願う 想像以上に歪んだ世界だったとして Starting over 向こうへ かかげた手をおろさないで 涙はしまっておいて 高らかに声上げていいよ 君だけの旗 振りかざして 明日を恐れないで 変わらない足取りを You keep on 歌え 進め 届け You're the one 君は いつだって 胸を焦がして 甘くて ちょっと 苦くて 教室の外に向かって どんどん それは 膨らんで 誰かが決めた君の“君らしさ”なんて Turning over 素顔で 青さは無限のONE WAYへ 手のひら 空に置いて 憧れは声にしていいよ 朝日の向こうのONE DAYへ 少しだけ背伸びして 君だけに花束を You beam on 笑え 弾め 踊れ You're the one ふりだしから踏み出す一歩は 前よりも ずっと強いから かかげた手をおろさないで 涙もさらけだして 高らかに声上げていいよ 叶えたい夢 失くさないで 輝ける その日まで 変わらない足取りを You keep on 歌え 進め 届け You're the one

ONE -epilogue-

歌手
Aimer
歌い出し
君は いつだって 胸を焦がして 甘くて ちょっと 苦くて 教室の外に向かって どんどん それは 膨らんで You're the one 君は いつだって 声をからして 笑って 泣いて 歌って ONE BY ONEで刻んで 勇敢でいたいと願う 誰かが決めた君の“君らしさ”なんて Turning over 素顔で 青さは無限のONE WAYへ 手のひら 空に置いて 憧れは声にしていいよ 朝日の向こうのONE DAYへ 少しだけ背伸びして 君だけに花束を You beam on 笑え 弾め 踊れ You're the one Raise your flag, the only one Don't look back! You don't let me down Rushing out to rising sun Nothing but the heart or crown ふりだしから踏み出す一歩は 前よりも ずっと強いから かかげた手をおろさないで 涙もさらけだして 高らかに声上げていいよ 叶えたい夢 失くさないで 輝ける その日まで 変わらない足取りを You keep on 歌え 進め 届け You're the one

ONE AND LAST

歌手
Aimer
関連作
映画「あなたの番です 劇場版」主題歌
歌い出し
夢の中 ひび割れた声や 吐息の欠片たち 過去の嘘 秘めて 今 遠くの街で祈っていた 探した線を描いても 失くした物は返らない 本当の事はわかんない その答えに意味もない 不安の渦 溢れだす 誓ったはずの ONE AND LAST 間違いだらけだと知って もし生まれ変われたらなんて 言わないで 凍えそうなあなたを抱きしめた ただ幸せを願うことが怖くって 壊れそうな世界から背を向けて さよならって また叫ぶの? さよならって ただ叫ぶの? 二度と離さない 守ってみせる 笑って見せてよ 微かに聞こえていても 知らない 何もない 何もない 息をひそめて 潜んだこの部屋には 何もない 堪えきれず流れだす 誓ったはずの ONE AND LAST 最愛 それだけを知って 時を巻き戻すような夢を見せないで 零れ落ちた言葉に目を伏せた 絡みつく記憶の帳を脱ぎ去って これがきっと最後だと決めつけて さよならって また叫ぶの? さよならって ただ叫ぶの? 何も変わらないままの子守歌(ララバイ) 歌ってあげるよ 夢の中 ひび割れた声や 吐息の欠片たち 過去の嘘 秘めて 今 遠くの朝を祈っていた もし生まれ変われたらなんて 言わないで 凍えそうなあなたを抱きしめた ただ幸せを願うことが怖くって 壊れそうな世界から背を向けて さよならって また叫ぶの? さよならって ただ叫ぶの? 何も変わらないままの子守歌(ララバイ) 歌ってあげるよ 守ってみせる 笑って見せてよ

Open The Doors

歌手
Aimer
関連作
ゲーム「Fate/hollow ataraxia」ED
歌い出し
Always together with you, nothing can keep us apart, there's nothing to fear Our future is waiting ahead, all the days we left behind, all right When left in the dark alone, this moment, there's a feeling that fills my heart and mind You are not around no more, looking everywhere for you thinking of you Anxiety attacking, I'm forgetting how to breathe, I'm, losing sleep insomnia I need to hear your voice now, right by my side whispering, you're my comfort zone, I want you with me Open the doors for you, but I'm running out the door I opened for you Future connection, unconsciously, moving closer to our truth, Over lapping energy, surrounded by bright blue lights Everything you did for me, every moment spent together, I thank you with joy Time will pass us by and again, no colors gonna fade no more stay gold This song is from me to you, thinking what I can do for you, but I have no clue All I can do for you now, to be with you now forever as the moment lasts Words are stuck deep in my heart, can't seem to replace my feelings, all emotions overflowing Our heartbeat in sync to the beat, my lips touching your lips so soft, wanna let you know this love for you Soaring across the sky, I am coming just to be by your side Holding on to our future hand in hand, pulling you softly to me Everlasting connection, burning eternal flames Never ending forever, hold on beyond the happiness the future All the promises we made, I promise to keep for they are meant to be kept Anytime just for you, I will walk with you by your side by side Future connection, unconsciously, I'll create everything with you Image of infinity, path of light to happiness

Ophelia

歌手
Aimer
歌い出し
今 悲しみすべてぬぐいさりたい くすんだ世界で夢見た未来 堕ちてゆく 白い鳥を 追いかけて 黒い森へ 木立ちの陰に消えていく 若草の色 逃げていく春の日差し 追いかけた花の香 季節の影を彷徨う 裸足の迷路 あやふやに隠した 傷の跡 いつまでも探した ぬくもり 摘み取ったシランの花環に 重ねた 愁いの藍 ※今 悲しみすべてぬぐいさりたい くすんだ世界で 夢見た未来 手を伸ばしても 届かない空 残された日々さえ すりぬけて ただ はかなさだけの詩 歌いたい 水面に差し込む光 たゆたう花を 沈黙だけが見守っている 目を閉じて このまま眠りにつく 近づいた夜の闇に 何もかものみこまれる 流れの中に 消えていく 記憶の音色 過ちが 互いを 傷つける 偽りという名の 悲しみ 散らばった シランの花弁は 美しい涙の藍 今 記憶のすべて ぬぐいさりたい 凍える水辺に 身をさらしたい 夢見ることも 叶わないまま 飾られた花なら 枯れればいい ねえ 明日のために 今日があるなら 失くした未来のために 何を捧げる? 変わらず夜は 見守っている 救いの手 差し伸べることもなく ※repeat 目覚めた森のしらべ 消えてゆく 鼓動だけが

Raining

歌手
Aimer
歌い出し
ママ譲りの赤毛を 2つに束ねて みつあみ 揺れてた なぜだったのだろうと 今も想うけれど まだわからないよ 静かに席を立って ハサミを握りしめて おさげを切り落とした それは とても晴れた日で 未来なんていらないと想ってた 私は無力で 言葉を選べずに 帰り道のにおいだけ 優しかった 生きていける そんな気がしていた 教室で誰かが笑ってた それは とても晴れた日で 髪がなくて今度は 腕を切ってみた 切れるだけ切った 温かさを感じた 血にまみれた腕で 踊っていたんだ あなたが もういなくて そこには何もなくて 太陽 眩しかった それは とても晴れた日で 泣くことさえできなくて、あまりにも 大地は果てしなく 全ては美しく 白い服で遠くから 行列に並べずに少し歌ってた 今日みたく雨なら きっと泣けてた それは とても晴れた日で 未来なんて いらないと想ってた 私は無力で 言葉を選べずに 帰り道のにおいだけ 優しかった 生きていける そんな気がしていた 教室で誰かが笑ってた それは とても晴れた日で

Re:far

歌手
Aimer
歌い出し
髪 指 声 まなざし ぬくもり なぜかな? まだすべてが ここにある 恋しさは 愛を知った 愛しさは 何になれたかな? 「元気でいてね…」「そろそろ行くね」 言葉はいつも 役にはたたない 出会ったことが 間違いだったら そう Say a little pray for you and me そんな唄はもう歌わないと決めた 九月の夜だから あなたの忘れ方 ねえ 教えて 重ねた頬 手のひら また声 さよなら でもすべては 心(ここ)にある 生ぬるい 風が吹いた まだ少し 夏は続くのかな? ひと気の消えた改札口で 消えた背中を探し続けていた 過ぎた季節が もう来ないなら そう No more cry and dry my eyes ただ星が綺麗で 泣かないと決めた 一人の帰り道 涙が止まらない ねえ どうして? 「元気でいてね…」 返事はなくて 言葉はいつも 役にはたたない さよなら あなた さよなら わたし そう Say a little pray for you and me そんな唄はもう歌わないと決めた 九月の夜だから あなたの忘れ方 ねえ 教えて

RE:I AM

歌手
Aimer
関連作
アニメ「機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]」ED 6
歌い出し
Please hear me I want to tell you Please sing to me I wanna hear your voice 時の鼓動がまだ響く間 裸の言葉胸に閉じこめた 記憶の色が滲み始める 破れた世界の隅で 何も求めずにただ抱き寄せる 今の僕にはそれしか出来ない 震えた強がりでもプライドに見える 逸れた子供のように 最後の声さえも 風がさまようせいで消された 月に手を向けたまま 君は空の星に消えた 「側にいて」と抱きしめても もう2度と聞こえない君の歌声は 降り注いだ雨のサイレン 僕の代わりに今この空が泣き続ける これまで踏みつけてきた教えを 今掻き集めこの胸に当てても 救い求め歌うようなお遊戯に見える 物語る大人のように 言葉に寄り添うだけの 空の愛と導きはいらない 飾られた祈りでは 明日の手掛かりに触れない いつか君に届くはずの 名も無き幼い詩(し)が描くわがままを  忘れたいよ一度だけ 眠れぬ悲しみがその詩(うた)を抱きしめてる Freezing cold shatters my sorrow And scorching sand puts it together again 投げ捨てられる正しさなら 消える事ない間違いの方が良い 臆病に隠してた声を今 この手でもう一度さらせば良い 掴む軌道も咲く光も 乾いた心のせいでモノクロに見えた 忘れないよ今日の景色を ありふれた願いが足元を照らしてくれる

RE:I AM -English ver.-

歌手
SawanoHiroyuki[nZk]:Aimer
関連作
アニメ「機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]」アレンジ版
歌い出し
Please hear me I want to tell you Please sing to me I wanna hear your voice I wonder why we have to kill each other so long? We’ve been through the fights Now we will have to sacrifice I can’t ignore this matter I can’t think of you for now All of my life It’s been up and down for me It seems our road through life hasn’t got any better We need to find the way We will put an end to this I’ve been hold these feeling everyday And heartache when I think of you I need some help I can rely on you Many lives were lost but we’re still alive We can make our self better But I don’t cry for destiny We must find out how to live and die The truth is never everything that you can see I’ll never let you go You are the only one Forever but it’s come to own me For anyone can hold my hand Oh you can trust in me Could hear the siren And the sky is crying loud as ever I can sense the vibe between you and me I wonder why we have to kill each other so long? We’ve been through the fights Now we will have to sacrifice Can I ignore this situation? I can’t think of you for now All of my life It’s been up and down for me Many lives were lost but we’re still alive We can make our self better But I don’t cry for destiny We must find out how to live and die The truth is never everything that you can see I’ll never let you go You are the only one Forever but it’s come to own me For anyone can hold my hand Oh you can trust in me Could hear the siren And the sky is crying loud as ever I can sense the vibe between you and me freezing cold shatters my sorrow and scorching sand puts it together again Oh It’s more than anything That you are on my side The hands of time won’t stop I wonder where you are Then it’s more than everything That you are the best for me All of our life Every piece Heaven’s peace We’ll never forget you You are the only one Forever but it’s come to own me For anyone can hold my hand Oh you can trust in me Could hear the siren And the sky is crying loud as ever I can feel this bond between you and me

Re:pray

歌手
Aimer
関連作
アニメ「BLEACH」ED 29
歌い出し
歩道橋 階段 雨音 手を振るよ 最後の背中に 青に変わるライトで 時が動く 傘の波 飲み込んだ my days say a little pray for you and me もう永遠を誓えない 愛を見送ろう 誰かの為に生きてゆけない 自分を許せる強さを あなたに寄り添えなかったこと 悔やまずにいられる日々を 祈りは雲を引き裂き この空に希望 解き放つ 我儘も 燃やしたアルバムも 去年のような明日が欲しくて あなたのそのすべてを守るために わたしを守りたかった no more cry and dry your eyes もう二度と振り向かない 引き留める声もない恋 泣かないで これで終わりじゃない ただ時が過ぎて消えただけ この胸にいま刻んだものは 包まれたぬくもりだけ さよなら愛したあなた さよなら愛されたわたし 恋しくて ただ恋しくて でも 望んでた場所はここじゃない その声がまだ残ってる でも 届けたい明日へのpray 誰かの為に生きてゆけない自分を許せる強さを あなたに寄り添えなかったこと悔やまずにいられる日々を 祈りは雲を引き裂き この空に希望 解き放つ

Ref:rain

歌手
Aimer
関連作
アニメ「恋は雨上がりのように」ED
歌い出し
Raining 夏の午後に 通り雨 傘の下 Kissing 濡れた頬に そっと口づけた あの季節に まだ焦がれている Miss you 窓の外に 遠ざかる景色たち Breezing 虹が見えた すぐに消えそうで 雨 明日は降らなければいい 何も手につかずに 上の空の日々 Nothing but you're the part of me まだ 足りなくて まだ 消えなくて 重ねた手のひらから幼さが What a good thing we lose? What a bad thing we knew そんなフレーズに濡れてく 雨の中 ただ 足りなくて まだ 言えなくて 数えた日の夢からさよならが What a good thing we lose? What a bad thing we knew 触れられずにいれたら 笑えたかな? Calling 白い息が 舞いあがる 空の下 Freezing 強い風に 少しかじかんだ手と 弱さをポケットの中に どこを見渡しても 通り過ぎた日々 Nothing but you're the part of me また 触れたくて ただ 眩しくて 思わず目をそらした優しさに I wanna sleep in your feel I wanna see you in the deep そんなフレーズを並べた詩を 今 あの帰り道 バスに揺られて 叶うはずもない様な夢を見た I wanna sleep in your feel I wanna see you in the deep 繰りかえす季節に 慣れないまま もう少しくらい大人でいれたら 何て言えただろう? まだ 足りなくて まだ 消えなくて 重ねた手のひらから幼さが What a good thing we lose? What a bad thing we knew そんなフレーズに濡れてく 雨の中 ただ 足りなくて まだ 言えなくて 数えた日の夢からさよならが What a good thing we lose? What a bad thing we knew. 触れられずにいれたら 笑えたかな?

REMIND YOU

歌手
SawanoHiroyuki[nZk]:Aimer
関連作
アニメ「機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]」アレンジ版
歌い出し
Who passed away each one in the fight There was no doubt we started for pride And your grief stays too long Then the war brings it worst Tell me why? we’re stuck in this deep black hole Count it from me No one knows our day’ll be Don’t be afraid everyone will reach for last Nothing but without you I can not go on Now I’m touching to the core of the light Sharing with you for a while tiny moment All I can give you for some help Just reminds you Who passed away each one for the fight There was no doubt we dreamt of the ride And your grief stays too long Then the war brings it worst Now we searching for under the hope with you Count it from me My heart beat get slower Don’t be surprise everyone will die at last Nothing but without you I can not go on Now I’m looking for the place to belong Into my brain From top to the bottom all over my skin All of me is lashed with high fever Don’t say just yes, Oh no matter what they have made up All the things must fix them by your self Past to the present Slave to the power But is our Bravely from desire Quest for the future

rubble pile

歌手
Aimer
歌い出し
ねえ 僕はどうして そう 今もこうして ただ 生きてるだけなんだ 冷たくなった瓦礫の山に埋もれて 明日も観えない もう どうしようもないほどに泣きじゃくって それで何かが変わるわけじゃない どれほど叫んでも もう届かない 一度でいいよ願いを この闇空の下で叶えて 壊れるために 生まれるものなんてあるはずもない そう泣いて 祈って 手と手を重ねて 繋いできたんだ ただ 光を ねぇ 崩れ落ちた過去の景色は 瞼の裏で消えない もう戻れないと繰り返し言い聞かせて それでも消えない これ以上つらい何かが もう吹き付けてこないように 壊れた壁の隅 蹲ったまま 一度きりの奇跡よ ひとり彷徨う道を照らして 不意に光を遮る 日々の出口辿る もがいて 一度でいいよ願いを この闇空の下で叶えて 壊れるために 生まれるものなんてあるはずもない そういつか いつか 終わりが見えない 出口を探して 嗚呼 光を

Run Riot

歌手
Aimer
歌い出し
呼吸を 分け合ううちに 眩暈を覚えた この世界で 約束した未来 壊れない そう信じられた 幸せの記憶 離れそうになる度に 繋がるそれは命綱のように強くて ただこの手をすり抜けて 舞い昇ってく風船みたいだ 空に溶けてく はらはらと 朽ちるまで 咲き乱れ 引き止める残響を 風よ連れ去って 孤独の香り 祝福してる そうさ迷わない いま錆び付いた時を 解いて 築いた 帰る場所に 不変を求めた いつかの夢 失うものなど 無いだろう 次の何かを 得るための衝動 手放せなかったはずの 鎖が千切れた結末 虚しくて ただ去りゆく人の背を 見送らずに歩き出すんだ だけど刹那 ひらひらと 立ち込める 面影が 拭えない焦燥を 夜に断ち切って 野生の息吹 響く鳴き声 辿り損ねた愛をもう悔やまないで 駆け出して 花びら 燦々と 包まれて 目を閉じた 夢から醒めますように 声が響いてる 愛しい 誰かの声が響いてる はらはらと 朽ちるまで 咲き乱れ 引き留める残響を 風よ連れ去って 孤独の香り 祝福してる いいよ迷わない 胸が奮い立つように ひらひらと 舞い踊れ 褪せるまで 拭えない焦燥を 夜に断ち切って 永遠の淵 覗いてみよう 辿り損ねた愛をもう悔やまないで 笑って

s-AVE

歌手
SawanoHiroyuki[nZk]:Aimer
歌い出し
0時の角 こぼれ砕けた この刺は誰を守ったの? 日を止めた言い訳の傷 空回る独りよがりの盾 繰り返す鼓動の夜に 同じ答えを運ばせてても どこにいても繰り返された 声にならない孤独だけど 足掻いた光 涙影のツタを なぞり痛みを覚えてくれる 靴擦れをかばう左に 身体ごと傾きだして 目の前を過ぎる景色が どの時も斜めに崩れてく 帰らない鳥に君は 歌を投げ 飾らない時間を Save-my WORD 誰も気付かない根が 側に 遠くに 繋げている 荒げた罪が 途切らせた記憶を サイドに鳴らせば 1つ進める さよならと憧れは 無駄な意味を霞めてる やまない朝 ゆりかごの雨 足跡たちを見失っても Save-my LIGHT 誰も気付かない音(ね)が 止めた願いを繋げている ふさいだ雲が 太陽消した空を 僕の答えと重ねて見せた

Sailing

歌手
Aimer
歌い出し
かじかんだ手のひらに そっと閉じ込めていたのは 昨日までの傷や優しさと覚めた夢 見つけるために失くしたものほど 心の隙間に光を落とすよ 忘れることも気付かないふりもできないから 臆病になる それでも人はきっと 探し続ける 雨に濡れ 波に揺れ We would sail away 淡く長い不確かな旅に出る もう一度触れたいと 願う強さだけを乗せ 冬の風 帆を広げ それはまるで 遠き日のあなたの様に 今夜 背を押してくれる様な 愛の唄を歌おう かみしめた唇で そっと確かめていたのは 選んだ日々の正しさよりも暖かさ Shining like a lighthouse 夜凪の向こうで いつからそこに佇んでいたの? 嵐が来れば行ったり来たりで ここがどこか わからなくなる それでも今は 北を目指し続ける 忘れることも気付かないふりもできないから 臆病になる それでも人は きっと旅を続ける Sailing miles away 誰のため? 枯らした声で高く遠く響け この海を越え 後悔や戸惑いに消えた言葉たちを乗せ 夢の果 船の上 空はまるで 笑っている 「朝はそこに!」 今夜 手に取ったオールを置いて すこし眠ろう

Song of ..<AM>

歌手
SawanoHiroyuki[nZk]:Aimer
歌い出し
How long must I wait? The hopes that I chase Whether it's too late If my bird has flown Away? The dreamer you've been Your little girl has become What should I do? Your plans feel through for you But I must believe in myself But I must believe in myself Don't say goodbye Two birds are flying high And I must leave on a wind only for the few Dangerous and lonely times there may be She's forever asking will she leave Is this what a dreamer should feel? Say goodbye to my drab and passive days right now You've found the gem in me There's no other reason, you made me what I am No more cry I don't have to be in despair Just to live according to how I feel Your words often echoes in my heart I can say it's all because of you Don't say goodbye Are the clouds forever new? Inspiring me feather's can change from grey to blue Every second children are being born I can keep the world they enter warm and still full of the spirit of dawn Let's sing a song of the future We're on a great adventure Do you know a song of the future? We're always wishing and dreaming on Let's sing a song of the future No matter how it hurts, keep on going Just keep on moving We're gonna draw our ways How long must I wait? The hopes that I chase Whether it's too late If my bird has flown Away? The dreamer you've been Your little girl has become What should I do? Your plans feel through for you But I must believe in myself But I must believe in myself

SPARK-AGAIN

歌手
Aimer
関連作
アニメ「炎炎ノ消防隊 弐ノ章」OP 1
歌い出し
失くしたものばかり 残したこの火種は離さない 離さないから ずっと 曖昧 物語 正解なんてなくたって 踏み出すようになれたら 「どうかしてる」って言うけど どうにかしてあげるよ どうなったらいいかさえ わからなくなるけど 夢がその隣で覚悟を決めたなら 疑うものなんて何もなくなるから 火花散って 火蓋切って 白か黒も灰にかえるまで とびきりの王冠(クラウン)なら手に入れたい 風を切って 君のほうへ 1 か 8 か 0 に変えるまで ふさぎ込んだ道化師(クラウン)なら 森羅万象 はじまんないよ 灰も焦がすよな愛をみせるから I just spark again. 暗闇 やみくもに 探したその背中は届かない 届かないけど きっと 何にもないくせに 戸惑う前に飛び出した あの日のようになれたら 導火線がなくても 心に火 灯すよ どこに行くのかさえ わからなくなっても 君のその隣で強く手を繋げば 恐れるものなんて何もなくなるから 光さして 照らす方へ いつか夜も声も果てるまで ありふれた DAWN なら もういらない 目もくれない 声を聞いて 前を向いて 白か黒で語るだけの未来 怖気づいてしまう前に そんな幻想 消し去りたいよ 太陽みたいな愛をみせるから I just spark again. 失くしてきたものなら数知れず 捨ててしまったものなど 何もない 火花散って 火蓋切って 白か黒も灰にかえるまで とびきりの王冠(クラウン)なら手に入れたい 風を切って 君のほうへ 1 か 8 か 0 に変えるまで ふさぎ込んだ道化師(クラウン)なら 森羅万象 はじまんないよ 灰も焦がすよな愛をみせるから I just spark again. 太陽みたいな愛で照らすから I just spark again.

Stand By You

歌手
Aimer
歌い出し
僕が失くしてしまったもの 離さないで 繋いで 今を抱き締めるよ カメレオンに騙されて壊れた僕は もう何を失くしたって奪われないよ 不安を脱いで逃避行 慣れないスピードに歪んだ僕の顔を隠せるかな 孤独を嘆く人 挫折を笑う人 歪を嫌う人 誰も怖くなんかないよ ここから見えている真実が過去を満たして 僕が失くしてしまったもの 色が次第に変わって未来に散りばめられたその鮮やかさを 離さないで 繋いで 今を抱き締めるだけ 誰かの答えがこんなに溢れて 並べられていても 誰かの叫びがこんなに溢れて 愛を探している 失くしたものばかりを見つけても 怖くなって 止まって 泣いて 浮かび上がる自分の輪郭を逃がさないで 強く強く抱き締めても するりするり手にした自信が零れてしまう それでも光は時々雨に触れて虹を映して僕を照らした だから今は Stand By You 壊れた者だけが持つ強さを君に繋いであげるよ 今が鮮やかだろう

STAND-ALONE

歌手
Aimer
関連作
ドラマ「あなたの番です」主題歌
歌い出し
重ねた夢の隙間 彷徨う 今もまだ 今もまだ 揺らいだ現実全て捨てて これはまだ夢の中? 生ぬるい夜風と街並み 地下鉄にのみ込まれ 鳴り響く雑踏に溶けて 滲むeyes Neon lights さよならって君が叫んでる さよならって今も叫んでる 間違いだらけでも そのドアを開ければいいと 何も変われないなら 哀しい歌 ずっと歌ってもいいの? Stand alone 歪んだ世界で Stand alone 描いた世界へ Bye-Bye 窓辺に月明りも届かない場所 何もかも投げ出して 暗闇に浮かぶ 星になりたい夜 そうでしょ? ふらついた足元 指先 目の前の吐息すら 何もかも 本当か嘘かわからない わかんない 探していたはずの線を 失くしてきたもので書いて 曖昧過ぎたのは始まりとルールのせい もう何も守れないなら 刻んだ名前も 失くしてもいいよ 最初に君がついた嘘 夜明けは来るよと囁き 泣きたいほど あの時間こそが幸せだった 星座すら逃げ出して 一人 立ち尽くす 星も見えない夜 Stand alone… さよならって君が叫んでる さよならって今も叫んでる 間違いだらけでも そのドアを叩けばいいと 何も変われなくても 哀しい歌 ずっと歌ってもいいと Stand alone 歪んだ世界で Stand alone 描いた世界へ Bye-Bye 窓辺に月明りも届かない場所 何もかも投げ出して 暗闇に浮かぶ 星になりたい夜 そうでしょ?

StarRingChild

歌手
Aimer
関連作
アニメ「機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]」ED 7
歌い出し
素直に開ければ 触れる芽を 大人びたセリフの陰に隠した 背伸びして覗いた街は揺れてる 遠ざかるあの日の約束も 色褪せてしまえばすり替えられる 本当と嘘を混ぜた強がりは 見失った声を隠せない Star・Ring・Child この震えた鼓動握れば 音を鳴らせる まだ小かった頃の手が描く全てに ノートからはみ出す未来がいた ザラついた響きばかり選んで 耳鳴り止まず ノイズまた被せる 歪んだ膜はもう真意も拾えないまま 弱さを忘れた足音リズム 無垢な愛の詞(うた)さえかき消してゆく 演じる意味はどこもブレたまま 見失った線は繋げない ちらかった星空に似ている願いが こわく見えた 臆病に飾った言葉振り回しても どこもかすらない Star・Ring・Child この震えた身体もまだ 音を鳴らせる あの小かった頃の手が描く全てに ノートからはみ出す願いがいた 手を振らない子供達が 終らせなかった 好きに広がる宝地図 あの場所で答えなんて 欠片さえいらなかった 1秒に詰めた世界 駆け出した 無邪気な色は ぶつかり合っても 塗り上げる音忘れない なぞられた答えなんて ここに必要ないから 1秒に見えた世界を 次へ

StarRingChild -English ver.-

歌手
SawanoHiroyuki[nZk]:Aimer
関連作
アニメ「機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]」アレンジ版
歌い出し
Thinkin about the moment while we’d strayed from the right path We’ve might misplaced the seed of smile but we were not spontaneous There’s a lump in my throat I ain’t ready to recover it Was too young to grasp I thought it must be no business of mine They ought to try rewriting our life like as she has been done We’ve struggled to break loose from this metempsychosis Got mature too much to hear our voice within Star Ring Child Give me your hands to see What noble galaxy That we’ve been fighting for I’m by your side I’ll give you all of me To track who we used to be While the stars sync with my heart beat The story will go on I’m gonna lose my reasons while I’d sink in deep complacence Without your hope, I cant reboot from myself in repentance My body’s hurt and shaking Even now while we are in freedom I receive the truth whenever I catch your footsteps and rhythm We survive and stand on here at the huge sacrifice of their life We’ve struggled to break loose from this metempsychosis But we’d chosen then to play out such a roll When the sun hides in the cosmic clouds Under the dark night shrouds The silence will wraple us You’re by my side You share the fate with me I could let my heart be free Now, I’ll wake from my delusion Star Ring Child Give me your hands to see What noble galaxy That we’ve been fighting for I’m by your side I’ll give you all of me To track who we used to be While the stars sync with my heart beat The story will go on Soar beyond the noise We’ll live in harmony And strive against the destiny We’re charging up enough to make our brand new flow Standing back now from all sorts of agony There’s no meaning to seek any reason Everything starts off in a second Right behind the worst The daybreak was reserved For the people who’re confined We’re charging up enough to make our brand new flow Standing back now from all sorts of agony There’s no meaning to seek any reason Everything starts shining so bright to draw the new age

Stars in the rain

歌手
Aimer
歌い出し
So close so far きっと 目を 閉じたんだろう Rainbows or stars ずっと見つけられなくて 街を今 傘もささずに 宛てもなくて そして 凍えそうな雨に また泣きそうな夢を ただ 失くさないように 片寄せあった二人 Tonight may be, we'll see the stars in the rain… So close so far Miles away, right past what I know Rainbows of stars How could I ever be afraid… Out of my window I found a reason to breathe Beyond the bright lights It shows When it's all over I see I just want to hold onto this dream We're going in circles again I wouldn't trade it for anything Tonight maybe, we'll see the stars in the rain… Rainbows or stars ずっと見つけれなくて 凍えそうな雨に また泣きそうな夢を ただ 失くさないように 片寄せあった二人 Tonight may be, we'll see the stars in the rain…

SUN DANCE

歌手
Aimer
歌い出し
燦燦と照らす木漏れ陽の中で 僕ら これからの日々をずっと想っていたんだ 口ずさんだ懐かしい音符たちが 花びらのように今 舞う SUN DANCE 埃の中で光る君のステップ おどけた顔で holding in my hand It's starting over Everything feels like sunny days Everything seems like flying away 鳴り響く季節の声に 胸を焦がすよ Everything starts in sunny days Everything feels like flying away 舞い上がる光の粒と 君が今 SUN DANCE 淡々と過ぎる ありふれた日々の中で それぞれの道をずっと歩いてきたんだ 君とふいに出会ったこの場所で今 踊るような日差し その SUN DANCE ほどけた靴の紐をむすんで 右手はまた holding in your hand It's starting over Everytime I see your smiling face Everytime your heart in the right place もう一度歩き出せるって 声を上げたよ Everything starts in sunny days Everything feels like flying away もう二度となくさないって 君に言えたんだ 戻せない時を悔んだりした 右手は今 holding in your hand It's starting over Everything feels like sunny days Everything seems like flying away 鳴り響く季節の声に 胸を焦がすよ Everything starts in sunny days Everything feels like flying away 舞い上がる光の粒と 君が今 SUN DANCE

Through My Blood <AM>

歌手
Aimer
関連作
アニメ「甲鉄城のカバネリ」挿入歌
歌い出し
Am I still in the glum nightmare? Or am I mere stoned? Tiny bit of reason still remains in my right hand That power of ache will just keep me alive Can't touch nothing 'bout the world But the truth almost has revealed Then smash out the future told It's time to end these miseries Latch off my vagus nerve What color is my blood...Red, black or white? Now I'm getting ready Oh, where are my frenemies? Ifl got to lose control Will you kill me first? Deep rooted anger still remains in my right hand That power of ache will just keep me alive Can't touch nothing 'bout the world But the truth almost has revealed Then smash out the future told It's time to end these miseries Latch off my vagus nerve What color is my blood...Red, black or white? Now I'm getting ready Oh, where are my frenemies? Have I gone so mad? The pain's through my blood Can't touch nothing 'bout the world But the truth almost has revealed Then smash out the future told It's time to end these miseries Latch off my vagus nerve What color is my blood...Red, black or white? Now I'm getting ready Oh, where are my frenemies?

Tiny Dancers

歌手
Aimer
歌い出し
もっと知りたい場面で やっと見つけた時間で ずっと思ってる事も言えない 自分ってなんだろ? そっと君なら笑って きっとなるようになるって ぎゅっと握った手と手で 何かが消えていたんだ いつになったら大人になれるかなんて 答えを見つけだせたら 忘れてしまうことなのかな? そこに立って笑っていて ただ君がいればどんなにか 強くSTEP 刻んでいたいな 踊って見せるから 夢中になって飛び跳ねたなら 与えられる困難が笑えるようになると Tiny Dancers そっと君は泣いていた きっと僕も泣いていた なんて気まぐれな事 神様はいつもするんだろ? いっそ僕が君でいて いっそ君が僕でいて なんて願ってた事は どこかに閉じ込めたんだ いつになったら大人になれるかなんて 答えを見つけだしても 言葉が見つからないままで いつか変われてたんなら どんな未来がそこにあるのかな? いつも思うんだ 君が好きだって ベッドで羊探して すぐに思い出ばかり見つかって 1.2.3.4. 数えたら夜は終わっていた 誰もいない夏の夜の屋上で 不器用なダンスを二人踊っていた いつかのあの日のこと ここにあるよ 変わらずあるんだよ そこに立って笑っていて まだ終わらないよ こんなんじゃ 強くSTEP 刻んでいたいな 踊って見せるから 夢中になって飛び跳ねたなら 与えられる困難が笑えるようになるさ Tiny Dancers

tone

歌手
Aimer
歌い出し
大げさに空を仰いで 頼りないつまさき 真っ白な譜面の上に 君をまた描いた The song we've sung 風に吹かれ Can we sing along? すぐに消えた あの日の音色 どこにあるの? 震えた声で つないだ音符(ノート)に 思い出だけを書き留めた ありふれた歌と 誰かに笑われても Wherever you're now, I give you all my tone. 不器用にギターを背負って 飛び出した 夏の日 今もまだ すれ違うコード 響きだけを残して The song we've sung ひとつひとつ I still sing alone 懐かしさが 遠くから ずっと呼んでいるよ 重ねた音が 意味をなくしても 幼さだけのメロディーは 君の孤独にも いつか届いてくれる Whenever you're alone, I find you from the torn そっと目を閉じて 耳を澄ませれば すぐに聞こえる音がある さよなら 夏の日 さよなら 長い夜 もう歌い方も変わったけれど 震えた声で つないだ音符(ノート)に 思い出だけを書き留めた ありふれた詩と 誰かに笑われても Whenever you're alone, I give you all my tone.

Torches

歌手
Aimer
関連作
アニメ「ヴィンランド・サガ」ED 1
歌い出し
It's just like a burning torch in a storm Like a little flower blooming in a home 強く確かな意思を掲げ 時に優しくあればいい A misty moon Missing you 滲む景色に膝を抱き 胸をはせる時 Listen to me Cleave your way again 誓いの日々が最後に放つ未来 ゆがんだ空に描いた掌たちが 頬を濡らす You're not alone 今 灯火を抱け その闇にむけ It's just like a lighthouse in your hands Like a little flag flapping in the sands ふいに失くした意味に怯え 道を誤ることはない A floating moon You still croon? 揺れる波間に目を凝らし 舵を止める時 Listen to me Sail away again 未開の海に 海路を照らす願い 繋いだ声は 答えのない世界へと 帆を揺らす You're not alone ただ 荒波を行け その闇を抜け 輝きを増せ 吹き荒れる風が織りなす雨音は 遥か遠く見えた大地の唄になる 黄金色に輝く瞼の景色と やがて来る祝福の日々のため 傷つかずに進むだけの道などなく 傷つくためだけに生まれた者もない Do good to be good… You're not alone 荒波を行け その闇を抜け ただ前を向け

twoface

歌手
Aimer
歌い出し
These words became this song あなたまで届かない 心は冷えきって 形はないのに揺れた わたしはいつも通り 予定通り逃げ出して こぼれ落ちた涙は 何も語らない I don't want you anymore 傷つくのは得意 鼻歌 喜色満面 にじむ星屑を見るの びしょぬれの夜はコントロールできない それでも隠してきた でももう隠せないホントを ホントのホント ホントの感情 Just wanna be with you 離さないで 悲しい夜を乗り越えて あなたに出会えた 息が止まる前に紡いで 終わりが来ても終わらせないで 知らないふりで笑ってたんだ 本当は大声で泣きたかった 何も無いって思ってた心が震えて 波しぶきが舞い上がって星屑を消した 闇と光の狭間で踊る夜光虫 額縁に入れた感情なんていらないホントを ホントのホント ホントの感情 Just wanna be with you 恐れないで 涙も夢も引き裂かないで さよならしないで まぶたも耳も塞いでたんだ 何度も何度も叫んでたんだ 気づかないふりで笑ってたんだ 傷つけていたのはわたしだった 命が消えて終わりじゃない ゼロに戻しても始まりじゃない ねえ 世界に色を付けてみてよ Just wanna be with you 離さないで 悲しい夜を乗り越えよう 本物 偽物 ホントもウソも とらえた心が見せてたんだ あなたにとってわたしは何だ? わたしにとってあなたは?

us

歌手
Aimer
歌い出し
吸い込まれた僕らは 地球と星の僅かな境界線へと 消えた 溶けてしまえ 永遠の後遺症 すべてが小さく見えるのは 宇宙が仕掛けた罠なんだろう 世界が1つだなんて嘘さ この空の藍が赤く染められているなんて 溶けてしまえ 壊れた誰かの永遠 この地球の美しさも脆く 赤く染まり満ちていく 君は孤独かい? その記憶の色まだ離さないでね 傷つけ合う僕らは忘れている この地球の存在さえ 壊せる 世界が醜く見えるのは 僕らが塗りつぶしてしまうから ここから見下ろす不協和音(ノイズ)の色 あまりに儚過ぎて もう壊せないよ その藍の奥で何を呼んでるの? 窓に手を重ね 君に寄りかかる 世界の冷たさを感じ続けた この空の藍が赤く 今もどこかで赤く染められているなんて 溶けてしまえ 壊れた誰かの永遠 この地球の美しさも脆く 赤く染まり満ちていく この静けさに何も見えず 君の孤独さえ透明 この空の向こうで 壊れていく 壊れていく 狂気は何を守れる? 壊さないで 壊れないで 変えたのは僕らだろう 美しくて分からないよ 錯覚に吸い込まれる 溶けてしまえ 溶けてしまえ 解けもしないその孤独よ 僕らの鼓動まだ剥がさないでいてね

VOICE

歌手
Aimer
歌い出し
一人では長すぎる夜 ねえ 今夜夢は見られるの? 叶わない願いを胸に 漏れるため息が虚しい できるなら こんな感情(おもい)は 失くしたってかまわない どうして 涙を流してるんだろう? どうして 悲しい顔なの? どうして 忘れてしまわないんだろう? どうして 声にならないんだろう? わからない ただそばにいたかっただけだよ? 誰のものでもない不安が 光る街並を 滲ませる あふれだす記憶を置いて 行き交う人波は 知らん顔 届かない こんな声なら 失くしたってかまわない どうして 涙が止まらないんだろう? どうして 触れてほしいんだろう? どうして 綺麗になりたいんだろう? どうして 声が聞きたいんだろう? わからない ただそばにいたかっただけだよ? どうして 涙を流してるんだろう? 悲しく言葉は宙を舞う どうして 忘れてしまわないんだろう? どうして こんなに苦しい? わからない ただそばにいたかっただけ どうして 涙が止まらないんだろう? どうして 心が痛むの? どうして こんなに声が聞きたいんだろう? どうして 声にできないんだろう? わからない ただそばにいただけなんだと

Walpurgis

歌手
Aimer
歌い出し
迷いの森の眠れぬ子羊 遠い鐘の音に足を止め 赤い月から落ちる花 霧の中から火があがる 旅人の笛の音に踊る子供たち 美しき羽の小鳥のように 君は歌い飛び回る 季節は燃えて 春はゆく Birds, birds, burning bright In the forest of the night Birds, birds, burning bright What immortal wing or eye God made only the fugitive one sorrowful and beautiful. 季節よ 進め 君は美しい

wavy flow

歌手
Aimer
関連作
ゲーム「アズールレーン」テーマソング
歌い出し
紺碧の斜陽 染まる眼差し 揺らいでくる 誓いの向こうへ 走った 過ぎ去りし日々を 夢見がちだった願いは 深海へ眠って 波に凍る手を 溶かす声がして 目醒める瞬間(とき)を感じてた ここにきて 約束追って 一度だけ 交わした息を賭して 浅葱(あさぎ)る波を辿る 一縷に繋げた flow 鈍色の地平を裂いて 夕立の枝垂れ 嗚咽も攫って 辿る路も指標も無くて 叫んだ 戦う事しか 今出来なくて 奇跡の種を探してた ここにいて 朽ち果てるなら 只一度でも 疑う言葉無いと 天霧(あまぎ)る空に遠く 希望を託した flow 鈍色の地平を裂いて

We Two

歌手
Aimer
歌い出し
We Two We don't need We don't get the things in order No time to waste そうきっと 右へ 左へ turn, turning over No side でもういいよね? Make a noise and louder そのセリフは柄じゃないけど いいや We will find out 飽きがくるまで 朝が来るまで all right We cool! What a cool sound! 目を閉じて鳴らすの the good song We fool! What a fool dance! 手を取って踊るよ anyone can't stop Cool, so fool, we two Melody loops とびきりのセンスで Give me your sound to dance We don't need We don't get the things in order No time to waste そうきっと 西へ 東へ 手の鳴るほうへ No side でもういいよね? ずっと響くナンバー その名前は忘れてるけど いいや We will find out? I can't tell the end 朝が来るまで all right We cool! What a cool sound! 目を閉じて鳴らすの the good song We fool! What a fool dance! 手を取って踊るよ anyone can't stop Cool, so fool, we two Melody first 意味なんてないよね 君の sound to dance Make a noise and louder そのセリフは柄じゃないけど いいや We will find out 飽きがくるまで 朝が来るまで all right We cool! What a cool sound! 目を閉じて鳴らすの the good song We fool! What a fool dance! 手を取って踊るよ anyone can't stop Cool, so fool, we two Melody loops とびきりのセンスで Give me your sound to dance

wonderland

歌手
Aimer
歌い出し
迷いの森にあるほんとう 探しに行く月のひかり 羊歯を踏んで足を濡らして ひたりほとり夏の小道 よく笑って泣いて見つめあって おそるおそる恋に堕ちた ふたり歩き出した違う方へ 呼び合う声だけもどかしく find me in the wonderland そろそろ手を汚して 自分の欲しいものを 追いかけてみる みつあみをほどいて 同じ星を齧る ふたりになる 寂しがって夜になって まだ明るい夢のほとり 食べかけで残した心だって ここから始まるうたになる 世界は君のものさ、どこへ行こうか、貴方は笑う 踏み外してみようか、後ろめたさが私を誘う find me in the wonderland どうしたって 生まれ変わるほどの 強い意志が必要だわ 慎重ないのちだった 私だけじゃ道は見つからない 星を数え繋ぎ合わせ まだ知らない夏の星座 見つめあって泣いて朝になって ここから始まる物語 もう一人じゃないのよ、夢のようでしょ、私は歌う 寂しさはひるがえり旗の元へと二人は集う 何も思い通りにならないことが始まったから 踏み外してみようか、目隠し鬼の手の鳴る方へ in your wonderland あなたが迷う場所に あかりを灯すために 花束一つ抱いて りりしく笑いましょう もう一人じゃないのよ、とても怖いね、幸せなんて 寂しさはひるがえり旗の元へと二人は集う 世界は君のものさ、手が届いてあなたがいて 踏み外してみようか、愛するひとが私を誘う find me in the wonderland in your wonderland 綺麗な吐息になって あなたの歌をうたって

words

歌手
Aimer
歌い出し
「愛してる」とは なんて無力な言葉だろう 私は今も 貴方しか要らないのに ねぇ 私の中の貴方を まだ嘘つきにしないでよ 私はもうあの日の貴方にしか しがみついては行けないのに 「もう、ひとりにはしないよ」と 抱き締めてたその腕は、どこにも無い 触れて欲しい胸の傷は 貴方には見つけてもらえなかった もう会えないなら せめて憎ませて欲しかった 優しく笑う 貴方しか知らないのに 信じること 恐れないように もっと強くなりたかった 不安の苦し紛れにもう貴方を 傷つけたりしたくなかった 季節のように生きる貴方を 息をするのも忘れて、愛していた やっと見つけた幸せは 音も無くこの手を滑り落ちた 「愛してる」とは なんて無力な言葉だろう 私は今も 貴方しか要らないのに 「さよなら」は無かった 何も言わず消え去ってしまった こんなに満たしておいて 最後の言葉はくれなかった 「愛してる」とは なんて無力な言葉だろう 私は今も まだひとりここから歩み出せない 明けてく空に まだ見ぬ明日を願って 「さよなら、貴方」 私からこの言葉を また前を向けるように

Work it out

歌手
Aimer
歌い出し
誰もいなくなった交差点には 春の匂い 遠くなっていた 止まった日々が どんなに目をそらしても 笑い合おう 少しくらいの願いがあれば 「ああ どうにかなる」って 今 そっと思うよ 昨日 手にいれた今日を 噛み締めるように さあ 行こう Keep walking on and holding on Whatever may come now We'll work It out 途切れないように We're going on and holding on ただ果てなく続いて行く道を 唄を添えて歩けたらいいな 君がいなくなった校舎の隅で 青い記憶 描きとめていた 夏が過ぎ去って「なんだったんだろうか?」なんて 笑い合おう 少しくらいの願いがあれば 「ああ どうにかなる」って 今 そっと思うよ 昨日 手にいれた今日を 噛み締めるように さあ 行こう Walking on and holding on Whatever may come now We'll work It out 失くさないように We're going on and holding on かけがえない 重ねてきた日々を Keep walking on and holding on Whatever may come now We'll work It out 途切れないように We're going on and holding on ただ果てなく続いて行く道を 君の傍で歩けたらいいな

zero

歌手
Aimer
歌い出し
Faster Farther Louder Prouder Firmer Harder Brighter Braver You're not flavor of loser No longer Faker or ruler? In the mirror, you wonder 問いただす排中律の意味 不可逆式の理想は無情で いつもfallacy You break up その壁を その宇宙を その0(ゼロ)を 繋ぐリバース振りほどいて And wake up この声が この音が この詩が 君のリアル刻めたのなら It's not over You feel numb 休譜を舞う とり違えた1分1秒 問いただす排中律の意味 不可逆式の理想は無情で いつもfallacy It's not fallacy You break up その白を その黒を その0(ゼロ)を 繋ぐリバース振りほどいて And wake up その声が その腕が その幻(ゆめ)が 君のリアル刻めたのなら It's not over

あなたに出会わなければ ~夏雪冬花~

歌手
Aimer
関連作
アニメ「夏雪ランデブー」ED
歌い出し
記憶などいらない 永遠に眠りたい もう このまま朝が 来なくたっていいや いつも夢の中では あなたは笑ってる どうして ねえ 消えないの? I gave you everything. You gave me anything? きっと いつまででも You're everything, still my everything. 愛してるんだよ 真夏に降った雪のような それは儚い奇跡なんだ あなたに出会わなければ こんなに切なくて 胸を締め付けることもなかった…それでも あなたに出会えなければ 強さも優しさも 知らないまま 部屋の隅で泣いていた 何も見えずに 季節などいらない なにも触れたくない もう あの花の名は 忘れたっていいや だけど夢の中では あなたは笑ってる いまでも そうなんだ I gave you everything. You gave me anything? ずっと いつまででも You're everything I'm still waiting. 愛しててもいい 真冬に咲いた 花のような いまは儚い記憶でも あなたに出会わなければ こんなに寂しくて 涙が止まらない夜はなかった…それでも あなたに贈りたい ただ、「愛されていてね…」と 包まれてた はじめて笑えた夜の わたしのように もしも願いがひとつ 叶うのなら もう一度触れてほしい 生まれて良かったと感じれた あの朝日に照らされて あなたに出会わなければ こんなに切なくて 胸を締め付けることもなかった…それでも あなたに出会えなければ 強さも優しさも 知らずにいた 目を閉じれば すぐそこに あなたがいる いまでも まだ 目を閉じれば すぐそこに あなたがいる

いつのまに feat. Aimer, 和ぬか

歌手
MAISONdes
歌い出し
わざとじゃないんだよでもちょっと許しておくれよ 耳打ちで「あのさ」って言っておいて何だけど 「忘れておくれよ」これで気に留めてくれよ ひねりにひねった僕の愛よ 靡く髪 柔らかな瞳に 僕の胸はじっとしてらんないみたい 好きに「なった」より「なってしまってた」 もう手の施しようがないくらいにさ 君の愛おしさが少し寂しそうでさ それならいっそのこと僕にどうかな もうそろ良いんだよ手を握っておくれよ 無邪気な心がずっとむず痒くなるよ 今すぐ言ってよって言わないけど言ってよ 冷静を装った僕の愛よ もう駄目だろうか僕に何があれば 君の胸はじっとしてらんないかな? 君と誰かの世界線巡ったら 生きた心地がちっともしなくてさ 浮かない顔で君を見つめてみたんだ そしたらどうしたって?君が愛おしかった 僕の遺伝子が君といたいらしいんだ 病院の先生がそうやって言ってた 君はこの先僕といるしかないらしいんだ これは確か、んー、あ、僕が言ってた 犬にも猫にも近所のおばさんにも 英語の授業で隣にいる子にも 言いふらしちゃったよ まってまってどうしよう うっかりしちゃったよ 返事は委ねるよ そりゃそうかもう だってだってさもう今すぐ 君の全部がどうしても欲しくてさ Love & Laugh! Ah, Love & Laugh! Ah, Love & Laugh! Ah, Love & Laugh... わざとじゃないんだよでもちょっと許しておくれよ 耳打ちで「あのさ」って言っておいて何だけど 溢れ出しちゃったよ これで気に留めてくれよ 熱くて大きな僕の愛よ

オアイコ

歌手
Aimer
歌い出し
一秒見つめて すぐまた逸らして 触れそうな距離は やけに風を感じて 言葉を探して 見つかって 引っ込めてまた 頭ん中だけ あぁだこうだ言えて ひとりだけ誘い出して よそ見なんてもうしないように 胸の奥にその手で触れて欲しい 風に流すから 言葉にしていいよ ゆらゆらと 揺れてる心 ほろ苦くて甘い記憶 ひとつずつ分け合えたら その声届くかな 焼き付くほどに ぎゅっと掴んで そっとかわして ふわり ただオアイコのままでいいんだよ そっちが言って こっちじゃなくて ゆらり まだオアイコのままでいいんだよ 口癖覚えて そんな自分に狼狽えて はぐらかした本音は まだ全部は見せないよ さり気ない視線が すれ違い 遠く見るたび 弱気な胸だけ あぁだこうだ言って 追いかけて覗き込んで 不安な顔なんてしないから 背中越しの声を離さないで欲しい 真っ赤に染まった 横顔わらって じわじわと 溶けてく心 泣けるほどもどかしい夕陽 まだ思い出じゃないよ この声届くかな 包まれるように じっと黙って そっと笑って ふわり ただオアイコのままでいいんだよ こっちを向いて そっちじゃなくて ひらり ただオアイコのままでいいんだよ 風に流すから 言葉にしていいよ ゆらゆらと 揺れてる心 ほろ苦くて甘い記憶 ひとつずつ分け合えたら その声届くかな 焼き付くほどに ぎゅっと掴んで そっとかわして ふわり ただオアイコのままでいいんだよ そっちが言って こっちじゃなくて ゆらり まだオアイコのままでいいんだよ

おもかげ(produced by Vaundy)

歌手
milet × Aimer × 幾田りら
歌い出し
Feel like leaving it to the flow. もう 何も見えないふりをしていた 悲しみが見えすぎたから 影も僕を見ていた 「君のことはわかるから」 失くしたことで 流れ着いた なによりも、ほんとのこと 僕らは こうして どこにも 見せない愛で満たしてる 本当 僕らは いつの日も 見えない愛で満たしてる 本当 Feel like leaving it to the flow 夜になって思い出した 「呪い背負った僕たちは今」 なんて悲しみが積った時も 朝になって思い返した 希望纏った僕たちは今 唯一無二の弱者 強気でいいじゃん 忘れることで 流れ着いた なによりもほんとに大切なこと 離れるたびに 流れ着いた なによりもほんとのことに 僕らは こうして どこにも 見せない愛で満たしてる 本当 僕らは いつの日も 見えない愛で満たしてる 本当 陽を浴びて咲き出すような 花のように 鼓動で 踊るように もう体に任せて 僕らは こうして どこにも 見せない愛で満たしてる 本当 僕らは いつの日も 見えない愛で満たしてる 本当 Feel like leaving it to the flow

カタオモイ

歌手
Aimer
歌い出し
例えば君の顔に昔よりシワが増えても それでもいいんだ 僕がギターを思うように弾けなくなっても 心の歌は君で溢れているよ 高い声も出せずに思い通り歌えない それでもうなずきながら一緒に歌ってくれるかな 割れんばかりの拍手も 響き渡る歓声もいらない 君だけ 分かってよ 分かってよ Darlin' 夢が叶ったの お似合いの言葉が見つからないよ Darlin' 夢が叶ったの 「愛してる」 たった一度の たった一人の 生まれてきた幸せ味わってるんだよ 今日がメインディッシュで 終わりの日には甘酸っぱいデザートを食べるの 山も谷も全部フルコースで 気が利くような言葉はいらない 素晴らしい特別もいらない ただずっと ずっと側に置いていてよ 僕の想いは歳をとると増えてくばっかだ 好きだよ 分かってよ 分かってよ ねえ、Darlin' 夢が叶ったの お似合いの言葉が見つからないよ Darlin' 夢が叶ったの 愛が溢れていく 君が僕を忘れてしまっても ちょっと辛いけど… それでもいいから 僕より先に どこか遠くに 旅立つことは 絶対 許さないから 生まれ変わったとしても 出会い方が最悪でも また僕は君に恋するんだよ 僕の心は君にいつも片想い 好きだよ 分かってよ 分かってよ 分かってよ Darlin' 夢が叶ったの お似合いの言葉が見つからないよ Darlin' 夢が叶ったの ねえ Darlin' 「愛してる」

キズナ

歌手
Aimer
歌い出し
たった一人で歩いてきたと 思ってたあの日 本当はいつも どんな場面にも “誰か”がいたんだ 過ぎてゆく日々 空気のように見えない想いだけど 花束も 約束もいらない ただ いくつもの愛で この空は繋がってるよ いのちの数だけ また誰かと響き合える ひとりひとり 会いたい“キミ”がいる ずっと強がることで 弱さを守ってたあの日 そんなときさえ 差し出してくれた “誰か”の手のひら 朝焼けの街 時の流れに景色は変わったけど やさしさも 愛しさも 心(ここ)にあるよ 伝えられなかった 言葉たちが溢れてる 泣きじゃくる夜に ぬくもりをくれた記憶 目を閉じれば 色褪せない場所がある たとえどんな離れても 信じ合える 何を失っても キズナだけは壊せない たったそれだけで 涙は笑顔に変わる ひとりきりじゃない みんなそばにいるから… きっと今は分かる 見えない想いの中に愛は輝く 花束も 約束もいらない ただ いくつもの愛で この空は繋がってるよ いのちの数だけ また誰かと響き合える ひとりひとり かけがえのない“キミ”がいる たとえどんな離れても 信じ合える 何を失っても キズナだけは壊せない たったそれだけで 涙は笑顔に変わる ひとりきりじゃない みんなそばにいるから…

グレースノート

歌手
Aimer
関連作
短編アニメ「夜の国」主題歌
歌い出し
開いたノートに綴った青さは 終わりのチャイムに 君の背中を探してた 不器用で曖昧な 譜面にできない音色 胸に閉じ込めた 触れた指でなぞった思い出は どの言葉で歌にできるかな? ただ夢の中で絆されたまま 生まれたときはひとりぼっちだったこと 忘れがちになるのかな? 見慣れた景色に何かが足りない 見上げた夜空に 頼りない月明りだけ 泣きそうで投げ出した 書きかけのままの日記 明日は言えるかな? ふわり 指にとまった淡い蝶 この夜更けにどこへ飛ぶのかな? この深い闇に灯されたまま 生まれたときはひとりぼっちだったよと みんな 同じなんだよね 君の音で飾った思い出は どの言葉で歌にできるかな? この指でなぞった優しさが いつ誰かの愛に変わるかな? ただ夢の中で絆されたまま 生まれたときはひとりぼっちだったこと 忘れがちになるんだね 同じなんだよね

コイワズライ

歌手
Aimer
関連作
ドラマ「白雪とオオカミくんには騙されない❤」主題歌
歌い出し
泣き虫を笑って 強がりは気づいて わがままを許して 気まぐれにつきあって そばにいたくって 寒いのは苦手 かじかんだ手と手 つないでみせて ねえ 苦しさをわかって ずっと続く愛しさをわかって そんな心はいつだって そっと溜息こぼす だから伝えたいことって いつも伝えられなくって 不器用に笑って誤魔化すんだよ ありふれた会話や仕草を 少しも忘れたくはないよ ゆらり きらり 白雪の様に 溶けてしまわないように 嘘つきは嫌いで 曖昧を選んで 会いたいを隠して 笑顔を祈ってる ねえ 伝えたいことって いつも伝えたくなくって すれ違ってばかりで 見逃すんだよ 色づいた街灯の明りが 少しも優しくなんかないから 空に きらり 瞬くように 涙は踊っていた 悲しくなっても 寂しくなっても 泣きたくなってもいいんだよ 悲しい時こそ 寂しい時こそ 大事なことがあるんだよ 悲しくなっても 泣きたくなっても 恋しくなってもいいんだよ 明日になっても 大人になっても いつまでたっても 色づいた街灯の明りが 少しも優しくなんかないけど 空にきらり 瞬いている 星降る夜に願いを ありふれた会話や仕草を 少しも忘れたくはないよ ゆらり ふわり 白雪の様に 恋が消えたとしても 寂しくなっても 切なくなっても 恋しくなってもいいんだよ 寂しい恋こそ 切ない恋こそ 大事なものになるんだよ 悲しくなっても 寂しくなっても 泣きたくなってもいいんだよ 悲しい時こそ 寂しい時こそ 大事なことがあるんだよ

スピカ

歌手
Aimer
歌い出し
ただ ふわりと風に揺られるほど 軽くなった想いが 宙を舞う 空を飛ぶ 誰かを探すように 笑顔の奥 涙隠した日々も 今は確かなメロディになった 変わったのは季節だけじゃないよって そして春の影 さよなら告げて 笑った 夏の足音を探す She's got her day She's got her way 行き先は曖昧で 拾い集めた星の屑に 空想を描いたりする いつだって いつだって 「大丈夫」って 声だして いつか輝けることを 信じる強さはあるから 交差点 ふいに立ち止まっては 思い出した気持ちを 愛と呼ぶ? 過去と呼ぶ? 名前はどうであれ うすれてゆく心はいつの間にか 白い大きな雲になって 大粒の涙を降らせたんだ そして晴れた空 見上げてたら 泣きやんだ 愛の矛先を探す She's got her day She's got her way 「大丈夫」って 声にして 昨日より綺麗な 君がきっと 明日は待っているから いつだって いつだって 「大丈夫」って 声だして 君が君であることを 思い出す 明日が来るから 失くせないものを 失くしても 君は君だよ そうなんだ そうやって涙流したら また歩き出せばいい いつかはスピカ 行き先がどこだって 拾い集めた星の屑が 明日を照らしてるから She's got her day She's got her way 「大丈夫」って 声にして いつか輝けることを 信じる強さを いつだって いつだって 「大丈夫」って 声だして 君が君であることを 思い出す 明日が来るから

セプテンバーさん

歌手
Aimer
歌い出し
一人のために描いた夢を 誰かに使いまわした そんなこともあるさと 笑える僕もきっとセプテンバー 「夏」ってだけでキラキラしてた あの気持ちが好きなの 「もう少しだけここにいさせて」 そんな顔で僕見るの でも君が笑える理由なら 僕が見つけてきてあげる こんな二人を繋ぐのは きっとなんでもないセプテンバー 本物よりもリアルに見えた あの魔法はもう解けた けどギュっとすればキュンとなるあれは 夏のおかげなんかじゃない 湿る空が乾く色を きっとパパは探していたの そんな時に一人ぽつんと疼くまってたセプテンバー OH セプテンバー OH セプテンバー OH セプテンバー OH セプテンバー 夢が語りつくした希望を 僕は拾うよ 君は見てるの? さぁ今ならば この声ならば届く気がしたんだ 夏が散らかしてった心を 僕は紡ぐよ さぁいざ行こう そう今だから この声だから 響くセプテンバー 声が響きだす そこに意味はなくとも 君が笑い出す そこに夏はいなくとも OH セプテンバー OH セプテンバー OH セプテンバー OH セプテンバー 僕が笑える理由なら 今まさに目の前にいるよ こんな僕らを繋ぐのは そうさいつも 愛が語り尽くした想いを 僕は歌うよ 人は笑うよ でも今ならば この声ならば届く気がしたんだ 手と手をとれば揺れる心が 抱えた不思議 それはテレパシー さぁ今だから この声だから さぁ今ならば この声ならば こんな僕だけど そう君となら 何もないけれど そう今ならば この声ならば そう君となら 響く気がしたんだ あぁ この季節(とき)が 語るもの あぁ この季節が 繋ぐもの

トリル

歌手
Aimer
関連作
短編アニメ「夜の国」主題歌
歌い出し
かすれた声のまま 消えた君は帰らないから 冷たい夜空のよう 闇の中 滲んでゆくこと 散らかったおもちゃや 吐き捨てたどろんこさえも 美しく輝く星屑を探してたんだね? ミッドナイトにカスタネットを どうかするくらい鳴らして It's all rightとか いっそcryとか どうかしてるから言わないで 10日前から こんな毎日 過ごした程度で怖がって Only oneのLonely night 眠れないまま 揺れるトレモロのように囁く言葉が 失くした記憶の灯火を そっと胸の奥で揺らめかせて 平気なんて嘘ばかりで 君は幻の翼で空に浮かんで 得意げな顔でおどける ふいにふりしぼる その笑顔が さよならの合図なんだと わかっていた 明日になれば また この空は違って見えるかな? 大人になれば ただ 目を閉じて眠ってしまうかな? 繋がれた鎖や せわしない時計の針が 美しく輝く星屑を連れて行くんだね 交差点から高架線まで いっそライトは消し去って It's all rightとか いっそcryとか どうかしてるから言わないで 通り過ぎてく こんな毎日 過ごしてばっかじゃ ダメだって Only oneのLonely night 聞こえてるかな? 君は瞬きと共に過ぎてく時間も 遠くから見てると微笑んで 夜がつきつける その明日を あの日見た絵本のように 愛していて 揺れるトレモロの夜にきらめく雫が 集めた奇跡を音にして ずっと憧れてた 夢見ていた おやすみの合図のように そして 思い出は二人の音を結んで 途切れないトリル奏でる 夜がつきつける その明日を あの日見た絵本のように 君を打ちつける その涙も 朝を待つ世界のように 愛していて

バナナフィッシュの浜辺と黒い虹 with Aimer

歌手
Galileo Galilei
歌い出し
眠れない夏の夜に 家をちょっと抜け出して 私は坂を下っていく 舌にのせたアレを転がし ヴィレバンやサブカルバンドと馬鹿笑いLINEグルーピー 都会の子とおなじオモチャで遊んではいるんだけれどね あーあ私って ちょーめんどくさいやつだな この町の空にかかる “黒い虹”がみえるの 退屈すぎて死にそうになってる ふつうに好きだよ この町だって別になんにも不自由はないから 浜辺でみかける バナナフィッシュは 二度と みたくないかも 効き目がきれたらほらね なんにもないだけの日で 朝焼けの画像 みんなにみせよ 私たちに愛される 私たちのリアルな漫画は すでに両手になにかもってて 離したり掴んだりストーリー ほんとうの私なんかは なんにももっていないですから それら漫画や歌なんかを 掴んだり離したりするのです あー未来の私が 白装束で立ってる あーあアイツは 美容師すぐにやめるでしょ ここに戻ってきて潮でも舐めてろ ふつうに好きだよ アイツだってわりといいヤツだし趣味もあうから あーもう だめかも なんでこんな 埋まらないって 悩んでんだろう 効き目がきれたら終わり ただこの道をいくだけ 5時間後には学校にいる 浜辺で 古い歌 聴いてたんだ それでも振り払えないこの景色 やっぱり見えるよ “黒い虹”が バナナフィッシュもいる! ほらもう 帰ろう このままじゃ私 連れていかれちゃうから 時々とても怖くなる そして忘れようとする 繰り返しすぎて どうにかなりそうだよ 効き目がきれたらアイツに ぜんぶ話してみようかな この朝焼けをどう思うだろう…oh

プロローグ feat.Aimer

歌手
清水翔太
歌い出し
プロローグで終わった恋が 僕を臆病にさせるから 君の目も真っ直ぐ見れず 立ちすくむ 人を好きになるってこと 今でもまだ、こわいけれど 君を見つけてしまったよ 見つけてしまったよ 僕の心臓が 君に近付く度に 何か伝えたそうに 鼓動を強める 今、遠い遠い未来を目指して 最初の一歩をきっと踏み出した 今、静かに恋が始まって 僕は長く長く君を想うのだろう プロローグで終わった恋の 有りもしないその続きを よく想像していたんだよ 悔しくて 映画みたいに切なくて 優しくて甘いlove story もちろん困難もあるけど ハッピーエンドだよ そんな都合のいい 物語を描いて 出られなくなったんだ 心は迷路だ でも、遠い遠い未来を目指して 最初の一歩をやっと踏み出せた 今、確かに恋を抱きしめて 僕はもう一度また愛を迎えに行くよ 僕の心臓が 君に近付く度に 何か伝えたそうに 鼓動を強める もし僕の恋がまたプロローグで 終わってしまったとしても構わない 君に恋した事を後悔しない 僕は長く長く君を想うだろうけど

ポラリス

歌手
Aimer
歌い出し
沈黙の夜凪に漂った小さな船は 体中 傷を背負った 旅人のせた ゆりかごになった 悲しげなその寝顔は もう誰も 寄せ付けないそぶり ここが今 どこか知らずに 北へ 北へただ向かう つないだはずの その手が ほどけていく 君はまるで はじめから “愛されること”が できないみたいだ いつだって 途惑って 帰ることもできなくなって 「助けて」って叫んでるだけで 届かなくて 悲しくて 「僕は一人だ…」 そんなこと もう言わせない 日々揺れる心に 浸みこんだ昨夜の雨が 傷跡の上を流れる 過去を消し去るように つないだはずのロープは ほどけていた 船はまるで はじめから 留まることなんて できないみたいだ いつだって 途惑って 帰ることもできなくなって 「見つけて」って叫ぶ声は まだ 届かなくて 寂しくて 膝を抱いて待っている 「僕は一人だ…」 いつだって 彷徨って 叫ぶこともできなくなって 闇の中を ただただ 歩いた 「そうやって生きてきた僕は一人だ…」 そんなこと もう言わせない 強がりだけの決意が 水面を舞う それはまるで はじめから 空を飛ぶことが できるみたいだ いつだって 誰だって 帰ることができなくなって 「見つけて」って叫んでみるけど 届かなくて 寂しくて 膝を抱いて待っている みんな一人で いつだって 彷徨って 辿る道もない波の上 船はすすむ ただ 漂いながら そうやって生きていく 今は二人で 行く先は知らない いつだって 傍にいて こらえきれず泣きだしたって 闇の中を かすかに照らすよ そうやって生きてきた君のためだけの ポラリスになりたい

もう一度

歌手
[ re: ]
歌い出し
当たり前に 当たり前に あった世界が壊れそうな今 誰のせいにしようか 僕は 考えていた 悲しいニュースに 目眩さえして でも明日を見失っちゃダメだ Carry on Stay alive これ以上の涙はいらない 気付いた時には既に 僕の手 離れて 手遅れなんてことにならないように 僕は君を痛いくらい抱きよせて 嵐が去って晴れたら もう一度手を繋いで歩こう 君を想って 唄を歌うよ 他人事のよう 目を背ける君にも 誰かのせいにすれば 僕らは救われる? この現実に 目眩さえして それでもきっと生きなくちゃダメだ Carry on Stay alive 誰か守る使命持って産まれた 気付いた時には既に 僕の手 離れて 手遅れなんて事にならないように 僕は君を痛いくらい抱きよせて 嵐が去って晴れたら もう一度手を繋いで歩こう まだ明日を見失っちゃダメだ Carry on Stay alive これ以上の涙はいらない いらない 気付いた時には既に 僕の手 離れて 手遅れなんて事にならないように 僕は君を痛いくらい抱きよせて 嵐が去って晴れたら もう一度手を繋いで歩こう もう一度手を繋いで歩こう もう一度君と歩きたいんだ

今日から思い出

歌手
Aimer
歌い出し
今日から思い出 素敵な思い出 明日はもう一人だ これから一人だ すべては思い出 悲しい思い出 明日はそう どこかへ どこかへ 遠くへ 電話のむこう ママが泣いてた 「大丈夫?」って言った ズルイな… 先に泣くから 私はもう泣けなくなるよ 今あなたの声を聞くことできるなら “愛してる”の一言を言ってほしい 言ってほしい 今あなたに言葉送ることできるなら “生まれ変わってもまた一緒にいたい” もう会えないなんて… 今日から思い出 それでも思い出 いつかは そう 一人だ それなら… どうして? 窓のむこう あなたが見えた 「大丈夫?」っていうの? ヒドイな… そう聞かれたら 私はもう泣けなくなるよ 今あなたの声を聞くことできるなら “愛してる”の一言を言ってほしい 言ってほしい 今あなたに言葉送ることできるなら “生まれ変わってもまた一緒にいたい” もう会えないなんて… もう会えないなんて…

今日から思い出 (Evergreen ver.)

歌手
Aimer
歌い出し
今日から思い出 素敵な思い出 明日はもう一人だ これから一人だ すべては思い出 悲しい思い出 明日はそう どこかへ どこかへ 遠くへ 電話のむこう ママが泣いてた 「大丈夫?」って言った ズルイな… 先に泣くから 私はもう泣けなくなるよ 今あなたの声を聞くことできるなら “愛してる”の一言を言ってほしい 言ってほしい 今あなたに言葉送ることできるなら “生まれ変わってもまた一緒にいたい” もう会えないなんて… 今日から思い出 それでも思い出 いつかは そう 一人だ それなら… どうして? 窓のむこう あなたが見えた 「大丈夫?」っていうの? ヒドイな… そう聞かれたら 私はもう泣けなくなるよ 今あなたの声を聞くことできるなら “愛してる”の一言を言ってほしい 言ってほしい 今あなたに言葉送ることできるなら “生まれ変わってもまた一緒にいたい” もう会えないなんて… もう会えないなんて…

六等星の夜

歌手
Aimer
関連作
アニメ「NO.6 ナンバー・シックス」ED
歌い出し
傷ついたときは そっと包みこんでくれたらうれしい 転んで立てないときは 少しの勇気をください 想いはずっと届かないまま 今日も冷たい街でひとり ココが何処かも思い出せない 終わらない夜に願いはひとつ “星のない空に輝く光を” 戻れない場所に捨てたものでさえ 生まれ変わって明日をきっと照らす 星屑のなかであなたに出会えたいつかの気持ちのまま会えたらよかった 戻らない過去に泣いたことでさえ 生まれ変わって明日をきっと照らしてくれる 眠れないときは そっと手をつないでくれたらうれしい 夜明けは来るよと 囁いていて 嘘でもいいから 願いはずっと叶わないまま 今夜 星座を連れ去って 消えてしまったもう、戻れない… 終わらない夜に願いはひとつ “星のない空に輝く光を” 今は遠すぎて儚い星でも 生まれ変わって夜空をきっと照らす 星屑のなかで出会えた奇跡が 人ゴミのなかにまた見えなくなる 戻らない過去に泣いた夜たちに 告げるサヨナラ明日はきっと輝けるように こんなちいさな星座なのに ココにいたこと 気付いてくれて ありがとう 終わらない夜に願いはひとつ “星のない空に輝く光を” 戻れない場所に捨てたものでさえ 生まれ変わって明日をきっと照らす 星屑のなかであなたに出会えた いつかの気持ちのまま会えたらよかった 戻らない過去に泣いたことでさえ 生まれ変わって明日をきっと照らしてくれる

冬のダイヤモンド

歌手
Aimer
歌い出し
どこにいるの? 「ここにいるよ」 そこにいるの? 「そばにいるよ」 ここにいるの? 「いつもいるよ」 どこにいるの? わからないよ 互いの場所 確かめ合う そっと輝く 冬の星座 暗い空にしがみついて 強い風に流されないようにと 神様 あなたはそこで 何を思って 何を見つめるの 教えて こんな私の願いを聞いても笑うだけでしょ? そうでしょ? 悲しくて涙がなくなるほど 苦しくて痛みがなくなるほど 虚しくて心がなくなる こんな夜には何をすればいい? もし誰か手を差しのべてたなら うれしくて笑えてたのかな? 永遠に交わらない星座を 誰かが呼んだ 冬のダイヤモンド 手をつないで 「手を伸ばして」 顔を見せて 「顔をあげて」 声を聞かせて 「声を出して」 話し方がわからないよ 互いの意味 確かめ合う そっと輝く 冬の星座 遠い過去にしがみついて もう誰にも忘れられないようにと 神様 あなたはそこで何を施し 何を望んでるの? 教えて こんな私を生んだことなど忘れたんでしょ? そうでしょ? 哀しくて言葉がなくなるほど 寂しくて眠れなくなるほど 眩しくて光がなくなる こんな夜にはどこにいればいい? もし誰か気付いてくれてたなら 愛しくて眠れてたのかな? 永遠に交わらない星座を 誰かが呼んだ 冬のダイヤモンド 悲しくて涙がなくなるほど 苦しくて痛みがなくなるほど 虚しくて心がなくなる こんな夜には何をすればいい? もし誰か手を差しのべてたなら うれしくて笑えてたのかな? 永遠に交わらない星座を 誰かが呼んだ 冬のダイヤモンド

凍えそうな季節から

歌手
Aimer
関連作
ドラマ「奪い愛、冬」OP
歌い出し
砕けた昨日の欠片をひとつずつかき集めても 途絶えたページは知っている 痛み 書き足しても 筋書き通り 何も変わらなくて 心縛りつけた憧れ 凍えそうな季節から あなただけ奪い去って 溺れてく夢を見た 記憶は嘘をつく こぼれ散る この手から あの日はきっと帰ってこない 理由をただ数えた くすんだ氷の欠片に心が変わり果てても 隠した体温(おもい)は消せない 期待 脱ぎ捨てても 同じ景色 何も変わらなくて 凍えた記憶にすがるだけ 壊れてく心から 涙だけ零れおちて 降り積もる雪の様に 吐息も震えてく 閉ざされた その部屋で あなたがずっと笑っているから 膝をまた抱えた 凍った果実 色褪せないままで 時を止め続けた憧れ 凍えそうな季節から あなただけ奪い去って 溶けてゆく夢を見た 記憶は嘘をつく 遠ざかる その日から 二人はずっと帰ってこない 冬の空 見上げた

君を待つ

歌手
Aimer
関連作
ドラマ「クロハ〜機捜の女性捜査官」主題歌
歌い出し
さよなら おやすみ いつかまたね 手を振った夕暮れ どこへ帰るかもわからないまま ただ 歩いた 冷たい雨から逃げるように 駆け込んだ木陰で 刹那の息をつき 下弦の月 闇に落ちる 笑った顔は すぐに思い出せるはずなのに 少しずつ滲んでく 零れ落ちた涙 眠れない夜 見上げた空 揺れる夜光は 身を焦がす 瞳閉じれば 記憶の海 深く沈み 手を伸ばす 幾千年も変わらず 君を待つ 冷たい夜風に 吹かれるまま 騒ぎたつ葉音に 重ねる言葉もわからないまま またふるえた 紡いだ花は すぐに枯れてしまうだけなのに とめどなく望んでる 壊れだした 何か 眠れないまま かかえた膝 香る闇間に 目を凝らす 後に戻れば 孤独の森 深く潜み 声を断つ 不変の冬の中でも 春を待つ 笑った顔は すぐに思い出せるはずなのに 少しずつ滲んでく 零れ落ちた涙 眠れない夜 見上げた空 ちりばめられた星屑を指でつないで 十字の鳥 翼求め 手を伸ばす 幾千年も変わらず 君を待つ

地球儀 with Vaundy

歌手
Aimer
歌い出し
愛に飢えてる 僕たち何度も 感情的に慰めあっている 単純明快で 端的繊細な こんな夜に流されあっている 揺られちまえよ くっだらない夜に乗ってさ ねぇ Ah Ah Ah Ah どうしょうなんてmotion 思い出すような夜に名前をつけて どうしょうなんてmotion 狂いだしそうな夜に踊って見せてよ 愛に満ちていく 僕たち今日もまた 感情的に思いを寄せあっている どっか置いてきた 愛とかなんとかも こんな夜じゃ流されちまっている 忘れちまえよ くっだらない夜に踊ってさ ねぇ Ah Ah Ah Ah どうしょうなんてmotion 思い出すような夜に名前をつけて どうしょうなんてmotion 狂いだしそうな夜に踊って見せてよ 情けない夢を握っていたいの また溜まっていく Ah Ah Ah Ah どうしょうなんてmotion 思い出すような夜に名前をつけて どうしょうなんてmotion 狂いだしそうな夜に踊って見せてよ 回る未来の地図を蹴り飛ばして 笑っていようぜ 君と描いた地図を手に取って 笑っていたいね

声色

歌手
Aimer
歌い出し
幻に怯えている 誰かの声飛び散る今 置き去りの衝動がほら 寂しそうに枯れていく 私は今日誰になって 君の中で壊れていく? 届けば届くほどに 虚しさに気づかされた 幻の残酷さを ありふれた奇跡 その儚さが 裸の私の意味を締め付ける 私は今日誰になって 君の中で溺れていく? 届けば届くほどに 広がる視界に心は狭くなって 広がる世界を不安が満たした 広がる視界に心は居なくて 怯えた私の声は今も聞こえていますか 私を見て 幻じゃなくて 私を見て 奇跡じゃなくて 曝け出しても 裸じゃなくて 生み出しても 産み出しても 私じゃなくて怖いよ 羽ばたけるかな

夏草に君を想う

歌手
Aimer
歌い出し
教室をすぐ飛び出した 揺れるリボン 日差しのほうへ ほどけた靴紐結びなおして 午後のハレーションすり抜けた 全てを焼き付ける様に 僕らは瞬きも忘れてた そばにいるよ 笑っていたいよ 夏草は 季節の音をまとった そんな“瞬間(いま)”を抱きしめていたよ 駆け下りた坂道で 追い越した南風 丘の向こう 芝生の上で 終わりのない話をしたね おどけた顔で 日が暮れるまで 幼い夢を並べてた 全てを見逃さない様に 僕らは明日すら忘れてた 出会えた事 空が青い事 ありふれた奇跡の数を数えた 白いシャツが汗ばんだとしても 二人乗り 自転車で 探してたんだ 過ぎた月日の中で 景色は変わったけれど 懐かしい音が耳かすめ あと どれくらい 歌ったら 君に届くのかなって 君がいないよ... そばにいると 笑ってたけど 夏草は 涙の色をまとった そんな“瞬間”を抱きしめたはずと 思い出す 青い鼓動 あと少しだけ眠ろう それは まだ 夏の夢

季路

歌手
Aimer
関連作
アニメ「魔道祖師」ED 1
歌い出し
灰色 曇り空 溶けない白さは 愛した二月の色 重ねる時間は 解けない魔法で 失くした季節を知った 溜息も白く染めて 木陰の歌 失くしたままで 暮れる空を君は見たか? 時計の針が心を打つ 過ぎ行く時が辿る路も 何度も同じ景色を携え 淡い夢を見よう 優しい言葉さえ知らない 凍てつく夜の欠片たちよ 涙に濡れた蕾を抱きしめ その春を待っていた 編む 時間の絢 閉ざした世界に落とした紅色が導く 季節の帰路 囁きを藍く染めて 黄金の空 夢見たままで 温もりまで遠く見えた 時計の針は戸惑いなく 過ぎ行く春の欠片たちよ かすかに香る真夏の気配に ふわり揺れながら 優しい秋は前触れなく 凍てつくような冬の影まとい 涙にぬれた蕾を抱きしめ ただ春を待っていた 今 螺旋の中 季節は巡る 辿って 迷って 何度もう躓いては 同じ花届けるために 時計の針が心を打つ 過ぎ行く春の欠片たちよ かすかに香る真夏の気配に ふわり揺れながら 優しい秋は前触れなく 凍てつくような冬の影まとい 涙にぬれた蕾を抱きしめ また春を待っていた あの 螺旋の中

寂しくて眠れない夜は

歌手
Aimer
歌い出し
寂しくて眠れないよ いつものように手をつないでよ 震えているこの指の間にそっと キミのぬくもりを分けてほしい キミの声を聞きたくて 何度も瞳(め)を閉じる 「夢の中でなら会えるかな?」って… 寂しくて眠れない夜は 二度と戻らないぬくもり探して お願い せめてもう一度 その声を聞かせてよ 誰よりも キミを想う 強さだけは 負けないのに いつも “ひとりだ”って気付いて また 負けそうになる こんな弱さを 許してほしい 寂しくて眠れないよ いつかのあの話をしてよ 呟いた言葉たちが 浮かぶ月にやさしく響いては消えてった 冷たい風 小さなベランダに 立ちすくむ 「時が経てば忘れられるかな?」って 寂しくて眠れない夜は 届かぬ手紙の続きを紡いで 教えて あといくつ夜を 越えれば会えるのかな 誰よりも キミを想う 強さだけは 負けないのに いつも 空回りばかりで 逃げ出しそうになる こんな弱さを許してほしい 寂しくて眠れない夜は 二度と戻らないぬくもり探して お願い せめてもう一度 その声を聞かせてよ 誰にでも 月明かりに 誰かを想い 眠れぬ夜がある 暗闇のなかでも うつむかないでと わらうひかりを 信じてて欲しい

小さな星のメロディー

歌手
Aimer
歌い出し
ひとり星に 舞い降りて 砂漠の中見つけ出した 僕の手にふれた その花 小さくふるえてた この愛+YOU+I=は何? 僕の声が聞こえるかな? 少し遠くにいるのかな? 空に飾った花を見て 二人笑いあえるかな? 愛よ 届け まだまだ先へ もっと遠くへ 響き渡って 小さな星の大きな愛が あなたへ届け 小さな頃 読んでいた 絵本の中見つけ出した ポケットに入れた秘密を いつかは見せたくて この愛+YOU+I=も愛? 好きな花は育てるから 好きな歌も覚えたから 草の冠作ったら きっと 笑いあえるかな? 愛よ 届け あなたの星へ もっと遠くで 音を鳴らして 小さな恋が奏でた歌が 夜空に響け 愛+YOU+I=は何? 同じ空を見ているかな? 少し遠くにいるのかな? 同じ気持ちでいられたら ずっと笑いあえるよね 愛よ 届け まだまだ先へ もっと遠くへ 響き渡って 小さな星の大きな愛が あなたへ届け 愛よ 届け あなたの星へ もっと遠くで 音を鳴らして 小さな恋が奏でた歌が 夜空に響け

思い出は奇麗で

歌手
Aimer
歌い出し
白い靴が泥だらけでも 公園のブランコ 秘密の子猫 日暮れまで遊んで あなたの呼ぶ声 夕飯のにおいと伸びてゆく影 誰より一番 大きな背中 世界中で一番 優しい その手 疲れてたくせして 肩車なんてね 触れるほど 夕陽が近くに見えた 思い出は奇麗だ 憧れがあった ひとりでに零れたのは あなたゆずりの癖 日曜の朝 焦げたトースト 床に落ちたシャツにママが笑う 月曜日になったら誰より強くて 二人乗りしたよね 錆びた自転車 思い出は奇麗で 憧れてたんだ ひとりでに零れたのは あなたゆずりの癖 もう少しだけでも あと少しだけでも そばにいれたなら何を伝えたろう? さようなら ありがとう 愛されてたんだ ありふれた言葉しか 出てこなかったんだ

悲しみの向こう側

歌手
Aimer
歌い出し
曇った窓の向こう側 今はきっと晴れてるけど 僕の心の中からは 消えやしない 笑顔 鮮やかな思い出はいつも あたたかくて 照れくさい言葉も 目を見て言えた ただ会いたくて 声も出せずに 振り向いてみても 遠く届かない 過ぎ去ってく 夕日のように 二人歩く あの帰り道も 思ったより味気ないもんだね この歌はきっと 空へ舞い上がる あなたにも届くかな? ほら まだここで色あせずに 信じてるんだ 悲しみの向こう側へ 雨上がりの街並みは 無邪気なほどきらめくけど 照らし出されたその先に こぼれ落ちた 涙 まだ誰も知らない約束 あたたかくて 間違いだとしても 捨てずにいるよ カタチすらない 夢は消えない 叶わなくていい 願いもあるよって 繰り返し 言い聞かせて ついた嘘も 塗りつぶせたから 心配などいらないと笑って この声はきっと 夜空に舞い散る あなたまで届くかな? ねえ 今もまだそこにいると 信じてるんだ 悲しみの向こう側へ あやふやな言葉達が いまもまだ凍えている 曖昧なあなたの笑顔が 刻むこの時を焦がす 振り向いてみても 遠く届かない 過ぎ去ってく 足早に 二人歩く あの帰り道も 思ったより味気ないもんだね この歌はきっと 空へ舞い上がる あなたにも届くかな? ほら まだここで色あせずに 信じてるんだ 悲しみの向こう側へ

悲しみはオーロラに

歌手
Aimer
歌い出し
世界中の孤独をつなぎあわせ 夜空を包むオーロラ 今夜も輝いて どれくらいの願いをかなえるだろう どれくらいの想いが まだ見ない明日へと届くだろう つなぎめ隠すように私は嘘をついた この世界であなたが一番愛おしいから 声を殺して ここは森の隠れ家 窓の外 夜空見上げ 朝を待つ 世界中の孤独をつなぎあわせ 悲しみ包むオーロラ 祈りは果てしなく どれくらいの願いをかなえるだろう どれくらいの想いが まだ見ない明日へと届くだろう とまどい隠すように私は指を噛んだ 流れてくぬくもりが一番信じられるから とめられない不安が加速するほど 見えなくなる 明日の行方 さがして 世界中の孤独をつなぎあわせ 夜空を包むオーロラ 行くあてなんてない どれくらいの時が流れただろう どれくらいの涙を流したら ここから抜け出せるの 世界中の孤独をつなぎあわせ 悲しみ包むオーロラ 祈りは果てしなく どれくらいの願いをかなえるだろう どれくらいの想いが まだ見ない明日へと届くだろう

星の消えた夜に

歌手
Aimer
歌い出し
多分 君は少し強がりで いつも笑顔作ってばかり 泣きたいなら 無理しなくてもいい すぐに泣けばいい 多分 君はとても優しくて 一人で抱え込むばかり 少し歩くのに疲れたら 荷物をおろせばいい 大丈夫だよ 大丈夫だから 大丈夫だよ 大丈夫だから ほら 夜が更けるよ ほら夜が更ける 星の消えた夜に 何を願うの? 遠くを見てる目には 何が映るの? 星が消えた空より隣を見てよ 気付いて 思い出? それより確かなものがある 多分 そうなんだ 多分 君はとても繊細で ほんとは全部知りたいけど 話したくないことだったら 話さなくてもいい ただ私は傍に寄り添って 神様にはかなわなくても 何ができるかもわからない でも何かしたいな 大丈夫だよ 大丈夫だから 大丈夫だよ 私も不安だよ 星の消えた夜に 何を祈るの? 遠くへ伸ばす手には 何を望むの? 星が消えた空より隣を見てよ 気付いて 神様? それより確かなことがある 多分 そうなんだ ほら 夜が更けるよ ほら夜が更ける 星の消えた夜に 君を照らすよ 声をなくした夜も 歌を歌うよ 夢が覚めた夜でも 隣にいるよ 気付いて 気付いて 何より確かなことがある これが 愛なんだ ほら 夜が明けるよ ほら夜が明ける

星屑ビーナス

歌手
Aimer
関連作
ドラマ「恋なんて贅沢が私に落ちてくるのだろうか?」主題歌
歌い出し
笑っていたのは “強がり”からじゃなく 泣き顔なんか もう見たくないでしょ? 星屑みたいな ひと粒の出会い サヨナラ? 最後の言葉が見つからない そうだよ 私は平気だよ 強いから 顔あげて 「ゴメンネ」って もう言わないで ツライから It's so precious こんなはずじゃなかったけど Now I miss it 一人でも歩いてく 笑っていたのは “強がり”からじゃなく 泣き顔なんか もう見たくないでしょ? 星屑みたいな ひと粒の出会い 大丈夫 次の光ならすぐそこに そうだよ 悲しい顔をするくらいなら 顔あげて いつもよりも微笑んでいたいから You're so precious 君との時間の全て Now I miss you 抱きしめて歩いてく 笑っていたのは “強がり”からじゃなく 泣き顔なんか もう見たくないでしょ? 一番きれいな私を覚えてて もうバイバイ? 最後の言葉が見つからない 今さら 涙が止まんないよ… 望んでいたのは 大げさなことじゃなく ここにいてもいいよ って言葉だけ 星屑みたいな 私を覚えてて 大丈夫 次の出会いならすぐそこに

春はゆく

歌手
Aimer
関連作
映画「Fate/stay night [Heaven’s Feel] Ⅲ.spring song」主題歌
歌い出し
それでも手を取って となりに佇んで 初めて抱きしめた、かたち 欲張ってかなしみを抱えすぎていたから 幸せを何処にも もう持ちきれなくて 花びらを散らした風が 扉を開いて 変わる季節 しんしんと降り積もる時の中 よろこびもくるしみもひとしく 二人の手のひらで溶けて行く 微笑みも贖いも あなたの側で 消え去って行くことも ひとりではできなくて 弱虫で身勝手な、わたし 償えない影を背負って 約束の場所は 花の盛り 罪も愛も顧みず春は逝く 輝きはただ空に眩しく 私を許さないでいてくれる 壊れたい、生まれたい あなたの側で 笑うよ せめて側にいる大事な人たちに いつもわたしは 幸せでいると 優しい夢を届けて あなたの側にいる あなたを愛してる あなたとここにいる あなたの側に その日々は 夢のように……

朝が来る

歌手
Aimer
関連作
アニメ「「鬼滅の刃」遊郭編」ED
歌い出し
傷だらけの世界の頭上に 闇が重たくもたれかかって 覚めない時の中 悲しみは何処までも追いすがって それでも空は夜明けを探して 取りに行く未来 僕らは弱くも儚くもないよ 信じて愛して燃え尽きて行く 繰り返し 繰り返し 血を流すたましいが 夢を見るその先に 輝いて 輝いて 新しい朝が来る 希望が棚引く方へ 君を呼んでいる黎明へ 失うことで堕ちて行くか それとも光を追いかけるか 選んで来た道に散らした 涙も傷も遠くなって 息を殺し追憶の影に焼かれ それでも鮮やかに風を切って 手に入れる未来 情熱がいつだって灯火になるよ 天高く上れと狼煙を上げて 風になり 花開き たましいを掻き鳴らす 僕らが急ぐ場所へ 華やいで 華やいで 新しい朝が来る 光が棚引く方へ 夜のもう一つ向こうまで どうしても届かない手のひらを 支えてくれる声が いつの間に こんなに 響いてた 君の行く場所に 光あれと祈った 全ての心のため 繰り返し 繰り返し 血を流すたましいが 夢を見るその先に 輝いて 輝いて 新しい朝が来る もうすぐ始まる歌 君を呼んでいる黎明へ 傷だらけの世界の頭上に……

歌鳥風月

歌手
Aimer
歌い出し
春 霞たつ すずろに歌ひとつ 花ほど待ちわびる 逢えぬ君の音を 雨 煙立つ いつしか夢現 詠み人 名も知れず ふるえる蕾よ かすかに香る 面影は踊る 遅き日に誰そ彼はと すいこまれた 幾千も探してた 薄紅色に咲く花を 名前もない秘密の森を 染める様な幻を 咲かないのなら 歌を餞とし 鳥に 風に 月に 絡んだ糸を そっと手繰り寄せるための淡い祈り 夜 雲晴れず 朧に月ひとつ 散りゆく花の様に こぼれる光を 夜渡る月の 隠らく惜しも 覚えず春の夢よと 恋い焦がれた 幾千の野を越えて 流離う様に吹く風の 散る花の香もなき森を 通り抜ける寂しさよ 鳴けないのなら 歌を止まり木とし 鳥よ 今宵 傍に 重ねた声を そっと風にのせる 遠き冬の君に 幾千も探してた 薄紅色に咲く花を 名前もない秘密の森を 染める様な幻を 咲かないのなら 歌を餞とし 鳥に 風に 月に 絡んだ糸を そっと手繰り寄せるための淡い祈り 今も 遠き 君に

残響散歌

歌手
Aimer
関連作
アニメ「「鬼滅の刃」遊郭編」OP
歌い出し
誰が袖に咲く幻花(げんか) ただ そこに藍(あい)を落とした 派手に色を溶かす夜に 銀朱の月を添えて 転がるように風を切って 躓くごとに強くなった 光も痛みも怒りも全部 抱きしめて 選ばれなければ 選べばいい 声よ 轟け 夜のその向こうへ 涙で滲んでた あんなに遠くの景色まで響き渡れ 何を奏でて? 誰に届けたくて? 不確かなままでいい どんなに暗い感情も どんなに長い葛藤も 歌と散れ 残響 ただ一人舞う千夜 違えない帯(たい)を結べば 派手な色も負かす様に 深紅の香(か)こそあはれ この先どんなつらい時も 口先よりも胸を張って 抱いた夢の灯りを全部 辿るだけ 逃げ出すため ここまで来たんじゃないだろ? 選ばれなければ 選べばいい 声をからして 燃える花のように 闇間を照らしたら 曖昧過ぎる正解も譜面にして 夜を数えて朝を描く様な 鮮やかな音(ね)を鳴らす どんなに深い後悔も どんなに高い限界も 掻き消して 残響

白昼夢

歌手
Aimer
歌い出し
夏の日射し 枯れた花は 通り雨を待っていた 今は少し同じ気持ち 流れ雲を眺めてた 泣かない 声にすれば 全て消えてしまう気がしてた だけど 気づけば 泣いていた 少しだけ 少しだけ 真昼の白い夢に堕ちてみたかった 繰り返し 手を伸ばし 迷子の子供のように声を張りあげた 風の消えた午後 燃え盛る太陽 アサルムの呟き 聞いてほしい 陽炎だけが揺れている 夏の日差し 夢の光 眩しすぎて目を閉じた 想いだけで 咲いた花は 枯れることを知っていた 泣けない 涙さえも 枯れた海の底で 涸れていく だけど 心は 泣いていた 一度だけ 一度だけ 最後の言葉の意味 聞いてみたかった あと少し もう少し 真昼の白い夢に抱かれてたかった 晴れた空の向こう 浮かび出す残像 優しかった貴方が語りかける 思い出だけが嘘をつく 少しだけ 少しだけ 真昼の白い夢に堕ちてみたかった 繰り返し 手を伸ばし 迷子の子供のように声を張りあげた 風も消えた午後 遠くなる残響 ヒグラシの囁き 聞こえなくて 陽炎だけが揺れている

眠りの森

歌手
Aimer
歌い出し
PM12:00を過ぎたら街を出よう 頼りない声で あなたが言う どこに行くの? どこかへ行こう どこがいいの? どこかな… レンズの壊れた 双眼鏡 曇って見えない明日と今日 何か見えた? 何も見えない 何を見てた? 何かな… いま ざわめく街を背に森を走るよ どんなに不安でも 後ろは振り返らない もし「帰りたいよ」なんて弱音吐いたら 眠りの森に私を置き去りにしてもいい 偽物の地図に 失くした自信 また狂い始めた 方位磁針 町が見えた? もうすぐそこに 森を抜けた? まだかな いま 喧噪に追われるように森を走るよ どんなに痛くても この手はもう離さない もし「帰りたいよ」なんて弱気を吐くなら 眠りの森に私を置き去りにしてほしい いま 灯りに怯えるように森を走るよ 擦り切れた両足でイバラの道駆けてく もし「帰りたいな」そんな弱気吐くなら 眠りの森であなたを永遠に眠らせる 終わらせる… 忘れてもいい…

眩いばかり

歌手
Aimer
歌い出し
すぐに 見えなくなるんだって みんな言う 何を 取りこぼしても 身体は 熟れてしまう あの子は消えた 美しいままで あたしにくれた 君の言葉が きらきら キラー この胸を刺す だけど 明日に慣れれば 眠れるはずさ 今日の刹那を 失くしても 生きられるらしい なんて世界 嫌な 自分ばっか膨らんじゃう 無様に どうか 覚えていてね 青の刻 甘い香り あたしを消せた? 美しいままで 永遠に やれ雨降れば 虹の魔法が どうもこうも 後ろ髪 引く そうね 両手広げて 飛べるでもない こんな叫びも 消える日が 来るっていうんだ 聞いて 君は きらきら キラー この胸を刺す だけど 明日に慣れれば 眠れるはずさ 今日の刹那を 失くしても 生きられるらしい なんて世界 こんな世界 光が 光が

笑顔

歌手
Aimer
歌い出し
昨日から続いている不安の種は 真夜中 飛び立つ 弱い自分で 怯えてる 窓から差し込む優しい光 まだ見たことのない明日の自分を 照らしてる どうして愛しいの? さよならは決めたはずよ? もう二度と 会えなくなる わけじゃない 笑顔でいて... 今日も 明日も いつでも 笑顔でいて... 笑って 記憶だけ紡いでる不安な糸を 冷たい街のすみっこで一人 辿ってる あなたが差し出す優しい右手 伝わるぬくもり そのすべて 憶えてる どうして寂しいの? 誰かの温度が欲しいの? 孤独と焦燥感で わからない 笑顔でいて... 今日も 明日も 想い出も 笑顔でいて... 笑って 何を願い 追いかけて ここまで来たんだろう? 今の私は 上手に笑えてるかな? 笑顔でいて... 涙こぼれそうでも 笑顔でいて... 今日も 明日も いつでも 笑顔でいて... 笑って

歌手
Aimer
歌い出し
なぜ めぐり逢うのかを 私たちは なにも知らない いつ めぐり逢うのかを 私たちは いつも知らない どこにいたの 生きてきたの 遠い空の下 ふたつの物語 縦の糸はあなた 横の糸は私 織りなす布は いつか誰かを 暖めうるかもしれない なぜ 生きてゆくのかを 迷った日の跡の ささくれ 夢追いかけ走って ころんだ日の跡の ささくれ こんな糸が なんになるの 心許なくて ふるえてた風の中 縦の糸はあなた 横の糸は私 織りなす布は いつか誰かの 傷をかばうかもしれない 縦の糸はあなた 横の糸は私 逢うべき糸に 出逢えることを 人は 仕合わせと呼びます

花の唄

歌手
Aimer
関連作
映画「Fate/stay night [Heaven's Feel] Ⅰ.presage flower」主題歌
歌い出し
その日々は夢のように 臆病な微笑みと やさしい爪を 残して行った 退屈な花びらのように くるしみを忘れて 貴方の背中でそっと 泣いて笑った 帰らぬ日々を思うような 奇妙な愛しさに満ちた 箱庭の中で 息をひそめ 季節が行くことを忘れ 静かな水底のような 時間にいた 冷たい花びら 夜に散り咲く まるで白い雪のようだね 切なく 貴方の上に降った かなしみを全て 払いのけてあげたいだけ 貴方のこと傷つけるもの全て 私はきっと許すことは出来ない 優しい日々 涙が出るほど 帰りたい 貴方と二人で 見上げた 花びらが散った 月が雲に隠れて 貴方は道を失くして 泣き出しそうな 目をしてた ぎざぎざなこころだって ふたつ合わせてみれば 優しいものがきっと 生まれてくるわ 私を傷つけるものを 貴方は許さないでくれた それだけでいいの 戯れに伸ばされた 貴方の手にしがみ付いた 諦めていた世界に やがて温かな灯がともる 冷たい花びら 夜を切り裂く 私が摘んだ光をみんな束ねて 貴方の上に全部 よろこびのように 撒き散らしてあげたいだけ わるいことをしたらきっと貴方が 怒ってくれると約束したよね だからきっともう一度 私を見つけてくれるよね 寂しいところに もういなくていいね 一人で 見上げた 花びらが散った

花びらたちのマーチ

歌手
Aimer
歌い出し
あれは二年目の春の日 雨上がり グランドの隅っこ 光の粒と 揺れて走る 君の背中を見てた 伝えたかったこと全部ね 教科書の隅 落書きだった あれはまぎれもなく恋だった ただの思い込みじゃない 春が来て あんなに好きだったのに 壁も 窓も 空も 消えてなくなって 泣かない 泣かないけどね きっと まだ見つめたかった ただ見つめたかった 覚えたてのギターは まだFのコードが苦手なままで 君の好きな古い洋楽を弾けるまで続けるよ 春風は あんなに好きだったもの 花も 恋も 声も 全部つれてくの? まだ見ぬ真新しい場所でまた見つけなくっちゃ 春が来て どんなに離れても あれも これも 全部 傍にあるからと ひらひら揺れながら そっと花びらが歌った 花びらは笑った 十年後にまた会えると ありふれた言葉 歌にした 明日朝一 街を出る 君に どうか幸あれ

花束のかわりにメロディーを

歌手
Aimer
歌い出し
every day, every night 君を想ってばかりで どうにかなりそうなんだ ほんの少しの ためらいに立ち止まって 愛の痛みを知ったよ 今、時を止めるのさ 僕にしかできない事がある 花束のかわりにメロディーを 抱きしめるかわりにこの声を いつも遠くから 君を見ていた でも今日は僕を見つめて たった一人 守るだけの強さが 僕にもあるとするなら Ohh Baby 君を 君だけは守りたい この手を握ってくれる君 君を愛する為に 僕は生まれてきたよ 花束のかわりにメロディーを 抱きしめるかわりにこの声を 僕じゃなきゃ駄目で 君じゃなきゃ駄目さ だから今は僕を見つめて もう誰にも、僕を語らせはしない 君がいれば 他に何もいらない i love you 君に愛される為に 僕は生まれてきたよ 花束のかわりにメロディーを 抱きしめるかわりにこの声を いつも遠くから 君を見ていた でも今日は僕を見つめて 僕じゃなきゃ駄目で 君じゃなきゃ駄目さ だから今は僕を見つめて 今夜だけは僕を見つめて

茜さす

歌手
Aimer
関連作
アニメ「夏目友人帳 伍」ED
歌い出し
枯れ葉舞う町角を 駆け抜けてく乾いた風 伸びた影とイチョウ並木 季節を見てたかった 返事のない呼ぶ声は あっという間 かき消されてしまう 目抜き通り 人波抜けて どこか遠く 誰もいない場所へ 気付いていたのに 何も知らないふり 一人きりでは 何もできなかった 出会えた幻にさよならを 茜さす この空に 零れた弱さに手のひらを 一輪の徒花 そんなふうに 願い叶え 痛みを知る 渡り鳥の鳴く声も 赤く染まる雲に消えてしまう 帰り道も遠く離れて 今は一人 誰もいない場所で 気付いた景色の色にふれたとしても 一人きりでは 声も出せなかった 愛した幻に口づけを 黄昏れた この空に まだ夕べの星灯らない 待ち宵も朧げ 月は何処に 引き裂かれて 痛みを知る くり返す日々の中で探してたのは 歩き続けるための願い 出会えた幻にさよならを 憧れは この空に 流れた月日を手のひらに 一片の花弁 そんなふうに 痛み重ね 出会いを知る 出会い重ね 願いを知る

蝶々結び

歌手
Aimer
歌い出し
片っぽで丸を作って しっかり持ってて もう片っぽでその丸の後ろを ぐるっと回って 間にできたポッケに入って 出て来るの待ってて 出てきたところを迎えにきて 「せーの」で引っぱって はじめはなんとも 情けない形だとしても 同じだけ力を込めて 羽根は大きく 結び目は固く なるようにきつく 結んでいてほしいの 腕はここに 想い出は遠くに 置いておいてほしい ほしいの 片っぽでも引っ張っちゃえば ほどけちゃうけど 作ったもの壊すのは 遥かに 簡単だけど だけどほどく時も そう、ちゃんと 同じようにね 分かってるよ でもできたらね 「せーの」で引っ張って ほどけやしないように と願って力込めては 広げすぎた羽根に 戸惑う 羽根は大きく 結び目は固く なるようにきつく 結んでいてほしいの 夢はここに 想い出は遠くに 気付けばそこにあるくらいがいい 黙って引っ張ったりしないでよ 不格好な蝶にしないでよ 結んだつもりがほどいていたり 緩めたつもりが締めていたり この蒼くて広い世界に 無数に 散らばった中から 別々に二人選んだ糸を お互いたぐり寄せ合ったんだ 結ばれたんじゃなく結んだんだ 二人で「せーの」で引っ張ったんだ 大きくも 小さくも なりすぎないように 力を込めたんだ

誰か、海を。

歌手
Aimer
関連作
アニメ「残響のテロル」ED
歌い出し
誰か海を撒いてはくれないか ぼくの頭上に 沈んでゆく魚と太陽を 浴びたいのだ あざやかな未知 躓いて消える魔法 プレパラート越しに見える ひび割れた空 廃墟の屋上に 辿り着く綿毛の 囁きをかこむ ぼくらはうた 灰色の地上に 飾られたひかりの 轟きを纏う ぼくらは花束 毟られた翼を ことば ふきかえす息もなく 艶やかに散る 海鳥 満ち引きの真ん中に 嘘つきの星 またたき 導いては突き放し 船を漕ぐ 真夜中の海 残響の潮風と 燃えさかる世界に 頬をうずめ ひしめく声たちの うずまきのただなか 手をつなぎ針の雨をくぐるの 暮れてく絶景に おちてく逆さまの 陽炎とあそび 時間と踊るの 廃墟の屋上に 辿り着く綿毛の 囁きをかこむ ぼくらはうた 灰色の地上に 飾られたひかりの 轟きを纏う ぼくらは花束 誰か海を撒いてはくれないか ぼくらの天井に

雪の降る街

歌手
Aimer
歌い出し
恋しくて ただ恋しくて 今 粉雪が街を包みこんだ 会えなくなって はじめて気が付いた 大切なコト 傍にいたコト 灰色の空 冷たい風が吹き付ける キミの呼ぶ声 聞こえる気がするのはどうして? ため息は白んで 季節はめぐる 立ち尽くす心残したまま 恋しくて ただ恋しくて 今 粉雪が街を包みこんだ どうして? 生まれたての想いが そっと手のひらで溶けてゆく かじかんだ指 吐息で温めた 愛しく想う あのぬくもり ひとりになって 3度目の冬が来た 伝えたいのは 「元気でいるよ」と それだけ 大切な思い出 降り積もる雪のように また景色を染めていく 恋しくて ただ恋しくて 今 粉雪がナミダ包みこんだ どうして? 突然で切なくて そっと濡れた頬を冷やしてく 目の前に今も浮かぶ 駅のホーム キミは涙こらえながら笑ってた あと少しだけ 切ない冬の中で 二人きり 夢見ていたかった そうだよ この雪がやむ頃には きっとまた歩いていけるよ
【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Aimerの歌詞一覧リスト