Mori Calliope end of a life Lyrics

Cover for『Mori Calliope - end of a life』from the release『end of a life』
  • Release:
    2021.10.01
  • Lyricist:
    Calliope Mori
  • Composer:
    Pretty Patterns
Share:

Mori Calliope「end of a life」Lyrics

We’d run right through those nights
I’ll never find my way back to you inside this labyrinth of lights
There was madness in the meaning, never laughless
We were screaming at the top of our lungs to the numbness
This city never died.


I’ll fly, no proof, those heights
I’ll never find another chance to say “hey, thanks for saving my life”
I was hopeless, it was stinging, running roadless
We were singing at the top of our lungs to the numbness
This city never died.


What was the root of it all? … I couldn’t say.
Used to jump and then fall, rugged and cliched.
Would shrug it off without complaint, not a sound
No use in trying to find friends, cuz in the end nobody sticks around


It’s when you shoved yourself into a crowded place
That you turned around and found yourself in love in outer space
Cue the reckless nights, no strings, laughing at our own dreams…
Just what the hell was so funny?


Bark up the wrong tree, stumble, used to falling great heights
Amidst a concrete jungle, singing cuz it felt right
We mixed the ennui and troubles, rhyming our discontent
And though it’s history, I can’t forget the time that we spent


Convinced that this could mean another end, exists between real and pretend
A twisted alter-fiction where I missed my chance, did not ascend and
Disappearing into the mist of “never happened”
Is the me that I can never befriend.
… I let it go.


Fade in, fade out
This crazy dream
Without a direction, floating aimlessly
There’s nothing left back there for me
Breathe in, but it won’t stop the rain from pouring


We’d run right through those nights
I’ll never find my way back to you inside this labyrinth of lights
There was madness in the meaning, never laughless
We were screaming at the top of our lungs to the numbness
This city never died.
But was there ever a soul inside?


Chasing fireflies between the soaring high-rises
Left a trail behind, defined it “wasted time of our lives”
Silent singer, overworked and underpaid
Thinks an office is a coffin until off is where you’re laid


Yet a thought persists, an optimist who ought to be afraid
Saw the “nothing wrong” in writing songs behind the lonely shade
Is the world a sadder place without the words that you conveyed?
When the ladder fell and shattered every bar that we had played?


Does it matter in the end the sound diminished and decayed
And your friends grew tired of fantasy, you’re wishing they had stayed?
You don’t get to say “I miss you”, you watched your heroes fade
Into the rear view-mirror of the villain you portrayed


Stop the pity party, listen, you don’t get to be dismayed
You don’t get to be emotional, feel blessed you got it made
These the best of years of life because you chose to make a trade
Recollect the days you hoped and you prayed for this
What is there to miss?


Fade in, fade out
This hazy dream
Without a direction, roaming aimlessly
There’s nothing left back there for me
Pretend it’s the end of a made up story


I’ll fly, no proof, those heights
I’ll never find another chance to say “hey, thanks for saving my life”
I was hopeless, it was stinging, driving roadless
We were singing at the top of our lungs to the numbness
This city never died.
I’ll say goodbye to the soul inside


And yet somehow, there was romance in our self-hate
“We’ve got no chance” in this light maze
But let’s hold hands through the night haze
We’ll run so fast ’til the school chime, ’til the train runs
We know it’s time, we’re the sane ones
Waking up now to the “real life”
Let me daydream ’til the next night
I’ll keep waiting


I’ll keep waiting for you


Waking up now to my real life
Let me daydream ’til the next flight
Drowning so long, I got older
Now the crowd’s gone
Is it over?


Is it over…?


Mori Calliope「end of a life」Japanese Translation

いつも一緒に駆け抜けていった夜
この光の迷宮では、君の所への道はもう見つからない
意味には狂気がいつも笑っていた
痺れていたのに、大声で叫んでいた
この街は死んでいなかった


私は飛ぶよ 証拠もないけど あそこの高みまで
命を救ってくれてありがとう、と言う機会も来ずに
希望もなかった 痛かった 道なき道を走りながら
痺れていたのに、大声で叫んでいた
この街は死んでいなかった


すべての始まりはなんだったのか?何とも言えない
飛んでは、転び 突っ張っていて、型にはまっていて
文句言わず、音もたてず、振り捨てて
達探そうとしたって、意味がない、
だって結局ずっと一緒にいてくれないから


人の多い場所に、自分を無理やりおいて
振り返った時に、異次元の愛を見つけて
それからは向こう見ずな夜 自分たち夢のことを笑って
何があんなに楽しかったのだろうか?


場違いな所にいて、転げ落ちるのには、慣れっこだった
コンクリートの街で、歌いたいと思っていたから歌っていた
退屈やトラブルを混ぜ、不満と韻を踏ませて
もう過去のことだけど、一緒に過ごした時間が忘れられない


違う話の終わり方が現実と虚構の間にあると信じて
チャンスを逃し、有名にならなかった異次元の話が
「怒らなかったこと」の霧に消えていく
友人になることはできないような私がそこにいた
もう手ばなした


フェイドイン、フェイドアウト
この狂った夢
方向性もなく、目的なく漂う
あそこにはもう何も残っていない
息を吸って、でも強い雨を止めることはできない


いつも一緒に駆け抜けていった夜
この光の迷宮では、君の所への道はもう見つからない
意味には狂気がいつも笑っていた
痺れていたのに、大声で叫んでいた
この街は死んでいなかった
でもそもそも中に心はあったのか?


蛍を追い 高層ビルの間で
道を残し、人生の無駄の時間と考えて
静かなシンガー、過労で低賃金
首になるまで、死ぬまでデスクワークが当然と思う


しかし、一つのアイデアは成長し続けています。心配して当然な楽観主義者
寂しい影で歌書きするの、何も悪いことはないと思った
君が伝えた言葉のない世界なんて悲しくない?
競争という梯子が倒れ、演奏したバーが崩れてしまい


最後には音がなくなったことは、意味があるの?
友人は夢想に破れ、留まってくれていたらと思うのは?
寂しいよ、という機会はない ヒーローたちが君の演じた悪者の
バックミラーに消えていくのも見た


同情してくれ、なんてもうやめろ、残念がる資格はない
感情的になるな、有名になったということに感謝をしろ
あれを引き換えにしたから、今人生で輝ける時が過ごせるの
こういうのを願って、祈った日々を思い出して
何が足りないっていうの?


フェイドイン、フェイドアウト
このぼやけた夢
方向性もなく、目的なく彷徨う
あそこにはもう何も残っていない
作り話が終わったと思っておくわ


私は飛ぶよ 証拠もないけど あそこの高みまで
命を救ってくれてありがとう、と言う機会も来ずに
希望もなかった 痛かった 道なき道を走りながら
痺れていたのに、大声で叫んでいた
この街は死んでいなかった
自分の魂にさよならをする


でも、なぜか 自己嫌悪の中にロマンスが
勝ち目がない この光の迷宮で
でも手をつないで 夜の霞の中
疾走して 学校のベルが鳴るまで 電車が発射するまで
時間が来たらわかる 正気なのは私たち
目を覚ますのよ 現実の世界へ
夢想に浸からせて 次の夜まで
私は待ち続ける


私はあなたを待ち続ける


目を覚ますのよ 現実の世界へ
夢想に浸からせて 次のフライトまで
長い間溺れていた
年も取り もう会場には人がいない
もう終わったの?


…もう終わったの?


Submit A Translation

Do you have a translation you'd like to see here on LN?

You can submit it using the form below!

Mori Calliope 『end of a life』Music Video / PV

Your Thoughts:

Come chat with us!

【 RELATED LYRICS 】

Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE

Global / Japan