秋山黄色 ソーイングボックス 歌詞

『秋山黄色 - ソーイングボックス』収録の『ソーイングボックス』ジャケット
  • 発売:
    2022.08.03
  • 作詞:
    秋山黄色
  • 作曲:
    秋山黄色
シェア:

ステータス:

公式 フル

秋山黄色「ソーイングボックス」歌詞

どうにもならない事だって思うから
頭にあるガラスで自分を思い出す
愉快なリズムが一番の薬
どうでもいい事にしたいんだ


大切なもの全部いなくなれば
そりゃ少しは救われるだろうさ
ずっと前からそう思ってた
僕は知らなかったんだ


「夢の中で会えた
君の写真を持ち帰りたくて
二人で笑い合って
僕しかいない部屋
写したんだ」


堪えたんだよ粋な空想で
僕は僕を離れそうだよ
ヒビを縫って外を見たいよ
未来の事愛してみたいよ


どうにもならない事だって思うから
柄にもない言葉で君を励ます
愉快なメロディが一番の薬
最後の最後も知らんぷりさ


辛いことだけで満たされてれば
そりゃ少しは救われるだろうさ
ずっと前からそう思ってた
忘れていたかったんだ


「こんなとこまで会いに来た
君と永遠に離れたくなくて
二人で笑い合って
僕しかいない部屋
死にたいんだ」


堪えたんだよ粋な空想で
僕は僕を見下ろしてるよ
ヒビを縫って壁を裂いて
未来の事愛してみたいよ


『秋山黄色 - ソーイングボックス 歌詞』収録の『ソーイングボックス』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2022.08.03
  • 曲名:
    ソーイングボックス
  • 歌手:
    秋山黄色
  • 作詞:
    秋山黄色
  • 作曲:
    秋山黄色
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

秋山黄色 『ソーイングボックス』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ