『椎名林檎 - 鶏と蛇と豚』収録の『三毒史』ジャケット

鶏と蛇と豚 歌詞 椎名林檎


Niwatori to Hebi to Buta Lyrics
鶏と蛇と豚 歌詞
歌手:椎名林檎

Thinking of sweetness, stuffed myself even more Afraid it’d run out, had to get even more Dripping with honey, ran to store even more Gorging, got nauseous, vomited everywhere

I thought that full was something better Detestable is how it feels Why must this be?

The honey used to taste delightful Was it a poison actually There to trap me?

Am I cursed? I’ve slighted no one And I’m sure I know myself The best so something’s not right

This self is the only thing I love To hear, to smell, to see, to touch To taste is irreplaceable, no less

発売日:2019.05.27
作詞:椎名林檎
作曲:椎名林檎
ステータス:公式フル

甘い蜜を覚えた。頬張りながら私はこれが瞬く間になくなってしまう事態を危ぶんだ。 自分が全てを平らげるまえに、あらたなぶんを蓄えて置くべき 口から蜜を溢れさせたまま奔走した。充分な量を集めて来た上で私はーー 更に貪り続けた。すると俄かに吐き気を催し遂に嘔吐した。

一度は満ち足りた筈が違っていた。 望んだものに有り付いてなぜこれほど 厭わしい思いをさせられるのであろうか。はじめは確かに好ましく感ぜられたこの蜜が まさか毒なのではあるまいか。

私を貶める罠か。誰かに呪われている。恨みを買うようなことは何もしていない。 なお且つ己の心身の都合なら 己が一番わかっている。やっぱりおかしい。 愛するのは、自分だけ。目で視て、耳で聴いて 鼻で嗅いで指で触れて、 そして舌で味わった私の体験こそが、何にも代え難く尊いものである。

Niwatori to Hebi to Buta Lyrics
Alt. Title:Gate of Living
Artist:Sheena Ringo
Release:2019.05.27
Status:OfficialFull
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

Lyrical Nonsense