かぜのイタズラ

風のイタズラ 歌詞ゆず

  • 発売:
    2018.04.04
  • 作詞:
    北川悠仁
  • 作曲:
    北川悠仁
シェア:

ステータス:

公式 フル

ゆず「風のイタズラ」歌詞

見え透いた両手のウソと 意味のないガラクタ
移り変わる町の色に さびしさを覚える
矛盾のお守りにくれた 友達の言葉を
あの頃の事さとすぐに
「今」でごまかしては


教えてよ そこには 幸せがありますか?
素直に生きたいと 誰もが願うのに


伝えたいのは言葉なんかじゃない
頬を伝い落ちる その涙を知ったから


これで全てうまく行くと信じてた朝に
もう何度目かのため息 カラッポな温もり
終わりのない日々の行方 風のイタズラさえ
そんな事など少しだって 気にならなかったのに


でもね 痛いよ 生きてるだけなのに
確かな答えは きっとそこにあるはずさ


浮かぶ月夜の真ん中に立ち止まる
またここに来よう それは冬のせいかな


伝えたいのは言葉なんかじゃない
頬を伝い落ちる その涙を知ったから


シェアしよう!
  • 発売日:
    2018.04.04
  • 曲名:
    風のイタズラ
  • 読み:
    かぜのイタズラ
  • 歌手:
    ゆず
  • 作詞:
    北川悠仁
  • 作曲:
    北川悠仁
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ