上野大樹 白花 歌詞

『上野大樹 - 白花』収録の『帆がた』ジャケット
  • 発売:
    2021.12.15
  • 作詞:
    上野大樹
  • 作曲:
    上野大樹
シェア:

上野大樹「白花」歌詞

それは突然やってきた白い花
目も向けられないほどやつれた花
代わる代わるに笑ったり怒ったり
それで楽になるならそれでいい


ねえいつまでも私のそばにいて
どこまでもあなたといさせて
ありがとうも伝え切れていないのに
どうして選ばれたのはあなたなの


心の方からすこしずつ剥がれて
気付かないうちに口も動かない淵
私がいたらあなたはもっと辛いのね
この部屋に流れる2月の匂い


ねえいつまでも私のそばにいて
どこまでもあなたといさせて
萎れているあの花のような
あなたでもいいからそばにいて


あれは突然 夢に出てきた思い出
あなたは今よりも若い姿で
私の両脇 大きな手を添えて
すこし恥ずかしそうに 笑っていた


ねえいつまでも私のそばにいて
どこまでもあなたといさせて
ありがとうも伝え切れてないのに
どうして選ばれたのはあなたなの


どうして選ばれたのはあなたなの


『上野大樹 - 白花 歌詞』収録の『帆がた』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.12.15
  • 曲名:
    白花
  • 読み:
    しらはな
  • 歌手:
    上野大樹 (うえのだいき)
  • 作詞:
    上野大樹
  • 作曲:
    上野大樹
  • ステータス:

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ