『Eve - 杪夏 歌詞』収録の『廻廻奇譚/蒼のワルツ』ジャケット 公式 フル

杪夏 歌詞

歌手
Eve

思えば遠くに来たようだ
長い休み明けの匂い


貴方とまだらの影を落として
声もあげられないまま


思い馳せる 頬は熱く
輪郭を溶かすほどの日差し
眺める雲は どこまでも高く
いじらしく思う
あと何度迎えるだろう


まなじりをあげては 暗夜の灯を見つめた
その瞳の中 揺らぐ炎のよう
絵空事ではない ここで息をした
静かに零して


淀みに浮かぶ 泡沫のよう
刹那に移ろう季節の流れ
涙の影に どこまでも永く
美しく思う
何処へゆくのだろう


思い馳せる 頬は熱く
輪郭を溶かすほどの日差し
眺める雲は どこまでも高く
いじらしく思う
あと何度迎えるだろう


また会えたなら 覚えていたい
この景色をずっと


『Eve - 杪夏 歌詞』収録の『廻廻奇譚/蒼のワルツ』ジャケット
シェアリンク
読み: びょうか
歌手: Eve
発売日: 2020.12.23
作詞: Eve
作曲: Eve
ステータス: 公式 フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞Related Lyrics

NEW & RECOMMENDED
文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE