さらば純情 歌詞

『椎名林檎 - さらば純情』収録の『私は猫の目』ジャケット
歌手:

椎名林檎

よみ: さらばじゅんじょう
発売日: 2023.05.24
作詞: 椎名林檎
作曲: 椎名林檎
編曲: 椎名林檎

行ったままで決して帰れない僕ら
そう一方通行だったんです
やり直ししたくても留まっていたくても
往々覆水盆に返らず


先生善意はいつか汲み合えるって
ねえ額面通りほんとですか
この世でたったひとりに誓う
節操さえほぼ蔑ろみたいでした


愛し合う術をかつて知っていた
僕ら現に黙していたんですか
言葉を生むたびに眠らせた勘は
ちょっと覚醒させたいですが


先生もっと前に説いて欲しかったです
突然今更遅いでしょう
尽くした結果報われる言い伝えは
ファンタジー典型的台本と


ええ知らなかったです
僕はただあの人の分半分取って置いた
あらゆるよさげなすべてなけなしの若さも
残して置きたくて


信じていました真っ直ぐに
きっと受け取ってもらえるはずと
自分自身を肯う姿勢でどうにか
まだ保(も)っていただけでしょう


先生もうこれ以上は沢山です
いっそ何もかもを抱き締めたい
手放せないんです汚させるもんか
本心はずっと大好きでした

リンクをコピー

歌手: 椎名林檎
ステータス:

※歌詞のご指摘はこちら

  • 椎名林檎 さらば純情 歌詞

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

椎名林檎 さらば純情 歌詞