アニメ

僕のヒーローアカデミア 第6期 歌詞一覧

歌手タイプ動画歌い出し
SKETCH秋山黄色久しぶりに君の笑った顔を見た気がした 胸に灯れ 出来る限りSlow motion この短い夜が最後になるならきっと会いに行くんだ 僕ですらそう思うのさ のうのうと 抱きしめ合っている隙に泣いてしまうくらい 痛みを話すこともできない 弱点のある君がこんなに好きなのに ああ 絵に描いて 渡すべきなんだよ この僕の想いも 笑う前に 「居なくならないでね」 「君こそね」 能天気に約束して肩を叩く きまってどちらかが破るのさ 今回もまた僕じゃなかっただけ 震えた手はサインを作ってた 僕は何度もそれを見落とした ねえ 約束なんて「守る」っていうただの合図さ 本当はただ手を繋ぎたいだけ もう一番側で君を見ていたいと思えば思うほど 居れない理由も色濃くなるの そういうもんさ 優しさを受け取ったままに出来る人はそんなにいない 自分自身を誰かと思えば痛くしない? ああ 繊細で 美しい心模様が映っているの 僕の目には 他人の痛みで顔が歪む 君はいつどこで笑うのさ 傷の数ばかり数えてた どうしてその痛みには気付かない? 僕らは自分勝手なフリをして 人の事ばかり考える ねえ幸せだってちょっとくらいは痛みがするから 不幸くらいでは離せない 分かるかな 別の心が欲しいとか 悲しいこと言うもんじゃないよ 顔も自分じゃ見れないでしょう 心を映す鏡がいるんだよ ねえ どうかな… 「居なくならないでね」 「君こそね」 能天気に約束して肩を叩く きまってどちらかが破るのさ そんな当たり前を包むものが愛なんだろう どうやら僕のほうが君のこと 上手に絵に描いて渡せそうだ ねえ少し驚いてしまうかもしれないけど 君はこんなに綺麗に笑ってたんだよ秋山黄色ED 1 動画久しぶりに君の笑った顔を見た気がした 胸に灯れ 出来る限りSlow motion この短い夜が最後になるならきっと会いに行くんだ 僕ですらそう思うのさ のうのうと 抱きしめ合っている隙に泣いてしまうくらい 痛みを話すこともできない 弱点のある君がこんなに好きなのに ああ 絵に描いて 渡すべきなんだよ この僕の想いも 笑う前に 「居なくならないでね」 「君こそね」 能天気に約束して肩を叩く きまってどちらかが破るのさ 今回もまた僕じゃなかっただけ 震えた手はサインを作ってた 僕は何度もそれを見落とした ねえ 約束なんて「守る」っていうただの合図さ 本当はただ手を繋ぎたいだけ もう一番側で君を見ていたいと思えば思うほど 居れない理由も色濃くなるの そういうもんさ 優しさを受け取ったままに出来る人はそんなにいない 自分自身を誰かと思えば痛くしない? ああ 繊細で 美しい心模様が映っているの 僕の目には 他人の痛みで顔が歪む 君はいつどこで笑うのさ 傷の数ばかり数えてた どうしてその痛みには気付かない? 僕らは自分勝手なフリをして 人の事ばかり考える ねえ幸せだってちょっとくらいは痛みがするから 不幸くらいでは離せない 分かるかな 別の心が欲しいとか 悲しいこと言うもんじゃないよ 顔も自分じゃ見れないでしょう 心を映す鏡がいるんだよ ねえ どうかな… 「居なくならないでね」 「君こそね」 能天気に約束して肩を叩く きまってどちらかが破るのさ そんな当たり前を包むものが愛なんだろう どうやら僕のほうが君のこと 上手に絵に描いて渡せそうだ ねえ少し驚いてしまうかもしれないけど 君はこんなに綺麗に笑ってたんだよ
キタカゼSIX LOUNGE突き抜けろ 僕らはいつでも孤独の側で正直なんだな 涙をこらえて笑顔を無くしてた ほんの少しの恐怖で心砕けてしまいそう 立ち上がって走り出せ 前にしか進めないんだ 傷つけない傷つかない その手はもう離さない いつでも奇跡は起こせると信じていたい 悲しみにサヨナラをするのさ ほら、怖くはない孤独じゃないよ僕たちは 北風が吹いて切り開け運命を今 突き抜けろ 泣き虫な僕に君がその手を差し伸べてくれた 強くて優しい心無くさないように 忘れないように 守りたい 突き抜けろ 確かめろ 風向きが行き先だろう 追い風を味方につけた僕はもう独りじゃない 立ち上がって走り出せ 前にしか進めないんだ 傷つけない傷つかない その手はもう離さない この先いつまでも僕たち一緒にさ 笑えたら幸せじゃないかな ほら、怖くはない孤独じゃないよ僕たちは 北風が吹いて切り拓いた未来へ今 突き抜けろSIX LOUNGEED 2 動画突き抜けろ 僕らはいつでも孤独の側で正直なんだな 涙をこらえて笑顔を無くしてた ほんの少しの恐怖で心砕けてしまいそう 立ち上がって走り出せ 前にしか進めないんだ 傷つけない傷つかない その手はもう離さない いつでも奇跡は起こせると信じていたい 悲しみにサヨナラをするのさ ほら、怖くはない孤独じゃないよ僕たちは 北風が吹いて切り開け運命を今 突き抜けろ 泣き虫な僕に君がその手を差し伸べてくれた 強くて優しい心無くさないように 忘れないように 守りたい 突き抜けろ 確かめろ 風向きが行き先だろう 追い風を味方につけた僕はもう独りじゃない 立ち上がって走り出せ 前にしか進めないんだ 傷つけない傷つかない その手はもう離さない この先いつまでも僕たち一緒にさ 笑えたら幸せじゃないかな ほら、怖くはない孤独じゃないよ僕たちは 北風が吹いて切り拓いた未来へ今 突き抜けろ
ひたむきSUPER BEAVER自分は自分だからってのはさ 言い訳の そのための 決意じゃなかったろう 理想を茶化すと 決まって 眠れない夜になった 信じる人の そのためにある 「可能性」だ どれだけ生き急いでも 明日はずっと明日で どれだけ強く願っても 時に世界は無情だ どれだけ愛を謳っても 悪意は未だ消え去ってない どれだけ面と向きあっても 想いすれ違うかもしれない じゃあ意味がないと嗤うかい いや、意志を持って笑いたい 何度も 心が叫んで 涙ぬぐっていく もう一歩 あと一歩 間に合えって 繰り返す ひたむきさが 希望を繋いでいく 意味はずっと 意志そのもの いつだって今日が人生のピーク 超えていけ 踏み出す人の 真ん中にある 決意は未来だ 自分なんてとか どうとか 恥ずかしいとか おこがましいとか 自分なんてとか どうとか 恥ずかしいとか おこがましいとか 迷う理由は際限ない 悔やみたくないから慎重に でも悔やんでしまうんだよ 迷いながらじゃ結局 一生懸命 一生懸命に ただ一歩 でも一歩 明日へ って繰り返す 信じることが 大前提ならば これまでも これからも ひたむきに 何度も 心よ叫んで 涙ぬぐってくれ もう一歩 あと一歩 間に合えって 繰り返す ひたむきさが 希望を繋いでいく 意味はずっと 意志そのもの いつだって今日が人生のピーク 超えていけ 踏み出す人の 真ん中にある 決意は未来だ どれだけ愛を謳っても 悪意は未だ消え去ってない どれだけ面と向きあっても 想いすれ違うかもしれない でも でも 自分は自分だからってのはさ 言い訳の そのための 決意じゃなかったろうSUPER BEAVEROP 1 動画自分は自分だからってのはさ 言い訳の そのための 決意じゃなかったろう 理想を茶化すと 決まって 眠れない夜になった 信じる人の そのためにある 「可能性」だ どれだけ生き急いでも 明日はずっと明日で どれだけ強く願っても 時に世界は無情だ どれだけ愛を謳っても 悪意は未だ消え去ってない どれだけ面と向きあっても 想いすれ違うかもしれない じゃあ意味がないと嗤うかい いや、意志を持って笑いたい 何度も 心が叫んで 涙ぬぐっていく もう一歩 あと一歩 間に合えって 繰り返す ひたむきさが 希望を繋いでいく 意味はずっと 意志そのもの いつだって今日が人生のピーク 超えていけ 踏み出す人の 真ん中にある 決意は未来だ 自分なんてとか どうとか 恥ずかしいとか おこがましいとか 自分なんてとか どうとか 恥ずかしいとか おこがましいとか 迷う理由は際限ない 悔やみたくないから慎重に でも悔やんでしまうんだよ 迷いながらじゃ結局 一生懸命 一生懸命に ただ一歩 でも一歩 明日へ って繰り返す 信じることが 大前提ならば これまでも これからも ひたむきに 何度も 心よ叫んで 涙ぬぐってくれ もう一歩 あと一歩 間に合えって 繰り返す ひたむきさが 希望を繋いでいく 意味はずっと 意志そのもの いつだって今日が人生のピーク 超えていけ 踏み出す人の 真ん中にある 決意は未来だ どれだけ愛を謳っても 悪意は未だ消え去ってない どれだけ面と向きあっても 想いすれ違うかもしれない でも でも 自分は自分だからってのはさ 言い訳の そのための 決意じゃなかったろう
ぼくらのEve白も黒もない世界 憎しみの奥で泣いていた 立ち止まることも許されない ただその向こうへ 独り 焦燥 暴走 背負ってきた末路は 歩みも困難な君をまだ 救う手立てはあるのかい 諦めてしまいそうになったら どこへでも駆けつける 僕らの想いも全部 離さないよ全部 余計なお世話 だって隣に居たいのさ それがヒーロー 紡いだ声も全部 失くさないよ全部 何度だって立ち上がってみせるから 命燃やしていけ 叫んで 君の気持ちに呼応する魂よ もう迷わないから 真価の果てに さあいこう 本当は誰よりも 繊細でいたんだ不器用だった 許されないくらい ひどく傷つけた後悔が それでもまた君に会えるなら 今なら言える 誰一人も欠けちゃならない 考えるよりも動いていた 君が教えてくれたから 伝えたい想いも全部 誰かの為に全部 弱さを見せて 強くなっていくんだろう それがヒーロー 救いの声も全部 取り戻すよ全部 何度だって立ち上がってみせるから もう少しだけ 不確かな存在だっていい 確かな答えもなくていい ただこの虚しさと寂しさに 苛まれようが 罵倒も声援も期待も失望も 全部背負って 君がいるから もう大丈夫 もう一度 立ち上がってくれマイヒーロー 僕らの想いも全部 離さないよ全部 余計なお世話 だって隣に居たいのさ それがヒーロー 紡いだ声も全部 失くさないよ全部 何度だって立ち上がってみせるから 命燃やしていけ 叫んで 君の気持ちに呼応する魂よ もう迷わないから 真価の果てに さあいこうEveOP 2 動画白も黒もない世界 憎しみの奥で泣いていた 立ち止まることも許されない ただその向こうへ 独り 焦燥 暴走 背負ってきた末路は 歩みも困難な君をまだ 救う手立てはあるのかい 諦めてしまいそうになったら どこへでも駆けつける 僕らの想いも全部 離さないよ全部 余計なお世話 だって隣に居たいのさ それがヒーロー 紡いだ声も全部 失くさないよ全部 何度だって立ち上がってみせるから 命燃やしていけ 叫んで 君の気持ちに呼応する魂よ もう迷わないから 真価の果てに さあいこう 本当は誰よりも 繊細でいたんだ不器用だった 許されないくらい ひどく傷つけた後悔が それでもまた君に会えるなら 今なら言える 誰一人も欠けちゃならない 考えるよりも動いていた 君が教えてくれたから 伝えたい想いも全部 誰かの為に全部 弱さを見せて 強くなっていくんだろう それがヒーロー 救いの声も全部 取り戻すよ全部 何度だって立ち上がってみせるから もう少しだけ 不確かな存在だっていい 確かな答えもなくていい ただこの虚しさと寂しさに 苛まれようが 罵倒も声援も期待も失望も 全部背負って 君がいるから もう大丈夫 もう一度 立ち上がってくれマイヒーロー 僕らの想いも全部 離さないよ全部 余計なお世話 だって隣に居たいのさ それがヒーロー 紡いだ声も全部 失くさないよ全部 何度だって立ち上がってみせるから 命燃やしていけ 叫んで 君の気持ちに呼応する魂よ もう迷わないから 真価の果てに さあいこう
【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

アニメ「僕のヒーローアカデミア 第6期」OP/ED 歌詞一覧リスト