夜明けはバラ色の指の歌詞 よあけはバラいろのゆび 山内惠介

『山内惠介 - 夜明けはバラ色の指』収録の『古傷』ジャケット
  • 作詞:
    喜多條忠
  • 作曲:
    水森英夫

ステータス:

公式 フル

山内惠介「夜明けはバラ色の指」歌詞

桃色の貝を 浜辺でさがす
フレアースカートの 白い君は
今も鮮やかにまぶたに 焼きついてる
愛し合ってたふたり 信じあってたふたり
微笑んでくれたのは 夜明けの海
そう バラ色の指だった バラ色の指だった


虹色の夢を ふたりはさがし
手が届きそうで すぐに消える
そんな歯がゆさがふたりの 暮らしだった
愛し合ってたふたり 信じあってたふたり
さよならをさざなみで 届けたのも
そう バラ色の指だった バラ色の指だった


バラ色の指と 夜明けの空を
ギリシャの人は 呼んでいたと
君がささやいた遠い日 戻らぬ愛
愛し合ってたふたり 信じあってたふたり
幸せと安らぎを くれたんだね
そう バラ色の指の朝 バラ色の指の朝


『山内惠介 - 夜明けはバラ色の指 歌詞』収録の『古傷』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.02.24
  • 曲名:
    夜明けはバラ色の指
  • 読み:
    よあけはバラいろのゆび
  • 歌手:
    山内惠介
  • 作詞:
    喜多條忠
  • 作曲:
    水森英夫
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE