『Eve - 朝が降る』収録の『Smile』ジャケット

朝が降る 歌詞 Eve


Eve - Asa ga Furu Lyrics
朝が降る 歌詞
歌手:Eve

思い通り進まない事だらけのこのマイウェイ もう望みなどないからさ そっとしといてくれればいい

だけど

いつのまにまに辿り着く先に居場所などないね 夢の1つや2つもない 頑張れとかいらないから

いつしか歳だけをとって

その言葉だけがまだ忘れられずに今も

昏い水面に脚を踏み入れば 怪獣の住む街へいけるのか

黄昏の残照に魅せられる 懐かしい香りと共に

僕らの未来が

こんな思い出しまって ずっと黙っていたって きっとわかってしまうね 言葉では伝わらない解を

たまに泣いてしまって 孤独を飼ってしまって それも悪くはないね この夜を上手に歩けたなら

君にも朝が降るだろう

大人達は今日もあの光の中で眠るの 仕事お疲れ様です 僕はまだ空中遊泳の中

ありがとうとごめんなさいを 言える子供になりなさいと

もっと大事なこともあったけど それくらいしか覚えてないから

いらない感情なんて捨てちまえ 愛なんて体に毒だろとか

そんな事言ってたっけな 忘れやすいのも特技なのかもな

1人で幸せになれないなら 2人で幸せになれないよな

そこに光が差し込むと影が 色濃く貴方を映した

無邪気さと幼さが

どこまで繋がってるかな どこまで潜っていけるのだろう 痛い夜だって、昏い夜だって ずっと貴方を探す旅の途中

こんな思い出しまって ずっと黙っていたって きっとわかってしまうね 言葉では伝わらない解を

たまに泣いてしまって 孤独を飼ってしまって それも悪くはないね この夜を上手に歩けたなら

君にも朝が降るだろう

発売日:2020.02.12
作詞:Eve
作曲:Eve
ステータス:公式フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

LYRICAL NONSENSE