さユり (Sayuri) 歌詞一覧

歌手タイアップ動画歌い出し
BANDAGE枯れ果てるくらい叫んだ 言葉の意味は知らないが 泣いてる声が聞こえた 反響した僕らのメッセージ 夢うつつの先見かねた 大人たちはエゴを孕む 褒め合いがお上手なんでしょ? 作られすぎちゃった ランゲージ 嫌いな人間がどんどん増えてく僕さユり (Sayuri)- 動画枯れ果てるくらい叫んだ 言葉の意味は知らないが 泣いてる声が聞こえた 反響した僕らのメッセージ 夢うつつの先見かねた 大人たちはエゴを孕む 褒め合いがお上手なんでしょ? 作られすぎちゃった ランゲージ 嫌いな人間がどんどん増えてく僕
birthday song人はみんな、幸福を願い もれずに私もその輪を抜け出せない 誰もが不幸になどなりたくないと 一つしかないその席を取り合った 選ばれなかった命を 弔うことすら出来ないままで 私は今日も白々しく 生きている 歌ってる 顔の見えないさユり (Sayuri)- 動画人はみんな、幸福を願い もれずに私もその輪を抜け出せない 誰もが不幸になどなりたくないと 一つしかないその席を取り合った 選ばれなかった命を 弔うことすら出来ないままで 私は今日も白々しく 生きている 歌ってる 顔の見えない
DAWN DANCEGood bye エンドロールの先の幸福へ向かうよ 不意に訪れた空っぽに負けそうになる時も 脇目も振らず走っている 瓦礫の山を踏み鳴らし 世界は右回りに回って元に戻ることは無い 涙が風を受け遠のく 君は全て追い越して行く 尾を引く箒さユり (Sayuri)--Good bye エンドロールの先の幸福へ向かうよ 不意に訪れた空っぽに負けそうになる時も 脇目も振らず走っている 瓦礫の山を踏み鳴らし 世界は右回りに回って元に戻ることは無い 涙が風を受け遠のく 君は全て追い越して行く 尾を引く箒
knotおもちゃの両目 喉に詰め込んだ 五本指 汚れた酸素をぼくは吸って生きながらえてる 太陽の見えない青々とした空 君が吐いてった汚い言葉 絡まった糸を解こうとしてた 結び目はいつになっても見つからない 酸性雨に打たれた悲劇は喜劇になって さユり (Sayuri)--おもちゃの両目 喉に詰め込んだ 五本指 汚れた酸素をぼくは吸って生きながらえてる 太陽の見えない青々とした空 君が吐いてった汚い言葉 絡まった糸を解こうとしてた 結び目はいつになっても見つからない 酸性雨に打たれた悲劇は喜劇になって
ME & CREED <nZkv>SawanoHiroyuki[nZk]:さユりリズムが狂う足音で強引に歩いて 倒れては 誰かのせいにしても前を向けない 一人よがりのプライドで騒いでいても 気付かれない迷子のように泣いてる 痛みを忘れたような争いに振り回されていた希望 It's time for me この声がSawanoHiroyuki[nZk]:さユり-リズムが狂う足音で強引に歩いて 倒れては 誰かのせいにしても前を向けない 一人よがりのプライドで騒いでいても 気付かれない迷子のように泣いてる 痛みを忘れたような争いに振り回されていた希望 It's time for me この声が
summer bug味気ないアイスのラインナップ なんか楽しいことしようよ 苦しゅうない ゲームで惨敗 次は絶対勝ってやる ちぐはぐ、私たちは思いつきで隣の星を目指す 安物のサンダルを爛々と踏み鳴らし 夏の虫さながら明かりを求めて 夜のぬるい風浴びるさユり (Sayuri)- 動画味気ないアイスのラインナップ なんか楽しいことしようよ 苦しゅうない ゲームで惨敗 次は絶対勝ってやる ちぐはぐ、私たちは思いつきで隣の星を目指す 安物のサンダルを爛々と踏み鳴らし 夏の虫さながら明かりを求めて 夜のぬるい風浴びる
アクマノウタ feat. さユりBAK神様は共に踊りゃしないが 悪魔は踊るのさ 毎晩毎晩 良い子にしてた 馬鹿らしいね 心をひとつ 売り飛ばすだけ ヴィラン ヴィラン 何処からか聞こえる悪魔の歌 滔々と何かを語った もうどうとでもなれと思った パパとママは我がままだっBAK- 動画神様は共に踊りゃしないが 悪魔は踊るのさ 毎晩毎晩 良い子にしてた 馬鹿らしいね 心をひとつ 売り飛ばすだけ ヴィラン ヴィラン 何処からか聞こえる悪魔の歌 滔々と何かを語った もうどうとでもなれと思った パパとママは我がままだっ
アノニマス太陽が街に飛び降りてきた 朱く揺れる世界がとても綺麗だった 行き交う人々のさんざめく声が 鼓膜の中でねじれて娯楽映画みたいだ 繋がらない関係ない世界に関係していたくて 俯瞰中毒、幽霊みたい 私は自分の輪郭を確かめている  ねえさユり (Sayuri)- 動画太陽が街に飛び降りてきた 朱く揺れる世界がとても綺麗だった 行き交う人々のさんざめく声が 鼓膜の中でねじれて娯楽映画みたいだ 繋がらない関係ない世界に関係していたくて 俯瞰中毒、幽霊みたい 私は自分の輪郭を確かめている  ねえ
オーロラソースしつこくしつこく残ってる 耳を刺した金切り声 山積みの憂に押されて泣いては なんでもかんでも後回し しつこくしつこく残ってる 忘れがたい記憶も 山積みの憂に押されて泣いたら 大事なものを失った こびりついてるオーロラソース さユり (Sayuri)-しつこくしつこく残ってる 耳を刺した金切り声 山積みの憂に押されて泣いては なんでもかんでも後回し しつこくしつこく残ってる 忘れがたい記憶も 山積みの憂に押されて泣いたら 大事なものを失った こびりついてるオーロラソース
オッドアイ産み落とされたいびつなたまご 死ぬまで変わらないなら いっそ 消えてしまいたいという 逃げてしまいたいという 灰になってしまえたら、と 降り落ちてきたいびつな運命 こんなに苦しいなら いっそ 消してしまいたいという 捨ててしまいたいとさユり (Sayuri)--産み落とされたいびつなたまご 死ぬまで変わらないなら いっそ 消えてしまいたいという 逃げてしまいたいという 灰になってしまえたら、と 降り落ちてきたいびつな運命 こんなに苦しいなら いっそ 消してしまいたいという 捨ててしまいたいと
かみさまあなたから視力と聴力奪い去って あたしの体温だけが宇宙になれたらいいな 浮世は嘘だらけ 秘密の扉、覗き込めば 誰もが幼児のようにひとりぼっちで泣いているの? 生まれてきた全て正しいのだと笑ってくれた あなただけを善としよう あさユり (Sayuri)東京怪奇酒 動画あなたから視力と聴力奪い去って あたしの体温だけが宇宙になれたらいいな 浮世は嘘だらけ 秘密の扉、覗き込めば 誰もが幼児のようにひとりぼっちで泣いているの? 生まれてきた全て正しいのだと笑ってくれた あなただけを善としよう あ
ケーキを焼く飲み込めない 噛み砕けない 気持ちはどこへいくの? 出口の見えない そんな日は 試しに ケーキを焼きましょう ケーキを焼いてみましょう? 大体のお菓子は 卵に砂糖を混ぜるところから はじまるらしい 飲み込めない 噛み砕けさユり (Sayuri)--飲み込めない 噛み砕けない 気持ちはどこへいくの? 出口の見えない そんな日は 試しに ケーキを焼きましょう ケーキを焼いてみましょう? 大体のお菓子は 卵に砂糖を混ぜるところから はじまるらしい 飲み込めない 噛み砕け
スーサイドさかな僕はエラ呼吸のサカナ 音も無い 水槽の中 あなたの声に耳を澄ます 聞こえない 聞いてみたいな 溺れないように 僕のをあげるよ 毎晩の妄想逢瀬ごっこ それも今日で終わり あなたの所まで飛び出して 死ぬ間際最後に夢を見せて あなさユり (Sayuri)-僕はエラ呼吸のサカナ 音も無い 水槽の中 あなたの声に耳を澄ます 聞こえない 聞いてみたいな 溺れないように 僕のをあげるよ 毎晩の妄想逢瀬ごっこ それも今日で終わり あなたの所まで飛び出して 死ぬ間際最後に夢を見せて あな
それは小さな光のような僕だけが見てた 君のこと 過去も未来も かなしみもよろこびも 全て オトナになるってきっと 優しくなる事だと信じていた 子供の頃の僕のままに 君のこと守りたいと思う 暗闇から目覚めても 僕を待ち受けてる彼方で 二人を隠しさユり (Sayuri)僕だけがいない街僕だけが見てた 君のこと 過去も未来も かなしみもよろこびも 全て オトナになるってきっと 優しくなる事だと信じていた 子供の頃の僕のままに 君のこと守りたいと思う 暗闇から目覚めても 僕を待ち受けてる彼方で 二人を隠し
ちよこれいとアナタが食べられないものばかりを 私は好きになってしまう アナタが食べられない物語を 私は描いてる アナタが食べられないものばかりを 私は好きになってしまう アナタは叶えられないものばかり 私は夢見てる 私はどこかの知らない誰かとさユり (Sayuri)-アナタが食べられないものばかりを 私は好きになってしまう アナタが食べられない物語を 私は描いてる アナタが食べられないものばかりを 私は好きになってしまう アナタは叶えられないものばかり 私は夢見てる 私はどこかの知らない誰かと
ねじこ新のスカート 風に揺らして 立ちはだかった難題を前に 微笑み戦うガール 真っ直ぐ進みたいと飛び出せど 曲がりくねってく僕らの不器用を 笑い飛ばしてみたいのさ 迷いを纏い 傷を背負い 弱くて美しい 君と共に 明日へ向かう ねさユり (Sayuri)- 動画新のスカート 風に揺らして 立ちはだかった難題を前に 微笑み戦うガール 真っ直ぐ進みたいと飛び出せど 曲がりくねってく僕らの不器用を 笑い飛ばしてみたいのさ 迷いを纏い 傷を背負い 弱くて美しい 君と共に 明日へ向かう ね
フラレガイガール愛をひろいあげた手のぬくもりが 今もまだ残るのです 「これさえあれば」とお互い口にして すべてを分かり合った それだけで もう生きていけると 思ったのです 瞳を飛び出し頬を伝う彼ら 顎の先で 大渋滞 まぁこの先 涙を使うことなどもさユり (Sayuri)- 動画愛をひろいあげた手のぬくもりが 今もまだ残るのです 「これさえあれば」とお互い口にして すべてを分かり合った それだけで もう生きていけると 思ったのです 瞳を飛び出し頬を伝う彼ら 顎の先で 大渋滞 まぁこの先 涙を使うことなども
プルースト解け出す 12月のあの匂い 耳の奥が冷えていた 風には何かが交じってた 秋と冬の間で人は誰かを探している それが何か 何をなくしたのかは もう わからない 落ちる枯葉は舞い 駆ける木枯らし 消えるのは誰のせいでもない 「ここじさユり (Sayuri)-解け出す 12月のあの匂い 耳の奥が冷えていた 風には何かが交じってた 秋と冬の間で人は誰かを探している それが何か 何をなくしたのかは もう わからない 落ちる枯葉は舞い 駆ける木枯らし 消えるのは誰のせいでもない 「ここじ
ミカヅキ今宵も頭上では 綺麗な満月がキラキラ 幸せそうに世界を照らしている 当の私は 出来損ないでどうしようも無くて 夜明け夢見ては 地べた這いずり回ってる それでも 誰かに見つけて欲しくて 夜空見上げて叫んでいる 逃げ出したいなぁ 逃げ出せさユり (Sayuri)乱歩奇譚 Game of Laplace 動画今宵も頭上では 綺麗な満月がキラキラ 幸せそうに世界を照らしている 当の私は 出来損ないでどうしようも無くて 夜明け夢見ては 地べた這いずり回ってる それでも 誰かに見つけて欲しくて 夜空見上げて叫んでいる 逃げ出したいなぁ 逃げ出せ
よだかの詩錆びた黒鳥 水面を食んで顔を塗りつぶした 自分の羽は見窄らしくて好きになれなかった ついた名ほどには飛べずに期待外れと笑われてた いつの間にか足りないのを恥ずかしがるようになってた 心は情報じゃない 答え合わせをしても寂しいだけ 似ていさユり (Sayuri)-錆びた黒鳥 水面を食んで顔を塗りつぶした 自分の羽は見窄らしくて好きになれなかった ついた名ほどには飛べずに期待外れと笑われてた いつの間にか足りないのを恥ずかしがるようになってた 心は情報じゃない 答え合わせをしても寂しいだけ 似てい
るーららるーらーるららるーらー自分自身と遠ざかるばかり 君との距離は近づかない 今日も空は青かった ただそれだけでいいじゃないか 僕はなんだか汚くて 涙がでるよ 僕はキラキラしたくって ぐるって廻って 貴方をみつけた キラキラしていて僕は怯えた ぐるって廻って さユり (Sayuri)-自分自身と遠ざかるばかり 君との距離は近づかない 今日も空は青かった ただそれだけでいいじゃないか 僕はなんだか汚くて 涙がでるよ 僕はキラキラしたくって ぐるって廻って 貴方をみつけた キラキラしていて僕は怯えた ぐるって廻って 
レイメイさユり×MY FIRST STORY哀しい欲望に手を伸ばし続けて夢を見る 何もかも嘘に塗れた眼の中に真相が隠れたまま 希望の淵に飲まれて沈んでしまった本当の答えを 探し続けながら 何百回でも遮るモノに翳してみせる僕の願い 必ず君に伝える日まで 正しさは譲れないから進さユり×MY FIRST STORYゴールデンカムイ 第二期 動画哀しい欲望に手を伸ばし続けて夢を見る 何もかも嘘に塗れた眼の中に真相が隠れたまま 希望の淵に飲まれて沈んでしまった本当の答えを 探し続けながら 何百回でも遮るモノに翳してみせる僕の願い 必ず君に伝える日まで 正しさは譲れないから進
レテ渓谷にはたくさんの落し物 街へ向かう人々が捨てていったんだ それらは日陰に根を張る植物の様に 水底で静かに息をしている 人と獣の隙間 で 子供が大人になる 空と皮膚の隙間 に 正しい言語が 落下してゆく 此処は君の心を清潔に扱えるさユり (Sayuri)-渓谷にはたくさんの落し物 街へ向かう人々が捨てていったんだ それらは日陰に根を張る植物の様に 水底で静かに息をしている 人と獣の隙間 で 子供が大人になる 空と皮膚の隙間 に 正しい言語が 落下してゆく 此処は君の心を清潔に扱える
世界の秘密夜が明けたら花が咲いて東の空へ登り出す 街が目を覚ますその前にそっと開く 世界の秘密 子供の頃の宝箱にあなたは何を隠したの? 心の声を言葉に込めて耳元で揺れるプリズム 何も変わらなく見える日々の片隅で 何かが欠けては生まれ続けているさユり (Sayuri)EDENS ZERO 動画夜が明けたら花が咲いて東の空へ登り出す 街が目を覚ますその前にそっと開く 世界の秘密 子供の頃の宝箱にあなたは何を隠したの? 心の声を言葉に込めて耳元で揺れるプリズム 何も変わらなく見える日々の片隅で 何かが欠けては生まれ続けている
十億年流されて辿り着いたここでは 役割を皆が担い暮らしている 一筋の藻になって 夜明け前を旅し続けている 淡々と 流されて辿り着いた歴史は いつでも何かに怯え進んできた あの頃のわたしは 何者だったけ? 怖くて 目を開けられなかったさユり (Sayuri)--流されて辿り着いたここでは 役割を皆が担い暮らしている 一筋の藻になって 夜明け前を旅し続けている 淡々と 流されて辿り着いた歴史は いつでも何かに怯え進んできた あの頃のわたしは 何者だったけ? 怖くて 目を開けられなかった
目を覆いたくなる傷口に砂糖水を垂らして アイスキューブで麻痺させたような 淡い 甘い 昼下がり 扇風機の首はちゃんと回した状態にしておくのだよ 増幅する悪夢の粒子に 負けないように 全然痛くも痒くもないから 君は泣いたりしないでいいさユり (Sayuri)--目を覆いたくなる傷口に砂糖水を垂らして アイスキューブで麻痺させたような 淡い 甘い 昼下がり 扇風機の首はちゃんと回した状態にしておくのだよ 増幅する悪夢の粒子に 負けないように 全然痛くも痒くもないから 君は泣いたりしないでいい
夜明けの詩何ひとつ はっきりしないよ 朝が来るのが怖くて モヤモヤしている孤独の理由を探してた 何ひとつ うまくいかないよ 未来は見えずふと立ち止まる ゆらゆら 揺れて夢を投げ捨てた 何か残したくて叫んでた なんか悲しくなって泣いた 何か残しさユり (Sayuri)-何ひとつ はっきりしないよ 朝が来るのが怖くて モヤモヤしている孤独の理由を探してた 何ひとつ うまくいかないよ 未来は見えずふと立ち止まる ゆらゆら 揺れて夢を投げ捨てた 何か残したくて叫んでた なんか悲しくなって泣いた 何か残し
平行線太陽系を抜け出して平行線で交わろう 私と君の影のように伸びている 平行線 勇気がないのは時代のせいにしてしまえばいい いつまでたっても思いは口に出せないまま ただ壊れないように同じ今日を繰り返しなぞって どこにもいけない 願いの居場所をさユり (Sayuri)クズの本懐 動画太陽系を抜け出して平行線で交わろう 私と君の影のように伸びている 平行線 勇気がないのは時代のせいにしてしまえばいい いつまでたっても思いは口に出せないまま ただ壊れないように同じ今日を繰り返しなぞって どこにもいけない 願いの居場所を
月と花束花を焼べて 詩を焼べて 誰より険しく美しく あの日の傷ももらった愛も 全て焼べて 光の方へ 深い森の中で私たちは たった一人きりで生まれ 大切なものに出会う為歩き出す 止めることも繋ぐこともできるこの日々を 潜り続けるのは君がさユり (Sayuri)Fate/EXTRA Last Encore 動画花を焼べて 詩を焼べて 誰より険しく美しく あの日の傷ももらった愛も 全て焼べて 光の方へ 深い森の中で私たちは たった一人きりで生まれ 大切なものに出会う為歩き出す 止めることも繋ぐこともできるこの日々を 潜り続けるのは君が
来世で会おう過去は変えられないさって 何度言われても懲りないのね 再三再四 振り払えずに 取り残されてく もうこれ以上願ってるだけじゃ もう一緒にはいられないのでしょう もう行かなくちゃ 受け入れなくちゃ 来世で会おう 生まれ変わった時さユり (Sayuri)-過去は変えられないさって 何度言われても懲りないのね 再三再四 振り払えずに 取り残されてく もうこれ以上願ってるだけじゃ もう一緒にはいられないのでしょう もう行かなくちゃ 受け入れなくちゃ 来世で会おう 生まれ変わった時
航海の唄手にしたい光がある君は今 寄る辺も無くひとりで岐路に立つ もう後戻りできぬように、と今 横切る不安を殺して帰路を断つ 失いがたい光だった 優しい易しい あいだった それでも、君は行くんだろ 足りないものは足りないままで構わないよ、今から探さユり (Sayuri)僕のヒーローアカデミア 第4期 動画手にしたい光がある君は今 寄る辺も無くひとりで岐路に立つ もう後戻りできぬように、と今 横切る不安を殺して帰路を断つ 失いがたい光だった 優しい易しい あいだった それでも、君は行くんだろ 足りないものは足りないままで構わないよ、今から探
花の塔君が持ってきた漫画 くれた知らない名前のお花 今日はまだ来ないかな? 初めての感情知ってしまった 窓に飾った絵画をなぞってひとりで宇宙を旅して それだけでいいはずだったのに 君の手を握ってしまったら 孤独を知らないこの街には さユり (Sayuri)リコリス・リコイル 動画君が持ってきた漫画 くれた知らない名前のお花 今日はまだ来ないかな? 初めての感情知ってしまった 窓に飾った絵画をなぞってひとりで宇宙を旅して それだけでいいはずだったのに 君の手を握ってしまったら 孤独を知らないこの街には
葵橋新宿駅の西陽差すホーム ひとり白線の内側 立っていた 足元のスニーカー 白に重ねた汚れと 視界の脇でふわり揺れた 耳飾り 一瞬なにか思い出したような気がしたが 通過列車が遮った 君を待っていた バイト終わり 言えなかった話しがあるさユり (Sayuri)イエスタデイをうたって新宿駅の西陽差すホーム ひとり白線の内側 立っていた 足元のスニーカー 白に重ねた汚れと 視界の脇でふわり揺れた 耳飾り 一瞬なにか思い出したような気がしたが 通過列車が遮った 君を待っていた バイト終わり 言えなかった話しがある
蜂と見世物君だって犯されている 蔓延んでるその思想に 誰だって自分が一番だって思ってるらしい 奪って縛って遊んでる 首を締めては笑ってる 頬から伝わって流るる塩分を無視して それが間違いだって言わなきゃいけないでしょう? 光を導いて行くのは さユり (Sayuri)--君だって犯されている 蔓延んでるその思想に 誰だって自分が一番だって思ってるらしい 奪って縛って遊んでる 首を締めては笑ってる 頬から伝わって流るる塩分を無視して それが間違いだって言わなきゃいけないでしょう? 光を導いて行くのは 
酸欠少女揺れて消えて歌っているの 泣きそうな酸欠少女 面白いことは何にも無いしって嘆いてる 不条理が手招きしている 皆同じ容姿でいささか気持ち悪い 品性の無い会話 どうでもよい情報 吐き捨てる 差別化を図りたいだけの くだらない争い さユり (Sayuri)- 動画揺れて消えて歌っているの 泣きそうな酸欠少女 面白いことは何にも無いしって嘆いてる 不条理が手招きしている 皆同じ容姿でいささか気持ち悪い 品性の無い会話 どうでもよい情報 吐き捨てる 差別化を図りたいだけの くだらない争い
【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

さユり (Sayuri) 歌詞一覧リスト