よみ:
さんさんとふりつもるよるは

燦々と降り積もる夜は 歌詞秋山黄色

『秋山黄色 - 燦々と降り積もる夜は』収録の『ONE MORE SHABON』ジャケット
発売:
2022.03.09
作詞:
秋山黄色
作曲:
秋山黄色

秋山黄色「燦々と降り積もる夜は」歌詞

ホットコーヒーが少し湯気を立てて
白んだ窓際 季節に触れた
元の形 日々の様相が
板についてきた


変わろっか もう
別に気にしてないなら
配信されたばっかりの
去年の映画を見ようよ


なんて滲ませてばかり 微妙な顔で
思い出の残り香 ねえ また…


燦々と降り積もる夜は
どこを歩いても君に会いそうで
白のコートに見惚れて目眩がした
冬を後にする


何を言ったって僕はこの日常も
楽しく生きるよ 一人は嫌いじゃない
誰に見せるわけでもない
服を着たりして


出会いってさ
ほんと不思議だけれど
別れとセットだってのに
「それでもいいから居ようよ」
そんなふうに思える すごい事だね
思い出と呼ぶには まだまだ…


段々と降り積もる雪が
溶けていくんだろう 同じくらい時間をかけて
心に残り滴る水が 春へ流れればいい


僕は僕なりに進むのさ
「らしく」なんてのはまだ先でいいのさ


何回も繰り返す夜が
無駄だと思った朝はありますか?


燦々と降り積もる夜は
どこを歩いても君に会いそうで
白のコートに見惚れて目眩がした
冬を後にする 振り返ることなく


秋山黄色『燦々と降り積もる夜は』の 詳細

『秋山黄色 - 燦々と降り積もる夜は』収録の『ONE MORE SHABON』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.03.09
購入:
曲名:
燦々と降り積もる夜は
よみ:
さんさんとふりつもるよるは
歌手:
秋山黄色
作詞:
秋山黄色
作曲:
秋山黄色
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

秋山黄色 燦々と降り積もる夜は 歌詞