Eve 歌詞一覧

よみ:
イブ
歌手タイアップ動画歌い出し
Bubble feat. Utaはりぼての飛行船の正体を 心の中に描き映した 抗うように思い出のアイロニー 明日を正しく迎える為 立ち止まることも知らない この軌道上に居なくとも 道しるべになるような この旗は折れることはない 遠い過去の情景を いつまでもEveバブル 動画はりぼての飛行船の正体を 心の中に描き映した 抗うように思い出のアイロニー 明日を正しく迎える為 立ち止まることも知らない この軌道上に居なくとも 道しるべになるような この旗は折れることはない 遠い過去の情景を いつまでも
Glorious Dayどれほどの 輝きも 互いをもっと知ることで その姿 たぎる炎 心 揺さぶられて 荒れる模様 晴れ渡る鼓動 そう! きみのような!! 待っていた いつだって 世界を 変えるのは よくここまで辿りついたな ここからは なにも いうことはEve- 動画どれほどの 輝きも 互いをもっと知ることで その姿 たぎる炎 心 揺さぶられて 荒れる模様 晴れ渡る鼓動 そう! きみのような!! 待っていた いつだって 世界を 変えるのは よくここまで辿りついたな ここからは なにも いうことは
LEO水面に映る 知らない顔が1つ 何処からきたの 何をしていたの 瞬きするたびに 世界は変わり果てて 終末の狭間で 踊っていたいのさ 孤独を飼いならした今日も 怠惰な人生に期待を 優しさを持ち寄り誓いを 祈るその姿を称えよ あなたEve- 動画水面に映る 知らない顔が1つ 何処からきたの 何をしていたの 瞬きするたびに 世界は変わり果てて 終末の狭間で 踊っていたいのさ 孤独を飼いならした今日も 怠惰な人生に期待を 優しさを持ち寄り誓いを 祈るその姿を称えよ あなた
mellow花びら散る 降りしきる雨 街 よみがえる メロウ メロウな イエロー イエローな 夢の 夢の 中で眠るの 街路樹の下で待つ 体ごと知って 大団円を迎えたいと思うのは 恐れても抗わない 消えてしまえば 大航海の先に見えるモノEve--花びら散る 降りしきる雨 街 よみがえる メロウ メロウな イエロー イエローな 夢の 夢の 中で眠るの 街路樹の下で待つ 体ごと知って 大団円を迎えたいと思うのは 恐れても抗わない 消えてしまえば 大航海の先に見えるモノ
prayこの街から見る夜は深く 月は陰り 風が鳴いている 会えない時間が 心を震わし 蓋した想いは 飽きれるほど 癒えない春も 凍てつく朝も 永遠なんてない情景 忘れぬ恋も 消えぬ痛みも 等しく愛おしいと どれだけ伝えたい言葉Eve院内警察 動画この街から見る夜は深く 月は陰り 風が鳴いている 会えない時間が 心を震わし 蓋した想いは 飽きれるほど 癒えない春も 凍てつく朝も 永遠なんてない情景 忘れぬ恋も 消えぬ痛みも 等しく愛おしいと どれだけ伝えたい言葉
sister思い焦がれた あの子 指さした どの子 隠した本意は 宙に浮いて回る いつまでも君と いたくはないから 一緒にしないでよね いつも思ってんだ 弱さを知らないんだ なんだってさ 知ってんだよあなた 落としたもんならさ ここにあんだよシEve- 動画思い焦がれた あの子 指さした どの子 隠した本意は 宙に浮いて回る いつまでも君と いたくはないから 一緒にしないでよね いつも思ってんだ 弱さを知らないんだ なんだってさ 知ってんだよあなた 落としたもんならさ ここにあんだよシ
untitled雨催い 寄り道をした いつも食べてた菓子パンだっけ 放課後の教室に斜陽 飲み込まれそうな夕日が綺麗だ 続いてくれるだろうか 終わらないで 新しい世界では今より笑えてるかな 続きも知りたいけど 今はこの景色を見たいから ただまだ不Eve-雨催い 寄り道をした いつも食べてた菓子パンだっけ 放課後の教室に斜陽 飲み込まれそうな夕日が綺麗だ 続いてくれるだろうか 終わらないで 新しい世界では今より笑えてるかな 続きも知りたいけど 今はこの景色を見たいから ただまだ不
YOKU(君の合図で今 この世界を彩る 夢の先へ) 優柔不断なんて 言葉ではなんとも言える関係 ハイライトなどないこの人生 夜凪に耳を澄まそう らしさなんてないよ 廻る想いを風に乗せ 未来のあなたと巡りを合わせ 無駄を愛そうEveKATE 欲コレクション 動画(君の合図で今 この世界を彩る 夢の先へ) 優柔不断なんて 言葉ではなんとも言える関係 ハイライトなどないこの人生 夜凪に耳を澄まそう らしさなんてないよ 廻る想いを風に乗せ 未来のあなたと巡りを合わせ 無駄を愛そう
アヴァン不屈な精神と 測り得ない 底無しの愛憎感 汚れた万物の 色褪せない 命の不完全昇華 気取られそうだった 淀みのない 真っすぐな眼光が 独りを成していた 思い出せ 託した感情警笛(サイレン)を 気まぐれな相槌など 交わす言葉もないけどEve呪術廻戦 ファントムパレード 動画不屈な精神と 測り得ない 底無しの愛憎感 汚れた万物の 色褪せない 命の不完全昇華 気取られそうだった 淀みのない 真っすぐな眼光が 独りを成していた 思い出せ 託した感情警笛(サイレン)を 気まぐれな相槌など 交わす言葉もないけど
アウトサイダーねえねえ この世界を どっかでひっくり返したくて せいぜい 時間なんて ありはしないが まあまあ そんなんで 少年少女揃いまして 唸り始めた会心劇さ 天才で人外で横暴な 最低で最高な相棒さ  単純で明快な考えが 僕をここで醒Eve- 動画ねえねえ この世界を どっかでひっくり返したくて せいぜい 時間なんて ありはしないが まあまあ そんなんで 少年少女揃いまして 唸り始めた会心劇さ 天才で人外で横暴な 最低で最高な相棒さ  単純で明快な考えが 僕をここで醒
あの娘シークレット思い出したって出したってきっと 僕の事なんてどこにもいないよ あの娘 シークレットシークレット内情 届かないなんて 落ち込んで解消 話したいんだってたいんだってずっと くだらないような他愛無い話を でも話したら話したできっとEve- 動画思い出したって出したってきっと 僕の事なんてどこにもいないよ あの娘 シークレットシークレット内情 届かないなんて 落ち込んで解消 話したいんだってたいんだってずっと くだらないような他愛無い話を でも話したら話したできっと
アンビバレントその足を踏み出せないでいるのかい 自分が傷つくことが嫌な癖に いつの日か熱量や感情さえも どっかに置き去りになって 抜け殻になってしまう でも目を背けるの その心の扉を今ノックして尋ねてみたんだ 本当の気持ちを知りたくて聞かせてEveメカウデ -Mechanical Arms- 動画その足を踏み出せないでいるのかい 自分が傷つくことが嫌な癖に いつの日か熱量や感情さえも どっかに置き去りになって 抜け殻になってしまう でも目を背けるの その心の扉を今ノックして尋ねてみたんだ 本当の気持ちを知りたくて聞かせて
いのちの食べ方足りないもの探して バックパッカー かっとなっては やっちまった 急展開に期待しなくたって きっと君は来ないってないってば “ビビディバビデブー” おまじないみたいなもんさ 帰りを今も待ち望んでは その感動はまた走り去ったEve- 動画足りないもの探して バックパッカー かっとなっては やっちまった 急展開に期待しなくたって きっと君は来ないってないってば “ビビディバビデブー” おまじないみたいなもんさ 帰りを今も待ち望んでは その感動はまた走り去った
インスタントヘヴン feat.Eveナナヲアカリハッとするような情景が パッと消えそうな心象が ぼくあたしのファインダーを 満たしてキレイさ どうでもいいけど (いいね!いいね!いいね!いいね!) パシャり キラリ フワリ盛ったり 背伸びナウ天使ワールド 不安定ジブン愛して欲ナナヲアカリ- 動画ハッとするような情景が パッと消えそうな心象が ぼくあたしのファインダーを 満たしてキレイさ どうでもいいけど (いいね!いいね!いいね!いいね!) パシャり キラリ フワリ盛ったり 背伸びナウ天使ワールド 不安定ジブン愛して欲
インソムニア穿って 穿って不可解な衝動 荒んで 荒んで 予測不可能な回答 曜日すら分かってない 今日を生きぬくことで痛いくらい この日々に伝っては笑ってる 言葉で伝えても 交わることはない 異を唱えても 正義とか悪だとか 主観でしか はかれなEve映画 マイホームヒーロー 動画穿って 穿って不可解な衝動 荒んで 荒んで 予測不可能な回答 曜日すら分かってない 今日を生きぬくことで痛いくらい この日々に伝っては笑ってる 言葉で伝えても 交わることはない 異を唱えても 正義とか悪だとか 主観でしか はかれな
おどりゃんせEve×Sou さあ天国まで堕落しよう 鬼さんこちら ほら手の鳴る方へ とどのつまり 革命アジェンダ それじゃあ待った無しでこの指とまろうか ここは誰? 私はどこ? リマインド 心像 前世 迷い込む廃都 あれもこれも アンニュイな夜に 初Eve×Sou- さあ天国まで堕落しよう 鬼さんこちら ほら手の鳴る方へ とどのつまり 革命アジェンダ それじゃあ待った無しでこの指とまろうか ここは誰? 私はどこ? リマインド 心像 前世 迷い込む廃都 あれもこれも アンニュイな夜に 初
お気に召すまま淡々 言葉を吐いた あんな思い出に泣いたのは 今日で終わりにしないか 1, 2 の合図を待って ユーエンミー手を取りあったのは 僕の勇気ある行動 フェイズ<1> 立ち止まんないでいいんだからね 空々しいな この人生 できないだEve- 動画淡々 言葉を吐いた あんな思い出に泣いたのは 今日で終わりにしないか 1, 2 の合図を待って ユーエンミー手を取りあったのは 僕の勇気ある行動 フェイズ<1> 立ち止まんないでいいんだからね 空々しいな この人生 できないだ
ガランド阿呆を見るランデブー ボビデバビデンベッデボン だから今はそれとなくなあなあ散々淡々と暮らしていて 乾涸びた脳みそふざけた街の中でそう 解らなくて今フラフラの脳みそ駄目になってそっと捨てる 明日って何度言う?ボビデバビデンベッデボン? 洗剤Eve- 動画阿呆を見るランデブー ボビデバビデンベッデボン だから今はそれとなくなあなあ散々淡々と暮らしていて 乾涸びた脳みそふざけた街の中でそう 解らなくて今フラフラの脳みそ駄目になってそっと捨てる 明日って何度言う?ボビデバビデンベッデボン? 洗剤
キャラバン探し出した答えの 意味を知った時に 掲げていた旗を折った 涙は見せないや 振り払えない景色は 幻に消えた わかりあった わけないな 夢みさせてよ 「何もない」が響いた 退屈な街に 見透かされた 今日より くだらない後悔は コンEve-探し出した答えの 意味を知った時に 掲げていた旗を折った 涙は見せないや 振り払えない景色は 幻に消えた わかりあった わけないな 夢みさせてよ 「何もない」が響いた 退屈な街に 見透かされた 今日より くだらない後悔は コン
ショートアンブレラ泣いたり 笑ったり 忙しいんだ君は 迷ったり 探したり 日々 送って生きてる しかめつらの君も 午後になったら様子が 寄りかかったりのさ のらりくらりの休日 ここらで思い切りが必要 足元見ないでお願い 馬鹿にされるくらいにさ 後Eve-泣いたり 笑ったり 忙しいんだ君は 迷ったり 探したり 日々 送って生きてる しかめつらの君も 午後になったら様子が 寄りかかったりのさ のらりくらりの休日 ここらで思い切りが必要 足元見ないでお願い 馬鹿にされるくらいにさ 後
スイートメモリー言葉じゃわかんないようにできてる それでいいんだ僕らまだここに居たいから それだけが繋ぎとめた だって似た者同士の僕ら その隠された秘密を抱いて 淡々と毎日が 望んだ日常 満たされない想いを暴くのさ 君が真実でも嘘でもどうでEve小市民シリーズ 動画言葉じゃわかんないようにできてる それでいいんだ僕らまだここに居たいから それだけが繋ぎとめた だって似た者同士の僕ら その隠された秘密を抱いて 淡々と毎日が 望んだ日常 満たされない想いを暴くのさ 君が真実でも嘘でもどうで
デーモンダンストーキョーああ地元が恋しくない? それにアソコの記憶もFly far away てくてくてくてく記録を付けてくよ インスタパラダイストーキョー もの珍しいスタイルの人類を選別 羨ましいな…混ざりたいな… 資格なんて気にせずJust give meEve- 動画ああ地元が恋しくない? それにアソコの記憶もFly far away てくてくてくてく記録を付けてくよ インスタパラダイストーキョー もの珍しいスタイルの人類を選別 羨ましいな…混ざりたいな… 資格なんて気にせずJust give me
トーキョーゲットー誰でもいいや 誰でもいいから 誰かいないか 声ではないが 睨む視線が 2つと在ると思えた これでおさらば 呪縛からさらば夜が解けた 好奇心だった 有刺鉄線の向こう側へと 全然興味ないって 蝶が舞い込めば 想像通りだった といえば嘘にEve- 動画誰でもいいや 誰でもいいから 誰かいないか 声ではないが 睨む視線が 2つと在ると思えた これでおさらば 呪縛からさらば夜が解けた 好奇心だった 有刺鉄線の向こう側へと 全然興味ないって 蝶が舞い込めば 想像通りだった といえば嘘に
どうしようもないくらいに君が好き好きなもの 嫌いなもの 全部分かってるよ 二十四時間 君の事考えてるよ 薄っぺらい言葉だねって君は僕を見るけれど 僕は誰にでも本心を話すような馬鹿じゃない どれだけ伝えたって忘れるんだろう でもどうしようもないくらいに君が好きEve-好きなもの 嫌いなもの 全部分かってるよ 二十四時間 君の事考えてるよ 薄っぺらい言葉だねって君は僕を見るけれど 僕は誰にでも本心を話すような馬鹿じゃない どれだけ伝えたって忘れるんだろう でもどうしようもないくらいに君が好き
ドラマツルギー頭でわかっては嘆いた 転がってく様子を嗤った 寂しいとか愛とかわかんない 人間の形は投げだしたんだ 抱えきれない 言葉だらけの存在証明を この小さな劇場から出らんない 気づいたら最後逃げ出したい 僕ら全員演じていたんだ エンドEve- 動画頭でわかっては嘆いた 転がってく様子を嗤った 寂しいとか愛とかわかんない 人間の形は投げだしたんだ 抱えきれない 言葉だらけの存在証明を この小さな劇場から出らんない 気づいたら最後逃げ出したい 僕ら全員演じていたんだ エンド
ナンセンス文学感情的にはなれない 今更臆病になって 研ぎ澄んだ言の刃 大事そう 抱え笑って ドクドクドク ハイテンション 吸って吸って 吐き出せない へそまがりなアンタに嫌気がさしていく 真昼のランデブー ビビディバビデブー 孤独の愛を 注いでEve- 動画感情的にはなれない 今更臆病になって 研ぎ澄んだ言の刃 大事そう 抱え笑って ドクドクドク ハイテンション 吸って吸って 吐き出せない へそまがりなアンタに嫌気がさしていく 真昼のランデブー ビビディバビデブー 孤独の愛を 注いで
パーフェクト生命枯れた花びら ピンクの空に 鈍いカミナリ 麻痺した管制塔 一縷の望み 押したスイッチ 映ったソレは奇跡の生命体 門外不出のパラメータ あなたの言葉は蜜の味 大胆不敵なモーションで 心を掴んではなさない 劣勢から好転はない! わたEve- 動画枯れた花びら ピンクの空に 鈍いカミナリ 麻痺した管制塔 一縷の望み 押したスイッチ 映ったソレは奇跡の生命体 門外不出のパラメータ あなたの言葉は蜜の味 大胆不敵なモーションで 心を掴んではなさない 劣勢から好転はない! わた
ハイタEve×Sou ジャンケンポンでチーム分け グッチッパーで分かれましょって かくれんぼはいつだって 鬼ばかりやらされるの 新学期の憂鬱が 教室で頭を出した 学級委員 断っても 「多数決は絶対なの」 グッバイ 排他った 渦の中へ 笑って 泣Eve×Sou- 動画 ジャンケンポンでチーム分け グッチッパーで分かれましょって かくれんぼはいつだって 鬼ばかりやらされるの 新学期の憂鬱が 教室で頭を出した 学級委員 断っても 「多数決は絶対なの」 グッバイ 排他った 渦の中へ 笑って 泣
バウムクーヘンエンド空回りばっかでさ これが僕なんだってば 愛想尽かれて 離れ離れの手 優柔不断だってさ 喉まできてんだってば "かいしんのいちげき" がないようじゃ まあ 期待したって 答えはみえてました このどうしようもないくらいのプライドに おいてEve- 動画空回りばっかでさ これが僕なんだってば 愛想尽かれて 離れ離れの手 優柔不断だってさ 喉まできてんだってば "かいしんのいちげき" がないようじゃ まあ 期待したって 答えはみえてました このどうしようもないくらいのプライドに おいて
ファイトソング盤上に立っていた チクリ棘を刺すようなこの痛みなど 焦燥の正体に 夢と勘違いしたくなる心模様 いつだって ただから回るヘイデイ 伝って なんて交わせばメイデイ 大人になったって 今みたいな頭でらったったった ただ君のナンセンスが 嘘Eveチェンソーマン 動画盤上に立っていた チクリ棘を刺すようなこの痛みなど 焦燥の正体に 夢と勘違いしたくなる心模様 いつだって ただから回るヘイデイ 伝って なんて交わせばメイデイ 大人になったって 今みたいな頭でらったったった ただ君のナンセンスが 嘘
フラットウッズのモンスターみたいにEve × Deu (PEOPLE 1)耳障りが良い感じの言いがかり 言い回し 行き当たりばったり ハッタリ キリがない くだらない もうそういうの全部やめたい 退屈なファンタジー 刺激的な暮らし レプリカかデブリか 好き勝手しないで (フラットウッズのモンスターみたいにさEve × Deu (PEOPLE 1)- 動画耳障りが良い感じの言いがかり 言い回し 行き当たりばったり ハッタリ キリがない くだらない もうそういうの全部やめたい 退屈なファンタジー 刺激的な暮らし レプリカかデブリか 好き勝手しないで (フラットウッズのモンスターみたいにさ
ふりをした。隠してしまったの とっくのとうにさ それでも認めたくなくて 目を背けるようになった どうやって消費しよう ありあまるエネルギーが なるべく自然体で がんじがらめになる毎日 それでも なんでもないって言うから いつか 将来は 誰もEve-隠してしまったの とっくのとうにさ それでも認めたくなくて 目を背けるようになった どうやって消費しよう ありあまるエネルギーが なるべく自然体で がんじがらめになる毎日 それでも なんでもないって言うから いつか 将来は 誰も
ホームシック蒼く光る 眩しいような 振り返ることも知らない僕ら 君は言ったの 遠くへいこうよ 今日はサボって 内緒にしようよ 2人だけの秘密 気づけない僕は馬鹿 思い焦がれてる間に 約束の時間になってしまう あのねずっと 僕はずっと まEve-蒼く光る 眩しいような 振り返ることも知らない僕ら 君は言ったの 遠くへいこうよ 今日はサボって 内緒にしようよ 2人だけの秘密 気づけない僕は馬鹿 思い焦がれてる間に 約束の時間になってしまう あのねずっと 僕はずっと ま
ぼくらの白も黒もない世界 憎しみの奥で泣いていた 立ち止まることも許されない ただその向こうへ 独り 焦燥 暴走 背負ってきた末路は 歩みも困難な君をまだ 救う手立てはあるのかい 諦めてしまいそうになったら どこへでも駆けつける Eve僕のヒーローアカデミア 第6期 動画白も黒もない世界 憎しみの奥で泣いていた 立ち止まることも許されない ただその向こうへ 独り 焦燥 暴走 背負ってきた末路は 歩みも困難な君をまだ 救う手立てはあるのかい 諦めてしまいそうになったら どこへでも駆けつける
メーベル 笑えないわ 「不幸になった」って どの口が言うのだろう もう何回 誤魔化している その指で遊んでる ふざけないで 被害者ぶったって 何も変わりはしないのに こうやって 夜は更けてく おやすみ だから 相対になるのは夜が明けてから ほらEve- 動画 笑えないわ 「不幸になった」って どの口が言うのだろう もう何回 誤魔化している その指で遊んでる ふざけないで 被害者ぶったって 何も変わりはしないのに こうやって 夜は更けてく おやすみ だから 相対になるのは夜が明けてから ほら
メルファクトリー環状線 愛の上で ここにありはしないんだって 君はどうしてだって言うけど 教えたくないのさ 中枢神経 射止めて 感情論はむき出して 僕はどうしてだって言うけど 聴きたくもないのさ 悪夢を見たの 待ちくたびれたんだそうさ コンテニEve-環状線 愛の上で ここにありはしないんだって 君はどうしてだって言うけど 教えたくないのさ 中枢神経 射止めて 感情論はむき出して 僕はどうしてだって言うけど 聴きたくもないのさ 悪夢を見たの 待ちくたびれたんだそうさ コンテニ
やどりぎ呼吸を覚えた 教わってないけど 生きようとしたんだ まるで覚えてないけど 心臓の速さに ついていくのが やっとのおもいでさ 君は笑ってみせた 僕の感情はまださ 上手く動いてないけど 余所見するくらいには なんて余裕はあんのさ Eve#コンパス 【戦闘摂理解析システム】-呼吸を覚えた 教わってないけど 生きようとしたんだ まるで覚えてないけど 心臓の速さに ついていくのが やっとのおもいでさ 君は笑ってみせた 僕の感情はまださ 上手く動いてないけど 余所見するくらいには なんて余裕はあんのさ
ラストダンスここに蔓延る摩天楼 君の確かな芽を摘んできた 叶えたいもの全て奪い攫っては 僕をねじ曲げてく 価値観違い 嫌いなあいつは 滑稽なんて嗤いあって 上品な言葉 乗せあって待って焦って足掻いた せっせ 知恵を絞って せっせ 欲をかいてEve- 動画ここに蔓延る摩天楼 君の確かな芽を摘んできた 叶えたいもの全て奪い攫っては 僕をねじ曲げてく 価値観違い 嫌いなあいつは 滑稽なんて嗤いあって 上品な言葉 乗せあって待って焦って足掻いた せっせ 知恵を絞って せっせ 欲をかいて
ラビットグレイ炎天下 真昼の気温は僕の常識外 自転車ころがした 午前2時 白い息混じりで 逃げ出したくなった時 いつだって ここまで走らせて 街外れの隅っこで 独り彷徨い歩いた どこで道に迷ったの あれがダメだったのかな 考え出したら 止まらないEve-炎天下 真昼の気温は僕の常識外 自転車ころがした 午前2時 白い息混じりで 逃げ出したくなった時 いつだって ここまで走らせて 街外れの隅っこで 独り彷徨い歩いた どこで道に迷ったの あれがダメだったのかな 考え出したら 止まらない
ラブ&デストロイ天命 勇者として生を受けて 引き抜いた力を憎んで 堕天 正しさに取り憑かれて 曲げれない思いを振るった 身勝手叩き続けて あなたは選んだんだ呪われる方を もう、睨み合う運命に 飲み込まれてしまうだけだ 優しEve- 動画天命 勇者として生を受けて 引き抜いた力を憎んで 堕天 正しさに取り憑かれて 曲げれない思いを振るった 身勝手叩き続けて あなたは選んだんだ呪われる方を もう、睨み合う運命に 飲み込まれてしまうだけだ 優し
ラブソング feat. Eveキタニタツヤ正しく汚し合っていた僕ら 互いの悲しみに夢中さ 痛くて舐め合った喪失感 散文的な快楽でもいい 生きているのがどうしようもなく恥ずかしい 気のせいだと思いたくて、思えなくて 眠ることすらきみなしじゃ儘ならない 陶器のようで柔いそのキタニタツヤ- 動画正しく汚し合っていた僕ら 互いの悲しみに夢中さ 痛くて舐め合った喪失感 散文的な快楽でもいい 生きているのがどうしようもなく恥ずかしい 気のせいだと思いたくて、思えなくて 眠ることすらきみなしじゃ儘ならない 陶器のようで柔いその
レーゾンデートル漂うこの空気にストップ ただ矛盾を抱いている 今更猛スピードでスタート切ったって どうやったって追いつきゃしないぜメーデー 強がりに嫌気がさしている 弱音も吐けないままでいる 弱音も吐けないままでいる 損得のものさしでぽいって捨てらEve- 動画漂うこの空気にストップ ただ矛盾を抱いている 今更猛スピードでスタート切ったって どうやったって追いつきゃしないぜメーデー 強がりに嫌気がさしている 弱音も吐けないままでいる 弱音も吐けないままでいる 損得のものさしでぽいって捨てら
会心劇抱え込んだって 意味はないな 全て全て飲み込んだって 吐き出しそうな 言葉達に 今日もうなされてしまうならさ キミは愛せないな 馬鹿になってしまうわ キミは愛せないな 透明だった はずの僕は 濁り霞んでしまいそうな キミEve-抱え込んだって 意味はないな 全て全て飲み込んだって 吐き出しそうな 言葉達に 今日もうなされてしまうならさ キミは愛せないな 馬鹿になってしまうわ キミは愛せないな 透明だった はずの僕は 濁り霞んでしまいそうな キミ
僕らまだアンダーグラウンド僕だけでは 貴方を満たせる事など無理かもしれない だけど 君だけでは どうにもこうにもできない事があるとするならば ああでもない こうでもないと 言葉だけが宙を舞って また今日も夜を超えてしまったんだ 頑張れ とか 君Eve- 動画僕だけでは 貴方を満たせる事など無理かもしれない だけど 君だけでは どうにもこうにもできない事があるとするならば ああでもない こうでもないと 言葉だけが宙を舞って また今日も夜を超えてしまったんだ 頑張れ とか 君
冒険録幾千の星は瞬いた もうずっと先の未来だった 昨日の僕が今日を照らした まだ何かが足りないようだ 会いたいと思った遅すぎた 満たされない物語だ それでも僕は希望を纏った 僅かな消えない光を 再会したのは夢の中 曖昧な記憶 僕たちが出会Eve- 動画幾千の星は瞬いた もうずっと先の未来だった 昨日の僕が今日を照らした まだ何かが足りないようだ 会いたいと思った遅すぎた 満たされない物語だ それでも僕は希望を纏った 僅かな消えない光を 再会したのは夢の中 曖昧な記憶 僕たちが出会
君に世界あぁ 物語が終わるの 嫌になることばっかだったな だけど涙が溢れちゃうのは あぁ 結末は知らないでいたい 少し寂しくなるくらいなら このまま続いて欲しいかな 80になると思ったの 君に明日はずっとこないんだよ 澄ました顔で言われまEve- 動画あぁ 物語が終わるの 嫌になることばっかだったな だけど涙が溢れちゃうのは あぁ 結末は知らないでいたい 少し寂しくなるくらいなら このまま続いて欲しいかな 80になると思ったの 君に明日はずっとこないんだよ 澄ました顔で言われま
命ばっかり 日々を磨り潰していく貴方との時間は 簡単なことじゃ許せないくらいに おかしくなってしまった 安心したいだけの 口先だけじゃ いや どこまでも単純だ ここまでと悟った 座り込んでもう歩けなくなる 最初だけじゃないなら 際限もないなEve- 動画 日々を磨り潰していく貴方との時間は 簡単なことじゃ許せないくらいに おかしくなってしまった 安心したいだけの 口先だけじゃ いや どこまでも単純だ ここまでと悟った 座り込んでもう歩けなくなる 最初だけじゃないなら 際限もないな
夜は仄か今日も生きてしまったな これで何年 息を吐くように吐いた嘘は何千 這い蹲って けんもほろろになって 目が回るわ そのかかとすり潰した靴でどこ行くの 蔑んだその目を閉まっておくれよ 紫煙を燻らせる染みついた部屋で一人 仄日は切なく あEve- 動画今日も生きてしまったな これで何年 息を吐くように吐いた嘘は何千 這い蹲って けんもほろろになって 目が回るわ そのかかとすり潰した靴でどこ行くの 蔑んだその目を閉まっておくれよ 紫煙を燻らせる染みついた部屋で一人 仄日は切なく あ
宇宙の季節 (feat. Eve & suis from ヨルシカ)Lanndo最初からもう間に合わない場所に居たんだ 遠い日の模様 褪せるまではここで待っている 寝息や鼓動 汗や熱が背中に伝う 思わず息を飲んでしまう 空気が止まる 声に出すべきじゃない 思い出してはいけない 繰り返す季節 別々の匂いを一人きりLanndo白夜極光 動画最初からもう間に合わない場所に居たんだ 遠い日の模様 褪せるまではここで待っている 寝息や鼓動 汗や熱が背中に伝う 思わず息を飲んでしまう 空気が止まる 声に出すべきじゃない 思い出してはいけない 繰り返す季節 別々の匂いを一人きり
宵の明星燻る煙眺めては咽る 履き潰したこの靴はまだ僕を 連れ出してくれよ 最高の思い出も 快活なイエロー あっという間のメロウ 残響 気分 焔になって 愛そう 自分 素直になって まだ見ぬ 閃光になって 想いが 溢れてしまう 愛しい顔Eve-燻る煙眺めては咽る 履き潰したこの靴はまだ僕を 連れ出してくれよ 最高の思い出も 快活なイエロー あっという間のメロウ 残響 気分 焔になって 愛そう 自分 素直になって まだ見ぬ 閃光になって 想いが 溢れてしまう 愛しい顔
平行線Eve×suis from ヨルシカ世界は少しだって 思うようにはならなくて どうしてもあの頃のように戻れないよ ねえ ふたりの秘密だって 君は覚えていなくたって くだらない話を聞いていたかったの 伝えたい想いだけが 募ってしまうな 近すぎたのかな さよならなEve×suis from ヨルシカ- 動画世界は少しだって 思うようにはならなくて どうしてもあの頃のように戻れないよ ねえ ふたりの秘密だって 君は覚えていなくたって くだらない話を聞いていたかったの 伝えたい想いだけが 募ってしまうな 近すぎたのかな さよならな
廻廻奇譚有象無象 人の成り 虚勢 心象 人外 物の怪みたいだ 虚心坦懐 命宿し あとはぱっぱらぱな中身なき人間 寄せる期待 不平等な人生 才能もない 大乗 非日常が 怨親平等に没個性 辿る記憶 僕に 居場所などないから 夢のEve呪術廻戦 動画有象無象 人の成り 虚勢 心象 人外 物の怪みたいだ 虚心坦懐 命宿し あとはぱっぱらぱな中身なき人間 寄せる期待 不平等な人生 才能もない 大乗 非日常が 怨親平等に没個性 辿る記憶 僕に 居場所などないから 夢の
心予報浮つく甘い街の喧騒 故に感情線は渋滞 「僕に関係ない」とか言って 心模様 白く染まって だけどどうやったって釣り合わない いたずらに笑う横顔に乾杯 酸いも甘いもわからないの きっと君の前では迷子 溶かしてはランデブー  プラEve- 動画浮つく甘い街の喧騒 故に感情線は渋滞 「僕に関係ない」とか言って 心模様 白く染まって だけどどうやったって釣り合わない いたずらに笑う横顔に乾杯 酸いも甘いもわからないの きっと君の前では迷子 溶かしてはランデブー  プラ
心海幾星霜 期待もないようなふりをした 恥ずかし気に でもわかってる というだけど 双曲線 交わらないでいた 何もわからぬまま 潜っては深く 息も吸えないで 微睡む白んだ光が僕を呼んだ 手を伸ばしてくれるなら ああ心はまだ応えEveジョゼと虎と魚たち 動画幾星霜 期待もないようなふりをした 恥ずかし気に でもわかってる というだけど 双曲線 交わらないでいた 何もわからぬまま 潜っては深く 息も吸えないで 微睡む白んだ光が僕を呼んだ 手を伸ばしてくれるなら ああ心はまだ応え
惑星ループ(トゥットゥル ルットゥ ルットゥッ トゥル) 銀河の隅で 惑星はグルグル周る 電波の記録 エコーが返ってきた これで何回だ 遠くの宇宙で あなたに恋をしたんだ 届かないこと 理解っているのに あーあなたに逢いたいな って気持ちEve- 動画(トゥットゥル ルットゥ ルットゥッ トゥル) 銀河の隅で 惑星はグルグル周る 電波の記録 エコーが返ってきた これで何回だ 遠くの宇宙で あなたに恋をしたんだ 届かないこと 理解っているのに あーあなたに逢いたいな って気持ち
明星ギャラクティカEve×Sou星の降るたびに 恋をするたびに バイバイ だって、夜はギャラクティカ 今夜は宇宙のアイオライトが いやに眩しいから 街のネオン(からも)星宿り(何処か)逃げようかふたり しどけないぐらい揺らぐグラスが 心惑わすから あなただけ(君だEve×Sou- 動画星の降るたびに 恋をするたびに バイバイ だって、夜はギャラクティカ 今夜は宇宙のアイオライトが いやに眩しいから 街のネオン(からも)星宿り(何処か)逃げようかふたり しどけないぐらい揺らぐグラスが 心惑わすから あなただけ(君だ
暴徒愛はないよ しょうがないね ガラガラ声に嗤っちまう 不確かな才に 縋っちまって 夜を濡らしては泣いてる 十年経っても同じような そこはかとなく浮かんでる 何者でもない 想い綴って 夜を駆けるようにランデブー 酩酊 名前もないよEveAdam by Eve: A Live in Animation 動画愛はないよ しょうがないね ガラガラ声に嗤っちまう 不確かな才に 縋っちまって 夜を濡らしては泣いてる 十年経っても同じような そこはかとなく浮かんでる 何者でもない 想い綴って 夜を駆けるようにランデブー 酩酊 名前もないよ
朝が降る思い通り進まない事だらけのこのマイウェイ もう望みなどないからさ そっとしといてくれればいい だけど いつのまにまに辿り着く先に居場所などないね 夢の1つや2つもない 頑張れとかいらないから いつしか歳だけをとって その言Eve-思い通り進まない事だらけのこのマイウェイ もう望みなどないからさ そっとしといてくれればいい だけど いつのまにまに辿り着く先に居場所などないね 夢の1つや2つもない 頑張れとかいらないから いつしか歳だけをとって その言
杪夏思えば遠くに来たようだ 長い休み明けの匂い 貴方とまだらの影を落として 声もあげられないまま 思い馳せる 頬は熱く 輪郭を溶かすほどの日差し 眺める雲は どこまでも高く いじらしく思う あと何度迎えるだろう まなじりをあEve-思えば遠くに来たようだ 長い休み明けの匂い 貴方とまだらの影を落として 声もあげられないまま 思い馳せる 頬は熱く 輪郭を溶かすほどの日差し 眺める雲は どこまでも高く いじらしく思う あと何度迎えるだろう まなじりをあ
魔法のような唄があるの わたしだけが知っているもの だけど 声は届いてるかな 疑ってしまう 夜が教えてくれたこと 街は変わり果てた表情 今は そんな 君を見ているような 毎日だから 行方知らずの夢のような ずっと色褪せない物Eve-魔法のような唄があるの わたしだけが知っているもの だけど 声は届いてるかな 疑ってしまう 夜が教えてくれたこと 街は変わり果てた表情 今は そんな 君を見ているような 毎日だから 行方知らずの夢のような ずっと色褪せない物
浮遊感不安ばっか 運んだって 何の役に立つわけじゃないし 辛いなって ぼやいたって 誰の耳に届くわけでもないなあ 既往ばっか 咎めたって 過去を変えられるわけじゃないし 暗いなって 言われたって 性格まで責められたくはないなあ Eve- 動画不安ばっか 運んだって 何の役に立つわけじゃないし 辛いなって ぼやいたって 誰の耳に届くわけでもないなあ 既往ばっか 咎めたって 過去を変えられるわけじゃないし 暗いなって 言われたって 性格まで責められたくはないなあ
白銀この白の世界で僕達は 一体何色に染まるのだろう 与えられたこの瞬間に 精一杯の 舵を切ってきた 未完成なんだ 未完成なんだ 知らないもんばっか エゴに溺れてきた 気付いていたんだ 気付いていたんだ 加速する体温 焦燥を描いたEve- 動画この白の世界で僕達は 一体何色に染まるのだろう 与えられたこの瞬間に 精一杯の 舵を切ってきた 未完成なんだ 未完成なんだ 知らないもんばっか エゴに溺れてきた 気付いていたんだ 気付いていたんだ 加速する体温 焦燥を描いた
白雪君と僕のこの合間には 何光年分の距離があった 白い息を吐きだす度 かじかんだ手が触れ合うような こんなちぐはぐな感情 華やかな街路樹 横目に揺らいだ 待ちきれぬ焦燥 急ぎ足だった ツンと冬の匂いがした今年も いつも傍で感じEveブラックナイトパレード 動画君と僕のこの合間には 何光年分の距離があった 白い息を吐きだす度 かじかんだ手が触れ合うような こんなちぐはぐな感情 華やかな街路樹 横目に揺らいだ 待ちきれぬ焦燥 急ぎ足だった ツンと冬の匂いがした今年も いつも傍で感じ
約束白い世界の中では 時間が止まってゆくような気がした いつも見せないような表情が その距離が 少しだけ愛しかった 巻き戻せないと はしゃいでいるその横顔 抱えていた悩みも ちっぽけだ  君に染まる視界が かじかんでく両手がEveWonderWord 動画白い世界の中では 時間が止まってゆくような気がした いつも見せないような表情が その距離が 少しだけ愛しかった 巻き戻せないと はしゃいでいるその横顔 抱えていた悩みも ちっぽけだ  君に染まる視界が かじかんでく両手が
羊を数えてさっきまで落ち込んでたけど 思いがけない言葉に会えて にやけが止まんなくなったり 僕せわしないな でもまあそうやって 今日まで人間を続けてこれたことも あなたがいるからでしょうか 誰だって完璧じゃないね 欠落してるから人間さ 白と黒Eve-さっきまで落ち込んでたけど 思いがけない言葉に会えて にやけが止まんなくなったり 僕せわしないな でもまあそうやって 今日まで人間を続けてこれたことも あなたがいるからでしょうか 誰だって完璧じゃないね 欠落してるから人間さ 白と黒
群青讃歌繋がっていたいって 信じられる言葉 だってもう昨日の僕らにおさらば 青い春を過ごした 遠い稲妻 さっと泣いて 前だけを向けたら きっとどんなに楽になれていたろうな この心を揺らした 一縷の望みは ないものねだりは辞めた 未完成人間Eveプロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク 動画繋がっていたいって 信じられる言葉 だってもう昨日の僕らにおさらば 青い春を過ごした 遠い稲妻 さっと泣いて 前だけを向けたら きっとどんなに楽になれていたろうな この心を揺らした 一縷の望みは ないものねだりは辞めた 未完成人間
胡乱な食卓新しい命を蒔いた 続けざま夜を跨いだ その目に嘘などはないか 誓ってはないと思うよ わからない言で縛った 治せない傷を抉った 「良い子にしてれば笑顔でいれば」 居場所なき感情は彷徨って 今日君が泣いてしまえば だけどもう反省Eve-新しい命を蒔いた 続けざま夜を跨いだ その目に嘘などはないか 誓ってはないと思うよ わからない言で縛った 治せない傷を抉った 「良い子にしてれば笑顔でいれば」 居場所なき感情は彷徨って 今日君が泣いてしまえば だけどもう反省
花嵐自由を求めたい心 向かい風も 歩み出せると 理屈なんかじゃ伝わらない 雲を破れ 雷鳴は響く 夜明けの待つ先へ 不思議なこの世界の音は 常闇の中 最果ての熱情 貴方だけを照らす太陽 遊生夢死のようなこの人生だけれど 祈りEve- 動画自由を求めたい心 向かい風も 歩み出せると 理屈なんかじゃ伝わらない 雲を破れ 雷鳴は響く 夜明けの待つ先へ 不思議なこの世界の音は 常闇の中 最果ての熱情 貴方だけを照らす太陽 遊生夢死のようなこの人生だけれど 祈り
蒼のワルツ懐かしさに溺れた まだ青かった僕ら 雲が残る合間 ただ太陽を見ていた おざなりな僕ら 溢れだした声が ただ大切な事は 伝わらないようにできてた かたちのない色味を 抱きしめてみたの 期待と不安の日々を 後悔の味で知った 知らない世界へEveジョゼと虎と魚たち 動画懐かしさに溺れた まだ青かった僕ら 雲が残る合間 ただ太陽を見ていた おざなりな僕ら 溢れだした声が ただ大切な事は 伝わらないようにできてた かたちのない色味を 抱きしめてみたの 期待と不安の日々を 後悔の味で知った 知らない世界へ
藍才相容れぬことで縛って 最果ての奥に閉まって 哀なものだとわかって 優越に知りたいを重ねた 泣いたりしたこともあって 暗い足元も見えないでいて 今はまだ飛べるよう 愛憎感にしまった あの日のことも 言葉ではなんとも無いって 君Eve- 動画相容れぬことで縛って 最果ての奥に閉まって 哀なものだとわかって 優越に知りたいを重ねた 泣いたりしたこともあって 暗い足元も見えないでいて 今はまだ飛べるよう 愛憎感にしまった あの日のことも 言葉ではなんとも無いって 君
虎狼来サンタマリア 起死回生の一打を放ってくれ 湿っぽいのはいらんな 爽快に派手にやって終い その答えは自問自答の向こう側にあんだしょうがない アンダーグラウンドな世界の中 井の中の蛙大会優勝者 未練たらたら SNS に夢中 自尊心なんてとうEve- 動画サンタマリア 起死回生の一打を放ってくれ 湿っぽいのはいらんな 爽快に派手にやって終い その答えは自問自答の向こう側にあんだしょうがない アンダーグラウンドな世界の中 井の中の蛙大会優勝者 未練たらたら SNS に夢中 自尊心なんてとう
虚の記憶新しい匂いとこの部屋 少し広いけれどもう慣れたから この街は静まらないのさ なんだか寂しくないような気も 立ち止まりたくなった時は 空の表情を見てもう一度深呼吸 どこか遠くへ運んでくれる 風を味方にして今を生きようと Eve-新しい匂いとこの部屋 少し広いけれどもう慣れたから この街は静まらないのさ なんだか寂しくないような気も 立ち止まりたくなった時は 空の表情を見てもう一度深呼吸 どこか遠くへ運んでくれる 風を味方にして今を生きようと
言の葉何の気ない 表情に 頬杖して 目をかけていた 笑っている 曖昧な 距離感は 僕たちを 平行線のまま 同じ帰り道の途中下って 特別なことはいらない 水面に映る月は揺らいで こんな毎日が続くと思っていた 言葉にできない 言Eve-何の気ない 表情に 頬杖して 目をかけていた 笑っている 曖昧な 距離感は 僕たちを 平行線のまま 同じ帰り道の途中下って 特別なことはいらない 水面に映る月は揺らいで こんな毎日が続くと思っていた 言葉にできない 言
迷い子誰にも気づかれない場所で 傷つけられる事もないのさ 独りぼっちだったの そして僕はこの地に迷い込んだ 焦燥や愛憎に襲われながら あてもなく彷徨ったの 歩いてきた足跡はもうないさ 心に憂いが生まれてしまったせいで 明日の事をEve-誰にも気づかれない場所で 傷つけられる事もないのさ 独りぼっちだったの そして僕はこの地に迷い込んだ 焦燥や愛憎に襲われながら あてもなく彷徨ったの 歩いてきた足跡はもうないさ 心に憂いが生まれてしまったせいで 明日の事を
退屈を再演しないで穿っては咲いた ブルー ただこの間に割ってはランデブー 花言葉に柄にない飾り気ないと 絡み合った瞬間 だらだらしたくて 甘い 消耗 無いような ふと毎晩想いを吐くような きっと何回本気(マジ)なモーション なんたって今日は記EveAdam by Eve: A Live in Animation 動画穿っては咲いた ブルー ただこの間に割ってはランデブー 花言葉に柄にない飾り気ないと 絡み合った瞬間 だらだらしたくて 甘い 消耗 無いような ふと毎晩想いを吐くような きっと何回本気(マジ)なモーション なんたって今日は記
逃避行夢のまにまに 言葉の端から くらりくらりと 夜の狭間から 抜け出してしまいたい うざったい言を吐く始末 いつの間にか女々しくなったのか はたまたはなからこうだったのか 飲み込んでしまいたい 眩暈 退屈なこの世界 自由自在 幽玄自在Eve- 動画夢のまにまに 言葉の端から くらりくらりと 夜の狭間から 抜け出してしまいたい うざったい言を吐く始末 いつの間にか女々しくなったのか はたまたはなからこうだったのか 飲み込んでしまいたい 眩暈 退屈なこの世界 自由自在 幽玄自在
遊生夢死漂う思いのせいで 満たされない雨で 立ち込める 爛れてく 鈍色の月 揺蕩うような声で あなたを知って 夢のようでいて 夜を壊せと 手放せと 揺らう心音を ほっとした 感傷的になれば 繰り返しようのない相槌を 白昼夢の底に浸かEveProject Young. 動画漂う思いのせいで 満たされない雨で 立ち込める 爛れてく 鈍色の月 揺蕩うような声で あなたを知って 夢のようでいて 夜を壊せと 手放せと 揺らう心音を ほっとした 感傷的になれば 繰り返しようのない相槌を 白昼夢の底に浸か
遊遊冥冥ただ怠けていたくて 明日は頑張るとして またダメを獲得して そんなんじゃ無意味気味、敗 この前と変わらない日々を送ろう この先も変わらない日々を 無駄を確かめたくて 猫を撫でていたくて ただ泣いていたくて そんなんじゃ無意味Eve-ただ怠けていたくて 明日は頑張るとして またダメを獲得して そんなんじゃ無意味気味、敗 この前と変わらない日々を送ろう この先も変わらない日々を 無駄を確かめたくて 猫を撫でていたくて ただ泣いていたくて そんなんじゃ無意味
闇夜救いなどない 生まれ堕ちてきた 歪な心の形に 勇ましい鼓動の叫び 振り向きはしない 修羅の道だって 枯れゆく季節など超えて 確かな真実を探した 醜い姿に その痛みさえも気づけないまま僕達は この皮も剥がしてしまったの ああいEveどろろ 動画救いなどない 生まれ堕ちてきた 歪な心の形に 勇ましい鼓動の叫び 振り向きはしない 修羅の道だって 枯れゆく季節など超えて 確かな真実を探した 醜い姿に その痛みさえも気づけないまま僕達は この皮も剥がしてしまったの ああい
雨とペトラ 誰かが言った いつか空は灰になって落ちるって 妄想の世の中で 日々を喰らっている 境界線を引いてしまうのも 共感覚のせいにして 街の灯の海で 居場所を探している 何処へ行くにも この足は退屈に染まって動かない 少しだけ先の景色が見Eve- 動画 誰かが言った いつか空は灰になって落ちるって 妄想の世の中で 日々を喰らっている 境界線を引いてしまうのも 共感覚のせいにして 街の灯の海で 居場所を探している 何処へ行くにも この足は退屈に染まって動かない 少しだけ先の景色が見
黄金の日々痛いくらい 刺すような光が 瞼の裏に焼き付いて 離さないんだ 嫌だよ一生 こんなもんじゃないんだ ありあまる衝動 焦らす鼓動音が 何がしたいんだっけ 何もないんだ スポットライトに当たることもないのだ 今愛を愛よ いっそなりたいよEve--痛いくらい 刺すような光が 瞼の裏に焼き付いて 離さないんだ 嫌だよ一生 こんなもんじゃないんだ ありあまる衝動 焦らす鼓動音が 何がしたいんだっけ 何もないんだ スポットライトに当たることもないのだ 今愛を愛よ いっそなりたいよ
【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Eve 歌詞一覧リスト