よみ:
とやまだんちのレインボー

戸山団地のレインボー 歌詞amazarashi

『amazarashi - 戸山団地のレインボー』収録の『七号線ロストボーイズ』ジャケット
発売:
2022.04.13
作詞:
秋田ひろむ
作曲:
秋田ひろむ

amazarashi「戸山団地のレインボー」歌詞

戸山団地のレインボー あれはまだ引っ越したばっかの
八月の激暑 青森じゃ数年に一度の
買えなかった冷房 扇風機はしおらしく重労働
夢見てた成功 バイトも辞めて失くした退路


子供の頃から焦がれて 虜になった 幾人もが辞めて 無理と笑われて
もう夢物語じゃない 現実の肌触り
金と生活の狭間に 夢が挟まってたんだ


戸山団地のレインボー 僕はまだ信じてみてもいいか?
ああ 今だけの音色 苦悩、苦痛も不可欠な色彩
土砂降りのレインボー 序章だけずっと生きてた気がして
ああ 行き先不明瞭 エンディングは迎えにこないから


44号線の 農道と新幹線の高架下
日陰者の根城 すれ違うのは軽トラと季節だけ
足取りを清書 憤りも推敲を重ねて
泥のついた名著 労働の空き間に夢が暮らしてる


自分を疑いそうなら いっそ疑って 問い詰めたんだ 本心はどうなんだ?
月末の支払いに もどかしいこの苛立ち
天秤揺れる余地もなく やるしかない人生だ


戸山団地のレインボー 僕はまだ信じてみてもいいか?
ああ ここだけの音色 不平、不満も不可欠な色彩
土砂降りのレインボー 助走だけずっと走ってきたんだ
ああ 行き先不明瞭 エンディングは迎えにこないから


居酒屋、カフェ、県のイベント タウンホール、前座、武道館
どこだって歌わない上辺 どうせ賑やかしには似合わねえ
根拠のない自信はもう捨てて 根拠のある自信を探し出せ
たかが太陽光の反射に ほだされて定まった決意じゃねえ


失敗や困難だらけの僕らだから 僕らだけの景色を描けるはずだよな
その返事みたいに 合図みたいに 虹が架かった 道は繋がった


戸山団地のレインボー 君はまだ信じていてくれるか?
ああ 僕だけの音色 失意、挫折も不可欠な色彩
土砂降りレインボー 序章からやっと抜けたところ
ああ 行き先不明瞭 エンディングを迎えに行くんだ


戸山団地のレインボー あれはまだ引っ越したばっかで
夢見てた成功 希望を足せば僕だけの色彩


amazarashi『戸山団地のレインボー』の 詳細

『amazarashi - 戸山団地のレインボー 歌詞』収録の『七号線ロストボーイズ』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.04.13
曲名:
戸山団地のレインボー
よみ:
とやまだんちのレインボー
歌手:
amazarashi (あまざらし)
作詞:
秋田ひろむ
作曲:
秋田ひろむ
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

amazarashi 戸山団地のレインボー 歌詞