ペールブルー

Pale Blue 歌詞米津玄師ドラマ「リコカツ」主題歌

『米津玄師 - Pale Blue』収録の『Pale Blue』ジャケット
  • 発売:
    2021.06.16
  • 作詞:
    米津玄師
  • 作曲:
    米津玄師
シェア:

ステータス:

公式 フル

米津玄師「Pale Blue」歌詞

ずっと 恋をしていた


これでさよなら あなたのことが 何よりも大切でした
望み通りの終わりじゃなかった あなたはどうですか
友達にすら 戻れないから わたし空を見ていました
最後くらいまた春めくような 綺麗なさよならしましょう


それは 水もやらず枯れたエーデルワイス 黒ずみだす耳飾り
こんな つまらない映画などもうおしまい なのに
エンドロールの途中で悲しくなった
ねえ この思いは何


あなたが見据えた未来にわたしもいたい
鼻先が触れるくらいに あなたを見つめたい
張り裂けるほどの痛みを叫びたいのに
わたしあなたに恋をした 花束と一緒に
ずっと 恋をしていた


晴れた日の朝 あなたのことが どこまでも大切でした
言えないでいた言葉交わし合った 笑えるくらい穏やかに


それは 酷く丈のずれたオートクチュール 解れていくボタンの穴
こんな ちぐはぐな舞台はもう締めたい なのに
エピローグの台詞が言えなくなった
ねえ あなたを見つめていた


どれだけ生まれ変わろうとも 意味がないくらい
どこか導かれるように あなたと出会いたい
今更言いたいことなんて 一つもないのに
わたしあなたに恋をした 苦しさと一緒に
ずっと


あなたの腕 その胸の中
強く引き合う引力で
有り触れていたい 淡く青いメロディ
行かないで ここにいて 側で
何も言わないままで
忘れられないくらいに抱きしめて
ずっと ずっと 恋をしている


  • 発売日:
    2021.06.16
  • 曲名:
    Pale Blue
  • 読み:
    ペールブルー
  • 歌手:
    米津玄師 (よねづけんし)
  • 関連作:
    リコカツ
  • 作詞:
    米津玄師
  • 作曲:
    米津玄師
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

米津玄師 『Pale Blue』の MV / PV

「Pale Blue」のリリース情報

米津玄師が、2021年4月期TBS系金曜ドラマ「リコカツ」の主題歌「Pale Blue」を書き下ろした。


「リコカツ」は、現代ならではの価値観と、時代が変わっても普遍的な男女の悩みを「リコカツ」というキーワードを通じて描き出す“離婚するかもエンターテインメント”。北川景子扮する優秀な雑誌編集者・水口咲が、永山瑛太扮するカタブツな航空救難団のエース隊員・緒原紘一と運命的な出会いを果たし、交際ゼロ日でスピード結婚をするが、互いの生活習慣や結婚に対する価値観の違いで新婚早々に離婚を決意するも、周囲に言い出せず“リコカツ”を始めるさまが描かれる。


本ドラマは、米津が過去に主題歌を提供した「アンナチュラル」の植田博樹氏によるプロデュース作品。ラブストーリーの主題歌に初挑戦した米津は「離婚から始まる恋というコンセプトの中で、久しぶりにラブソングを作りました。どういうふうに響いていくのか、今からドラマの放送が楽しみです。よろしくお願いします」とコメントしている。


また植田氏もコメントを発表。「今日も現場ではワンカットワンカット、物語の珠玉のピースを積み重ねています。米津さんが紡ぎ出してくださる最高のピースを最後に組み込み、お客様に届けられる日を心から楽しみにしています」と思いをつづっている。新曲「Pale Blue」は「リコカツ」初回放送にて解禁されるので、ファンは放送を楽しみにしておこう。


「米津玄師」コメント

主題歌を担当させて頂きました。「Pale Blue」という曲です。離婚から始まる恋というコンセプトの中で、久しぶりにラブソングを作りました。どういうふうに響いていくのか、今からドラマの放送が楽しみです。よろしくお願いします。


「「リコカツ」プロデューサー 植田博樹氏」コメント

米津さんに最初にお目にかかったのは、「アンナチュラル」というドラマで主題歌をお願いに上がった横浜のライブ会場でした。米津さんは、一つ一つの言葉を大切に発する人で、その場のノリとか勢いとかではなく、自分の中に浮かぶ気持ちを、丁寧に精緻に選んで紡ぐ。そう。紡ぐ感じで話すんです。その誠実な人としてのあり方に、ドラマの主役の一人である「主題歌」をお願いしてよかったなと思ったことを記憶しています。結果、その曲「Lemon」は数々の金字塔を打ち立てることになり、米津玄師という名前は歴史的なレジェンドになりました。
それから数年。今回、僕は久しぶりに地上波で連ドラを作らせていただくことになりました。とても個人的なことですが、自分にとって一つの節目となる作品になります。
その打ち合わせの際も、米津さんは、以前とまったく変わらずに、一つ一つの心象を、丁寧に精緻に言葉に紡いで、僕らに大事なことを伝えようとしてくださいました。作品にとってどういう曲が最適なのか、丁寧に僕らとイメージをすり合わせてくださる彼の姿は、責任感とクリエイティビティに満ちていて、米津さんにお願いできて心から良かったと思えた時間でした。
今日も現場ではワンカットワンカット、物語の珠玉のピースを積み重ねています。米津さんが紡ぎ出してくださる最高のピースを最後に組み込み、お客様に届けられる日を心から楽しみにしています。


感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ