よみ:
よあけのうた

夜明けの詩 歌詞さユり

『さユり - 夜明けの詩』収録の『め』ジャケット
発売:
2020.06.03
作詞:
さユり
作曲:
さユり

さユり「夜明けの詩」歌詞

何ひとつ はっきりしないよ 朝が来るのが怖くて
モヤモヤしている孤独の理由を探してた


何ひとつ うまくいかないよ 未来は見えずふと立ち止まる
ゆらゆら 揺れて夢を投げ捨てた


何か残したくて叫んでた なんか悲しくなって泣いた
何か残したくて叫んでた 何が悲しくて泣いてるんだろう


何ひとつ 持ってない惨めな僕 向い風に押され
どろどろ誰かを妬ましく思うよ


何ひとつ うまくいかないまま沈む太陽 足元は
グラグラ 今にも落ちてしまう


何か残したくて叫んでた なんか悲しくなって泣いた
何か残したくて叫んでた 何が悲しくて泣いてるんだろう


あの頃は何もかも綺麗だったよ
何か残したくて叫んでた なんか悲しくなって泣いた
何か残したくて叫んでた 何も出来ず泣いてた


何か残したくて叫んでた なんか悲しくなって泣いた
何か残したくて叫んでた 何が悲しくて泣いてたんだろう


何ひとつ うまくいかなくても登る太陽 怯えている
過去に負けないで 一歩踏み出せ


さユり『夜明けの詩』の 詳細

『さユり - 夜明けの詩 歌詞』収録の『め』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2020.06.03
曲名:
夜明けの詩
よみ:
よあけのうた
歌手:
さユり
作詞:
さユり
作曲:
さユり
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

さユり 夜明けの詩 歌詞