古傷の歌詞 ふるきず 山内惠介

『山内惠介 - 古傷』収録の『古傷』ジャケット
  • 作詞:
    鈴木紀代
  • 作曲:
    水森英夫

ステータス:

公式 フル

山内惠介「古傷」歌詞

まぶたにおまえが 浮かぶ夜
心の古傷 また痛む…
別れちゃいけない 女(ひと)だったんだ
別れた後で 気がつくなんて
胸に今でも 棲んでいる
おまえがいたから 俺がある


石段登って 初詣
真っ赤な着物が 似合ってた…
おみくじ小枝に 結んでいたね
別れが来ると 書かれてたのか
二人暮らした 帰らぬ日
あの日があるから 今がある


心に傷跡 無い人に
心の痛みは わかるまい…
おまえの背中の 小さなほくろ
この手が指が おぼえているよ
愛も涙も 分け合った
おまえがいたから 俺がある


『山内惠介 - 古傷 歌詞』収録の『古傷』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.02.24
  • 曲名:
    古傷
  • 読み:
    ふるきず
  • 歌手:
    山内惠介
  • 作詞:
    鈴木紀代
  • 作曲:
    水森英夫
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE