映画

Adam by Eve: A Live in Animation

の歌詞リスト

暴徒

歌手
Eve
タイプ
劇中歌
歌い出し
愛はないよ しょうがないね ガラガラ声に嗤っちまう 不確かな才に 縋っちまって 夜を濡らしては泣いてる 十年経っても同じような そこはかとなく浮かんでる 何者でもない 想い綴って 夜を駆けるようにランデブー 酩酊 名前もないような 意味のない毎日を徘徊して 一体どれくらいの言葉にやられて病んでる 感情は渋滞です この不快感さえも単純で 最低な存在です 古今東西見落とさないで 恋をしたような 眩暈に溺れそうな 息巻くように吠えた 最後くらい声をあげてくれ まだやれるかい この体じゃ 死に場所も選べないようだ 君の才能なんて知ったこっちゃないね もう放っといてくれないか この旗は折れずにいる 本当はただずっと 認めてほしくって 修羅の炎に身を焼かれた為 再起不能な僕を囲んでは “よい子のみんな真似をしてはいけない”と処された ああ そうだ 馬鹿な奴ばっか くだらない正義感さえ 振りかざせば もう戻れない くたばれやしない 嘲笑う道化 秀才の眼 ただ想いを飲み込めば 段々声が遠く離れていく その期待も 理想さえも 君が未だ呪いになっている だから世界の果てに落っこちてしまっても 僕の目はまだ死なずにいる 今までもずっと これからもイメージして 愛はないよ しょうがないね ガラガラ声に嗤っちまう 不確かな才に 縋っちまって 夜を濡らしては泣いてる 十年経っても同じような そこはかとなく浮かんでる 何者でもない 想い綴って 夜を駆けるようにランデブー ああ 将来は明るい未来になりますよう 君との約束は果たせそうにないけど 言葉は息をするように 願いを繋いでいく ごめんね パパ ママ 理想になれなくて 最後くらい声をあげてくれ まだやれるかい この体じゃ 死に場所も選べないようだ 君の才能なんて知ったこっちゃないね もう放っといてくれないか この旗は折れずにいる 段々声が遠く離れていく その期待も 理想さえも 君が未だ呪いになっている だから世界の果てに落っこちてしまっても 僕の目はまだ死なずにいる 今までもずっと これからもイメージして 今ならまだきっと 言えるような気がして

退屈を再演しないで

歌手
Eve
タイプ
劇中歌
歌い出し
穿っては咲いた ブルー ただこの間に割ってはランデブー 花言葉に柄にない飾り気ないと 絡み合った瞬間 だらだらしたくて 甘い 消耗 無いような ふと毎晩想いを吐くような きっと何回本気(マジ)なモーション なんたって今日は記念日バースデイ 裸になったって 何も見えちゃしない 言葉にしたって薄っぺらいの 悶々とした 夢の中のハイウェイは 温かく冷たい 灰色(グレイ)の正体暴きたい 夢にまで見たような世界から明けて 大丈夫、甲斐性はないが 冗談じゃないさ 突き進もう 最終章の声も 溶かしてしまう生涯ね ありふれた夜を聞かせてと 思い出すように吐く後悔を 退屈を再演しないで 愛憎感の声も 溶かしてしまう生涯ね あどけないブルー 滲んだ手と 思い出すように感じる音を 明日はただ頷くだけ 彷徨う彼方へ 夕刻へと誘うメロウ 貴方もまたこんな風に 定まらぬまま 浮き足立つステップ イエローで この前と同じなんて 何も得られやしない 言葉にしたって薄っぺらいの 悶々とした 夢の中のマイウェイは 淋しくて痛い 夢幻の正体暴きたい 明日まだ僕が前を向けるのなら 大丈夫 勝算はないが 問題はないさ 突き進もう 答えなどないと 可笑しく笑う生涯ね ありふれた夜を聞かせてと 思い出すように吐く後悔を 退屈を再演しないで まだ終わらないで 夢にまで見たような世界から明けて 大丈夫、甲斐性はないが 冗談じゃないさ 突き進もう 最終章の声も 溶かしてしまう生涯ね ありふれた夜を聞かせてと 思い出すように吐く後悔を 退屈を再演しないで 愛憎感の声も 溶かしてしまう生涯ね あどけないブルー 滲んだ手と 思い出すように感じる音を
【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

映画「Adam by Eve: A Live in Animation」主題歌の歌詞一覧リスト