BBHFの歌詞リスト

1988

歌手
BBHF
歌い出し
羽目をはずそうぜ 夜明けまで生き残る 死ぬことよりこわいことを 拳銃みたいに隠して そして病むまで飲め 愛そのもの何杯でも 聞こえるだろう 愛そのもの 喉を通り過ぎ 病むまで飲め 愛そのものを ラベルの数字には意味はない 金縁の紫 1988 金がなくなっても しぼりだすものはある 切り売りするんだ 人生を 拳銃を頭に向け そして病むまで飲め 愛そのもの何杯でも 聞こえるだろう 愛そのもの 喉を通り過ぎ 病むまで飲め 愛そのものを 俺の言葉には意味はない 金縁の紫 1988 遅かれ早かれ 物事は変転していく ハッピーなんてない よくもわるくも この国はうつ病じみているよ その数字には意味がない 僕らにはこない 必要もない 1988 だけど愛があるだろう だれかが言う 何回でも ああ本当にありがとう 愛そのもの もっともってきて 死ぬまで飲め 愛そのものを 瓶を壁に叩きつけて 粉々に砕いて 君にキスする 二日酔いによく似た 痛みを引き連れて 訪れる悪魔 人生を 拳銃みたいに引き抜け

Different

歌手
BBHF
歌い出し
太陽に近すぎる 手で隠した日焼けの跡を ぬるま湯のビーチ 破れた浮き輪 ほつれた舌で何かを話そうとしては やめてた 雨雲が見える 向こう岸に こんな時なんて言えばいい? 僕は溺れる魚 君に笑われて " どうかした?" 聞かれても 答えられない 答えようがない 退屈してる 悪くはないよ でも恐れてる すべてが台無しになっていくのを どしゃぶりが僕らを清めだす こんなときに喜んでるよ 僕は歩ける魚 君は驚き どこまでいけるか 僕らは知っていた 従うだけだろ? 生まれ持ったものに 明かりが見える 向こう岸に 君が飛び立つ日が見えたんだ 僕は溺れる魚 君は翼を広げ どこまでいけるか 僕らは知っていた 従うだけだろ? 生まれ持ったものに

Hearts

歌手
BBHF
歌い出し
君のハートに向かうための歩き方 うまくいかない できの悪いステップのよう どうかしている 自分でもそう思う 夜明けから逃げ 待ち続けている 知っていたはずなのに できない事がある あんなに上手く飛べたのに 今は座ったまま 呼吸すらできなくなってしまう前にさぁ立て 取り戻せる 僕らのペースを 君のハートに向かう ためのチケットを 目の前で破られ できの悪いプロットのよう どうにかしなきゃ 君もそう言うだろう 捨て身で飛び降りる 雪の降る街へ わかっていたはずなのに 言えない事がある あんなに綺麗に包んでも 今は湿気った箱 呼吸すらできなくなってしまう前にどうにか喋る 取り戻せる 僕らのペースを

Mirror Mirror

歌手
BBHF
歌い出し
1人目は位置について 2人目に薔薇を渡した 2人目はトゲを抜いて 3人目にキスをする 相互の同意 愛のコミュニケーション 応答は強制 落としたアプリケーション 何人もの目が涙をたたえ僕らを見ている 1人目は位置について 2人目に薔薇を渡した 2人目はトゲを抜いて “続けられない”と言った 1人目は位置について 2人目に薔薇を渡した 2人目はトゲを抜いて――抜いて――抜いて 1人目は位置を外れ 2人目は薔薇を燃やした 2人目は笑い転げて “続けているよ”と言った 1人目はどこかへ行って 2人目は森を燃やした 2人目は涙を拭いて 3人目にキスをする

N30E17

歌手
BBHF
歌い出し
この回転から抜け落ちた時 日常の真ん中 仕事を終えて 日照りと 嵐が交互に それでも走る 南へと 受け入れられない ことばかり 踊りを知らずに 演じていた 浮き沈む 正しさと間違い 僕の居場所は どこに 混乱し続け 壁を殴り 時間を費やし 答えを急く 僕の帰りを もう待たないで 責め立てないで ひきつけないで 氷の張った 暗闇の道をいく 君の涙でまた押し流されて 穴の空いた船を漕いでいた 君が乗る前に 必死になって 夜明けを待たず 出発するよ お前を見捨てて 狂わぬように すべての負債を 後ろに乗せて 南へ下る 南へ下る 生きるために 正気を保つために 人は理性を選ぶんだ 人間性を僕は取り戻す

Siva

歌手
BBHF
歌い出し
君のユーモアは 磨かれたダイヤモンド 君の言葉は一つでも 1億通り その割に脆すぎる姿で 僕の上にのっかる 身体を楽しげにシェイクして 電気を消して 触れ合う 君は言う 暗闇こそが真実なんだ恐れずにみつめて差し出し それ自体に触れてみればいい それでも眠りにつくとき 任せてはいけないあなたを 魂の目を開け続け みつめ つづけ なにも見えなくなるまで ただ闇をみつめて とらえて 問題は山積み 忍び寄る闇の手と 君は簡単に 握手して 僕は驚く 解決しようとはしないくせに 踊るだけ踊って また僕の腕に 戻ってくる 汗ばんだ君の身体に 僕はとっても弱くて そのせいでおかしくなっている 魂の目は曇りなく みつめ続け 君はあらがうことの神様 トラブルをかき集めて 真面目な顔で言う 悲しみこそが真実なんだ恐れずに身につけ着飾り それ自体を楽しめばいい 私が眠りにつくとき 任せてるものなど何もない 心の戸を少し開けて さそい こんで なにも見えなくなるまで ただ重ね合って 抱きあう 暗闇こそが真実なんだ恐れずにみつめて差し出し それ自体に触れてみればいい それでも眠りにつくとき 任せてはいけないあなたを

Torch

歌手
BBHF
歌い出し
開けっ放しのドアを 強く閉じる音で すべては崩れ 出口は塞がれ 君の涙で溺れるの待つ ふたりで取りあう光 踊りあう影を縫って 繋ぎ止めあって 君の冷たさを知った 君の温かさを知った まだ間に合うはず あなたの体温を確かめる 諦めた違いを手を取り合って探る どこ?どこ?どんな形? 肌と肌擦れ合ってる 心の音 開けっ放しの窓辺 ふり積もる雪の音 すべて癒され 元どおりになったと そう思うだけの時間を過ごし ふたりを映す鏡に 塗りたくる問いをぬぐって また見つめあって 君の横顔をみた 君の口の端をみた まだ愛してるの あなたの限りを確かめる 揺り戻す痛みに手を取り合って触れていく どこ?どこ?どんな形? 肌と肌 擦れ合ってる 心の音 君の荷物 僕の荷物 重荷を入れた段ボール この場所で起こったことが 今更特別になって ここからは そう一人で歩かなきゃ 受け入れた終わりと手を取り合って生きる

Wake Up

歌手
BBHF
歌い出し
君のバラの棘をひとつずつ抜く 指先に走る痛みは君の悲しみ 閉じきったベッドルームのタンスに 隠れているお化けみたいな顔して 君が自分を傷つけるのは 誰かに先にそれをさせないため 夜がおとずれ 眠らないで夢をみる Wake Up 窓を開けて Wake Up 僕と抜け出そう Wake Up キーを投げてよこして でかけなきゃ Wake Up 腕の傷を隠すのが上手になっていくね 酔って本音をこぼすフリもオスカー並み なにをそんなに引き寄せてるの? バランスはどこへいったんだ? 夜が明ける 眠らないで店をでよう Wake Up 頬を叩き Wake Up 僕と帰ろう Wake Up キーを投げてよこして 送ってくよ Wake Up 君は本当の姿を知っている そのままでいて思い描いて 覆いかぶさる闇を押し返しながら走れ 壊れたハイヒールを投げつけろ 目を覚まして Wake Up

Work

歌手
BBHF
歌い出し
いつまで経ってもこない 迎えの船を待ってた そして戻った いつもの仕事に 僕の娘も息子も同じだった 仰向けになって 灰の空をみた 額の汗を拭って狂ったように振り下ろす 手を握って 闇を讃えて 君の父と母も一緒だった 繰り返そう 痛みに慣れるまで どんな薬も痛み止めにもならない どうか 僕のそばで このループをずっとみてくれるかい 出口を見つけるその時まで 稼ぎを分け合おう 迎えの船のために 息子も娘も宙を漂うだけ じり貧だった 恵みを待った コンビニの前 君を待った 考えていた ループの先を 祈っていた 自分の全てに 繰り返そう 痛みに慣れるまで どんな薬も痛み止めにもならない どうか 僕のそばで このループをずっとみてくれるかい 出口を見つけるその時まで いつまで経ってもこない 迎えの船を待ってた 光がみえていた 明日も同じ でも多分あれが 出口なんだ

YoHoHiHo

歌手
BBHF
歌い出し
ブランコから靴投げ 水たまりに落としたカード 盗まれたシール 誰がやったのか知ってても どうでもよくなる ゆっくり過ぎてく時間の中 地球を歩く 花に囲まれた藪をおり 進み続けた ハロー 生きるだけで全身が満ち足りてた 過去などなく 未来も見えず それから君と友達になった 簡単だった そして今日も朝から 僕は仕事に向かう Yo Ho Hi Ho 怒鳴って 複雑にからみあった鋼鉄のワイヤーを Yo Ho Hi Ho 背負って 君と 君と 君との関係もあの頃に戻せたら 僕はベイビー 僕はベイビー 何も変わっちゃいないのかも ひっきりなしに靴投げ 死をも恐れぬ無意識 登り続けて 上から見回した違う景色 息を飲む ソーダみたいに弾けていく音がきこえた 君に会うため道をそれて 曲がりつづけた ハロー 笑うだけで心臓が飛び跳ねてた さぁ明日は何をしよう いつしか君と話せなくなった 悲しかった そして今日も朝から 僕は君と喧嘩して Yo Ho Hi Ho 言い合って 複雑にからみあったダイヤ製の留め金を Yo Ho Hi Ho 砕いて 君に 君に 君に謝って面と向かって言わなくちゃ 僕はベイビー 僕はベイビー 変わる時がきたのかも

あこがれ

歌手
BBHF
歌い出し
僕だけに見える合図 思わせぶりな仕草で 霞の中に消えていく 届かぬ想いは冷めてく 眠れない夜数える 素直になればなる程 燃えるような熱でうなされて 狂ったように繰り返す 愛を語る唇ゆがめて 夢をみせて 虚の中を行く 憧れよ 騙ることなく何かを成せると言うなら ひとりぼっちで風を読み ただ見つめるだけでいい 何もない 手札を捨て向かい合うゲームに興じて でもどうか諦めないで そのまま踊り続けて 蛇のように 猫撫で声の愛撫 ゆりかごの中ゆられて そこの店に入ろう 腹を満たし忘れて 眠れない夜数える 壊そうとすればするほど 薄ら寒い幸せ 蜘蛛の巣で 命を自ら削って 愛を語る唇ゆがめて もう言わないで 僕はひとりで行く 憧れよ 失うことで何かを成せると言うなら ひとりぼっちで機を織り ただ重ねあい続けて 誰もない 荒野を死に向かうスピードで飛ばして でもどうか泣かないでいて そのまま目を開けていて 蛇のように 僕だけに見える合図 掻き立てられる仕草で 霞の中に消えていく 届かぬ想いを飲み込み行く 蛇のように

ウクライナ

歌手
BBHF
歌い出し
幼稚感の極み 認めることが出来まい 捻れることはあっても変わることのない河の辿り着く先 見続けているだけだった 血管を通っていく 君の声 君の瞳が 身体中をズタズタにして 毒のように凝固していく血 裏口のドアを叩く女 正面切って駆け寄る少女 屋根裏に横たえたショットガン 地下室の隅で腐った腕も みんな流れの中にあった 電話を壁に投げて 君の頬 髪 口に触れた ソファーに飛び散るピンクを 隣の犬にでもあげてくれ この町は明るすぎる 目が痛い 痛い ずっと 準備は出来ている 家の明かりを全部消して ロウソクに火をつけ君と裸になる あがりきっている 高山病にかかる 数キロ先の店の裏で バンドがバスから飛び出ていく 君の好きな曲はやらない 彼らはやらないよ フロアは煙い 雑なライティング 飛び跳ねる君 そしてバラード 血管を通っていく 君の声 君の瞳が 準備は出来ている 家の明かりを全部消して ロウソクに火をつけ君と裸になる

かけあがって

歌手
BBHF
歌い出し
とつぜん 世界が ごろんと寝返りをうって 燃え盛る穴ぼこに落っこちて 君と離れ離れになって 油ぎった白と黒が 立ち込めている その中で ふと 空を見上げる間 そんなものが ああ 僕にあったとは 気づいてしまった こと メッセージする 手が 回しすぎたコースターみたい 階段の途中 手に持った荷物を そこに下ろせた かけ上がって かけ上がって 屋上にでたら 額に風をぶつけて 間違ってる 間違ってる こんな気持ちは 君に言わなくていい 空を飛ぶ雲になれ ヒーローはいない 次元の壁はこえられない (イメージだよ) 言うのは簡単なのにね 世界中の人が みんな困れば ひとりぼっちはいなくなるはずだった 階段の途中 力尽きたマントの男 僕の顔に似てる かけ上がって かけ上がって ずっと駆け上がれば 楽しくなってくるかも なんだかんだ 僕は結局 続けられてる 君に会えたなら 元どおりになったら

クレヨンミサイル

歌手
BBHF
歌い出し
人は変わる 意図も変わる 最初から知ってる 言葉は枯れ 仮説は霧 覆しつづける 手放せぬ毛布 無垢な処女みたいだ 受け入れず 蹴りもつけず 足を閉じていて 夜の公園のアイボリータイル 落書きとしけた花火 クレヨン型のミサイルのてっぺんで かわされる愛撫 さぁ もう 君は飛べる 楽しいこと考えている 子供のままでいる ほどに増してく快感のこと 知ってる 首を横に振り続け 恐れない 痛みを知らずにいるから 君は変わり 意図も変わり 最初には戻れず 言葉を切り 仮説をやめ 現実をみつめて 買い換えた毛布 無垢な処女みたいだ 受け入れて 蹴りをつけても 足は閉じていた 夜の公園の棒立ちランプ 菓子箱と小人の靴下 クレヨン型のミサイルのてっぺんで 操縦している さぁ もう 君は飛べる 楽しいこと考えてる 子供のままでいる ほどに増してく違和感のこと 知ってる 首を縦に振り続け 恐れる 痛みを覚えているから 夜の公園で話そうよ 楽しいこと思い出して クレヨン型のミサイルと さぁ ほら 君は飛べる 楽しいこと考えてる 子供のままでいる 君がいちばん最初に大人になってた 首を横に振り続け 泣いてた 泣いてた さぁ もう 君は飛べる 楽しいこと考えてる 子供のままでいる ほどに増してく快感のこと 教えて 誰にも言わずにいるから さぁ もう 君は飛べる 楽しいこと 考えてる

サラブレッド

歌手
BBHF
歌い出し
どうせ最後には恋に落ちて 魂を売る 自由があっても 僕らには時間がない そこいら中で抱きしめあってる猫たちの茂みに 火を付ける ヤツもでてくる 「なあ置いていかないでくれ」 この渋滞の最後尾で 泣いてる声がする それが合図になって 綺麗にみんなスピードをあげた 急げ急げ前に駆けろ 誰かの背に鞭を打て サディストもマゾヒストもサラブレッドみたいに崖っぷちで 歩みを止めずに愛しあえ ここまで来たと振り向くな 荒野の先の墓で 横たわり眠れる その時まで 僕ら痛みを誤魔化すことに人生を捧げて 残された 味気のない骨 しゃぶり尽くして 奪いあって くたびれて空を仰ぎ 気が遠くなるよほんとに 「なあ喋りかけないでくれ」 生きる理由を言葉にはしない方がいい それは姿をかえて 死神となり追いかけてくるから 急げ急げ前に駆けろ 偽の希望を前に吊るせ リアリストもニヒリストも同じ海を見下ろす崖っぷちで 歩みを止めずに死んでいく 倒れた誰かに振り向くな 生きたってラインを踏み ゴールテープ切る その時まで 吐いたぶんだけ 吸っているのは 誰かが吸って 吐いた 悲鳴にも似た輝き せめて味わおう 甘くても苦くても 最後には皆同じ 真ん中にありつけるだろう 急げ急げ前に駆けろ このルートは永遠じゃない 急げ急げ前に駆けろ さぁ俺の背に鞭を打て メダリストもディフィティストも測りきれない空のもとで 歩みを止めずに競いあえ 勝ち負けはわからないさ 世界の果てを超えて 酒を飲み交わす その時まで

シェイク

歌手
BBHF
歌い出し
ほどけかけた筏に乗り 膝を折って向かい合って 少し笑って 僕らが交わす誓い やぶれないように帆を畳む 腕を伸ばして 君に触れる 僕に触れて 指が絡む ツイスターじみた動き 僕の場所 君の場所 そのリズムの中で 僕らはシェイクしていた 真っ暗にしよう あかりは1つもいらない 暖かさだけで 君の心まで辿り着ける ちいさな涙でできた大海原をこえて 世界中をみてきた そのリズムの中で 僕らはシェイクしていたんだ 生きることで乾いていく 水を飲んで 残りちょっと ぜんぶこぼして 急に降り注ぐ雨 君の涙が戻ってくる 押していけば 押し戻され 反響する 地の果てまで 振り子のような動き 天の秩序の音 そのリズムの中で 僕らはシェイクしていた 真っ暗にしよう 闇の中手をかざしたら この寒さだけで 君の心まで辿り着ける ちいさな涙がおこした大嵐をこえて 世界中をみていく このリズムの中で 僕らはシェイクしていくんだ ばらばらになったものに しがみついて流されて 少し疲れて 僕らは声をかけあう 日の沈む場所でいつか会える

シンプル

歌手
BBHF
歌い出し
“わかってないね”って そう言われても 僕は何にも感じない 言わない事を察しろってさ じゃあ僕が何を考えてるか当ててみてよ 求められても 求めちゃいけない 引けば引いたで情けないやつ呼ばわり ほらネットの海に 垂れ流せば? 泣きながら笑うクソムカつく あの絵文字付きで 認めてもらえよ 満たされない 心の重みについて 君が思ってるより 僕らはずっとシンプル 君が思ってるより 僕の理由はシンプル 君が眠ってる間 僕はずっと考える どうすれば君に説明 できるのかを探すよ “わかってないね”って そう言われても 僕は何にも感じない 遠い誰かのこと聞いてってさ 目の前の僕の話すら聞いてくれないのに? 求められても 求めちゃいけない 君に必要なのは相槌と愚痴のごみ箱 ほらネットの海に 打ち上げれば? 手を広げ笑うクソムカつく あの絵文字付きで 抱きしめてもらえよ 満たされない 心の重みについて 君が思ってるより 僕らはずっとシンプル 君が思ってるより 僕の気持ちはシンプル 君が泣いている間 僕はずっと考える 大好きな君を何が 泣かすのかを探すよ 君が思ってるより 僕らはずっとシンプル 君が思ってるより 僕の理由はシンプル 君が笑ってる間 僕はずっと考える どうすれば君がずっと そうやっていられるのかってこと ずーっと

だいすき

歌手
BBHF
歌い出し
君からの返信を待っている 自尊心だけが膨らみ 真っ白な壁を汚す 映らぬ鏡を睨め回して 不安の波をクルーズ 反転する日の光を浴びて ログインボーナス ぐっとこない 分かりやすいメッセージを望む どうしたんだ??????? 不安の波をクルーズ 反転する日の光を 混乱の中で凝視する 分かりやすいメッセージを望む 不安の波をクルーズ 分かりやすいメッセージを望む 君の言う“ぬくもり”はすぐに去って 分かりやすいメッセージを望む

ダッシュボード

歌手
BBHF
歌い出し
何度も殴りつける 漆喰の壁を 血のでない皮膚は枯れ果て 俺は急がなきゃいけないんだ どうにかこの分離帯を抜ければ 何かが変わっていくだろう 止められないスピードまで上げていく 君は言う"ただ羽を伸ばして"と 狂えない頭 抱えて 俺は急がなきゃいけないんだ 遠くの方 そびえる塔 泥の橋 何かが変わっていくだろう 止めないでくれ 何かが変わっていくだろう 止められないスピードまで上げていく

どうなるのかな

歌手
BBHF
歌い出し
雨に濡れた天気だった その中を肩をいからせ歩いた 句読点のない君の話をずっと聞いてた だれかれ構わず殴っていく もちろんアタマの中だけで 現実は虫も殺せない 謝ってばかり 俺はいったいなんなんだ それで君は何を言ってるんだ? 明後日のことを考える ねぇ 聞いてるの?って君は怒りだす そんな風に回る観覧車から ネジを一本だけくすねるんだ なんてこった すべてが転がっていく 僕も君も まるでそれを待っていたみたい なんでこんな 大人になれないのかな いまここで君をぶん殴ったら どうなるのかな ねぇ どうなるのかな 雨に濡れた負け犬だった 自分の価値を下げながら歩いた 甘い煙と君の身体をずっと吸ってた だれかれ構わず抱きしめて みんな愛してると酔いどれ叫んだ 現実は目配せをする 風見鶏ばかり あぁまた風が吹いている それで結局みんな飛んでいくんだ 俺が俺に向き合うと 一人ずつ席を外してった 目の血走ったジェットコースターから 腕を振り回し笑うんだ なんてこった すべてが過ぎ去っていく 僕も君も 目を回す方が好きなんだ なんでこんな 大人になれないのかな いまここで身を投げだしたら どうなるのかな ねぇ どうなるのかな 自家発電のけちな俺ランドは 金切声をあげて崩壊する そんな風に終わる夏の空から 青を一色だけ飲み込んだ なんてこった すべてが死に向かっていく 僕も君も 目をまるくして見惚れていた なんでこんな 見失ってばっかりなんだろう いまここで 空をぶん殴ってる (どうなるのかな) なんてこった すべてが転がっていく 僕も君も 絶対それを待ってたよな なんでこんな 大人になれないのかな 今ここで それを歌ってみたらどうなるのかな ねぇ どうなるのかな

とけない魔法

歌手
BBHF
歌い出し
あきらめのドリンクバー 並んでいるのは君のためだった 手をぽんとたたいて はい、このショーはおしまい 人形をしまって 糸を切ってみても まだとけない魔法 あなたと 気づかないで とけない魔法 そのまま ひとつずつ 飽きがきて 輝きを失って 言葉をなくす 手をぎゅっと握って 綴りを思い出して 何度でも言わせて 糸が切られても まだとけない魔法 あなたと タネあかしても とけない魔法 そのまま 腕をあげて さぁショーを続けよう またライトをあびて 顔をみせてくれ 手品なんかじゃないんだ 僕らは知ってる そのスペルを とけない魔法そのまま まだとけない魔法 あなたと 気づかないで とけない魔法 そのまま

なにもしらない

歌手
BBHF
歌い出し
美しい花をみて 震えることがあれば わかるはずだ この痛みの捉え方も ふさわしいことなんて 何一つなかった わかるはずだ 君が選んだことが 顔をあげてみて 見えるものを見て マインドの中を消去して 歪んだキャンバスを捨て去って 何度も 言い続けて 僕らは何にもしらない 何にも知らない そこで居場所を描いて 戸惑っている 涙を流せば 傷は濡れる わからないことは愛の掟だって 言えばいい 見えるのなら 腕を縛り 嵐に備える 考えるよりすっと 感じれるようありたい 今までずっと 組み伏せてた両手を叩け 顔を見せてくれ 確かなことがある マインドの中にひっかかって 広げたキャンバスにこぼれだして 大きく 声をあげた 僕らは何にもしらない 何にも知らない ここで理想を描いて ぐちゃぐちゃになって 涙を流せば 土は濡れる わからないことが花になれば それでいい 見えるのなら 君を振り返り はじめて愛せる 何にもしらない 戸惑っている 愛の掟だって

バック

歌手
BBHF
歌い出し
バックシートに座って 歌って 歌って 光の糸を目で追った 眠っては覚めて 迫り来るペイデイ 来たる冬へ駒を進め とんだ災難が斧を振り下ろす 僕らの王国に守り人は誰もいない たった1台の希望があるんだ バックしてもう一度バックして 僕と君の間違いを探す それから場違いな服を選ぶ グッドラックしてボリュームをアップして アクセルをべた踏む前に 例え話をしよう ついに迎えるペイデイ 逃れられないその定め とんだ運命が槌を振り下ろす 僕らの王国に 裁き人は誰もいない たった2人でずっとやってきただろ バックしてもう一度バックして 僕と君の間違いを探す それから場違いな服を選ぶ グッドラックしてボリュームをアップして アクセルをべた踏む前に 例え話をしよう バックしてもう一度バックして 僕と君の決断を下す それから場違いな歌をうたう 抱きしめてくれ もう一度キスしてくれ アクセルをベタ踏んだ後に そのまま突っ走れるように

バックファイア

歌手
BBHF
歌い出し
僕がいて君もいて 言葉にする余裕はないけど この街も明日も コンクリートの壁も 夢をついだグラスも みんなを酔わせるだけだった 僕らは あのバンドに夢中で 夢を追いかけて 生きていた 消えたいことも あったけど 息をすることで 忘れていた 今燃える夜の中で 光を超えて走っていける 君の髪が天の川と同じ方角へと流れていく 置いてくなよって友達の声も 楽しめよって心の声も 僕らの後ろ側で 音をたてて 花火になる なにもしらないままで なにもしらないままで いれたらいいのに いれたらいいのに そしてぜんぶわかった気になって 僕らぜんぶわかった気になって はしゃいだような火花だけを残して どこまでもいける 僕がいなくなってもずっと 時間は容赦なく削り取ってく あの街と記憶を 落書きだらけの壁も 投げつけて割ったグラスも 宝石のように磨かれた いまでもあのバンドに夢中なの? 夢を追いかけて 生きてるの? 今よりずいぶん泣き虫だったけど 息をするように希望を吐いてた 今燃える夜の中で 思い出の魔法がとけてく 君の髪が過去の方へ 永遠へと流れていく 老いてく肌と 変わらない声も 静かになった心の声も おだったような火花だけをみつめて ここにいるんだろう あぁ今日は君に会えてよかった 夕日で真っ赤に燃えている あの頃とおんなじ道をいく 僕らをここに置いてった 走り去っていく赤い車に みんな乗って 今燃える夜の中で ふざけて叫ぶ声が響く 君の髪が笑うたびに波打つように流れていく 見惚れる僕をちゃかしていた声も このままでって心の声も 僕らの後ろ側で 照らしだす 今燃える夜の中で 最後の輝きをみてる 君の髪が明日の方へ 1秒先へと溶け込んでいく 置いてくなよって僕がいう声も 終わりだねってあなたの声も この音に飲み込まれて 爆ぜてしまう 花火になる なにもしらないままで なにもしらないままで いれなかったな いれなかったな そしてぜんぶなくした気になって 僕らぜんぶなくした気になって おっことした火花をまだ探して そこにいるんだろう ねぇ どこまでいける

フリントストーン

歌手
BBHF
歌い出し
誤ちに気づいたとき 大体が手遅れ 壁は穴だらけ ドアにはチェーン 火は放たれ そして結局は 窓から飛び降りるしかなくなるんだ 無事を祈って 空中を闊歩 カートゥーンみたいにたたらを踏む ハンカチを振って 涙を流してもうあとはずっと真っ逆さま 自分を嫌いに なってしまう前に ボロボロになった 自分を捨てるよ 無事を祈って空中を闊歩 引きずられても上昇する凧揚げになる そんな関係でいられるのはごくはじめだけ そして結局は 僕らが飛び降りるしかなくなるんだ 無事を祈って 空中を闊歩 カートゥーンみたいにたたらを踏む ハンカチを振って 涙を流してそうあとはずっと真っ逆さま 自分を嫌いに なってしまう前に ボロボロになった 自分を捨てるよ 無事を祈って空中を闊歩 たたらを踏んで バカみたいな音をたてて 石器時代の車を漕いでた 漕いでたんだ あとはずっと真っ逆さま 自分を失い 死ぬまでずっとババを引き続ける そんなのはごめん ハンカチを振って 別れを惜しんで あとはずっと真っ逆さま 無事を祈って 空中を闊歩 カートゥーンみたいにたたらを踏む ハンカチを振って 涙を流してもうあとはずっと真っ逆さま 自分を嫌いに なってしまう前に ボロボロになった 自分を捨てるよ 無事を祈って空中を闊歩

ページ

歌手
BBHF
歌い出し
ページの外 惨めな墓所 治せぬ箇所 君のへやにある セロテープでふたをした タクシーを降り 丘を下って 野原を焼き 君の部屋のドア ノブをなんどもいじる また雨の中 立っているのかい 冷えた脚をぼくの手に乗せ ぼんやりとした答えを見つけ そいつの墓をぼくらで掘ろう 君の隣 ベッドの端 いやせぬ箇所 そばにいながらも 心は抜け出ていた ずぶ濡れになったあの日の夜 それと同じ いまは更に酷い 凍えきっているよ また雨の中 立っているのかい あなたの手を僕の手にのせ 恍惚とした答えを抱いて あなたと墓に横たえるんだ

ホームラン

歌手
BBHF
歌い出し
ホームラン級のバカを 繰り返してた 打ち上げまくってた この二つの目は夜空の向こうに 釘付けで 他のことはどうでもよかった バックパックに余計なもの入れてこうよ 若草を踏みつけて 誰だってきっと輝いて スポットライトだらけになって いたるところで 横になって 空を見上げて考えてる どこまでもずっと考えている ボールのことを それを上から見下ろす神様と 怪訝な表情の太陽と 月の裏側から目を細める宇宙のパイロットも 誰だってきっと輝いて スポットライトだらけになって ほんとバカだよね こんなにせまい地球で 迷子になって 散々だった あの無数の光は一人で打ち上げた 衛星なんだ でも僕の位置は分からなかった 夜になるとさ 空を見上げてしまう いつまでもあのままで 誰だってきっと輝いて スポットライトだらけになって いたるところで 意地になって 空を見上げて考えてる どこまでもずっと考えている ボールのことを 中央線をループする中で 君に電話をかけようとするけど この街から見える光が眩しすぎるから 誰だってきっと輝いてる スポットライトだらけになってる それは今でも 変わらないのに 空を見上げて考えてる どこまでもずっと考えている ホームランのことを 誰だってきっと輝いて スポットライトだらけになって 陰を探して 倒れ込んで 空を見上げて考えてる どこまでもずっと考えている ほんと好きだよね それを過去から見通す神様と 牙を見せ笑う死神と 月の裏側で仕事を続けるあの日のパイロットも 誰だってきっと輝いて くそスポットライトだらけになって ほんと完全だよな

ライカ

歌手
BBHF
関連作
アニメ「BORUTO-ボルト--NARUTO NEXT GENERATIONS-」ED 6
歌い出し
弱みは見せるまい うだつの上がらない日々 そのもの 君は涙を飲みすぎてる 重たくなってる瞼 自尊心 その他 落とさぬように見開いて 曖昧にしよう この線と線を 毎晩生まれ変われたら 何一つないよ 何も残さない 足枷を付けたまま行く この戦いの意味は? 答えの出ない毎日 それでも 君の涙の中で泳ぐ 近づいてるって わかる 動機 後悔 混ざらぬように背負いこんで 曖昧にしよう 地上の線の上 毎段飛ばし登れたら 何一つないよ 支えるものもない バランスを崩しながらでも 行こう 操縦桿をへし折った コントロールできないよ 何百マイル先をずっと見つめ続けて 毎晩生まれ変わるよ 考えるより先に次の僕へ

リテイク

歌手
BBHF
歌い出し
毎週日曜は君と過ごすと決めた こだわりの強い2人の計画 突然の不機嫌 ぎこちないリテイク いまだに緊張してしまうけれど それがいい それがいい ここにいて ここにいて 君だけは許してくれる いかないで いかないで 僕だけが 僕だけが 君に優しくあれる 今日は君に約束した指輪を買う あそこのカルティエに帰りに寄る チョコレートも買う 手紙も書く やっぱり未だに緊張するよ 君にひどいことをたくさん言った 君に傷つけられて狂いそうにもなった それでも 2人は 言い合える それがいい それがいい ここにいて ここにいて 君だけが許してくれる いかないで いかないで 僕だけが 僕だけが 君に優しくあれる なんでなのか わからないよ きっと君も同じように理解せず ただ “愛せるか?” いつだって それなんだ これはラブソング 3ヴァースの コーラスでピッチを外しても それがいい それがいい 僕らは何度もリテイクする それがいい それがいい ここにいて ここにいて 君だけは許してくれる いかないで いかないで 僕だけは 僕だけは 狂わずに立ってみせる それがいい それがいい ここにいるよ ここにいるよ 君だけは許してくれる いかないで いかないで リテイク リテイク 何度でも歌わせて

リビドー

歌手
BBHF
歌い出し
そう 言うならばリビドー 持ち合わせた性を 飼い慣らして ゲームの席に座る 君からの電話を 聞いた後のメッセージ 終わったはずの チャンスだった 君との待ち合わせに 遅れたのは迷いがあったから アクシデント 予約の店がいっぱい スマホを2人していじる 君が言うなら黄色 まずは店に入ろう 何を飲もうかな 目配せをして確かめ合う 君が言うなら黄色 まずは乾杯しようよ 何を言うべきか 舌がもつれる寸前でも 喋ろう!喋ろう…(見つめあって) 喋ろう!喋ろう…(だまらないで) 君が言わない青は 大いなる価値そのもの 何を飲もうかな 目配せをして そう 詰め寄るだけでは お互い分からず 突き放して 限界を探り合って 君からのカードを引いた後のメッセージ こうなるはずじゃないと焦ればいい うんざり そんな風に 駆け引きするの好きじゃないんだ いつだって 君の話題で一杯 スマホを膝の上でいじる 君が言うなら黄色 席を外れ数分 鏡の中へと 目配せをして確かめ合う 君が言うならいいよ まずは乾杯しようよ 分かり合えるか 足がもつれる寸前でも 喋ろう!喋ろう…(向かい合って) 喋ろう!喋ろう…(一歩ひいて) 君が知らない色は 僕だけの価値そのもの 何を飲もうかな 目配せをして 君が言わない青は 君が知らない色は

レプリカント

歌手
BBHF
歌い出し
そんなに車を叩かないで ちょっと待ってて コンピュータがいかれてる ネオンサイン ホテルのサイン 名前はどうせ嘘だろう 僕は泳げない でも本当は泳げるんだ 愛の濁流 怒鳴り声 君の化粧箱 君の友達 鏡には映らない 映せない 数ヶ月目 数えるのをやめた 君は僕を冷たい心臓の持ち主と言う (冷たい心臓 イラつく) 僕の表情が変化しないのは (追いかけてきてよ 最後まで) 君のしたい駆け引きに何も感じないから ピンクの星 くだらない嘘 バグってるんだ とっくの前に 切るべきコードを間違ったって感じだ そんなに車を叩かないで ちょっと待ってて コンピュータがいかれてる 君のサイン 後出しの愛 答えはどうせ×だろ あなたは泳げない いや本当は泳げるんだ 風化する肌 耳に触る声 君の欲しいもの 僕の友達 鏡にも映ってた 抱えてた ピンクの星 凍りつく夜 ラグってるんだ とっくの前に着るべきコートを間違ったって感じだ ピンクの星 流れ着いた嘘 あがってるんだとっくの前に 引くべきゲームにこだわってたって だけだ そんなに車を叩かないで コンピュータがいかれてる

ロックフェス

歌手
BBHF
歌い出し
前に見た 前に聴いた 前に言った 見飽きた 聞き飽きた 言うのも もううんざり だった 考えをまとめさせて 移り変わり繰り返す 口論 愛の応酬 失速していく 君のスピードと反比例 "こんなバンド前にもいなかったっけ " ボリュームを落として 会いにいこう 会いにいこう 君の友達に ハイウェイを 下っていく 何度でも 何度でも アルバムをかけよう そこのケースをとってくれ (中身は見ちゃダメ) 神秘性が薄れて 霧が晴れていくのを 心から残念に思ってたよ あれお気に召さない? じゃあ捨てればいい 紙吹雪みたいにして まいてくれよ 歳を重ねても 13歳の文才 "なんか心に刺さってこないのよね" 指を滑らせて こぼれたハート拾う "で結局このバンドなんて名前なの?" ボリュームを上げて 会いにいこう 会いにいこう 君の友達に ハイウェイを 下っていく 何度でも 何度でも アルバムを覚えよう そこのケースをとってくれ (中身は見ちゃダメ) 神秘性が薄れて 霧が晴れていくのを 心から残念に思ってた テントと明かり 押し付けがましい喧騒へと 会いにいこう 会いにいこう 君の恋人に ハイウェイを抜け出て 何度でも 何度でも アルバムをかけたかった そこのケースをとってくれ (中身は見ちゃダメ) 神秘性が薄れて 霧が晴れていくのを 心から残念に思ってたよ

僕らの生活

歌手
BBHF
歌い出し
僕らが見つけた 冷蔵庫のドア 間延びした夢 消せない日々の匂い 取っ手の取れた愛からこぼれた情に 湧いた虫は翼でどこかへ飛んでいって 幸せになる うつくしき僕らの生活 仲間たち 焦らされ せつかれて 喜びを分かち合える いとしいひと カラオケにいこう! 穴埋めにいこう あんまりにも平坦すぎて どこなのかもわからん道を 走る 走る 消し炭になるまでの一瞬の瞬き 見せつけあっていたよ 悲しい重ね合いで 二度と戻らぬように蓋した感情 このままでもいいのか 問いただすより僕らは 癒してほしい うつくしき僕らの生活 子供たち 認め合って 慰めあって 喜びを分かち合える いとしいひと カラオケにいこう! 穴埋めにいこう あんまりにも優しすぎて どうなのかもわからんままで 走る 走る

南下する青年

歌手
BBHF
歌い出し
継続、耐えること、関係、やりとり。 日が昇って沈むように 感情は回転していく。 まるで数枚のフィルムを小さなレンズから覗き込む、チープなおもちゃのように。 次の絵…次の絵…そしてまた次の絵。 答え合わせの時間もなく、挨拶みたいに飛び交う複雑な問いに、俺たちは曖昧で幼稚な答えをだしてきた。 君から何度もかかってきている電話にでないのは、べつに怒ってるからじゃないんだ。 言葉を…見つけられないから。 時々わからなくなる、たぶん君がわからないように。 もう何時間も走り続けている。心地よい空虚。 愛してるよ。 それは確かなんだ。 だから…続けるんだ。

友達へ

歌手
BBHF
歌い出し
午前2時半 電話を掛けた 君に言うことはくだらないことの後付けでよかった 興味ない話題も 僕らは魔法で 心に刻む会話に変えた 特別すぎた 少しの変化なら 上手くかわせたけど 上に登ってくほど 君は変わっていった 気にしないよ なぜならフレンズ 僕だけが知ってるんだ 君の骨の色 いつだったけ飛んでったチャンス燃やして 車を走らせ 失敗を重ねて 楽しかった 夜通し騒いで若さを燃やして 虚ろな理由に熱い乾杯をして 楽しかった 午後2時半 代償のハングオーバー 嬉しい報せをくだらないことに混ぜ込み君は言う “そういえば 言ってないね この前婚約したよ 美しい素晴らしい人と” 君の骨の色 いつだったけしくじった日々笑って 街中まわって あの丘に 寝転がって 楽しかった 夜通し語って Tシャツを脱ぎ捨て 限りある自由に熱い乾杯をして 楽しかった

君はさせてくれる

歌手
BBHF
歌い出し
黄金の輝きの中で 君が振り返るたびに言葉を失う この一瞬をなんて呼ぶのか さぁ今すぐベッドにもぐりこんで ロマンスはきっと (キザじゃない僕らにも) 降り注ぐはず そんな気に 君はさせてくれる 悪いことをしてると感じても あぁ君とならそれすら美しくて(だめだ) みくびられてた (日陰に居続けて) ほんとうの自分 そんな気に 君はさせてくれる 君の隣で目覚める時 ああどうか終わらないで ずっとこうやって生きていたいって そんな気に 君はさせてくれる

夏の光

歌手
BBHF
歌い出し
思い通り君は いかないから 腕を傷つけバラを描いた 嘘をついたね ほんとはすこし 楽しかったはずだ 雲の切れ間から一瞬だけ 差し込む笑み いともたやすく自我は崩れ 後悔をむさぼり私は 世界のせいにしていった 嘘をついたね あなたがそう言うたび 胸は傷つき 花開いた 散りゆく感情を浮かべる 川の冷たさ 夏のむかつき 雲の切れ間から 一瞬だけ差し込む光

夕日

歌手
BBHF
歌い出し
うつむかずにいて 手放したものを見て 昇ってゆけば いつかは落ちていく 受け止めてみるよ やってきたすべてのこと 安い薬で 僕らは落ちていく

太陽

歌手
BBHF
歌い出し
ススキ畑に横たわり 親の目を盗んではする 生かしたり殺したり 気まぐれ 気紛れに できるんだ 僕らは太陽 だってさ はだしの体温 氷河を溶かして 落ち着けないよ だってさ ここにいれないよ ずっとは ぶつけて欠けた月の石 暗がりで碧く光ってる ススキ畑のすぐ隣 高速道路の騒音で 歌ったり踊ったり したいね いつだって できるんだ 僕らは太陽 だってさ はだしの痛みで 涙を流す 僕らは太陽 だってさ 前の時代の 氷河を溶かして みつけて

愛を忘れないで

歌手
BBHF
歌い出し
君はなぜ そこに突っ立ってるの なぜこっちをみて 泣いてるの 僕はなぜ ここに突っ立ってるの なぜそっちをみると 僕は笑えるんだろう 雨が降って傘をさして 晴れたらすぐに傘をたたんで 俯いたら また上を見上げて 反対側にいくよ すれ違いざまにハイタッチしよう 釣り合うかな?って 僕らは向かいあって 真っ直ぐ君をみるよ 最終的にはひとつになるの かな それって君はどう思う 愛を忘れないでと 僕はただそう想う 街はなぜ 価値を決めるんだろう なぜ心の熱に 嘘をつかせるんだろう 人はなぜ 愛をみつけるんだろう なぜそれをみると 僕は泣けてくるんだろう 線をひいて間違い探し 天秤の上で独りになって 凍えるなら 僕は走り出すのさ 反対側にいくよ すれ違いざまにハイタッチしよう 笑ってるかな?って 僕らは見つめあって 真っ直ぐ君に触れるよ 天秤じゃなくシーソーなんだよ なあ それって君はどう思う 愛を忘れないでと 僕はただそう想う 君はなぜ あたたかいんだろう なぜ僕の傍で 眠ってくれるの 僕はなぜ 生きているんだろう なぜ君といると そう感じるんだろう 雨が降ってびしょ濡れになって ふたりそろって風邪をこじらせて 元気になったら また上を見上げて 反対側にいくよ すれ違いざまにハイタッチしよう 何億万回でも 僕らは認めあって 真っ直ぐ君をみるよ 最終的にはふたつであっても いい それって君はどう思う 愛を忘れないでと 僕はただそう想う 愛を忘れないでと 僕はただそう想う

月の靴

歌手
BBHF
歌い出し
ドアを開けて外にでる 向こう側からきこえる 歌を聞いて 月の上を歩くように 浮き足立つ 僕の 永い永い 暗闇の道路を この目でみる 酒を空けて 続けてくれよ

次の火

歌手
BBHF
歌い出し
簡単だった軽く押すだけ 悪夢は覚め あとは間違いを後悔しないようにして来た 身を伏せて 身を伏せて 身を伏せて 弦を鳴らすと悪魔が死んでいった 絵筆を振るうと息ができた 夢を見るなって言われても そんなことができる人間なんていないだろ? きっと出来るきっと出来る さぁ火をつけろ 最初はロウソクの火だった 今 嵐の真っ只中 息も絶え絶えでかばっている 手のひらで 重ね合って やけどしても 簡単だった引き金を引く 飛び交う弾丸 そこらじゅう跳ねかえり火花をちらす そのたび目がくらんで ビジョンが見える ぶつかりあって 形をかえ 磨かれていく 痛みと共に 受け入れないで 戦い続ける さぁ火をつけろ 世界に嘘をつくな まだ 価値のないダイアモンド 勝ち目のない取引をしよう つよがりを 掲げあって イメージする 描いている 形にならないと笑われても 現象のように生きてく 僕はそうするよ 巨大な雨雲のよう さぁ火をつけろ 最初はロウソクの火だった 今!! 足跡は燃え上がって 価値のある道になった 次の1歩 次のビジョン 次の痛み 簡単だったここに来るのは そう呟き あとは振り返らないで先をみていた そしてまた火をつける 火をつける 火をつける

死神

歌手
BBHF
歌い出し
まだどうにか立ってる 僕らは誰かのために 真っ赤なマタドールのように 感情と向き合う もう腕を下ろせよ 誰かがたった今 叫んでいる したたる僕の弱さを 自分で拭くしかない だいたい いつも なぜこんなに必死なんだ 狂気じみたスピードで僕を 笑いながら殺しにくる 死神を横にさっと避けて 見つめあって 生きている さぁこい やってみろ 僕はここにいる ずっとお前だけといる 音楽が鳴って さらにヒートアップして それは踊りに近づいていく 死神を横にさっと避けて 見つめあって 生きている どうにか君と 新しい朝を迎える 狂ったマタドールのように 不敵に笑って もう見ていられないと 誰かがさっと目を覆っている いや これこそが喜劇の 道化の見せ場 だいたい いつも なぜこんなに暗いんだ タイミング無視のスポットライトが 僕の後をついて回る 死神を横にさっと避けて 見つめあって 笑いをとる さぁこい やってみろ 僕はここにいる 拍手が鳴り止まない 音楽が止んで 静寂が瞬いて それがピークへと近づいていく 死神を横にさっと避けて 見つめあって 生きている

水面を叩け

歌手
BBHF
歌い出し
低いところを滑るように 影から逃げる陽のように 頭を下げて飛行する やりすぎることを良しとしない 監視者の目を 欺き続け 力を蓄え 飛翔に備える 凍てつく波が 膝をくすぐるけれど まだ 俺は笑わない 泳ぐために 飛び込み水面を叩け 骨が砕けるくらい 何も聞こえなくなるよ あんたの声も届かない 飛び込み水面をもがけ 足のつかない場所で まるで踊っているように 無心でこの手を振ってるんだ この目の前を 明日の泥舟がゆっくりゆっくり横切るけど 飛び込み水面を叩け 骨が砕けるくらい 何も聞こえなくなるよ 止められるやつはだれもいない 黄金を守る竜のように 片目をあけて眠っている 目覚める時をじっと待つ 自分の心の声を聞いて あざける笑い 値踏みする声 すべて受け入れ 飛び去る稲妻 冗談だろって 肩を叩かれたけど んん 俺は笑わない 息を吸って 僕の後ろ手を 昨日の泥舟がゆっくりゆっくり崩れ落ちていく 構わず水面を叩け 命が尽きるくらい まるで歌っているように 呼吸を繰り返し回していく 飛び込み水面を叩け 水が燃え上がるくらい 何も聞こえなくなるよ 自分の鼓動の音以外

流氷

歌手
BBHF
歌い出し
氷の上にいる 安物の アイスキャンディー 急速に消える それは興味 僕らへの興味 節くれた木々に 押し潰されて 利己的な愛情 押し付けられて もう教え込まれた クソ我慢も 限界なんだ 手に触れて 手に触れて 手に触れて 気が触れる 寸前の一瞬 僕らの目はお互いをみる ひとりで頭を抱えないで お互いをみて 僕らをみて 僕に触れて 僕らをみて君に触れて 観測し続けていて 目を開け続けていて 僕をみて 僕らをみて 着地させてくれ ここにいさせてくれ 一度きりのタッチ 使わないアプリを まとめて消し去る それは快楽 捨て去ることへの 君が消える 寸前の一瞬 僕らの目は光をみる それでもあなたは壊れないで 俺の目をみて そうだよみて 君に触れて 僕らをみて君に触れて 観測し続けていて 目を開け続けていて 僕をみて 僕らをみて 俺にさせてくれ 君といさせてくれ 氷の上にいる それは興味 僕らへの興味

涙の階段

歌手
BBHF
歌い出し
また間違い 遠ざかる 7通りの通路で横になる 恐らく今日も あなたを泣かせ 自分を疑って みつめて 喋って 謝って 諦め 黙って またみつめ それでも此処にいる そうしたいから あなたの涙で 作られた透明の 階段を登る 屈折して反射を くりかえしていく 心の扉を 眼差しで二度 ノックする トラウマの間を すり抜けて 真白な廊下を進む 風を切り 陽の落ちる ハイウェイ ハイウェイを 砕け散ったガラスみたいに 無駄にキラキラして 止まって 喋って 道を変えて 思いつき 黙って 考え込む そうやって此処にいる そうしたいかな あなたの涙で 作られた透明の 階段を登る 屈折して反射を くりかえしていく 心の扉を 眼差しで二度 ノックする トラウマの間を すり抜けて 真白な廊下を進む

疲れてく

歌手
BBHF
歌い出し
自由になれる瞬間 どん底に突き落とされる瞬間 いつだって目を見張って 向き合い続けてた 僕が楽しそうなのは 簡単なことじゃないよ 自分自身の心を どうにか一色にとどめてる 優しい君が好きだった 君といる自分自身のことも でもすべてが変化していく それ自体 僕だって気づいていたんだ でもわからない 愛するほど 君がわからないように 僕もわからない 愛するほど 疲れていく それでも僕らは 君の振り回すハンマーで 壁が壊れていく瞬間 向こう側から 木漏れ日を二人で浴びた でも今はただの凶器 僕の感情を打ち砕き 自分すら傷つけて 闇の奥へと逃げ込んで 変わったのは僕じゃない 変えたのは君でもなくて そしてすべてが転がっていく それ自体君だって楽しんでたんだ でもなおせない 愛するほど 君がなおせないように 僕もわからない 愛するほど 疲れていく 僕もわからない 愛するほど 君がわからないように 僕もわからない 愛するほど 君といる自分自身のこと 僕といる君自身のこと

真夜中のダンス

歌手
BBHF
歌い出し
終電を逃して 今更気づいたのは 独りぼっちでいることがこれほどに 心の静けさと 溶けあう 音楽をひとり聴こう 君にメッセージを書き始めては 消して 悩むんだ 僕がこうやって楽しめるのは ひとえに 君のおかげなんだ ほんの少し日が昇る 顔を出した朝の匂い 残った酔いに愛を思う 室外機の森でステップを踏む 心の中だけのダンス 今すぐ君だけの拍手を浴びたい そうさ 浮かれてるんだ 君の待つ家まですこし 足早になる 想像より遠く 僕らの家の場所 なんども帰る場所 決めたのはいくつかの日当たりと このダンスを踊れる広さと 音楽の趣味の違う 君に踊ってほしい曲はたぶん ずっと 悩むんだ 君の動きを受け止めるのは ひとえに 愛の力なんだ まだ少し夜が残り 燃え始めた君への火 か細い酔いに愛を結び 生活の森でステップを踏む 心の中だけダンス 今すぐ腕の中 君を感じたい そうさ 恥じることのない 走り出しそうになるほどの力に押され 浮かれ続けて此処まで来た もっと上手くもっと強く ステップを踏む 心の中だけのダンス 今すぐ君だけの拍手を浴びたい いつか 疲れてしまっても 君の待つ家まで何回でも ステップを踏み続け 君だけのダンス さぁ急げ 酔いはもう冷めきってしまった そうさ しらふでいても 君の待つ家までいつでも 足早になる

花のように

歌手
BBHF
歌い出し
いつもの死神を見た 仕事を辞めるのに金がいるってよ ビルとビルの間 とめどなく流れる砂の 涙を拭く暇もなかった 生きる情熱を取り戻す 僕は思いつめ探していたよ 人と人の間 名前を呼ぶ声が 砂漠のように聞こえる あなただけがその中で 明日の雨を待つ花のように 上を見上げ凛と 凛と立って 何かが起こるように目をあけて 天使の横顔を見た 手を伸ばし ためらってやめたよ 家の壁に描いた 掴めるはずだった日々が こんなに白けて見える 生ける屍になるなら 僕は消し炭になって散りたい でもそうはいかない 守るべきものを抱きしめて 砂漠の真ん中に立ち あなただけがその中で はぐれて咲く花のように 上を見上げ凛と 凛と立って 何かを掴むように手をあげて あなただけがその中で 明日の雨を待つ花のように 上を見上げ凛と 凛と立って 何かが起こるように目を開けて 何かが起こるように目を開けて

骨の音

歌手
BBHF
歌い出し
失った腕が今も痛む 這いずり回って君を見つけた 太陽が海に落ちるのを見た もう何も見なくていい それからはずっと 朝がくることはなく 君の瞳だけが見えた 愛の weight on 瞼 4 掛けても割れない もう忘れないと言って ねぇ僕のそばにいて 雨を降らせて 井戸を満たしても 乾ききっている喉のようだ 蒸発していく そして地にまた戻る 君との行為後の眠気 愛の weight on 瞼 4 掛けても割れない もう忘れないと言って ねぇ僕のそばにいて 失った腕が今も痛む これは治せない 代わりもいらない 太陽が海に落ち着くのを見た すべての重みを乗せ 救いの死がある 生まれ変わるための 灼熱の中に身を投げよう 愛の weight on 瞼 落として ねぇ僕は愛せるよ 君の身体の重みに軋んでいる 腕の骨の音を聞かせて

鳥と熊と野兎と魚

歌手
BBHF
歌い出し
盛んに餌を欲しがった かさんだ餌代を惜しんだ ギブミー ギブミー 目に映える仕草を 繰り返すよ キルミー 薄れた野性味 二足歩行でセイミー 今や異種同士 くっつきあってるどうしよう お花が咲かない女なんていない みんな美しいってことだね ギブミー ギブミー

黒い翼の間を

歌手
BBHF
歌い出し
近づいてくる運命の日 目を閉じて息をする どうなんだい 僕らは 同じテーマの前で出会ったけれど 君と隠れた小屋に 鍵をかけていつしか みせない姿は 広く滲んだ 影あそびの鳥 どんな色 どこへ向かう 決めないまま ただ羽ばたいて 知りたかった 触れたかった 震える指で開け放ったら 君の背を押していく 黒い翼の間を 影が落ちても その姿は見えてるよ 傷だらけの手で押していく 鉄の壁を明日へ 息が切れても 君に空を見せたいよ 一声さえずってくれよ 掠れても 外れてもいいから 他の誰でもない 僕の上を 飛んでくれよ 木の上に登っていく 息を止めてタッチする ほらみろ 僕らは 同じエンディング前で降りられない 確かめたくなっていた その全てが いびつでも みせない姿が カゴの中で 動かなくなる前に どう強く 描いても 別の何かにはなれない それでよかった 僕の影は どう生きたいかを叫んでいたんだ 君の背を押していく 黒い翼の間を 光の中で その輪郭は何よりも 力強く 僕自身を押していく 黒い翼の間を 誇れなくても その姿を見つめるよ 傷だらけの手で押していく 鉄の壁が明日へ 美しさとは 空の下で動いていく 一声さえずってみるよ 掠れても 外れても笑わないで 他の誰でもない 僕のことを 見てくれよ
【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

BBHFの歌詞一覧リスト