上野大樹 彼方 歌詞

『上野大樹 - 彼方』収録の『帆がた』ジャケット
  • 発売:
    2021.12.15
  • 作詞:
    上野大樹
  • 作曲:
    上野大樹
シェア:

上野大樹「彼方」歌詞

寂しい時に誰かを思ったり
悲しい夜に時間が止まったり
前を向こうと思っていたのに
まだ此処にいたくて


優しい君は全てを解ってて
それでも何も言わずにいるから
いつまでもただ過ぎてく時間だけど
嬉しかったんだ


明日がものすごく遠くて
やりきれなくても


どんなに深い孤独でも
知らないより知ってた方が
誰かに優しくいられる気がする
あの時の君みたいに


知らないことはまだまだあってさ
それを知ろうと途方もなく歩いてる
どこへ向かい辿り着くかは
まだわからないけど


眩いほどの光を集めて
ゴールテープを切るんだ


返したはずの言葉が
知らないうちに巡ってきたから
僕らは何処かで繋がっている
彼方の遠くを見よう


どんなに深い孤独でも
知らないより知ってた方が
誰かに優しくいられる気がする
あの時の君みたいに
彼方の遠くへ行こう


『上野大樹 - 彼方 歌詞』収録の『帆がた』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.12.15
  • 曲名:
    彼方
  • 読み:
    かなた
  • 歌手:
    上野大樹 (うえのだいき)
  • 作詞:
    上野大樹
  • 作曲:
    上野大樹
  • ステータス:

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ