世界の果て 歌詞

歌手
RADWIMPS

明日もしもこの世界が終わんなら
それは地獄なのかワンダーランド
誰一人も分からんなら
考える価値もないのか


さてさて 最後の晩餐は何にしようとか
呑気に言ってられないよな
気が触れずに笑えんのか
正直自信はないよな


それなら僕は行くよ
君の元へ行くよ
せめて僕の腕の中には君の 顔をうずめて


襲いかかるその終わりの
君の視界を覆い
ワンダーランドまでの 短い一秒だけ「さよなら」を


時が経つに連れて徐々に水底に
ゆっくりと沈んでいくかの
ように君の顔もおぼろげに
なっていってしまうのはなぜ


乗り違えたようで降りる駅を間違えたそんな僕らが
ワンダーランドで出逢うには
どの便に乗ればいいんだろう
どこで降りればいいんだろう


この世界の淵から
一、二の三で飛ぶから
「今だ」と叫んでよ 腕を振ってよ 力の限り


海風にかき消されない
波に飲み込まれない
一筋のあなたの 声を命の糸に結ぶよ


君の元へいくよ 必ずや向かうよ
君の姿形 色とか匂いのすべてなくとも


心配せずいてよ この世界で君を
見つけたのと同じようにたやすく たどり着くから


『RADWIMPS世界の果て』収録の『世界の果て』ジャケット
歌手: RADWIMPS
発売日: 2020.03.11
作詞: 野田洋次郎
作曲: 野田洋次郎
ステータス: 公式 フル
End of the World

What if the world ends tomorrow
What’s it gonna be? Hell or Wonderland
Nobody knows
But who’s to say that it’s not even worth thinking


The big question here is what you’ll have for last supper
Even an optimist can’t laugh, you know
Can we? Without not losing our mind?
Honestly I don’t think I can


If that’s the case
I will come to you
I want you to at least bury your head in my arms


When the end finally comes
I will cover your eyes, your sight
It’s a “Goodbye” – the last one sec til Wonderland


As time goes your face is fading
Into obscurity
Slow but steady
Sinking until you hit the ocean floor, why?


Though we got on the right train we missed our stop
To meet one another in Wonderland
Which next train shall we take?
And where shall we get off?


I’m jumping off the edge of the world
On the count of three
Shout “Now” and wave to me as hard as you can


Abiding winds from the sea
Abiding waves of the ocean
Let’s tie your voice to the thread of life


I will come to you and be there for sure
Though you don’t exist nor your color nor your smell


Don’t you worry just be there for me
I will easily find you like I found you in this world


RADWIMPS『世界の果て』の MV / PV

LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞
Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE