『BBHF - 太陽 歌詞』収録の『BBHF1 / 南下する少年』ジャケット 公式 フル

太陽 歌詞

歌手
BBHF

BBHF「太陽」歌詞

ススキ畑に横たわり 親の目を盗んではする
生かしたり殺したり 気まぐれ 気紛れに できるんだ


僕らは太陽 だってさ はだしの体温 氷河を溶かして
落ち着けないよ だってさ ここにいれないよ ずっとは


ぶつけて欠けた月の石 暗がりで碧く光ってる


ススキ畑のすぐ隣 高速道路の騒音で
歌ったり踊ったり したいね いつだって できるんだ


僕らは太陽 だってさ はだしの痛みで 涙を流す
僕らは太陽 だってさ 前の時代の 氷河を溶かして
みつけて


『BBHF - 太陽 歌詞』収録の『BBHF1 / 南下する少年』ジャケット
シェアリンク
発売日: 2020.09.02
曲名: 太陽
読み: たいよう
歌手: BBHF
作詞: 尾崎雄貴
作曲: 尾崎雄貴
ステータス: 公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

BBHF『太陽』の MV / PV

LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞Related Lyrics

NEW & RECOMMENDED
文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE