君はまだ夏を知らない 歌詞

『amazarashi - 君はまだ夏を知らない』収録の『永遠市』ジャケット
歌手:

amazarashi

よみ: きみはまだなつをしらない
発売日: 2023.10.25
作詞: 秋田ひろむ
作曲: 秋田ひろむ
編曲: 出羽良彰・amazarashi

七月の風は人見知りしない
車の窓から手を伸ばして握手をする
思い悩みは綺麗さっぱり捨ててしまいたい
嫌味を言うほど人生は長くはない


優しい奴と強い奴は 決して決して矛盾しない
そんな事より海が見えたよ 夏が終わってしまう前に


永遠に続ような夜を見たのか 繰り返す波に途方に暮れたのか
君が見るもの全ての傍らに 悲しいと美しいが佇んで
泣かせた夜を恨んだとて 躓いた小石を罵るとて
自分自身はどうか憎まないで だって君はまだ夏を知らない
たった七つしか


辛いことは全部話して
なんて言われても気恥ずかしいから口ごもった
日焼けの跡は誇らしげに何かの証
だけど冬には消えてしまうこと僕は知ってる


正直者と利口な奴は 決して決して矛盾しない
そんな事より明日どこに行く 夏が終わってしまう前に


星座の明かりに孤独を見たのか ヒグラシの死骸に命を見たのか
君が見るもの全ての傍らに 儚いと永遠が佇んで
下らない嘘に騙されたとて 薄汚れた欺瞞に憤るとて
自分自身にどうか失望しないで だって君はまだ夏を知らない
たった七つしか


掌の上の小さいスノードーム 僕から見れば 君の世界は
だけどそこには僕が知らない 透明で泥だらけな季節がある
教えてくれよ 綺麗なもの 木の根に埋めた宝物とか
恐ろしい事 恥ずかしい事 僕がとっくに忘れたこと


君の横顔に過去を見たのだ その痛みには身に覚えがあるのだ
君のその全ての一挙手一投足に 思い出と未来が同居して
君の真夏の出演者になって 世界の景色が変わる海辺
季節が留まり永遠ならいいな だって僕はまだ夏を知らない
たった七つしか


僕は君との夏を知らない
たった七つしか

リンクをコピー

歌手: amazarashi
ステータス: 公式 フル

※歌詞のご指摘はこちら

  • amazarashi 君はまだ夏を知らない 歌詞

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

amazarashi 君はまだ夏を知らない 歌詞