よみ:
プパ

PUPA 歌詞秋山黄色

『秋山黄色 - PUPA』収録の『ONE MORE SHABON』ジャケット
発売:
2022.03.09
作詞:
秋山黄色
作曲:
秋山黄色

秋山黄色「PUPA」歌詞

全速と焦燥で潰れかけた肺の
振動と鼓動の連動が
瞬間と実感が口癖になっていた事も
なんかの酷い間違いみたいになっているんだ


涼しげな顔と引き換えに
内に隠した中3と
五体に降り注ぐ6月で
間の心が溶けそうだ


蝉のクラクションで真夏を知った
四畳半 椅子に張り付くストーリー
俺一人が蛹のまんま
虚しいくらいに青青青青


心が勝手に覚えてるんだよ


24先進国で茹だり上がって無駄に踊って
重ねるだけの歳に意味無えって知ってるよ
なあ 「エンドロールで名前が無い」
よりさあ「イデオロギーがクソつまんない」


殻の内側の居心地が
啄まれいずれ悪くなる憧憬


俺の一瞬が蝉の全てか?
酩酊 虫に劣るベロシティー
肌はYellowで中身はRed
虚しいくらいに青青青青


夏の一瞬が全て暴いた
のろまな足に怒るヒストリー
俺自身は真顔のまんま
虚しいくらいに青青青青青青青青


秋山黄色『PUPA』の 詳細

『秋山黄色 - PUPA 歌詞』収録の『ONE MORE SHABON』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.03.09
購入:
曲名:
PUPA
よみ:
プパ
歌手:
秋山黄色
作詞:
秋山黄色
作曲:
秋山黄色
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

秋山黄色 PUPA 歌詞