いとをかし 歌詞

『椎名林檎 - いとをかし』収録の『いとをかし』ジャケット
歌手:

椎名林檎

タイアップ: アニメ「おじゃる丸」ED 24
発売日: 2022.04.05
作詞: 椎名林檎
作曲: 椎名林檎
編曲: 椎名林檎

夕映えにそっと懐えば古里遠い二親の顔父上母上よ会いたい
月並な価値ほどもっと幾らでも分かち合えて嬉しかったろう
    きょうは偲んでいます誰そ彼秋 雲が捷い擽ったい
皆が皆等しく満ち足りた場合にやっと心身が寛ぎ幸せを知る
絶世の価値ほどもっと独り占めした途端こう虚しかったろう
    きょうは祝っています海よ山よ 命はどうせ美しい
噫澄んでいます真冬は朝 空が大きい柔らかいあの移ろいも
    この恥じらいも涙に替えて全部背負い込んで熟そう
仕様がないとは決して考えないし不要不急と言う概念もない
万事便利なだけじゃ勿体ないし風情を重んじたい許して給も
    きょうは恋しています彼は誰春 命がずっと透明に
    冴えていきます真夏は夜 いまが眩しい焦れったい


リンクをコピー

歌手: 椎名林檎
タイアップ: おじゃる丸
ステータス: 公式 フル

※歌詞のご指摘はこちら

  • 椎名林檎 いとをかし 歌詞

  • おじゃる丸 エンディングテーマ 24 歌詞

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

椎名林檎 いとをかし 歌詞