アニメ「東京喰種トーキョーグール√A」OP/ED 歌詞一覧リスト

アニメ

東京喰種トーキョーグール√A

歌手タイプ動画歌い出し
季節は次々死んでいくamazarashi季節は次々死んでいく 絶命の声が風になる 色めく街の 酔えない男 月を見上げるのはここじゃ無粋 泥に足もつれる生活に 雨はアルコールの味がした アパシーな目で 彷徨う街で 挙動不審のイノセント 駅前にて 僕が僕と呼ぶには不確かな 半透明な影が生きてる風だ 雨に歌えば 雲は割れるか 賑やかな夏の干涸びた命だ 拝啓 忌まわしき過去に告ぐ 絶縁の詩 最低な日々の 最悪な夢の 残骸を捨てては行けず ここで息絶えようと 後世 花は咲き君に伝う 変遷の詩 苦悩にまみれて 嘆き悲しみ それでも途絶えぬ歌に 陽は射さずとも 明日は次々死んでいく 急いても追いつけず過去になる 生き急げ僕ら 灯る火はせつな 生きる意味などは後からつく 君が君でいるには不確かな 不安定な自我が 君を嫌おうと せめて歌えば 闇は晴れるか 根腐れた夢に預かった命だ 拝啓 忌まわしき過去に告ぐ 絶縁の詩 最低な日々の 最悪な夢の 残骸を捨てては行けず ここで息絶えようと 後世 花は咲き君に伝う 変遷の詩 苦悩にまみれて 嘆き悲しみ それでも途絶えぬ歌に 陽は射さずとも 疲れた顔に足を引きずって 照り返す夕日に顔をしかめて 行こうか 戻ろうか 悩みはするけど しばらくすれば 歩き出す背中 そうだ行かねばならぬ 何はなくとも生きて行くのだ 僕らは どうせ拾った命だ ここに置いてくよ なけなしの 拝啓 今は亡き過去を想う 望郷の詩 最低な日々が 最悪な夢が 始まりだったと思えば 随分遠くだ どうせ花は散り 輪廻の輪に還る命 苦悩にまみれて 嘆き悲しみ それでも途絶えぬ歌に 陽は射さずとも 季節は次々生き返るamazarashiED 動画季節は次々死んでいく 絶命の声が風になる 色めく街の 酔えない男 月を見上げるのはここじゃ無粋 泥に足もつれる生活に 雨はアルコールの味がした アパシーな目で 彷徨う街で 挙動不審のイノセント 駅前にて 僕が僕と呼ぶには不確かな 半透明な影が生きてる風だ 雨に歌えば 雲は割れるか 賑やかな夏の干涸びた命だ 拝啓 忌まわしき過去に告ぐ 絶縁の詩 最低な日々の 最悪な夢の 残骸を捨てては行けず ここで息絶えようと 後世 花は咲き君に伝う 変遷の詩 苦悩にまみれて 嘆き悲しみ それでも途絶えぬ歌に 陽は射さずとも 明日は次々死んでいく 急いても追いつけず過去になる 生き急げ僕ら 灯る火はせつな 生きる意味などは後からつく 君が君でいるには不確かな 不安定な自我が 君を嫌おうと せめて歌えば 闇は晴れるか 根腐れた夢に預かった命だ 拝啓 忌まわしき過去に告ぐ 絶縁の詩 最低な日々の 最悪な夢の 残骸を捨てては行けず ここで息絶えようと 後世 花は咲き君に伝う 変遷の詩 苦悩にまみれて 嘆き悲しみ それでも途絶えぬ歌に 陽は射さずとも 疲れた顔に足を引きずって 照り返す夕日に顔をしかめて 行こうか 戻ろうか 悩みはするけど しばらくすれば 歩き出す背中 そうだ行かねばならぬ 何はなくとも生きて行くのだ 僕らは どうせ拾った命だ ここに置いてくよ なけなしの 拝啓 今は亡き過去を想う 望郷の詩 最低な日々が 最悪な夢が 始まりだったと思えば 随分遠くだ どうせ花は散り 輪廻の輪に還る命 苦悩にまみれて 嘆き悲しみ それでも途絶えぬ歌に 陽は射さずとも 季節は次々生き返る
無能österreich夢を見たんだよ 生まれた時のこと 美しくいきてね 子宮の街 僕ら手を叩いて笑ったんだ 絵の具を飲み干した 虹の色変わった 抱きしめられたくなった ひとりじゃもう歩けなくなった 笑いあっていたんだよ おもちゃに愛を捧げて 触れられざる子供たちを 簡単な言葉で壊したい! 娼婦が火を放った 遠くの街で誰かが死んだよ レミングスに誘われて たどり着くこの世の果て 強くはならないで 汚濁の中でサイレン鳴り響いて気が狂ったんだ 遊園地の奥でずっと待ってる 天国の構造をきみは知ってる 吐き気をのみこんだ 鉄の雨降りだした パパとママは間違えた 数字はもう覆せなくなった 祈り続けていたんだろう? 造花に水を注いで 笑いあっていたんだよ その身に愛を捧げて ひつじたちの呼吸で くだらない絵本を燃やしたい! 体に火を灯した 狂おしいほど聴こえるだろう? いきろ、とösterreichOP 動画夢を見たんだよ 生まれた時のこと 美しくいきてね 子宮の街 僕ら手を叩いて笑ったんだ 絵の具を飲み干した 虹の色変わった 抱きしめられたくなった ひとりじゃもう歩けなくなった 笑いあっていたんだよ おもちゃに愛を捧げて 触れられざる子供たちを 簡単な言葉で壊したい! 娼婦が火を放った 遠くの街で誰かが死んだよ レミングスに誘われて たどり着くこの世の果て 強くはならないで 汚濁の中でサイレン鳴り響いて気が狂ったんだ 遊園地の奥でずっと待ってる 天国の構造をきみは知ってる 吐き気をのみこんだ 鉄の雨降りだした パパとママは間違えた 数字はもう覆せなくなった 祈り続けていたんだろう? 造花に水を注いで 笑いあっていたんだよ その身に愛を捧げて ひつじたちの呼吸で くだらない絵本を燃やしたい! 体に火を灯した 狂おしいほど聴こえるだろう? いきろ、と
【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ