よみ:
ぼうと

暴徒 歌詞Eve

映画「Adam by Eve: A Live in Animation」劇中歌

『Eve - 暴徒』収録の『廻人』ジャケット
発売:
2022.03.16
作詞:
Eve
作曲:
Eve

Eve「暴徒」歌詞

愛はないよ しょうがないね
ガラガラ声に嗤っちまう
不確かな才に 縋っちまって
夜を濡らしては泣いてる


十年経っても同じような
そこはかとなく浮かんでる
何者でもない 想い綴って
夜を駆けるようにランデブー


酩酊 名前もないような 意味のない毎日を徘徊して
一体どれくらいの言葉にやられて病んでる


感情は渋滞です この不快感さえも単純で
最低な存在です 古今東西見落とさないで


恋をしたような 眩暈に溺れそうな
息巻くように吠えた


最後くらい声をあげてくれ
まだやれるかい この体じゃ
死に場所も選べないようだ


君の才能なんて知ったこっちゃないね
もう放っといてくれないか
この旗は折れずにいる
本当はただずっと 認めてほしくって


修羅の炎に身を焼かれた為 再起不能な僕を囲んでは
“よい子のみんな真似をしてはいけない”と処された
ああ そうだ 馬鹿な奴ばっか
くだらない正義感さえ 振りかざせば
もう戻れない くたばれやしない
嘲笑う道化 秀才の眼


ただ想いを飲み込めば


段々声が遠く離れていく
その期待も 理想さえも
君が未だ呪いになっている


だから世界の果てに落っこちてしまっても
僕の目はまだ死なずにいる
今までもずっと これからもイメージして


愛はないよ しょうがないね
ガラガラ声に嗤っちまう
不確かな才に 縋っちまって
夜を濡らしては泣いてる


十年経っても同じような
そこはかとなく浮かんでる
何者でもない 想い綴って
夜を駆けるようにランデブー


ああ 将来は明るい未来になりますよう
君との約束は果たせそうにないけど
言葉は息をするように 願いを繋いでいく
ごめんね パパ ママ 理想になれなくて


最後くらい声をあげてくれ
まだやれるかい この体じゃ
死に場所も選べないようだ


君の才能なんて知ったこっちゃないね
もう放っといてくれないか
この旗は折れずにいる


段々声が遠く離れていく
その期待も 理想さえも
君が未だ呪いになっている


だから世界の果てに落っこちてしまっても
僕の目はまだ死なずにいる
今までもずっと これからもイメージして


今ならまだきっと 言えるような気がして


Eve『暴徒』の 詳細

『Eve - 暴徒 歌詞』収録の『廻人』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.03.16
曲名:
暴徒
よみ:
ぼうと
歌手:
Eve (イブ)
関連作:
Adam by Eve: A Live in Animation
作詞:
Eve
作曲:
Eve
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

Eve『暴徒』の MV / PV

「暴徒」のリリース情報

Eveをフィーチャーした映画「Adam by Eve: A Live in Animation」が3月15日に劇場およびNetflixにて世界同時公開される。


インターネット上で歌い手として活動を始め、YouTube公式チャンネルの登録者数が370万人を超えるなど、人気を集めるシンガーソングライター・Eve。Spotifyでは2021年の海外でもっとも再生された日本アーティストの楽曲第1位に「廻廻奇譚」が輝くなど、国外からも注目を集めている。映画「Adam by Eve: A Live in Animation」は、Eveの書き下ろし新曲と新作アニメーション、これまでのヒット曲で彩られる実写映像と撮り下ろしのライブ映像を軸に、作品全体が1つのストーリー仕立てとなる音楽映画。企画は「君の名は。」「天気の子」のプロデューサーとしても知られる川村元気が、総監督は「僕らまだアンダーグラウンド」「打ち上げ花火」などのミュージックビデオを手がけてきた依田伸隆が担当する。


映画のために制作される新曲「暴徒」のミュージックビデオの制作はスタジオカラーが手がけることが決定。監督はスタジオカラーの吉崎響が担当する。もう1つの新曲「退屈を再演しないで」は、Eve初期の楽曲「お気に召すまま」「トーキョーゲットー」などのMVを制作したWabokuが手がける。また「廻廻奇譚」の新作映像をVFXアーティスト集団kahkiとディレクター・佐伯雄一郎が共同で制作。物語を牽引する実写ドラマパートにはモデルの羽音と、ソロアーティストやタレントとして幅広く活躍するあのが出演する。


「Eve」コメント

ライブができなくなってしまってから2年、ライブとはまた違った新しい形で何か届けることはできないかというところから始まりました。
アニメーションとライブとCG、そして物語と、非日常的な体験をさせて頂き楽しかったです。
是非新鮮な気持ちで観て頂けたらと思います。そして次はライブでお会いしましょう。


「羽音」コメント

初めての映像作品でこの作品に出演出来た事に喜びと感謝でいっぱいです。全てが初めての経験だったので、作品がどの様に出来ていくのかを間近で学べましたし、スタッフの皆さんの作品に対する熱を普段とは違う視点で感じる事が出来ました。アキとしてEveさんの世界に入れて、幸せでした。そこにアニメ、ライブ映像、3DCGが融合され、今までに観たことのないような映像作品になっていると思います。皆様の元に届く日が待ち遠しくて、本当に本当に楽しみです。


「あの」コメント

撮影時には想像できなかったような今まで見たことないような全く新しい作品、映像美になっていて驚きました。アニメーションもとても迫力的で破壊的でそこがまたドラマと合わさっていく感覚が新感覚で是非皆さんに見て頂きたいです。


感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

Eve 暴徒 歌詞 (Adam by Eve: A Live in Animation 劇中歌)