glow 歌詞96猫

  • 作詞:
    keeno
  • 作曲:
    keeno
シェア:

ステータス:

公式 フル

96猫「glow」歌詞

降り注いだ冷たい雨 青い傷を溶かしてった
いつか見てた夕暮れ空のすみっこで笑う誰かがいた


気付かないうちにオトナになって 綺麗な嘘 口に出来るほど
いろんな痛みを覚えてきたけど それでもまだ痛いんだ


夕暮れの涙が出そうな赤 私の中の君を溶かしてしまえ


私の体中 君の傷跡で溢れているから もう進めないよ
ねぇ 消えて 消してよ そう願っていたのに
どうして こんなにきつく抱きしめてるの?


君の声が遠くなる 飲み込まれそうな赤
きっと このまま君を溶かして夜になるだけ


淡く染まる指先に零れ落ちそうな赤
私の中の君を奪ってしまう


ちぎれてく雲間から 溢れ出す涙
少しずつ滲む君にぎゅっとしがみついた


シェアしよう!
  • 発売日:
    2018.12.30
  • 曲名:
    glow
  • 歌手:
    96猫
  • 作詞:
    keeno
  • 作曲:
    keeno
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE