バブル

Bubble feat. Uta 歌詞Eve映画「バブル」OP

『Eve - Bubble feat. Uta』収録の『Bubble feat. Uta』ジャケット
  • 発売:
    2022.04.21
  • 作詞:
    Eve
  • 作曲:
    Eve
シェア:

ステータス:

公式 フル

Eve「Bubble feat. Uta」歌詞

はりぼての飛行船の正体を
心の中に描き映した
抗うように思い出のアイロニー
明日を正しく迎える為


立ち止まることも知らない
この軌道上に居なくとも
道しるべになるような
この旗は折れることはない


遠い過去の情景を
いつまでも見れるよう


叫んでいこうぜ 飛び越えて 舞って
弾けるこの想いも泡になって
君となら僕はまだ
この夜も超えてみせると


確かな声で 大地を蹴って
引力は僕たちを離さないまま
恐れないで 手を振るよ
銀河の隅っこから応答して
探してゆけるから


触れることもできなくて
引かれ合う心はなぜ
夢の中を彷徨って
ただ歌うことをやめないで


特別なことなんていらない
伝えなくてもわかるように
二人だけの音が
この心を一つにした


想い描いた情景を
いつまでも見れるよう
叫んでこうぜ


確かにある 目に映る
僕たちを繋ぐコンパスが


不確かな 目に見えない
心の奥をノックした


まだ 怖いから 離さないで ずっと
ただ 君と 手を伸ばして ずっと


合図を待って 声の呼ぶ方へ


今ゆけ 惹かれあう引力で


叫んでいこうぜ 飛び越えて 舞って
弾けるこの想いも泡になって
君となら僕はまだ
この夜も超えてみせると


確かな声で 大地を蹴って
引力は僕たちを離さないまま
恐れないで 手を振るよ
銀河の隅っこから応答して
探してゆけるから


『Eve - Bubble feat. Uta 歌詞』収録の『Bubble feat. Uta』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2022.04.21
  • 曲名:
    Bubble feat. Uta
  • 読み:
    バブル
  • 歌手:
    Eve (イブ)
  • 関連作:
    バブル
  • 作詞:
    Eve
  • 作曲:
    Eve
  • 関連歌手:
    りりあ。
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

Eve 『Bubble feat. Uta』の MV / PV

「Eve」コメント

「荒木哲郎×虚淵玄×小畑健×澤野弘之」
自分の好きが集結したような空間に、歌でご一緒させて頂き感慨深い気持ちです。ピュアで優しくて、臨場感溢れるこの作品に今回書き下ろした「Bubble」という楽曲は今までみたことのないようなところにまで連れていってもらえたような気がします。 壮大で美しい世界観と、目が離せないアクション、個性豊かなキャラクター達。熱量のあるこの作品に自分も関わることができて幸せです。是非劇場で体感してみて下さい。パルクールかっこいい!


「荒木監督」コメント

もともとEveさんの「僕らまだアンダーグラウンド」のMVを本編映像の参考にさせて頂いており、(素晴らしい曲と映像です。必見!)かねてライブなども見せて頂いていたので、お仕事をお願いするなんて贅沢すぎる方ながら、いざ決まった時には何か「必然」と感じる部分すらありました。そもそもEveさんが表現するような世界こそが、今回自分が表現すべき目標としていたものだったからです。
それはたぶん、世の中の重たさとか憂鬱を引き受けつつもすり抜けて、軽快にジャンプする感じだと思います。そんな疾走感あふれるOP曲を、映画の冒頭で皆さんにお聴きいただきます。聴いてしまったら、もう観るのをやめられませんよ!


「川村元気プロデューサー」コメント

すごい歌い手がいるとの噂を聞いた。初めてTikTokのアプリをダウンロードして、そこで、りりあ。さんに出会った。
自宅の部屋からアコギ一本で届けられる、素晴らしい声、音楽的感覚。まさに新時代のアーティストの登場を目撃した気がした。
そのときふと、彼女が本作『バブル』のヒロイン・ウタと重なった。部屋の中からまだ出てきていない未知の存在、その無垢な声。
彼女にエンディングソングを歌ってもらい、かつヒロインの声もやってもらったら面白いのではないかと思った。荒木哲郎監督も、その賭けに乗ってくれた。
ウタというヒロインは、赤子のように主人公・ヒビキの前に現れ、そして次第に人間として様々な感情を得ていく。そのウタの成長過程をそのまま、りりあ。さんが体現してくれるのではないかと期待してお願いした。りりあ。さんは勇気を持って、受けてくれた。懸命にウタを演じてくれた。果たして映画は完成し、賭けは大きく成功したと確信している。ラストシーンの彼女の声は、観客の耳にいつまでも残るはずだ。


感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ