PELICAN FANCLUB Umi wa Aoku Nakatta Lyrics 海は青くなかった

Cover for『PELICAN FANCLUB - Umi wa Aoku Nakatta』from the release『Kaihou no Hint』
  • Release:
    2022.03.02
  • Lyricist:
    Anri Endo
  • Composer:
    Ryotatsu Kamiyama
Share:

PELICAN FANCLUB「Umi wa Aoku Nakatta」Lyrics

地球の裏側の海の味を知ってる?
それはまるでラズベリー
地球の裏側で君に似た人を知ってる?
その人は犯罪者らしい


どれも嘘だなんて
言い切れないなんて


身体が引き伸ばされていく
地平線に変わってしまう
誰もみつけてはいないから
僕は海を飲み干した


地球の裏側の海の匂いを知ってる?
それはまるでラズベリー
気球は知ったように景色を撫でる
ここから雲は掴めるらしい


どれも嘘だなんて
言い切れないなんて


身体が引き裂かれていく
地平線に変わってしまう
誰もみつけてはいないから
僕は海になれそうだ


信じるために探す人
忙しなく揺れる波
生きるため前進む船


思わず僕は欠伸をした


Transliterated (romaji) lyrics for this song are still waiting to be completed. In the meantime, check out the original lyrics above.

If you would like to submit a romaji transliteration for this song, please use the form below:

PELICAN FANCLUB「海は青くなかった」Lyrics

  • Artist:
    PELICAN FANCLUB

地球の裏側の海の味を知ってる?
それはまるでラズベリー
地球の裏側で君に似た人を知ってる?
その人は犯罪者らしい


どれも嘘だなんて
言い切れないなんて


身体が引き伸ばされていく
地平線に変わってしまう
誰もみつけてはいないから
僕は海を飲み干した


地球の裏側の海の匂いを知ってる?
それはまるでラズベリー
気球は知ったように景色を撫でる
ここから雲は掴めるらしい


どれも嘘だなんて
言い切れないなんて


身体が引き裂かれていく
地平線に変わってしまう
誰もみつけてはいないから
僕は海になれそうだ


信じるために探す人
忙しなく揺れる波
生きるため前進む船


思わず僕は欠伸をした


Submit A Translation

Do you have a translation you'd like to see here on LN?

You can submit it using the form below!

Your Thoughts:

Come chat with us!

【 RELATED LYRICS 】

Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE