ごめんねオデッセイ 歌詞

『amazarashi - ごめんねオデッセイ』収録の『永遠市』ジャケット
歌手:

amazarashi

発売日: 2023.10.25
作詞: 秋田ひろむ
作曲: 秋田ひろむ
編曲: 出羽良彰・amazarashi

朝日が見たい 寝て起きて 食うための労働 生きるための咆哮
プラスアルファコード
止むを得ない表現欲求 ネット通販、パーソナライズ広告
消費と同じ棚に並べられた慟哭
衝動 情動 ひらめきの発光ダイオード
掴んでは消える毎秒 それと個人輸入代行
すぐ眠れるあれがいる 労働の鼻歌と歌詞が蝶々結びで風立ちぬ
くそくらえマネタイズ


どうでもいい 躁でもいい 歩くべき道をひたすら歩く
見るために行くんだ 行くために作った
繋がりたいから握った掌 寂しさに憑りついたソーシャルメディア
くそったれ奴隷化 去勢派
憧れは常に身体より早い だから満身創痍 みんな傷だらけだ大体
分かってる 分かってる 言わなくても分かってる
そういう奴らの作品には常に血が混ざってる


行けども行けども降り積む雪ばかり 終わりは見えない
ごめんねオデッセイ
あの春眩い淀みない灯火 ここは寒い くださいください 木漏れ日を
木漏れ日を


「詩」と打ったら思いがけずに「死」と変換される
過去の自分から届いた言伝、ダイレクトメール
過ぎ去った日だと誤魔化す 在りし日のセルフオマージュ
後に分かるメッセージ、次元越えるクーパーとマーフ
変わらないものなんてなかった 悲しいかな
その喪失自体が僕らをここまで突き動かしたんだと気付いた
どれだけ失って必死に叶えた夢だって
後ろめたければじわじわ突き刺さってゆくナイフと似ていた


午前11時 待合室で待ちぼうけ
来るはずのものは来ないんだと気付いたからこその身の上
風が揺れて過ぎ去って カーテンレールが鳴らすオクターブ
呼ばれた名前が自分なのかすらも疑う
旅の結論に至る場所がこんな所とは
まさか まさか と嘆いたのは夏の彼方
裸さながらあらわな雨傘 ならばただたださらば


行けども行けども降り積む雪ばかり 終わりは見えない
ごめんねオデッセイ
あの春眩い淀みない灯火 ここは寒い くださいください 木漏れ日を
木漏れ日を


失ってから気付くんじゃない気付くために失った
そう言い聞かせれば後に発火して眩いユリイカ
観客席は今日も今日とて騒々しい無人だ
過去と未来が顕現する耳鳴りとスピーカー
疑いと確信の両翼で僕らは少し進む
項垂れた影が落ちる、日に焼けたリノリウム
陽の出る時を拒む、夜に住まうヒロイズム
過ぎた分は抜け目ない偽らざる一滴


誇れるものは何もない 賭けた五桁のバイト代
ありそうでも存在しない曖昧な才能の価値
一人の生身の人間が疲弊しながら進むのだ
擦り減った踵にこれまでの葛藤と苦難を想いな
未だに遠くで止むことはないあの日の8ビート
行きは勇み帰りには果てて眠る窓際のシート
我こそが陰日向に根を張り巡らせた詠み人
そう言い張る気力はまだあるかポエトリーよ


行けども行けども降り積む雪ばかり 終わりは見えない
ごめんねオデッセイ
あの春眩い 淀みない灯火 ここは寒い くださいください 木漏れ日を
木漏れ日を

リンクをコピー

歌手: amazarashi
ステータス: 公式 フル

※歌詞のご指摘はこちら

  • amazarashi ごめんねオデッセイ 歌詞

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

amazarashi ごめんねオデッセイ 歌詞