『secondrate - 夏と秋の真ん中で』収録の『君と10のエピグラフ』ジャケット

夏と秋の真ん中で 歌詞 secondrate


secondrate - Natsu to Aki no Mannaka de Lyrics
夏と秋の真ん中で 歌詞
歌手:secondrate (セカンドレイト)
動画あり:

夏の青と秋の夕焼けが 半分になった頃 君を想い出す

他の人を好きになったと 見送る為の嘘は今も嘘のまま

打ち上げ花火が上がる夜に 君が来ることを知った もう会わないと決めたのに 何故 何故 何故 君に会いたい?

夏の果てに仕舞った言葉を探す自分に 秋の風はめくりを進めるんだ 栞はずっとあの日の場所に挟まっている また戻るように

浴衣姿 何も無かったような微笑みが 少しだけ秋を遅らせて

「次の花火は二人きりで」と 止まった時を取り戻して 刹那にうつろう恋だとも 何故 何故 何故 想いは募る?

夏の果てに返す想いに迷う自分に 秋の風が背中を押すんだ もしもこれが最後の夏だとしたら 僕は 僕は どうする?

最後の夜にそっと手元で揺れる花火が 儚げな横顔を照らすんだ 見つめた時 決めた時 しゅっと 膨らんでた 火玉(ひかり)が落ちた

「大好きだ」

消さないように抱きしめた 二つの影はずっと前に描いてた景色だ 栞はまた会う日の場所に挟み込んで 僕は待っている

発売日:2019.12.22
作詞:Seike
作曲:Seike
ステータス:公式フル
PV / Music Video:
secondrate -「夏と秋の真ん中で」 - youtube Video
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

LYRICAL NONSENSE