Rin音の歌詞リスト

%BOY

歌手
Rin音
歌い出し
微睡み四番地 気まぐれに夜を食べてた僕の 真夏に酔って曖昧になる 記憶はちょっと頼りにはできなくて 足跡を辿り 砂混じりの風に吹かれ停止 浜辺にある物は君の 残像と手持ち花火のゴミくらい 西に沈む陽に背中合わせ 今時計の針が遅く感じる 海の家の窓 傷の跡 に囚われてる左脳 増える感情 明日に伸びる手に瞳合わせ ただ昨日のことをふと思い出す 花占い 好きと嫌い 夢と君と雨と晴れ just lady 自信が無いそのせいで 捨てきれないよ全て 憂鬱な僕はぐるぐる回る %BOY's enemy 宵の独り言 だって視界の中揺れてる輪 蛍光灯と僕だけの不安 %BOY's enemy 濃度に晒して %BOY 季節が巡るのが過去だろ? 気持ち悪めな刺激も 記憶を波に攫わせて 僕は今だに現実逃避行だ 泥酔 funny music radio あなたは誰よ 花占い 好きと嫌い 夢と君と雨と晴れ just lady 自信が無いそのせいで 捨てきれないよ全て 憂鬱な僕はぐるぐる回る %BOY's enemy 宵の独り言 だって視界の中揺れてる輪 蛍光灯と僕だけの不安 %BOY's enemy 濃度に晒して %BOY 君のいない場所で 羅針盤が動く 感情だけ迷子でも体を追いつかせ 3%の缶で酔いが回る 酩酊きっと極楽町 足元がふらつくのさ %BOY 花占い 好きと嫌い 恋と僕と君 %BOY's enemy 宵の独り言 だって視界の中揺れてる輪 蛍光灯と僕だけの不安 %BOY's enemy 濃度に晒して %BOY

820

歌手
Rin音
歌い出し
混ぜ込むコーヒーのミルクより マイルドな日々を 消えかけた魔法をかけ直さず 今をFeelしよう 朝の日で焼いた目玉焼きこそ 気持ちの日の出さオリジナルモード 割ったスイカの目は虚ろだし 宵越しのベッドでは泣き寝入り ほら君の心を今日の日でリセット タイマーもセット 二度寝してんぞ 歯を磨いたら顔も洗って おっと忘れ物はしてないかい 不安だらけ押しつぶされると なにもかもが嫌になっちゃうよ 気にしちゃっても後回し みんな大切なのは私だし 壊れかけた家電達が言ってた あの人今心3畳でさ 愛がないってより余裕がない 君がいないってよりも時間がない Badな感情はもう迷子迷子 Night来る前には終わらせないと って追い込まれる前に深呼吸 朝がしっかり君を包み込むから Train 4 1234 君を満たしていくよ 怠惰を乗せてく820820 Train 4 1234 君を満たしていくよ 愛情も乗せてく820820 Again Train 4 1234 君を満たしていくよ 怠惰を乗せてく820820 Train 4 1234 君を満たしていくよ 愛情も乗せてく820820 Need you I thought you 君は眠っているよ 感情を乗せてく820820 Need you I thought you 今日も笑えているよ 本能の行く先820820

April true

歌手
Rin音
歌い出し
ちょっと不安気味boyは忍び足 だって前代未聞の話だし 多分教科書に載るくらいのシーン ニュースはこれでひっきりなしらしい チャイムなしで刻む秒針は じっとしてても待ってくれはしないらしい いつも通りにいかないこの街も あの街も仲間が潜むらしい 魔法みたいなものはないけどさ いつか何かになれたらいいなってさ 思い疲れて一休み 忘れ物なしで君はよくやれてるから Alone night study 君はヒーロー April true 嘘みたいな今日のチャンピオン 辛い今も きつい過去も 眠い時間も 青い春も 全部本当のことApril true ここからどこでもいける時代だ 君の知らない世界まで 想像はいつでもちょっと邪魔をして 君の行く手を阻むかも あれはできそうで これは無理そうって 本当に全て? やる前に決めてちゃ 絶対に勿体ないからさ 向かい合う敵が ドッペルゲンガー 己ならばさ 弱点は案外 君の弱気なのかも 迷う選択肢に 答えってないのかもしれないけど 魔法みたいなものはないけどさ いつか必ず何かになるからさ 思い疲れて一休み 忘れ物なしで君はやれてるから Alone night study 君はヒーロー April true 嘘みたいな今日のチャンピオン 辛い今も きつい過去も 眠い時間も 青い春も 全部本当のことApril true Alone night study  君はヒーロー April true 嘘みたいな今日のチャンピオン 熱い夢も この痛みも 消えた時間も この想いも 全部本当のことApril true

bella

歌手
Rin音
歌い出し
生憎夕暮れ3番線 騒音重度被害届け 心境の境目に水をくべる 反射して見えるY字屋根 真実を分かりながらも違うことを言った 潤む瞳掠れる声ごめんねと言った 歩く向きは同じなのにズレていく歩幅 僕と君は痛む ボロ屋の木は傷む 狭い心に2人入るから 思ってもないことが声に出る ギュウギュウだな もう 真面目な時に嘘をついてほら ふざける癖が僕の気を触れる 僕の罪だ bella 貴方の言葉は全部 透き通り嘘に聞こえて bella その純粋は見え透いたのに 目を逸らして君を隠した 飲み込めない容量の 知識とアルコールをまたhold on いま情状酌量を 求めてまたcallそっからgoes on 嗚呼って見せかけのことだらけ タバコを吸うようになる物怪 夜に君求めて肺に溶ける いつかの淡い記憶 1つ余計にある 無駄な愛が呪いになる 欲が君を望む 嘘みたいな孤独がそう 猫が鳴くんだよ なぜか床に向かって問う 本当にありがとうなんていつ言ったっけな 狭い心に2人入るから 思ってもないことが声に出る ギュウギュウだな もう 真面目な時に嘘をついてほら ふざける癖が僕の気を触れる 僕の罪だ bella 貴方の言葉は全部 透き通り嘘に聞こえて bella その純粋は見え透いたのに 目を逸らして君を隠した bella 貴方にもしがあるなら 背を撫でて腕を掴んで bella この騒がしい猫だけを 引き取って朝に戻して

beryllium

歌手
Rin音
歌い出し
固くなる頭年齢ととやかく どうだか俺もまたは立派な大人か ふと省みる自分自身の行いは 老けるにつれて自信すらも無くなる 休日だらけ平日は働かず 内心のだらけ焦る午後は野花 何か比べりゃ気づきまた日跨ぐ どうにもならない不安だけ履歴 my flow 知った気になれば全て 掴めるような気がしてた 俺が悪かったんだな my flow 距離より心離れて 拠り所を離れて 己知るものはもういない もういないよ 枷を外し愛を謳った 世はあなたを罵ったけど 会いたいな またもう一度会いたいな 花は僕を知って咲いた 本心には嘘をついたけど 会いたいな またもう一度会いたいな 木の葉が舞う 心は1つ また誰が笑う 疑心は増える 恐れてまた責める 毒が回る前にすぐに発つ 木の葉が舞う 心は1つ 俺が俺を笑う 意志がブレる 恐れるなよまだ この世界の中でも俺である 比べろ害虫とstep & flow 別名を名乗りまた説明しよう 熱でも浮かされないphraseでshow 得るけどいずれまた消えるでしょう 永遠の流転その命をflow 離れても見えるただひとつでしょう 非現実なものを信じてくけど 愛しても別に損はないでしょ 枷を外し愛を謳った 世はあなたを罵ったけど 会いたいな またもう一度会いたいな 花は僕を知って咲いた 本心には嘘をついたけど 会いたいな またもう一度会いたいな

bless (feat. asmi)

歌手
Rin音
歌い出し
あなたと出会って 息をするようにそっと恋に落ちてた それは雪崩れのよう とどめるものはない 丁度いい春のしらべ 出会ってしまったと 悔やむような恋じゃなかったと思うよ ありがとう ちょっとのごめんね また会えたなら幸せ 今までありがとうだなんて 普通の恋みたいだな ありふれたワードや素振りで 傷が付くのに体は要らないんだ ゴミ箱の奥に何故かまた 無くしてた想いとか 隠れてしまっている気がしてる 傘にあたる雨粒のような愛は 流れて消えたってより 分からなくなったんだ いつのものか 誰のものか まとまるのは 不出来な感情だ 使い捨てカメラ いつか空になるんだ 見てきた景色 映った笑み すり抜けてくの 透明な1つの死だ あなたと出会って 息をするようにそっと恋に落ちてた それは雪崩れのよう とどめるものはない 丁度いい春のしらべ 出会ってしまったと 悔やむような恋じゃなかったと思うよ ありがとう ちょっとのごめんね また会えたなら幸せ どうせ終わるなら ならばきっと終わらない いつか終わるかもと 怯えるから声にならない 誰も君を責めない なのに何もできない ナイフ持った君が見ているのは 鏡なんだろうな 二度と会えない だから日々は曖昧 また明日だなんて 保険かけて今日はバイバイ 早いうち寝ちゃいたい 常に常が愛妻 何で唐突って当たり前よ 終わりあるものだから 描きかけの便箋 飾ったブーケ 想いはあったんだ ここにあった 汚れたコップ 綺麗なままの服 好きなものだけ愛でる悪い癖 甘めの紅茶 食べ飽きたクッキー 一度好きと言うと何度もくれるよね いつもきっと 見ていてくれた 今までありがとうだなんて 普通の恋みたいだな ありふれたワードや素振りで 傷が付くのに体は要らないんだ 悪くないな 思い出ってのも あなたと出会って 息をするようにそっと恋に落ちてた それは雪崩れのよう とどめるものはない 丁度いい春のしらべ 出会ってしまったと 悔やむような恋じゃなかったと思うよ ありがとう ちょっとのごめんね また会えたなら幸せ あなたと出会って息をするようにそっと恋に落ちてた 気付いたらまるですべてが生きてるみたいに 出会ってしまったと悔やむような恋じゃなかったと思うよ なかったと思うの ね、そうだよね

Blue Diary

歌手
Rin音
関連作
アニメ「アオアシ」ED 1
歌い出し
通り過ぎる日々だ 今吹く風はもう誰のモノ 理想と現実のパズルは食い違い 不意に比べた努力人一倍 夢は遠ざかって 砂まじり午後に浴びるシャワー 微動だにしない冷蔵庫 揺れる気持ち ふっと我に返り息を呑んだ 歩く野良猫の唄 錆付きのチャリとクーラー 冷めては燃えてを繰り返して 透き通った意思は勇敢 この街に君といた 間違いなくここにいた 時がただ過ぎて 思い半ばで Blue Diary こんな命を燃やして日々 生きてるのに 貴方がいて そう君がいても 泣いてる僕を許してくれよ Blue Diary この涙は感情じゃないんだ 夢なんだ 滲む言葉のせいで 上手くは言えないけど 幸せだ 昔に今を重ねてみる パズルが少しずつはまっていく 緑が減ったように思えたり いくつか傷が増えてみえる足 思い出は過ぎるのが当然だ 窓際の花と焼けた肌 悔いがあって笑って息をする ペダル漕いで急いで前を向く 夜が更ければ 怖くなるね 怖くなるよ 朝になれば 嫌気さして逃げ惑うように 壊れそうだ 越えれば何かが変わっていく 惨めな僕でも強くなれる Blue Diary こんな命を燃やして 日々生きてるのに 貴方がいて そう君がいても 泣いてる僕を許してくれ Blue Diary こんな命を燃やして 日々生きてる意味 貴方がいて 僕もいて 笑える日々を愛してくれよ Blue Diary この涙は感情じゃないんだ 夢なんだ 滲む言葉のせいで 上手くは言えないけど 幸せだ 春が過ぎても 夏が過ぎても 笑っててくれ 笑っててくれ 秋が過ぎても 僕がいなくても 笑っててくれ 笑っててくれ

Character

歌手
ACAね(ずっと真夜中でいいのに。) × Rin音 Prod by Yaffle
関連作
映画「キャラクター」主題歌
歌い出し
ジキルがハイド俺がお前をtrace 飲み込まれないようにレース制すべく制す アイデンティティが唯一我を保つプロセス なら記憶の奥の方までたどるメス who am I 統制されるナンバーと脳 この日の国に太陽が沈む頃 少しずつ薄れていく影 内面の嘘に気づきかけてしまう 背後に隠れた魔 痛み隠して何を思うか 朱に交わらぬ主観 我がものにして上がる口元 いいぜ好きにやりな ブレる価値観 優しさと狂気の狭間にある 底の見えぬ闇の中に埋もれてく キスに逃げて 温い永遠は怖い 母はきっと喜ぶし 暖かい構造 総Hi中止 このギリな人情 生きてる君の 正直なくらい危ない 真面目がほしい 隠した上等 血走った重い通りを ぶつけられたとて 悪足掻きと合掌 さんざめく群れ 東京の逃避行 失って消えるこれからも 灰に変わる君という君を 明日に残すこのポートフォリオ どうぞよろしくと神は脱帽 2つ名を飛び回るパスポート 大当たり feel like a jackpot 運命が交差するジャンクション 1894 死神と世に隠れワルツ踊るモルモット 手には塩 見えないghost 己を失した代償 今は触れる揺れるができないでいる 常に今日に情を持って生きている キスで止めて 温い永遠は怖い 母はきっと喜ぶし 月日は同情 総円満に このギリな人情 生きてる君の 正直なくらい危ない 真面目がほしい 隠した上等 血走った重い通りを ぶつけられたとて 悪足掻きと合掌 手におえぬ痛みの中で 自我を保ってる 生々しい 僕がほしい 誰だってゼロからの成長業務 変わったんじゃない隠してた 内心は分かってるくせして まだ手は震えるいつかの行方 後ろ回す前に態度をコピって前に倣え 右も左も分からないまま愛を探した 親も子も二人も 何にも嘘はないけれど 誰にも引き出せない 僕を通わせてく 沿う 汗ばんだ夏が僕へと再生する ただいま この義理な心情 生きてる君の 正直なくらい危ない 真面目がほしい 格下上等 血走った思い通りを ぶつけられたとて 悪足掻きと合掌

Cherry Blossom

歌手
Rin音
歌い出し
ねぇ起きてほしい今8時 顔も洗わないといけないしさ 朝食すら取らずに走り どうせお腹を鳴らして居眠るの もう計画なしは変わらぬらしい 乙女も男もバカは同じ 校則破りは必死でマジ バレては愚痴って本当おかしいよ 寝癖にまみれた君の声 手垢にまみれた参考書 じゃあこの問題の答えは I don't know やっぱ知らないじゃん 昼は食べて 朝は寝てて 夜も寝てて 何してるの 明日もまた 会えることを 喜ぶのは やっぱ秘密だな Cherry Blossom baby rain 涙ぐむ眼光 世の流れ 寄せては返す波を夢に見て 未来に向けて未だに描いてる Cherry Blossom baby rain 涙ぐむ眼光 世の流れ 話し言葉で手紙を書いている ふっと忘れてI told you 時の流れが皮肉すぎて 嫌になる日が増えたよ今日も 原因は不明 医者だって君尋ねる 「最近で嫌なことはありますか」 強いて言わずともわかる 「このことじゃんね」 友達は語る 明日は会えると今更わかる 下弦の月でもテンション上がる baby baby あなたと私で なんてさ 考えるように ってるのが変だけど 昼は君で 朝も君で 夜も君を 思ってるの バカみたいね 素直なだけ 恥ずかしいね 愛してるの Cherry Blossom baby rain 涙ぐむ眼光 世の流れ 寄せては返す波を夢に見て 未来に向けて未だに描いてる Cherry Blossom baby rain 涙ぐむ眼光 世の流れ 話し言葉で手紙を書いている ふっと忘れてI told you

clothing journey feat. Rin音

歌手
吉田凜音
歌い出し
Tシャツは feel so good 近くにいなくてもいるような気分さ 要は without you 流れ星に願う二人が on my mind この空間のグルーブ お気に入りの赤色のルージュ 長時間のクルーズ も気にならない Lalala もう止めないってか止まんない これはイッサイガッサイ金輪際 恋愛小説的なんじゃない? 切手無しの手紙を届けたい I need you を奏でたい Loading 中 今も眠れない clothing journey 表現する感情は色に乗って clothing journey 距離を測るように 赤いチューリップ 棘をなでるように 君の好きな服 忘れないように パーカーは feel so good あなたに包まれてるような気分さ 本音言えないや 言葉にできない夜に眠るベッドタイム 瞬間がいつもより長くなって 君のネックレスを握りしめては 鏡を覗き込む ねぇミルクが冷める季節じゃない 君の体温恋しくなるな 夜のバスに揺られているわ 白い窓に内緒で名前を書くの I need you もう待てはしない Loading 中 きっと眠れない clothing journey 表現する感情は色に乗って clothing journey 距離を測るように 赤いチューリップ 棘をなでるように 君の好きな服 忘れないように 裏起毛くらい暖かい恋に満たしていたいの シースルーくらい心見せてよね 着回しはきかないあなたと私で clothing journey 表現する感情は色に乗って clothing journey 距離を測るように 赤いチューリップ 棘をなでるように 君の好きな服 忘れないように clothing journey 表現する感情は音に乗って clothing journey 距離もすぐそばに 赤いチューリップ 棘は刺さるように 君の好きな自分 忘れないように

cloud achoo

歌手
Rin音
歌い出し
噂が絶えない日々でハイタッチ 出る杭打たれても食うケンタッキー 思いのまま綴りゃ押すエンターキー 何があっても別に大丈夫we lovin Oh 噂だらけ Oh 嘘だらけ Oh 空想だらけ Oh This song like a space boy 宇宙まで行けそう 大嫌いな低脳はfade out Lv 100 be careful したい事したいよ永遠 cloud achoo cloudy cloudy 夜を壊すようにfinding the words 触れていたい まだ触れていたいのに 日々はこなすまたinternet wars 触れていたい まだ触れていたい お願いはないごめんよ聖母マリア ワンワンうるせえな インターネットダルメシアン 都会田舎も関係ない大騒ぎだが 大したこと出来ないぜ飽き飽きだ 俺が動くぞhaterは死んだふりしな 壊したいなら大歓迎だぜvisitor 人生なんてくだらんが1回きりだ 邪魔するなら 夜を壊すようにfinding the words 触れていたい まだ触れていたいのに 日々はこなすまたinternet wars 触れていたい まだ触れていたい 病みを壊すようにfinding the words 触れていたい まだ触れていたいから 君を守るまたinternet wars 触れていたい まだ触れていたい

earth meal feat. asmi

歌手
Rin音
歌い出し
even if the earth is broken 私達ずっと歌っていようよ hoohoohooヘタクソねhoohoohoo どうなったっていいや もう 私達きっと2人ならさ 隕石だって良い天気だって笑ってながせる 馬鹿だな 『over sleep boy 如何かな』 無線機越し 腹たつわ 時刻 10 o'clock 今日もここ(地球) space ship 乗り遅れ 原因:寝坊 皆移住に夢中 俺未だ地球 彼女も乗り遅れてI want you 飾らない服 しない退屈 結果なかなかいいかもな だってさ 君と僕のテーマパーク はしゃぐだけはしゃぎ ふらり夜のコンビニ 悪とヤンキーいないらしい ドラマチック映画館で 昨日の動画流し いつかするよプロポーズ 地球を君にあげるし 多分全部照れくさくて ぎこちないけどさ アルバムが1億冊は出来てしまうんだ このくらいにしておいて もう今日は眠ろうか even if the earth is broken 私達ずっと歌っていようよ hoohoohooヘタクソねhoohoohoo どうなったっていいや もう 私達きっと2人ならさ 隕石だって良い天気だって笑ってながせる 馬鹿だな とはいえ君の顔にも飽きたな 愛燦燦な日々もう終わったな いつまで寝てんだ バカヤローって ほっぺつねって鬱憤晴らす ねぇ何してんの?見せてよ見せてよ でも隠し続けるそれが お花の冠だったりするから 移り住めないな君 クールぶってて中身は暖かい やはり今晩も君の料理は美味い サプライズがバレるのいつものことだが 喜ぶ君の姿が見たいから 間抜けで良かったなんて思えるよ 惑星も何処にいても君といられると even if the earth is broken 私達ずっと歌っていようよ hoohoohooヘタクソねhoohoohoo どうなったっていいや もう 私達きっと2人ならさ 隕石だって良い天気だって笑ってながせる 馬鹿だな 四季巡る星に住んでる 救世主は流星群 センキューグッバイthe earth men 2人きり夜が明けてく 最後の朝はきっとこんな感じだ 世界が終わってしまっても 私からずっと離れないでいて hoohoohoo必ずねhoohoohoo どうなったっていいや もう 私達きっと2人ならさ 隕石だっていい天気だって笑って流せる 死ぬまで 一緒にいてねなんてジョーク 笑えない日々に流れ星を見たよ hoohoohoo綺麗だねhoohoohooどうなったっていいな もう 何があってもふたりでいようか 隕石だっていい天気だって笑ってながせる 馬鹿だな

film drip

歌手
Rin音
歌い出し
これは現実的現実の逃避 愛を皮切りに 巡るめく状況遷移のストーリー 文字化けた世界に ミルクを一つ 甘いミルクを一つでいい クッキーも一つ 欲張るくらいがちょうどいいのかも 眠いまぶたを擦ってみると 眠たげな魔人が目冷ましてさ 君に言うんだみたい夢は ないのかい気になる世界はないのかい そりゃまあ見た所で 夢は夢なもんで 現実を見たら悲しくなるもんね でもそうじゃないんだって語りかけてて ふっと飛んだ意識の向こう側 やっぱちょっと抜け出して 1人で暦にこっそりキスしよう 奴のアイロニー でかい態度に 愛はないのに これを最後に そんな悪を見限って 鼻歌交じりの言葉好きと言おう 僕の全てと 君の全てを 美味しく搾り 混ぜておくれ film drip dear my girl 感情には名前がある って教えてくれたよマイファザー それちょっと大事なようで ちょっとどうでもいいようで ちょっと素敵的な 僕の横つまりサイドシート 君の笑顔は必需品らしい 夢の夢そんな可愛いこ かけがえないと言い切れるらしい 土足で入るな俺の心にって 言うならスリッパを用意しとけよな くだらない意地意見プライドを 捨て切れるのもまた夢の話 やっぱちょっとダサくって 今の自分を少し見つめてみよう 僕のアイロニー でかい態度に 愛はないのに これを最後に そんな悪を捨てきって はっきりとした言葉で好きと言おう 僕の全てと 君の全てを 美味しく搾り 混ぜておくれ film drip

Ghost U Clock

歌手
Rin音
歌い出し
U 一生なんてないね I don't care U 一生涯の思い出 I'm OK チクタク刻む針の中 歯車に愛を込めたら 別れの刻を示すのか 憎たらしいよ嫌な魔法 U 一生なんてないね I don't care U 一生涯の思い出 I'm OK 暦を数えて君に yay yay yeah 遥か昔の夜の話って闇が深い話題 愛していたって恋していたって時が進む世界 人生が映画なら約2秒くらいだった あの時が幸せ 時戻せないし取り戻せないね 色褪せて毎年度思い出して ねぇホイヘンスを呼んで 過去改変してまた 偶然装って 今度はあの臆病が 何億秒にもなりますように U 一生なんてないね I don't care U 一生涯の思い出 I'm OK 暦を数えて君に yay yay yeah 遥か昔の夜の話って闇が深い話題 愛していたって恋していたって時が進む世界 いつか死んじゃって会えなくなって 砂に戻るのかい? あの猫だって澄んだ空だって 哀しくなるじゃない 朝が来たって鳥が叫んで街は暗い、かなり そうかこれが そうかこれが Ghost U clock 終わりは分からない どうしてなの 終わりは必ず 後悔は 本当に締め付ける Rewind my life 愛している 目を見て言いたかったあなたに U 一生なんてないね I don't care U 一生涯の思い出 I'm OK 暦を数えて君に会いに行こうか U 一生なんてないね I don't care U 一生涯の思い出 I'm OK 戻れはしないね僕は yay yay yay yeah 遥か昔も今の話も変わらず愛してた 何度言ったってキリがないってくらいに愛してた 何年過ぎても僕は忘れないから You

gift socks

歌手
Rin音
歌い出し
想いは筒抜け 開く口と目が 魔法は解けないでほしい 死と生は反比例 幼くても分かるように 出来上がったシステム 気づく8の歳 薄汚れた感謝 理由は簡単 生意気に恥じ気にして笑った 笑顔は誤魔化しの道具じゃない マスクの脱ぎ方 あの時教わった なぁ親父 街はやっぱ汚かった 俺は歌にしかできなかった けど今日も雪が降る 美しいと思えるようになれないけど Santa Claus' funeral 誰かのため 歯並びの悪いトナカイは 走るよ 行き先遠く Santa Claus' funeral 枕元に かけたビスケット 汚く見えない 汚れてるのにな 穴開けた壁 ボロい部屋の中 父がふざけ寝てみてる母と子 断片的にない記憶だからこそ 遊園地に行った次の日みたいでさ 形に残らないからなのか ようやく大事にしたいと思えるらしい まが抜けてるバカでありたい なぁ母よ 靴下は空じゃなくて なぜかいつも何かが詰まって 優しさってなんなのかすらも未だに掴めない Santa Claus' funeral 誰かのため 歯並びの悪いトナカイは 走るよ 行き先遠く Santa Claus' funeral 枕元に おいたプレゼント うちの家にはさ 煙突ないのに 想いは筒抜け 開く口と目が 魔法は解けないでほしい 綺麗事くらい 綺麗にしていたい 魔法の力のせいで

glitch switch

歌手
Rin音
歌い出し
投げやりに書いたレター 今に至る日々を改めた 僕に足りないから咲いた芽は 黒くていかにも毒のようで、 それは愛だろうか これは何だろうか 猫が鳴いた夜は 空回る扇風機 争った2人 hologram この痛みは 戻らない触れれないんだ hologram 水飛沫は 音もなく形を模した 止めないでくれglitchが起きる 絵を描くように脳の隙間を埋める フィクションと気象変わらない日を 変えないで生きるのが正義だろう 黒い歴史に そっと鉛筆を取る 光に当てると 読めるような文字で 明日は晴れますが 気持ちが悪いままで 言いたいことを探して 日が暮れます ケーキのレシピは 不明のまんまで 腐るフルーツは 冷蔵庫の真ん中 やり場のない 感情だけが 置き去りにされてる頭ん中 寝るだけでいい 起きるだけでいい 働くだけでいいし 笑うだけいい 楽になったが 楽しくなかった 幻覚のような君に 今名付けよう hologram この痛みは 戻らない触れれないんだ hologram 水飛沫は 音もなく形を模した 止めないでくれglitchが起きる 絵を描くように脳の隙間を埋める フィクションと気象変わらない日を 変えないで生きるのが正義だろう

heaven town

歌手
Rin音
歌い出し
heaven town 皆ここではどうかしてる 偏頭痛が押し寄せるbugを見てる everyone is hurt 癒えないような愛 heaven town 皆ここではどうかしてる 偏頭痛が押し寄せるbugを見てる everyone is hurt 癒えないような 天界での恋愛 依然愛は健在 精神状態ゲンナリ でも巻き戻んない 結局黄泉でも現状維持死んでも同じ 生と死を繰り返して輪廻を知る heavy steppin重いface 歩くtokioの街 黒いcoatが似合うねってfeeling もう終わりが来る 現像写真とフィルム 消えてくのはどっちと 笑う日々で heaven town 皆ここではどうかしてる 偏頭痛が押し寄せるbugを見てる everyone is hurt 癒えないような愛 heaven town 皆ここではどうかしてる 偏頭痛が押し寄せるbugを見てる everyone is hurt 癒えないような 低気圧で痛む maybeで平気な 君には勝てない 意味は分かってない 内心の中の汚れはまだ取れない だから踊れない 今日朝を越えない Ah どうせまた1人もうこりごり 気づけばlonely どうしようもない Oh反芻するの夜は Ah 飛び込む窓 外には雨 残されてる 誰かに目も 止めないよ 止められないよ heaven town 皆ここではどうかしてる 偏頭痛が押し寄せるbugを見てる everyone is hurt 癒えないような愛 heaven town 皆ここではどうかしてる 偏頭痛が押し寄せるbugを見てる everyone is hurt 癒えないような 天界での恋愛 以前愛は現在 精神状態ゲンナリ だって巻き戻んない この世どうかしてるよ たぶんどうかしてるだろう 迷彩を纏う街 模倣的形態 英才教育の末に 愛を捨てて 僕らどうかしてるよ 君もどうかしてるだろう

hell virgo feat. ICARUS

歌手
Rin音
歌い出し
hell virgo 痛み代償 地に堕つペルセポネの外傷 hell virgo 齧る柘榴 凍てつく大地ゆえの憎悪 声にならない怒り制御ならできない 愛憎笑み感情全部の唄でララバイ 踏んだアクセルのまま昇天もう止まれない hell virgo 片っ端から嫌う 新品のmafia アンバランスな世で唄う 慈愛rhapsody この世経験名声永遠詰んで何になるか 偏見から産んだ邪気みんな悪魔 Mayday B 年齢に 比例して硬い sorcerer どうだか 温度から容赦して overwork もうヤダ こんな奴は嫌い 脳内じゃ拒絶止めらんない この抵抗は君を守る為 輝きで隠れた闇と影 幸せよ嘘で形になれ ほらね、悪もまた正義だね hell virgo 痛み代償 地に堕つペルセポネの外傷 hell virgo 齧る柘榴 凍てつく大地ゆえの憎悪 声にならない怒り制御ならできない 愛憎笑み感情全部の唄でララバイ 踏んだアクセルのまま昇天もう止まれない hell virgo drop verse 罠に仕込む毒 侵食 突き刺すニードル 観測不可能 目の上のコブ 傲慢 穿つ抑止の一撃 誰も止めれない 全てがSクラス スキルがエクストラ 追ってきなテールランプ 視線の先にレーザービーム 直ぐに付ける差 地獄の先で待つ 手前でつける始末 任せな 今にすぐ分かる easy gameじゃガッカリ 所詮退屈しのぎ 片っ端から捌いて次 レベルを跳ね上げる 強さに果てはねえ だから翼広げてる 100%止まれないぜ 欲のままにぶちまける hell virgo 痛み代償 地に堕つペルセポネの外傷 hell virgo 齧る柘榴 凍てつく大地ゆえの憎悪 声にならない怒り制御ならできない 愛憎笑み感情全部の唄でララバイ 踏んだアクセルのまま昇天もう止まれない hell virgo hell virgo 痛み代償 地に堕つペルセポネの外傷 hell virgo 齧る柘榴 凍てつく大地ゆえの憎悪 声にならない怒り制御ならできない 愛憎笑み感情全部の唄でララバイ 踏んだアクセルのまま昇天もう止まれない hell virgo

Ironic signal

歌手
Rin音
歌い出し
「誰よりも自転車を飛ばして 最悪の未来すらも壊して」 理想的主人公だな そんな春は迎えず今になる 縮まった赤い滑り台と 黄の服着て青ざめる私は 目に写る色に依存して 止まってしまっている あぁ動けないや 動けないよ 言の葉には根に意味があって 動けないや 動けないよ 枷は硬く今と過去を繋いでいる 真面目に生きれば生きるほど 無視はできないが虫の息で 捕まえることできないのに 捕まるから不公平だ Irony 貴方の聲は何故かまた 雑多な街でも訪ねてきて Irony 嘘より黒い愛でまた 包んで1人にするのね 偽りない言葉 気付かれない事が どれほど痛みを伴うか 貴方は知っていて 正解があるのも分かっていた 口にすればするほどに うちに潜んだ僅かな残り火 バースデーケーキのキャンドルみたいに いかないな消えるのは怖かった 貴方の愛は その愛は 優しさに似たような悲しさ 動けないな 動けないよ 口に出すことすら躊躇わされている どちらの心も透けた箱 中身が何かを理解してて 夜更けを棒に振っている カレンダーは不透明だ Irony 貴方の聲は何故かまた 雑多な街でも訪ねてきて Irony 嘘より黒い愛でまた 包んで1人にするのね 帰り道歩く 不覚にも記憶 帰り道歩く 君羨ましく Irony 貴方の言葉だけがまだ 胸を締め付ける Irony 大好きだよとこれからも 仲良くしてよ 「君は素敵」の言葉が貫通し 足は前に出ない単純に 日付は8月32日に 亡くした手紙の最終便

Kiss The Knowledge Knives (feat. 空音, Rin音, FARMHOUSE, ぜったくん & Kou-kei)

歌手
SUKISHA
歌い出し
(Kou-kei) これはspecial big shit! クイックにfirst kiss済ませる あのkicking back そんな知識に Friend また一人増える かける招集はプロフェッサーS 俺のマインドがソフトならばクラックすりゃフリーダム 練ったチャクラで一気にgrow up S回すブレイン とっくにget ready 向かう調子良いjourney そのだっせぇ奴の顔を見て学ぶ かっけぇ人の背中追いかける 俺がどう見られていても 結局、誰かの成長に繋がる 送るリスペクト 深くなる感謝 最高の中まで秒で上がった あの空き缶だらけのゴミ捨て場 俺はあの時そこで夢を見た thx! (Hook) Kiss The Knowledge Knives 知識のナイフに口づけを 道なき道を進む意志を 意識とハートに打ち付けろ Kiss The Knowledge Knives 知識のナイフに口づけを 切り札をただ研ぎ澄ませてbring me alive (空音) 君の生活を安易にjackする要因 Kou-kei rin音 farmhouse zetta 総動員 昨日の俺を駆り立てた衝動に プラスするのは愉快痛快な向上心 声を大に 吠えよFighter まじで興味ないんだ 滑稽で冒険0 余計なtalking もっと来いよ 専ら(もっぱら)見せてみろ 想定外で挑戦的なお前のTrying (Let's go !) カウント2.9 マット 体 沈んでく お前の裏の裏の裏の裏の意表を突いてく 奴はピーチクパーチク 魔物はリング 潜んでる 俺はここから巻き返すスリルを好んでる 検索エンジンはお前さ all right? メンタルブレイクで完全大崩壊? そのネガティブも残さず頂戴! 生まれた瞬間 合格点余裕でover (Rin音) 今宵上品なダンスにて紳士淑女踊らす IQ80にすら目線合わすverse 酒酔わす前に俺の詩に酔わす Cola割りDewar's 小気味良いリズムに乗ったESP EDWARS 逃げるように カウントダウンで 繁華街にワープ ジンとウォッカ 今日のorder 調子乗っちゃBAD ロールプレイング セーブデータ ぶっ飛ばしてsurf エンカウント Swindlerは 笑み浮かべてGame set Next scene をcコンティニュー 枷を外すように過ごしていく4season メトロノームタイムリープ 刻む音に連れて増えていったアティチュード ナイフにはbloodが付き物よ 嘘すら見抜くまなこを用意して くだらない人生も謳歌してくわ (Hook) Kiss The Knowledge Knives 知識のナイフに口づけを 道なき道を進む意志を 意識とハートに打ち付けろ Kiss The Knowledge Knives 知識のナイフに口づけを 切り札をただ研ぎ澄ませてbring me alive (Farmhouse) 俺の世界には 神様なんていねー 占い師もマジ必要ねえ 全部自分で決める 手相占え乙武で これからも何も変わらねえ 大切にしてる自分の意見 知識のナイフ鋭くなったって 傷つけちゃうなら捨てちゃえboy あなた野菜作れますか? Yes かNoか 答えはNoか そう俺が農家 耳に種撒く 土臭えDNA 君にラブ 今日も明日も仕事はねえ 仕事ねえことが仕事みてえ 不確かで見えない不安な未来 より目の前のお前抱いてたい (ぜったくん) おれのいえ 君の家ん中で録って バース蹴るの最後 KunがついたZです 旅に寄って入った温泉街抜けてgoです 行こうぜ当然寝巻きのままで 乗り込めspace shuttleに 気づかないか? 先は順調もっとBrighter Loadingで進まないなら SSDに!歌えna×7~ (えっ?全員がOK?) 嘘じゃない 全部ホントにApril True(になる) この曲このビートこのrapは名盤さ みんなのdrugさ思ったよりも ねぇ、夢で会いたくはないけど ビート上でchill 朝まで遊びたい そんなメンバー (トゥルルル) 集合 SUKISHA の手のひらの上で (Hook) Kiss The Knowledge Knives 知識のナイフに口づけを 道なき道を進む意志を 意識とハートに打ち付けろ Kiss The Knowledge Knives 知識のナイフに口づけを 切り札をただ研ぎ澄ませてbring me alive

LIFE IS GOOD (feat. VIGORMAN, Hiplin, SNEEEZE & Rin音)

歌手
GeG
歌い出し
Mic check 1.2.3 ♪〜 introduction 音が鳴ればそこは楽園になんのさ ヘタなStepだって 1&2&3 ♪〜Intersection 交わろうぜ俺らと 遊ぼうぜ俺らと 真昼間流し込むBeer Lil spice タバスコとpizza 上手くいかないが旨く食うこと これ忘却しては進まぬ 足取りと真面目はまた似て疲れて あんたがったどっこさって 尋ねたとして なんか足りねぇなとか呟いたHolidayは ミュージックに頼れこれ決まり手 BeatはGeGに決まり 体揺れだす右に左 歩き続ける日々道なり より道なき道いきなり 歌を歌うため産まれた僕に 他の使命は疲れたとっくに これだけあればもてなせるよ 溢れかえる好きな音に合わせ ただ1step 2step踏むように 愛を奏でる また安定?休憩?するより 旅に駆られるのさ 今この音があれば生きれる 根拠なんてないけど言い切れる まるで理性の歯車 外れたみたく歌い出す La la la Life is one time 後悔はもうない 知らない世界でも飛び込んでこう 誰でも Life is one time だから今はno mo cry Its gonna be all right しょげないでよ maybe きっと明日はいい事があるからさ 思い通りにいかなくたっていい 笑い飛ばしゃそんなもんは 一切合財 酒のアテ 雨上がり虹の下で歌って踊ろうよ いつの間にか空は晴れてる 雨降り地固まるように その涙にもきっと意味があるから うつむいていないで 遊ぼうぜ俺らと (Let me break it down) 流れる音 beat stereo 楽しむmellowなこのmood One step two step リズムをきざみ Grooveを崩さず右から左 イントロからメロディ繋いで 生きてればさ時に辛いね だからこそ今は笑って 俺らがついてるぜ 一期一会 人生 一回きりさ 悩んでばかっかりいないで たまには息ぬいて 大事な物は意外と近くに 形も無い物なんだろ お前の正義で俺を計るなよ 答えは生きてりゃそのうち解るかも 俺だってLife is 何?知らない 誰に何言われても気ままに 書いた歌詞 それこそ生きた証 昔に道なら無し Life is なんだろうか My paceもいいだろうか 逸れる道塞がったが 大抵はどうにかなって 今できること朗らかに 穏やかに過ごす日迷いならないって 自信もって言える 少なくとも俺らはそばにいて 澄み渡るような BLUE badlady 踊る夜のTUNE PerfectとはいかないMOON 帰り道を染めてゆく 気の向くまま街を見渡して ステップ12 足並み合わして 君が今日も笑う 俺ら今日も笑えたらばいい

LOW BATTERY BOY

歌手
Rin音
歌い出し
充電が足りない 愛で眠りたいが無理そうよ このままじゃダメだなんてように思ってしまったんだ あいつは頑張ってるのにな なんて思いながら飲み込んだあのコーヒーは 全然美味しくなくて ブルーになって 負けるなっていうメッセだって なんだかうざく感じちゃうようになってまた調子が 別にさ俺なら平気 いつもの調子 絡まりっぱなしで転がる充電器にも気付かずベッドにダイビング 緑こして赤のゲージ もう足りない 容量オーバー寸前固まる気持ち頑なに許しはない 正常なんて世の不条理 また見栄張る為にムキになる 奴の感情なんてこれっぽっちも 分かりゃしないのに 追いかけてシニカル テンション上々 表面謝謝 俺の企み 内面はいつだってさ 本当は脆い また夜が来る もう嫌気が差す 世が恐くなる みんな夜が好きなんだっけ? My world 充電中 Feeling feeling bad 何%充電中? 君んちまでいける 愛情急増中 触れる救える 0になるまで 足がもつれるまで 零しちゃったコップの中空だったら 思ったって事実ならば変わんないけど なんだか嫌ってよりなんていうかな 気になったんだただ気になったんだ 嘘を混ぜたdrink なぜかLink 繋がるし Bluetoothみたいに 意外に簡単にfeeling 騙し騙しでspeak 言葉はlip越しにspit もうバッテリーはないよ キャパオーバー本当足りてないよ 正常なんて世の不条理 また誰かを盾に突き通す 奴の感情なんてこれっぽっちも 分かりゃしないけど 追いかけて気になる テンション上々 表面謝謝 俺の企み 内面はいつだってさ 本当は脆い また夜が来る もう嫌気が差す 世が恐くなる みんな夜が好きなんだっけ? My world 充電中 Feeling feeling bad 何%充電中? 君んちまでいける 愛情急増中 触れる救える 0になるまで 足がもつれるまで もう足らないし もう止まれない 世間だけまじめで嫌になる日だ 空想の世界とか興味しかない 愛に満たされたままのパラノイア どうせ明日になれば 世界は終わり 罵倒された世界も全部 はるか遠い バッテリーが落ちたら闇の世界 焼きついた液晶からも逃れたい 充電が足りない 愛で眠りたいが無理そうよ このままじゃダメだなんてように思ってしまったんだ

metronome town

歌手
Rin音
歌い出し
ブルーライトっぽく光るあの道 高いところに届かない梯子 街はまだ眠ってる頃の話で やけに低いトンネル 響く声と僕ら以外には何もない 開けたとこにあった秘密基地 壊れるのも必然で 僕より高く伸びるあのビルに 向け何かを掴む 負けじと背伸び ほつれてふらりと 行先分からぬまま カメレオンブルース 溶けるドール 影は偲ぶれど 身は踊る 歪む街灯 背を向けてみては橙で melting building 走馬灯が流れるように この唄が物語るように 記憶だけじゃ心許ないから 刻ませて欲しくて声にする 消えないように あの街とこの街が似たように思えるのは 目に見えたものだけが全てじゃないって話で 恐れることなんてさ何にもない 怯えて動けなくなるのが怖い 身を隠す必要はどこにもないのに 擬態して カメレオンブルース 溶けるドール 影は偲ぶれど 身は踊る 歪む街灯 背を向けてみては橙で melting building 走馬灯が流れるように この唄が物語るように 記憶だけじゃ心許ないから 刻ませて欲しくて声にする 消えないように melting building 今日は美しく色を纏う街が愛されるように 言葉や絵じゃ分からないから 感じ取れるように声にする 夢とともに

midnight drive

歌手
Rin音
歌い出し
まるでロールプレイングのゲームのよう 俺がピーチなら君がマリオだろう 圧倒的逆な関係助けに来られて 情けなく救われる立場だね 俺があーだこーだと言っても 君の一言で全て決まるだろう 手元にある武器は全て無力さ ラスボスもお手上げ部下も笑うさ でも君にも弱音を吐く日があること知ったのさ 深くて暗い夜クラクションに怯えるほどの 大丈夫さ怖くないよ midnight drive あの子にむけ愛を 運転できないくらいに日を毛嫌い 夜の街が君を癒すからさ 冷えつく影時間止める midnight drive みんないいかい 凍てつく愛もしっかり溶ける 数秒のキスにハザードを 冷えつく影時間止める midnight drive みんないいかい 凍てつく愛もしっかり溶ける 数秒のキスにハザードを 無機質な缶コーヒーや 非情が怖いように 震える君も 涙ぐむ日も 隠された思い出の末路だろう ここであーだこーだと言っても 言葉の力は既に無力だろう 眠気を払いのけ頬をつねれば 現実に触れて時が動くのさ そう君にも弱音を吐く日があること知ったのさ 守れる力があるのさ今君に捧げよう 月を照らすための太陽 midnight drive 影の薄い愛を 瞑想できないくらいに霧かかる 夜の街に息を潜めたら 冷えつく影時間止める midnight drive みんないいかい 凍てつく愛もしっかり溶ける 数秒のキスにハザードを 冷えつく影時間止める midnight drive みんないいかい 凍てつく愛もしっかり溶ける 数秒のキスにハザードを

Moth Remix

歌手
Rin音
歌い出し
I know 俺には力がなくて 世界を変えれない事も解ってる だけどまた僕らは夜に光って この夢は醒めないと思う 蝶のように華麗には羽ばたけなくて 上手く生きれない事も解ってる だけどまた僕らは夜に光って 誰よりも高く飛ぶ 月も沈む ステージの裏 目を逸らし 自分に問う 失ったもの数えるには指が足らない 未だに分からない 急激に当たったスポットライト 次第に変わる君のトークの内容 あの時のあの場所は心地良いんだけど いつまでもそこにいるわけにはいかないしな パンピー育ち親不孝でゲロ 評論家過多出てしまうヘド 偏見とネガのハッピーセット あの日愛した文化が安く見えるよ 無観客ライブは3年前から継続 ジャンキーとヤンキーをカメラマンに変更 バイトとライブ以外空だった予定帳 世論の洗脳から身を洗浄 I know 俺には力がなくて 世界を変えれない事も解ってる だけどまた僕らは夜に光って この夢は醒めないと思う 蝶のように華麗には羽ばたけなくて 上手く生きれない事も解ってる だけどまた僕らは夜に光って 誰よりも高く飛ぶ たった1ステージで全てが変わった夜 俺はリスナーからプレイヤーに転向 ここまでの尊敬を捨て去ってステージオン つまりプレイヤー言いたいことは曲で言う なんて強がれるほど俺は強くない このリリックも宛先が俺であるように 多分この曲を聴いてお前は笑っていて 笑えない日は踊れるようになるといいよ 警告 いつか誰しもがなるプレイヤー そのタイミングってのはいつも不正確 だからこそ今たまる日々の憂いは 自分自身で切り刻まないといけなくなる 最後に俺に忠告 魂には限りがある この声もいつかセミのようになる ベッドの横にあるネガを排除 I know 死にたくなったら制作しろ I know 俺には力がなくて 世界を変えれない事も解ってる だけどまた僕らは夜に光って この夢は醒めないと思う 蝶のように華麗には羽ばたけなくて 上手く生きれない事も解ってる だけどまた僕らは夜に光って 誰よりも高く飛ぶ

Myth

歌手
Rin音
歌い出し
条件反射だ 言葉にはできない想いが詰まる夜 祈りにもならない不安が募る夜 僕らどうにもならないよ 冷えた空気が天神地下街を満たす いつもより君は怒りを込めて 綺麗に身なりまでも整えて ヒールにネイル指まで揃えて 美しくなったのに気づいてた 千早箱崎すぎる窓ガラス 見てたのは景色とかじゃなかった あと少しのいつか越えるまでは 僕は才を呪う 君はギターを弾く、タバコを吸う 切れない縁は煙になる いつか恋に落ちる、酔いが冷める 僕ら知らない2人になる 明日は今日を呪う、街が2つ 線路が日々を繋いでいる ダサい歌を歌う、傷を晒す 知らないことが1つ増える こう歌えたらなんて思う朝が増えて きっと夢の轍を今も見ているのでしょう 理想に近づくコーヒーカップと 洒落たカフェ態度艶かしく 額縁で飾るイラスト 棚の中に捨てるように詰め込む思い出 博多駅前に思い出はない 福間駅前のベンチ今はない 過去の思い出の場所はつまらない これが人生だそうだ仕方ない あのアーティストほど上手く歌えない あの俳優ほどカッコよくもない あんなやつみたいなドラマすらない つまりしょうがない 何を呪う 君はギターを弾く、タバコを吸う 切れない縁は煙になる いつか恋に落ちる、酔いが冷める 僕ら知らない2人になる 明日は今日を呪う、街が2つ 線路が日々を繋いでいる ダサい歌を歌う、傷を晒す 知らないことが1つ増える 条件反射だ 言葉にはできない想いが詰まる夜 祈りにもならない不安が募る夜 僕らどうにもならないよ 冷えた空気が天神地下街を満たす

Naked Loving Summer

歌手
Rin音
歌い出し
煮詰めた言葉で 今日の僕も想いを寝かせそうだ 味が染み込んで いつでも形にはなるのさ やけにいい景色 似合わない風貌 夏に血迷ったカンカン帽 バチイカすビートに 流れるフロウ 俺なりのアンサンブル 青い地球が僕を急かし回るから 君の心が掴めずにいるのさ Naked Loving Summer もう隠すことはない 煤けた肌に肩寄せて Ah ラジオ越しに揺れてる君の手を 掴むように酔いたいんだ ちょっとドキドキ 触れる手伏せる目 気づきゃ日は暮れるね Oh 束の間の君の視線を 逃さずウィンクして愛を伝えよう そんなことしてちゃだせぇ? 気になればググれ恋する日々で 皮肉的愛伝える定め 送信はできず相変わらず空メール しれっと日々が過ぎて もやもやがいつもど真ん中で 匂わせを兼ねたツイートしたって 無駄だからね 言わなきゃ始まらないね Baby ねぇやなくらいに晴天だ 今夜こそは Baby もう愛してると 言いたいんだ だから蒼い地球は息を殺しニヤついて 僕の心は早く動き出すんだ Naked Loving Summer もう隠すことはない 煤けた肌に肩寄せて Ah ラジオ越しに揺れてる君の手を 掴むように酔いたいんだ ちょっとドキドキ 触れる手伏せる目 気づきゃ日は暮れるね Oh 束の間の君の視線を 逃さずウィンクして愛を伝えよう そんなことしてたくて 気になってググる恋する日々で 遠回しなことなどしないで 付いてきての一言をいえばいいのさ Naked Loving Summer もう隠すことはない 煤けた肌に肩寄せて Ah 風で揺れて微笑む君すらも 奪うように酔いたいんだ だから Naked Loving Summer もう隠すことはない 煤けた肌に肩寄せて Ah 酔いを覚まして 君を見て月が 綺麗だと言いたいんだ

overzone

歌手
Rin音
歌い出し
I'm player1 I'm player1 COMくらいじゃもう追いつけない 経験論なんてもんもうアテにならない くらいに現実の中でも夢見てる 突破口ゼロに近くても悪くはない ゲージ瀕死に近くてもラックでalright 一般兵の快進撃スタートボタンでショータイム ステータスが低くても気にならない だってさ 関羽とか呂布とか趙雲とか跳ね飛ばし次のlevel 敵とか見えちゃない赤兎馬乗りこなしBOSSに迎撃 黒魔法 魔の波動 躱して 使いこなす見事命中 見えてる 逃げてる心に 恐れていたんだ 違くてみんな良い そんなの知らない 自分にないものが欲しくて仕方ない 枯渇した魂 欲望のままに クソみたいな愛を歌うの ありふれた今と 不確かな今日を このままいけば forever 夢は何処 目覚めを繰り返す この世界は 狭めてる可能性に求めたいんだ give me give me overzone give me give me overzone もういっそ超早いspeed目に止まらんsteelo ハバネロ刺激も足りないくらいにfeelよ あの日の悲劇も今ちょうどいいthinkと 思わせるHEROになるための決闘 今の敵も全部明日の君が勝つため 時計の針が0を指して日は沈んだままでいい 地図がない世界で必要なのは運となんだっけ 俺は知らないままでいい 俺は知らないままでいい ねぇfloating darling 浮ついた愛 東京だってどこだって答えはない 催眠行為 挑戦的BOY 逃げたい時には逃げちゃいたい みんな違くてみんな良い そんなの知らない 自分に無いものが欲しくて仕方ない 枯渇した魂 欲望のままに クソみたいな愛を歌うの ありふれた今と 不確かな今日を このままいけば forever 夢は何処 目覚めを繰り返す この世界は 狭めてる可能性に求めたいんだ give me give me overzone give me give me overzone ありふれた今と 不確かな今日を 握り締めては 声で叫びたいの 殴られ傷ついたこの痛みも 喜びと綺麗に残したいの give me give me overzone give me give me overzone

qualia

歌手
Rin音
関連作
ドラマ「Sister」主題歌
歌い出し
qualia 今願いは2人を繋ぐ この愛情が、感情が実りますように qualia 夜の隙間 忍び込んだ淡い偶像が 脳を動かした 不健康な生活がグルグル続く 粗大ゴミみたいにリサイクルされてる 秒針が止まって見えた 空っぽな夜は誰が埋める 聡明な君は何を求める どうして嘘は、どこから漏れるの qualia 今願いは2人を繋ぐ この愛情が、感情が実りますように qualia 夜の隙間 忍び込んだ淡い偶像が 脳を動かした 君に感じた特別は今も体の中に トキメキとして残っているんだ その割には無愛想に進むこの日常を できれば抱きしめてほしいよ 好きと嫌いの境目が 自覚できないのに存在してる ねぇ思ってもいない答えでは 納得がいかないの分かってね これから2人歩むとか ボヤけた表現じゃ誓えないや もう呪いにちかい思い出が 縛り付ける日々を愛せないや だから僕ら声を求める 空いた隙間 傷を埋めるように qualia 今願いは2人を繋ぐ この愛情が、感情が実りますように qualia 夜の隙間 忍び込んだ淡い偶像が 脳を動かした もう一度願うならば 出会うならば せめて幸せに どうか祈る今日が 昨日よりも せめて幸せに もしも叶うならば 笑うならば 必ず2人共 過去が消えぬならば 痛むならば せめて2人共

raspberry (feat. A夏目)

歌手
Rin音
歌い出し
来世でほなまた来世で 逆再生に映るほどのスピードで 回る目は青く光らせて 夜は街角見つめる三等星 君の好んだ香りの金木犀 ちょっとそっぽ向いたようなニヒルな歌詞に 心打たれてるのかもね 星はいつも朝塵になって この目にはいつも映らないなんて 捻くれたお前みたいで 大小はないが代償は愛 不意に呟いた話題しょうもない ウィークエンドまた甲斐性がないけど 妖怪のせい妖怪のせいだよ あぁもうどうだっていい 世間のヤジもどうだっていい 因縁や罵倒も 先生の感情も 人間の使命も どうだっていい今 何も知らない 君のことを知らない 別に洒落たとこじゃなくていいの 気が済むまで midnight sweety raspberry この歌詞の意味もきっと 曖昧にするrhapsody 互い違いの愛を吐露 愛撫するように 何十年後 時代が巡っても やつの悪口を言おう 僕と夢だけをみよう あいつよりも先に乗るクルーズ船 多分きっとでやしないぐうの音 悪くはないし楽しんでたい 夜更け君の甘いような対応 邪魔なものは控えおろう 君の一つの仕草でエラーが起こるなんて なんて不出来なんだろう midnight sweety raspberry この歌詞の意味もきっと 曖昧にするrhapsody 互い違いの愛を吐露 midnight sweety raspberry 過ちもいつかきっと 正解にするrhapsody 抱きしめたい思いをずっと 愛撫するように

sleepy wonder

歌手
Rin音
歌い出し
六畳一間に ダラけきった3分 木枠の窓に 垂れ下がったPants 黒電話にkiss ダイヤルが回る 端に置き去りにされたビデオテープ まあこんなもんか カレンダー覗いて 記憶にある日ってほんのこれぽっちだ 嘘を確かめる ブラウン管を覗いて アベックだった日々にただ巻き戻してよ なんてさ 絶え間なく 感情は動く SleepyWonderGIRL And SleepyWonderBOY 曇りガラス映る僕の姿にスマートは似合わないのさ 今夜全て忘れよう 引き出しに鍵をしよう 君のためにある2畳 ネコ型去ってご来光 古臭いアイデアを ポケベルにしまい込もう 暗号 11014 流れるInstagramのページ 忘却の惑星はPOKER FACE 泡のはじける瞬間のフレーズ 嗚呼sleepy wonder 昭和 昭和 消えた3cm手前のyell 想い残したカセットテープ 再生ボタンに冷え切った手 嗚呼sleepy wonder 昭和 昭和 もういいやって呟くと 距離が短くなる気がした たわいもない愛を 使い捨ての愛を ディスコじゃこの曲はかからない だけどもういいやって強がれば 氷が溶けるのも知ってた さめて薄まった あの眼差しは 線を濁して霧に触れた 嗚呼もう 煙い夢の中 SleepyWonderGIRL And SleepyWonderBOY 障子越しに見えた君の影には鼓動などありゃしないのさ だらしなく伸びたヒゲ えらくやつれてる声 少し荒っぽい機嫌 シワが集まってる眉間 ラジカセに残ってる あの日を思い出す歌 二度と聞けないようにしよう 流れるInstagramのページ 忘却の惑星はPOKER FACE 泡のはじける瞬間のフレーズ 嗚呼sleepy wonder 昭和 昭和 消えた3cm手前のyell 想い残したカセットテープ 再生ボタンに冷え切った手 嗚呼sleepy wonder 昭和 昭和 流れる時間で 色が溶ける街 あの子の隣は 小綺麗な誰か 透けだす記憶を 忘れてはくれないか 携帯が唄う あの日々は昭和 流れるInstagramのページ 忘却の惑星はPOKER FACE 泡のはじける瞬間のフレーズ 嗚呼sleepy wonder 昭和 昭和 消えた3cm手前のyell 想い残したカセットテープ 再生ボタンに冷え切った手 嗚呼sleepy wonder 昭和 昭和

snow jam

歌手
Rin音
歌い出し
Loadingで進まない毎日 上品が似合わないmy lady Morning ただただ浮ついて 日中も淡い夢を見る ねえ今夜は急いで行く 愛情に満たされる日 二人静かに どうせ奥手ろくでなしの机上のストーリー なんて誰も気にしないように Good night baby 淡い夢の中 淡い夢の中だよ 街は気づけば光で満ちてるし いつもより少し人で混んでるし って思ってみた鏡の中の自分なら 変わらないああバカみたいだな Good night sleepy おはようの言葉を 考えてはただ夢を見て 濃い濃度の想いに蓋をして Feel you. I really care about you. 甘く溶けるsnow jam 君を満たすsnow jam snow jam snow jam snow jam snow jam loopする考えはいつも以上で あの街までの足取り重くて 本当に来るかな嘘じゃないのかな って余計な心配が駆け巡る 皆は携帯片手に愛を奏でてる 現代的LOVER ネオネットヤンキー いつもはね。だけど素敵ねって あって言われたいから会いに行くのさ 今日はうまくトーストも焼けたしさ 靴紐左から結んだしさ 家の鍵もきちんと閉めたんだ こたつを消したかは不安だけど なんとなく好きな気持ち溢れた 君のこと好きだと知った日から 忘れたことないってか忘れられない バカでもいいこの思いは伝えたいから Good night sleepy おはようの言葉を 考えてはただ夢を見て 濃い濃度の想いに蓋をして Feel you. I really care about you. 甘く溶けるsnow jam 君を満たすsnow jam snow jam snow jam snow jam snow jam Good night sleepy おやすみの言葉を 考えてはただ夢を見て 濃い濃度の想いが溢れてて Feel you. I really care about you. 甘く溶けるsnow jam 君を満たすsnow jam snow jam snow jam snow jam snow jam Loadingで進まない毎日 上品が似合わないmy lady Morning ただただ浮ついて 日中も淡い夢を見る ねえ今夜は急いで行く 愛情に満たされる日 二人静かに

SNS を愛してる

歌手
Rin音
歌い出し
少し洒落っ気づいたフリして 家でながしてるVHS どう?僕ってお洒落でしょ 画面越し偽物のストーリー Instagramは既に君が見てて もう十分満足げ でも現実は大差ない話しさ 録画済みのとっておきは決まってブルーレイ Ring a Ring a bell Ring a Ring a bell tinkerbell も待ってる 鳴ってるTEL 何分待たせる? Ring a Ring a bell Ring a Ring a bell ちょっとまってて インスタ映え ごめんお待たせ 全く嘘ではないよ なんて見てられないよ 丸い角砂糖 苦くて飲めないよ 大人びた君が好きなんじゃない 乾涸びたシミを愛してた このまま明日のように過ぎ去って 愛した過去も薄れていって 記憶をペンでなぞり濃くして 虚しさだけが溢れかえってる I loved you darling 愛してたdarling 消せないLine Talking to. About me. You were my honey 愛されたhoney 繋がらないLine Never looking back with. ねぇ一体何が本当の目的 ねぇ一体何が愛情のものさし 時計は3時を回っているのに 変身はとけない 精神は12時前 Ring a Ring a bell Ring a Ring a bell SNSで適当に呟いた好きの言葉で愛が深まるって Ring a Ring a bell Ring a Ring a bell ねぇtinkerbell 死ぬほど愛してもまだ死ねない このまま明日のように過ぎ去って 愛した過去も薄れていって 記憶をペンでなぞり濃くして 虚しさだけが溢れかえってる I loved you darling 愛してたdarling 消せないLine Talking to. About me. You were my honey 愛されたhoney 繋がらないLine Never looking back with.

So Far

歌手
maeshima soshi & Kai Takahashi & Rin音
歌い出し
タイムラインは今日も雨 マスクを取れば同じ顔 余裕な素振り お上手ね 吐き出せばほら また空回り 知った気になって すぐ足りなくなって 他愛も無い愛を また口にするんだ 似た者同士の 馴れ合いなんて いっそ全部壊してしまえよ 君との距離さえもう掴めない 彷徨ったまま もう戻れない Are you kidding me? 冗談ですら 上手く笑えなくなってしまう前に Tell me why... 似たり寄ったりだなんて一大事じゃん 距離×不安=膨らむのに この突発的な行いすら どう転ぶかみていて危ういのよね ソーシャルディスタンス的関係 今日もまた誘えずして断念 網膜にあなたが写って 会場皆騒然だよ 磁石みたいだって 誰かが言ったって 君と僕が似てたら くっつくことが出来ないからさ 嫌だなその関係 何言ってんだっけ 近いようで足下綱渡り 君との距離さえもう掴めない 彷徨ったまま もう戻れない Are you kidding me? 冗談ですら 上手く笑えなくなってしまう前に Tell me 「もしもしえっ、あ 聞こえる?今日はさ」って話がちょっと冴えてる 「ご近所にパン屋さんが出来てさ朝からなんかちょっと並んでる」 明日の予定はないって言ってるが気持ちは今だにビクビクしてる 「もしよかったら」の口癖とともに「君に会いたいんだ」 君との距離さえもう掴めない 彷徨ったまま もう戻れない Are you kidding me? 冗談ですら 上手く笑えなくなってしまう前に Tell me

specter wedding feat.A夏目

歌手
Rin音
歌い出し
運命の人ってなんていうか 夢で見たいし 触れてみたいし 既に居たりして でも偶然に出会い恋もするんだ 嘘ではないし まだ知らないし 愛していたいよ って考えで現世は消灯中 壁を頼りにしてる YouTuber,Vtuber 優柔不断 どれも大変だな ghoster marry you. need you. yeah 君と何度も旅をする 病める時も 怒る時も 健やかなる時も永遠に ghoster I really feel you. 誓いを果たすためここにいる 何を得てもこれがないと 苦しさを抱えるそばに もうすぐに消えそうな あの星の光になれるならもう一度 ずっと愛された 眠れないバケモノの 無謀なコンテニュー 暗いランデブー 星がひとつ壊れた夜に ひとりぼっちで踊った街 愛と息の取替えっこで ダンスパーティーが始まる いつも真っ白なその目から 涙零れ落ちないように 優しさで抱きしめたけど 君を驚かしてる ghoster marry you. need you. yeah 君と何度も旅をする 病める時も 怒る時も 健やかなる時も永遠に ghoster I really feel you. 誓いを果たすためここにいる 何を得てもこれがないと 苦しさを抱えるそばに specter wedding みんなどうにかしたがってる specter wedding 上司にどうにか従ってる specter wedding いたずらに愛して愛され息をして この街で未だに君を見てる あの星が壊れてnightmare 連絡の更新は毎度エラー Oh my godだ 生まれつき笑顔は苦手な僕だけど あのバラエティーは面白いな 隣には天真爛漫で 微笑んだ貴方に見つめられて Oh my loveだ

Summer film's feat.クボタカイ、空音

歌手
Rin音
歌い出し
to 隣街 電車待ち 「えっ、いやちょっと待ってくれよこれどっち?」(あっち!) 到着地 is 未踏の地 線路越しのビーチ 伸びる畦道 (ぷしゅ!)「熱っち~」サイダァ1口 予定は未定 防波堤の奥地 夏疾風 なびく髪と顔立ち ふらっと立ち寄った喫茶店でランチ “あーもう!なんなんこの生き物可愛すぎるわしんどい”って テレパシーで しれっと 伝わってくれりゃいいのに not my girl、言えないな “この一杯終わったら言っちゃいな” 「美味しかったありがとうね!」 「喋りすぎてしんどい(笑)」って 笑い合って「じゃあ出よ」ってそっと椅子を引くとき 「あのさ、今日誘ったのは、笑わないで聞いてくれ」 I want you. Get you. ガムシャラなloveに夢うつつ 見栄えの悪い景色すらso good 目まぐるしく回る日々emotion 今年の夏は熱くなるよな 明日の天気は晴れになるかな この想いは変わらないから 君をずっと愛してるから 次会えんのはいつだっけ イーアルサンスー(1、2、3、4) できないよ足し引き知んない算数 浮ついちゃう講義中は君に目線集中 空中にはハテナ浮かび青い春を吸収 やっとこさで交換したラインも 素っ気なかったりハート付いてたり 「ねえコレって実際には脈あり?脈なし?」 グーグル先輩によるとない事もないらしい!? 「隣街の海岸沿いは花火が上がるらしいよ」 そいつは行くしかねぇしチャンス二度とはねぇ この子逃せねぇならしっかり誘っとけ! この意気地なしもやがていつか終わりがくるらしいよ かけるTEL夏の性駆け抜ける夕暮れ 「あのさ、もしよかったら」 I want you. Get you. ガムシャラなloveに夢うつつ 見栄えの悪い景色すらso good 目まぐるしく回る日々emotion 今年の夏は熱くなるよな 明日の天気は晴れになるかな この想いは変わらないから 君をずっと愛してるから 夏の日差しの下 まだ溶けないでかき氷 ビキニ似合うhoneyの隣 ハニカム 良い調子 いわく付きの103号室 ロビー check in 火照る君と僕とホテル “ベットタイムキャンディー” (2) 抱いて honey , partyは遠に , 終わり LINEの通知はスワイプ sunday morning 愛でfall in 影でこっそりとかね 安定志向でいくなら 2人 まず 海へ飛び込め 最終回の予定は 今の所ない 去年の 夏はさ 彼女が 欲しいとか ほざいてた あいつが手を引くのは俺が狙うgirl って お前も 惚れたか… これは手が焼けますなぁ 清掃員のポカリ 奪って 走り出したらあ! 砂浜にて汗で濡れた髪が靡く君を想う ホッと 一息つく暇もないのねって もう 愛してんぜ 音色 your my baby アルコール5%くらいで酔っちゃう前に I want you. Get you. ガムシャラなloveに夢うつつ 見栄えの悪い景色すらso good 目まぐるしく回る日々emotion 今年の夏は熱くなるよな 明日の天気は晴れになるかな この想いは変わらないから 君をずっと愛してるから

Summertime (feat. Rin音)

歌手
FIVE NEW OLD
歌い出し
You got my heart I'm head over the heels in love When we looked up the stars it made us fell so alive It always Pulls me back to the season of sun I can't stop falling love Summertime summertime Every time I'm dreaming of Summertime summertime Ah Ah Just You and I Ah Ah In the summertime summertime yeah 上書きのできないセーブデータと 埋まらずのスケジュール通りの 日々は進んでいく まだ動けないでいる 夜更け過ごすまだかろうじて 風鈴が夏を告げて街へ trip on my mind. 夢見心地さ 腕振り Run 記憶辿って よく覚えてる 昨日の出来事みたいに写る もし地球が2つ あったのなら君はどうする この思いを制御する 方法が傷に眠ってる 首筋に君の香りが残る 話はあの夏の頭に戻る I can't stop falling love Summertime summertime Every time I'm dreaming of Summertime summertime Ah Ah Just You and I Ah Ah In the summertime summertime yeah Ain't no wishful thinking Yeah Yeah Yeah Yeah Yeah Yeah Yeah Nowhere I'd rather be Oh baby I just wanna be with you 夢じゃないが現実じゃないんだ 触れた愛をセピアと呼んだ 君が泣いた僕は叫んだ なぜか記憶は笑っていたはずだ 待てないな君を見てたいんだ 臭いセリフと皆は笑った 蒸し暑いな息苦しいんだ この時間が進むまで その日まで I can't stop falling love Summertime summertime Every time I'm dreaming of Summertime summertime Ah Ah Just You and I Ah Ah In the summertime summertime yeah

sunny hunny

歌手
Rin音
歌い出し
2021年もあっという間に終わっちまって これ聞くお前はいつ聞いてんの連絡を頂戴 改めて見ればどの年も色濃く残ってて たしかに去年よりちょっと成長して見えちゃってる いつか俺らってdaddyになる日が来るのかな asmiやladies達の場合はmummyだぜ?Are you all right? なりたくはねぇってずっと昔から思ってた 嫌な大人にはならず進化してます大丈夫 理解なんてものはとうにないが同情の誓いなんてものなら don't need don't need don't need yeah 映画みたいなlast dayじゃなくていいんだけどさ フィルム映えする虹の日々 sunny hunny これから先の地獄も 極楽や気楽に sunny hunny たまにはさ全部忘れて 踊り狂おうぜ兄弟 ノスタルジックなんて言葉が似合う日が来るのかな 結局は曖昧な記憶をカッコつけるだけさ まぁなんか何となくふらっと集合的なメンツだしさ 再会大体互いが大概多々耐えがたい対面さ バイバイ! クボタ、Shunくん、ICARUS、A夏目 その他諸々 思い出ポロポロ どこか遠い記憶っていつだろ 逆に昨日の晩飯なんだろ パッと出ないが捻れば出るのよ 蛇口見たいに景色がたくさん ここんとこの調子も悪くない 古今東西昔話 今更になって思い出すな 傷つけた過去 君たちにもあるのかな アルバムの写真の中には入れないから 幸与うため歌唄う sunny hunny これから先の地獄も 極楽や気楽に sunny hunny たまにはさ全部忘れて 踊り狂おうぜ兄弟 sunny hunny 無責任で悪いけど 君ごと巻き込んで sunny hunny 今日くらい全部忘れて 踊り狂おうぜ兄弟

Sweet Melon feat. ICARUS

歌手
Rin音
歌い出し
今日はちょっとノリノリで 君と飛び降りて 知らない街でも行ってみたいさ あっという間にほら飴玉は溶けてく 瞬間はまるでさバブルタイム 僕の家で炊くお香や ゲーム中の小ジャンプ ハートすでにノックダウン 心カギを交換 いつにまして心寛大これは君のせいかな 今は何されても許せそうだな 壊れかけたブリキひとつ愛されてる握られてる 根拠ない優しさでもすがる程に愛してるのさ これほど愛したことはないよ 君の美しさは宝石みたいだ なんてにやけて言うくさいセリフごと 愛してほしいのさ milk coffeeにsugarを落とすくらい 甘く甘く影と踊る2人 メフィストフェレスもあっと驚くくらい 時間を飛ばして旅しよう 昼のコンビニで口ずさむメロディ 止まることなく溶け合う2人 アリストテレスも思い付かないような very sweet pop candy time baby君と居れば映画のワンシーンのように様変わりする僕の街 walk to city あっちこっち 煙草とiced coffee 僕には君がfavorite 永遠の物語 都会の夜のpasta shitも凌駕しちゃうfantasyさ 眠れない夜をかき消してくれ My love only you 他になんと言う きっと夢の中でもgood feel 街の喧騒も置き去り 乗り込むスペースシャトル 月のrabbitも追い越すよwith you 今日はどこに?ってそれは秘密だよ milk coffeeにsugarを落とすくらい 甘く甘く影と踊る2人 メフィストフェレスもあっと驚くくらい 時間を飛ばして旅しよう 昼のコンビニで口ずさむメロディ 止まることなく溶け合う2人 アリストテレスも思い付かないような very sweet pop candy time きっと夢の中でもgood feel 街の喧騒も置き去り 乗り込むスペースシャトル 月のrabbitも追い越すよwith you 今日はどこに?ってそれは秘密だよ milk coffeeにsugarを落とすくらい 甘く甘く影と踊る2人 メフィストフェレスもあっと驚くくらい 時間を飛ばして旅しよう 昼のコンビニで口ずさむメロディ 止まることなく溶け合う2人 アリストテレスも思い付かないような very sweet pop candy time 時計の針が少し止まるくらい きつくきつく抱きしめあう2人 メフィストフェレスもきっと許すくらい の笑顔のままで口づけを 夜のコンビニで口ずさむメロディ 少し照れくさくはにかむ2人 アリストテレスも恋に落ちちゃうような very sweet pop candy time

swipe sheep

歌手
Rin音
歌い出し
3秒間の不条理 栗色のシャツに身を包んで 孔雀草がゆらり 好きと嫌いを分かつように ふっと思う瞬間に 嫌悪感は爪を立てるように 不快感がふわり 今宵も言葉にならないよ だってさ 夜が明けぬ間に 開いた眼は 月を白く夜を黒く映し これほど綺麗に表せるなら 送る分に迷いなどないのに 愛ほどたわいない話 からかいは不快じゃない 絶え間ないこの感情に 換えはない そう思うのに 流れる一二三 swipe & sheep 止まれ この指の先 swipe & sheep 夜明け 遥か彼方に swipe & sheep 眠れ 陽が沈む街 swipe & sheep swipe & sheep この街には羊がいない 迷えるように逃げるように 感情はそれを見逃さない 異次元の恋を歌うように 鬼灯のような火を灯そう 月が曖昧だと知るために 灯篭に人生を重ねよう 揺れる美しさを知るために 夜が少し老け 開いた眼は 月と夜を混ぜて水に映し 濁る色味と心重ねては 数時間の迷いこそアイロニー 愛こそたわいない話 咲かない花だってない そうじゃない? 本当は少し怖い その感情と流れる一二三 swipe & sheep 止まれ この指の先 swipe & sheep 夜明け 遥か彼方に swipe & sheep 眠れ 陽が沈む街 swipe & sheep swipe & sheep 3秒間の不条理 栗色のシャツに身を包んで 孔雀草がゆらり 好きと嫌いを分かつように ふっと思う瞬間に 嫌悪感は爪を立てるように 不快感がふわり 今宵も言葉にならないよ

What's up

歌手
Rin音, クボタカイ, asmi, A夏目
歌い出し
気温ならば22.5℃ 眠たい目と良い天気の予報 背伸びから冷蔵庫の横 どのjam? トースターにはお馴染みのbread さて今日は何をしよう? ネット、game、movie、musicはお決まりのflow 重い腰を持ち上げて ダチ呼び出し外に行こうか また夏はfishingからBBQ 冬はスノボ決め込みfeeling good 前、年がら年中I hate you とか言ったが今は笑えている 人生も音楽も 余白が大事だと思う 少ない大事なモノ、そっと抱き寄せた 「まあいっか」 Hey! What's up man? 溜息じゃなくて ah yeah 一息つこうぜ 健やかなる時もchill out boys 病める時も私 chill out girls Hey! What's up man? 越えれない壁に ah yeah 立ち向かいたくて 健やかなる時もchill out boys 病める時も私 chill out girls 相対、彼に会いたいtimeに押し寄せる波に相対 もしかしたらサーフィンで 海、山、川越えちゃいそう そしたらさ20分くらいで君のとこに着くよ そっちの海はキラキラなんでしょ そこで2人ボーっとしたい かけがえのない日々にしては傷付きすぎだけど それを青春と割り切ることくらいできる気がする 僕の前世までは超傑作とか 明日奇跡が待っているなら 飲み込めることで溢れてるけど そんなこともないよな 「まあいっか」 Hey! What's up man? 溜息じゃなくて ah yeah 一息つこうぜ 健やかなる時もchill out boys 病める時も私 chill out girls Hey! What's up man? 越えれない壁に ah yeah 立ち向かいたくて 健やかなる時もchill out boys 病める時も私 chill out girls 我々持ち前の重い腰 体が硬くなる思い込み 心残り、とある都会の5時 まぁそんなに気にすんなよchill out boys 言葉に行き詰まる田舎の路地 街並みはこんなに狭いのに 嬉し泣き、たまにすれ違い 急ぎ足を止めてchill out girls Hey! What's up man? 溜息じゃなくて ah yeah 一息つこうぜ 健やかなる時もchill out boys 病める時も私 chill out girls Hey! What's up man? 越えれない壁に ah yeah 立ち向かいたくて 健やかなる時もchill out boys 病める時も私 chill out girls

ネオネットヤンキー

歌手
Rin音
歌い出し
We are loading ネオネットヤンキー 悪魔の世界にお邪魔します We are loading ネオネットヤンキー 愛しているとは言えないのさ We are loading ネオネットヤンキー あなたの隣で夢を見ます We are loading ネオネットヤンキー We are loading ネオネットジャンキー 前世の仕事は働きアリ カタコト英語使い会いたい 拙い文と気分並々 冴えない夜通知にララバイ 頭のおかしな企み だけど手放せないようなラクガキ これは後世に注がれるような呪い ただ本音を呟くおまじない なかなか眠れない夜に 言葉たちが空でまた踊り出す ストーリー人目に付き書けてない インターネットに縛られてる手紙に 監視Love 情報的強者 きみん家のおやじが寝る時間まで知る 3時間強のライブ配信 寝る時間なんていらないね君に夢中 裏垢戦闘準備なら良好 地元の宗吾もツイッターに投稿 考えてくほどに増えてく今日も また寝れないやほらまたやっちまった We are loading ネオネットヤンキー 悪魔の世界にお邪魔します We are loading ネオネットヤンキー 愛しているとは言えないのさ We are loading ネオネットヤンキー あなたの隣で夢を見ます We are loading ネオネットヤンキー We are loading ネオネットジャンキー We are loading ネオネットヤンキー We are loading ネオネットヤンキー 悪口まみれで夢を見ます We are loading ネオネットヤンキー 使いっぱなしでキリないけどね

ビビデバビビ

歌手
Klang Ruler feat. Rin音
歌い出し
Beep Beep、キミ。まだ通知ON すぐに チェックしてしまう なぜ? Ring Ring、つながらないPhone 着信 残してしまう なぜ? ロンリーナイト 暗い部屋 あなたのストーリーストップして 揺れてる気持ち私だけの (秘密) ムーンライトまで逃避行 夢でも行こう 君にまた会えるなら カーペットきらめきライド 夜空フライト 繋いだ手と手 ビビデバビビ I love you 魔法かけてよ 僕たちに ビビデバビビ I love you どうか醒めないで お願い Tick-Tock, Tick-Tock キミ 見上げるClock すぐに 帰りたがるのは なぜ? Zip it Zip it, もう キモチはLocked 最近 話さないのは なぜ? 懐かしいな 君と取り合ったねポップコーン 懐かしいな ビビってばっかのアトラクション いつまでもリメンバーユー ムーンライトまで逃避行 夢でも行こう 君にまた会えるなら カーペットきらめきライド 夜空フライト 繋いだ手と手 ビビデバビビ I love you 魔法かけてよ 僕たちに ビビデバビビ I love you どうか醒めないで お願い ロンリーナイト星空 願うよストーリーの続き あなたに届け 私だけの秘密 ムーンライトまで逃避行 夢でも行こう 君にまた会えるなら カーペットきらめきライド 夜空フライト 繋いだ手と手 ビビデバビビ I love you 魔法かけてよ 僕たちに ビビデバビビ I love you どうか醒めないで お願い

フラッシュバック'82 feat. Rin音

歌手
Deep Sea Diving Club
歌い出し
僕は優しさの道化 どうせ くるくる回り踊るピエロ 懐に隠したナイフ 使う時は来ない 君はきまぐれの権化 てんで意味を成さないデートプランと 笑顔に託したメッセージ 分かる時は来ない walk alone in the midnight stand alone tonight フラッシュバックした痛み 不意にどこかへ逃げ出したくなる 忘れていたことも 怖くなるくらいに チルアウトが終わり これから僕らは2人きり アダムとイブみたいだね このままでずっと 甘噛みした唇に嘘の癖を見抜く 水槽のブルーギルがうねりを待つ 盤を回して音で満たしたワンルーム 香水と鱗粉 Day また酩酊でstay このベース響く頃胸が痛い 上品とかけ離れた生活が額縁 昼夜問わず絵になる フラッシュバック'82 見たくない現実がstage2 誠実に生きてても連日 有り余る空想に追われて夢を見る 我々は似て非なる子 永遠に理解などできないと アダムが呟いてイブがうなずく うなだれて齧るリンゴは蜜の味 僕らはいつまで経っても 同じ自分のまんま このまま何年経っても 変われない いつまでも フラッシュバックした痛み 不意にどこかへ逃げ出したくなる 忘れていたことも 怖くなるくらいに チルアウトが終わり これから僕らは2人きり アダムとイブみたいだね このままでずっと

ぼくはくらげ (feat. Rin音 & Kou-kei)

歌手
SUKISHA
歌い出し
(Hook) どうでもいいことに腹が立つ夜は あなたの声だけに耳をそば立ててたいな どうでもいい人に傷付いた夜は 洗い流して朝になるまであなたにくっついていたいな ぼくはくらげ ぼくはくらげ あなたの側で揺れる ぼくはくらげ ぼくはくらげ (Kou-kei) 行き場ない怒りでバグって過去の中を生きて更にgain 興味もないけど聞き流せない言葉出てはブレる 身体走る衝動 頭冷やすシャワー 思い切り駆けるpotion 雑に減ってくパワー 空気に負けたくせに邪魔なプライドが邪魔をする その場出ないwordsが今になれば溢れ出る すぐに寝れず 君にかける電話は愚痴に溶けたけどまぁ 君はまるでcomedy movieのようにtalking 嫌な記憶は全部 君の声で埋める 正気じゃない奴 相手したとこでもう無駄 押し付けんな歪んだ価値観 親身なフリで喋りたいだけのタチ悪いマウンター Diving 深いとこに潜り闇に漂白 Cling 1人きりじゃ無理でとれないバランス 寝るまで 朝まで 癒えるまで Swimming 2人きり取り除くerror (Rin音) 世間の声が目に見えて 落ち込んだ惑星が雫になる 僕にそっと手を触れる 波なぞるよう揺れる 水槽の灯りがキラキラしていて 僕はなんて汚い存在なんだって思ってしまったよ その触れた手が赤くなるから そう僕はクラゲ痛みは共有できなくて 余りに淡い期待も縋ってしまうよ 緊張とこれくらい心臓と 愛情と生まれつきの有毒を 平日は腐って缶ビール昼夜逆転生活 でも大丈夫大丈夫なんて本心なのかな あぁ気になるな (Hook) どうでもいいことに腹が立つ夜は あなたの声だけに耳をそば立ててたいな どうでもいい人に傷付いた夜は 洗い流して朝になるまであなたにくっついていたいな ぼくはくらげ ぼくはくらげ あなたの側で揺れる ぼくはくらげ ぼくはくらげ あなたの側で揺れる

先天性の嘘 feat.uyuni

歌手
Rin音
歌い出し
始まりはほんの偶像に触れる 夢をみた一夜のストーリー 冷めきった温度、群青にさらされて 目を覚ましてgood morning 特に何かがたりてないか 他人だか他人じゃないか ただただ不安になった 言葉に詰まるように 番号の配列はジョークなみに 落ち着かないと常套句 すら一つも言えないほど緊張しちゃって パカパカしちゃうよねガラパゴス メールアドレスに君の誕生日 ちょっとありきたりだけど愛らしい ナチュラルに君と話したいのさ この絵文字かわいいっしょてね 震える手は頭よりも想い語る1234 はぐらかした文脈のはずなのにほら単純すぎるよ バレちまえば何も隠すことないはずだってのに なぜだか目は合わさずに知らんふりしてんだ 電話越しの君にどうして惹かれちゃうかね ハートのマークで僕の目は君が写ってて 魔性の女なんて安っぽいもんじゃなくてね 出れない迷路どうにかしてもうバカですいません 僕の身代わり君のハート 隠す偽り本当のこと 忘れられないあの高鳴り TypeED-2 DC-1 誰のこと 隠されている 騙されている 愛の審議 目隠しの答え 先天性の嘘 君じゃない誰か 単純化した声 偽造のcharacter 愛に飲まれ信じ込んだ unhappy?なんだっていいや 全部知ってる顔した 青春を見下ろした seventeenは永遠に 吹き込まれたままの記念日 キラキラのstoneで デコりすぎたあの日のガラケー 嘘みたいな本当で埋める お気に入りのmail エンドレス 君のアドレスのハンドルネームは 懐かしいような word sense time capsule 過剰摂取 まだ僕は 覚えてる 080から始まる番号 何度、目に染み込んだでしょう 刺された運命を憎んでも 線を切ることはないさ ハリボテの僕らが再構成されてく 対照的な日々が嘘を蝕んでゆく ワンステップ上時代に惚れ込んだ今へ What do you say? 何を思うの 毎秒に平気な言葉を吐いて また iPhoneに居る偽りの僕ら 僕の身代わり君のハート 隠す偽り本当のこと 忘れられないあの高鳴り TypeED-2 DC-1 誰のこと 隠されている 騙されている 愛の審議 目隠しの答え 先天性の嘘

六畳の電波塔

歌手
神はサイコロを振らない × Rin音
歌い出し
たった一つ叶うなら うたで世界を救いたい From 六畳の電波塔 応答はないが NOW ON AIR 世界中の空がまだ コバルトブルーだった頃まで タイムスリップしてこの未来を Ctrl+Sで書き換えたい 僕ら同じ人間だったのに 化け物でも悪魔でもないのに 進化の途中で 変わり果ててしまったの? 砂漠遺跡 SOSのサイン ここはかつて愛で溢れた街 耳を澄ませば 聴こえる子どもの笑い声 反省しよう 増え過ぎたファンタジーで いつのまにか僕らは現実を見なくなった 辛すぎる現実で 人はただの棒切れ、分からなくなった 壊したいものが増えるのは 痛みを平等にするためだった そのせいで守り抜きたい愛も 全て砂に変わった 目的を示すこのコンパス 回答は上を指す方角 流れる今はどうなるか 操作不可能フラスコの中 ノイズかかってる音声 先行きは不透明 俺たちギリギリじゃん 1mm単位でズレた 意義の違い 第四次世界大戦で僕らは 石を投げ合い棍棒で突き合う 何処かの誰かが 皮肉混じり予言していた 僕ら同じ惑星に生まれたのに アダムとイヴも驚愕の末路だ 大義や思想も 根は全て愛なはずなのに 白や黒、黄色鮮やかに咲き誇る花 枝分かれでも僕らは繋がってる 誰もいない世界の片隅で流れるレディオ 今週のニュースは 撒いた種が一つだけ芽生えたこと たった一つ叶うなら 柄にもなく賽の目を振った お前と溢れる涙の意味 世の感情の機微 変わらない事実 PainはRainだ手に負えない god bless 仕方なく今日に臨む 情に潜む 常時途方に暮れるか? うたで世界を救いたい 終末に俺たちは愛を歌う 半端もんがゆえ願いは深く この先は闇 果てしない旅 今を変える度変わった未来 タイムマシンなしで変わる世界は 手の中に

夏風邪

歌手
Rin音
歌い出し
ねぇ今は 今日君は どうしている 形にならぬもの縋り 息をしている 僕ら2人は きっと2人は ルーレットみたいな不安定な恋は 衛星で繋いで音声を届けて 花占いは嫌いで終わるな この間の自販機は当たってくれたのに で、今日の話はなんなんだっけ 愛してた 愛してた 愛していた 今は遠い距離 君の星 息をしていた 僕らの永遠は指で数えられている 手に入れると忘れ欠けていく 木漏れ日と夏 僕みたいなやつでもいつか 幸せになれる日が来たりするのかな 君みたいな人ならすぐに ドレスを着て消えてくのだろうな 愛してた 愛してた 愛していた あの近い距離 狭い部屋 息をしていた 僕らの永遠は指で数えられている 手に入れると忘れ欠けていく 木漏れ日と夏 愛してた 愛してた 愛していた あのドラマみたく 別れ際に 泣いていた あのクサい セリフ今も何故か覚えている 楽しげな日々は蘇る 木漏れ日と夏 急く春に向けて伸びた芽は  夏に摘み渡した花束 身の丈に合わない姿は 夏の風に乗って消える 消える あなたを想って閉じた目は 砂嵐のような虚しさ 1Kに吹く隙間風が 思い出させ夏を歌う 歌うの

夜明乃唄

歌手
Rin音
歌い出し
日々は半透明見えるハート 君の葛藤でさえもI know いつも大丈夫ってその反応 冷えた男女 2時の散歩 夜の街灯はピサの斜塔 昨日の件は僕が謝るよ 揺らぐ感情は君のアート そう思うのそう思うの 時に急かされて サネカズラが咲くだろう プランターに木漏れ日を 染め上げた青の色 次はいつ会えるかな 言葉にすればキリがないよな 抱き合ったエントランス 人の目なんて気にならないから 夜明乃唄 思いを抱き寄せて 言葉にした 錨が上がるの 未来ならきっと見えるの いつかの日に抱く未練を 失わないこのrelation 愛される覚悟を、愛し抜く過去を まるで初めての様な言葉遣いだね 小説を1から読む気持ちさ 照れ臭く 顔を赤める 台本に書いてるテーマは 奴が勇者でも僕が主人公だ この現実逃避は 左右に分けて地図指差してさ あの街に知らないこの街 命短し旅せよ己 お惚気に近いような微笑み 恋で包んだ言葉を届け 次は明日会えるから 言葉にしなきゃ愛せないよな 涙してちょっとハグ 風鈴の音も気にしていられないから すっかり街は冷える イヤホン越しの君 愛情だってサウンドだってきっと コアに響く いつもは夏祭り 見えない赤提灯 涙じゃなく汗で濡らしたいから 手を広げてみる 目を凝らして見る 実体ない感情と本音を 音が紡ぐ 無くさないように掴みたいよ 忘れないよ僕だけの愛を 夜明乃唄 思いを抱き寄せて 言葉にした 錨が上がるの 未来ならきっと見えるの いつかの日に抱く未練を 失わないこのrelation 愛される覚悟を、愛し抜く過去を 日々は半透明見えるハート 君の感情でさえもI know ちゃんと大丈夫なその反応 繋ぐ男女 9時の態度 朝の街灯もピサの斜塔 普通だって今は輝くよ 夜の太陽は君の愛情 そう思うのそう思うの

微睡むミカン

歌手
Rin音
歌い出し
Stop in my merry-go-round 微睡む日々の名前を教えてくれ Stop in my merry-go-round 生きる傀儡に愛を教えてくれ 背後には 虚ろな目 スイカとタルトに 笑われて 言葉では 言えてもね 腐らせた感情があるのだね Stop in my merry-go-round 終わらぬ日々に愛を奏でてくれ Stop in my merry-go-round 平凡に幸せを見つけてくれ もうすぐ今日が終わるから やがて恐怖を吸ってあげるから 君は腐らないでくれ 君は腐らないでくれ 眠れる迷子の歌 ミカンのような甘酸っぱい全て 休める森の中で歌うのさ ねぇいい?Telling Merry Baby Stop in my merry-go-round 溶けたロウソクに耳を澄ませてくれ Stop in my merry-go-round 抱きしめてずっと離さないようにして Stop in my merry-go-round 大和は今日も笑顔に包まれてて Stop in my merry-go-round 枕と腕は柔らかくて Dear 神様 教えてくれ 俺の周りが幸せになる術 ねぇ神様 教えてくれ 涙に希望が含まれるために もうすぐ今日が終わるから やがて恐怖を吸ってあげるから 君は腐らないでくれ 君は腐らないでくれ 眠れる迷子の歌 ミカンのような甘酸っぱい全て 休める森の中で歌うのさ ねぇいい?Telling Merry Baby

悪運星人

歌手
Rin音
歌い出し
人類はある日突然変異を起こしまして この窮屈な見た目から脱皮をまた繰り返す 僕もそうでして色々と変化をしていくわけですけど 変わるようで変わっていない僕だから まずlip hip 変わってってても with you スキップ I want you んでhop step ぶっ飛ばして大丈夫 keep feel so good まだ別人に見えるかい この心言葉は今もあるのに 人生は儚くて 捨てきれないものだらけ 役には立てない愛の数 運の尽きたヤツ Me too BAD LUCK MUTANT もしもさ君の世界に 少しでもお邪魔ができるんだとしたら、 どんな容姿してどんなヤツだろうか 愛とか淡い恋とか そんな話は抜きにしちゃってさ 味方だって信じて貰えるんだろうか 腐る世界と僕のシンフォニー 言葉にすると安く見えちゃうが 優しいって本当になんなんだろうか フィクションでいい見えるものが 一生傷つかないままでいたい もう暗い暗い中cryがもう止まらない 僕は僕のままでいたいのに 人生は儚くて 捨てきれないものだらけ 役には立てない愛の数 運の尽きたヤツ Me too BAD LUCK MUTANT 人生は儚くて 捨てきれないものだらけ 役には立てない愛の数 愛してるはず Me too BAD LUCK MUTANT 姿が変わる前に 戻ってもきっと上手くいかない 世界は終わらないし 占いの運勢は最悪だったし 姿が変わる前に 思ってたことなんて忘れちゃったし 世界は終わらないし 眠ったって踊ったって退屈だったし

春にふられて (feat. クボタカイ)

歌手
Rin音
歌い出し
いつかの幸せは今日のbad day 要らない涙をこぼして病んで 答えのない問いにまた悩んで 同じとこ巡り巡って「なんで?」 素敵な夢を見てた 朝方君は消えた 歯を磨いたら始めよう さよならの続きから バス停前、置いてけぼり春を待つ 渋滞車内巡る記憶の数 君が映るミラー握るハンドルと手 笑い話もとうに昔話 カーステ越し聞こえてる音楽に ムードはないけど君喜ぶから かけてた気がするただ無意識で 今はなぜか僕のお気に入りで つまり過去の手 後ろ髪引け 既読ついたレス デジャブ起こすフレーズ 歩く幅とペース 酔いと東雲 シワのついたシャツと他人の目 全部天秤にかけ 何度繰り返して 桜色の平凡は短くて ストーリーの笑い声 聞きたくないよ当然 夜は寂しさが言葉になる いつかこの恋も忘れてやるから いつかの幸せは今日のbad day 要らない涙をこぼして病んで 答えのない問いにまた悩んで 同じとこ巡り巡って「なんで?」 素敵な夢を見てた 朝方君は消えた 歯を磨いたら始めよう さよならの続きから 未だに聴けない曲があるわ 五線譜に思い出を並べて 文字列にあなたを重ねてた 魔法が解けたら呪いの歌 解けた指の就職先は そろそろ決まってる頃ですか 私はというと恥ずかしながら 携帯くらいしか相手がいない 影形の無い愛には意味求める 答えが出ないまんま日々を越える たまのSTORY 笑う君の声 私馬鹿馬鹿しくて息を止める 冬支度蓄える一人の熱 たまの衝動的もI will be okay. 幸せになれたらいいね 皮肉混じりに押す「いいね」 「永遠に」や「ずっと」なんて 口にしちゃうのは、悲しいね。 でも良いの。限りある恋を楽しもう。 いつかの幸せは今日のbad day 要らない涙をこぼして病んで 答えのない問いにまた悩んで 同じとこ巡り巡って「なんで?」 素敵な夢を見てた 朝方君は消えた 歯を磨いたら始めよう さよならの続きから 分かっちゃいるけどやめられないよ 二人楽しく居たいだけ いつも通りそう、見ていた理想 何も喋らずに 肩に寄り添う いつか来る別れ 私は私だし彼は彼 絡まって分からなくなっても 私を忘れないで いつかの幸せは今日のbad day 要らない涙をこぼして病んで 答えのない問いにまた悩んで 同じとこ巡り巡って「なんで?」 素敵な夢を見てた 朝方君は消えた 歯を磨いたら始めよう 分かる分からないじゃなく この先にはさ 何があるのか二人で見たいから 嗚呼 手を繋ぎ歌うたい歩く道 本当はこのままでいたいよ ほら新たな春に蕾開く悩みの種もいつか花開く 嗚呼 手を離し瀬を早みそれぞれに 来る春を歌うのです

流星 feat.Rin音

歌手
iCE KiD
歌い出し
惑星煌めく街 妖怪うごめく脚 透明化してる涙のその香りごと 太陽綻ぶ 頭の中にある 正解などなく未来は移りゆくの ダッタッタラッタッタ っていいながらステップを踏んだダンサー 瞬間は映像にならないや 言葉は不完全かつ無責任だ 君は偶像に声を望んで 裏切りと名付けた晩 身勝手は自由と似て違って 縛らないことは不自由でしょう スッと消えたまま見えなくなっていた 3秒間ほんの3秒間ね 愛に恋しては愛されてた 明日は明日で夜が引き金 Meteor cocktail 飲み干して Meteor cocktail 酔いに問う 気分は DaraDaraDoDo I just gonna Daradaradadodododo 踊れないと意味ないわ 深く落ち着いてため息flower スッと消えて あゝふっと消えて ガラスの靴なら何処に忘れて キスでは起きずに深い眠りにうなされるの 馬車じゃないエンジンの音 時代は巡るもの 過去への憧れはそっと捨ててしまいたいね ほらいつもの状況 身なりだけを追い求めてみて 全然良くなくなって これじゃダメって言われてたって 中身が見えるわけではないし ってもうどうでもいい 奴の値付け 逃げ隠れなし一夜の一目惚れ Meteor cocktail 飲み干して Meteor cocktail 酔いに問う 気分は DaraDaraDoDo I just gonna Daradaradadodododo 踊れないと意味ないわ 深く落ち着いてため息flower スッと消えて あゝふっと消えて

深海誘拐

歌手
Rin音
歌い出し
twinkle spot is everything. Because I can relax in that place. If I drove you here to see the night. It's embarrassing, but I love you so much. 照れを隠してはしょうもない 包む恋の魔法は途方もない だけどfeeling ちょっとslowなtime 息が続かないよ あぁもう あぁもう まるでyellow submarine lunch time show も忘れないでよ こんなにも 君の隣で浮き足立つとは 二つの意味でさ不快だよ だけど僕たちなぜか愉快なの 君奪う深海誘拐倶楽部 外の世界は少し綺麗だよ good bye water town 甘すぎる君の好きなjelly beans 透かすビー玉の中に僕の街 生憎I need you Lupeで紙を燃やす 2step 居場所変わらずだな tune stay 余計は無用 びしょ濡れも悪くないんじゃない twinkle spot is everything. Because in that place you talk to me. When I drive you here to see the night. It's embarrassing, but I love you so much. working 今日は少しだけ so easy 不安は少しもない The waitress is my friend. 内緒さ つまり恋のキューピット Oh yes Oh yes Have you ever seen the movie“Yesterday”? あの街はBeatlesいなくてさ 僕の街もスターがいないから なってやってもいいと思ってさ まさに高速移動 流れ星軌道 僕がマーリンで君はきっとニモ 眠たい時も楽しい時も 隣にいるとか 素敵な話だな good bye water town 甘すぎる君の好きなjelly beans 透かすビー玉の中に僕の街 生憎I need you Lupeで紙を燃やす 2step 居場所変わらずだな tune stay 余計は無用 びしょ濡れも悪くないんじゃない

琥珀の目

歌手
Rin音
歌い出し
車窓から眺めた景色は未だに頭にあってさ 身体中に染み付いた言葉が忘れさせてくれないのさ 眠気を失くして 今宵だけ城下に紛れて 愛に例ふガラケー 童歌流れ届く恋文を ゆらりゆらりと揺れる髪 どことなく後ろめたい高鳴り 歩みのスピードだけそのままに 眼前の出来事は唐突に 天に打ち上がる色と灯り 花を模したゆえ時儚い 繋ぐことのできぬ左手と 夕闇に隠された想いを 機を待つ言葉に 嗚呼、晴天下 小春日和 年が周りかけ老う記憶も 敢然と頭に佇むの 嗚呼、晴天下 小春日和 今宵旅は夜もすがら 音、光の中 駆けて涙を流す 滑稽だ 調子ならどう? 聴きたくなるよ こっちならさ上手くやってるから 背が伸びて少し太ったよ だらしなさがいつも取り柄だし あの日以来とかじゃないし 心配性の副効果的なことで 君を思い出したりしなかったり 刻一刻と流れ行くよ 愛に 迷いに 嗚呼、晴天下 小春日和 年が周りかけ老う記憶も 敢然と頭に佇むの 嗚呼、晴天下 小春日和 今宵旅は夜もすがら 音、光の中 駆けて あぁ駆けて 調子ならどう? 聴きたくなるよ こっちならさ上手くやってるから

甘ったるいタルト

歌手
Rin音
歌い出し
瞬きがシャッターなら既にfallin love メモリ内のピクチャーは君でフルだ 少し照れくさくともがっつくlove 微妙な距離感が心地いい 実際のとこどう出来てんでしょって まぁそんな感じかもね 照れ臭いフレーズで はみ出る愛と惚気る2人 溶け出しちまいなよほらbaby 愛+愛は会いたすぎる解 ネガに負けちゃいつも君はすぐに眠れない トッピングのストロベリーバナナキウイパイン 欲張るからこぼしちゃってあららバカみたい いつもしてる話オチがなくてつまらない だけど幸せだと信じたら疑わない 間違いないのさこれはずっと変わらない と、きみを前にしたらなぜか言葉にできないよ 甘ったるいタルトがひとかけら ベロの上でとろけた 僕の想い溢れた 三角な言葉消したら満点に変わる 憂鬱のメリーゴーランド日を灯したworld 明日天気になれ君隣でつぶやく 甘ったるい甘ったるいな ねぇ君気づいてる?あの場所で出会ったっけ 初デート腰掛けたベンチもなくなっちゃって 画数の足りてない漢字見たくなっちゃって 読めないことないけどもの足んなくってさ いい感じに痛々しい告白もしたんだっけ 今は忌々しいし今だにただ恥ずかしい でもさ今だからわかることがあるって思う リリシズム置き去りで熱を出す 明日の明日も愛しているかい 答え明らかにて口に出すことをしない それじゃたまに起こっちゃうよ君とすれ違い 愛してるのにってほらね僕もバカみたい 後悔ならいつも先に立つことをしない 初々しい気持ちスプーン使い口にポイ 思い出したならばちゃんと繋ぎ離さない 言葉にしとこうよ甘い甘い想いたちを 甘ったるいタルトがひとかけら ベロの上でとろけた 僕の想い溢れた 三角な言葉消したら満点に変わる 憂鬱のメリーゴーランド日を灯したworld 明日天気になれ君隣でつぶやく 甘ったるい甘ったるいな

箒星飴店

歌手
Rin音
歌い出し
今日も1日お疲れ様オレ かったるくなる仕事をこなして 面倒くさいね やる気でないね 君もそうならこれ聞いて休めば? お疲れ様 飲むBEER 美味くねぇ が悪くはないね もう動かないぜ 俺がスーパーマンなら 多分、地球壊滅してるわ ごめん! だけどその代わりに嫌な 人の尻を叩いてあげるわ so busy 誰のせい? 邪気渦巻いてる 地球のせい 君が泣きそうになるその時には 歌がきっと君を馬鹿にしにくるから ほうき星candy shop 舌で溶けた言葉に愛がある あまりの甘さが君を包み 一生転げてたいよ ほうき星candy shop 仕事なんて投げだしてたいよ 昼も眠るくらいに 自分を愛してたいと思えるよ 釘を打ち付ける ように君を見てるAを こうさせたこと 誰のせい 誰のせい 闇が深くて 光が眩しくなる現象 君はここにいないよ 誰もここにいない 大丈夫 快晴so good now ニュースの天気予報も頼りにならないよ good night 大将軍 くらいに超強いし 日々不服でも明日なら来るただ任せて いつでもこの店開いとりまっせ ほうき星candy shop 舌で溶けた言葉に愛がある あまりの甘さが君を包み 一生転げてたいよ ほうき星candy shop 仕事なんて投げだしてたいよ 昼も眠るくらいに 自分を愛してたいと思えるよ ぎゅっとしてる またずっと見てる 自分を愛してたいと思えるよう 夢を見て きっと明日も知る 自分を愛しなさいよ ほうき星candy shop 舌で溶けた言葉に愛がある あまりの甘さが君を包み 一生転げてたいよ ほうき星candy shop 仕事なんて投げだしてたいよ 昼も眠るくらいに 自分を愛してたいと思えるよ

道標 feat. Hiplin & Rin音 (Prod. GeG)

歌手
福原遥
歌い出し
夜の帳 君の元へ 空に浮かぶ星と歌う いつまでも 心の奥 そこに 僕らの道しるべ 零れて落ちた涙は 煌めく夜空映して 君との大切な思い出が蘇る その星の揺めきは僕の心を ゆっくりとゆっくりと灯していく あぁ 夢を越えて『ハルカカナタ』で繋がる想い 夜の帳 君の元へ 空に浮かぶ星と歌う いつまでも 心の奥 そこに 僕らの道しるべ 空に瞬いた点と点 結んで絵を描いて いくつもの物語 まるで僕らのように 離れていたって 君の光は僕を照らして くじけそうな時も 背中を押してくれる 儚いこの輝きは 奇跡を呼ぶために 出会いと別れ 重ねてまた少しずつ 紡ぐ物語 夜の帳 君の元へ 空に浮かぶ星と歌う いつまでも 心の奥 そこに 僕らの道しるべ 君のその輝きは 例えれば一等星だろうな 行先を指すように 意味をもたらし微笑むだろうな 深い夜に1人で飲むコーヒー 甘くしすぎるのは僕の調味 ダメだよなんて囁いたように 聞こえた気がした今は正気 あぁ会えない夜はこんなにも なんて言わないようにしよう過去 傷ついた記憶が育てるだろう 痛みで星を少し解るだろう but i know そんな上手くいかない 予想よりも遥か空に飛びたい 一等星は動けないなら 僕は流れ星 今君へ 夜の帳 君の元へ 空に浮かぶ星と歌う いつまでも 心の奥 そこに 僕らの道しるべ
【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Rin音の歌詞一覧リスト