公式 フル

たばこ 歌詞

歌手
96猫

昨日の夜から君がいなくなって24時間がたった
僕はまだ一歩も外には出ていない
マイペースでよく寝坊する君のことを想って
5分早めた家の時計 もう意味ないな


たばこの嫌いな僕を気遣って
ベランダで吸ってたっけな
カーテンが揺れて目があつくなった
もうそこに君はいない


「もっとちゃんと僕をみててよ もっとちゃんと」って
その言葉が君には重かったの?
「もっとちゃんと僕をみててよ もっとちゃんと」って
言わなければ 君はここにいたかな


僕のことはたぶん君がよく知ってる
眠たいときに体温があがる
キスはみじかめが好きってことも


そのときおもった 僕は君のこと
どれくらい分かってたんだろ
一番最初に浮かんできたのは
君の好きな たばこの名前


「もっとちゃんと君をみてれば もっとちゃんと」って
いまさら気づいてもおそいよな
「もっとちゃんと君をみてれば もっとちゃんと」って
今気づいたってなんの意味があんだ


君が置いていったたばこ
僕の大嫌いなものなのにどうして 火をつけてしまった


君の匂いがしたのさ 君の匂い
ひとくち吸ってしまった
でも やっぱりむせた


「もっとちゃんと僕をみててよ もっとちゃんと」って
言わなければ 君はまだここにいたかな
『もっとちゃんと君をみてれば もっとちゃんと』って
少し苦い 君の匂いに泣けた


『96猫 たばこ 歌詞』収録の『』ジャケット
歌手: 96猫
発売日: 2018.12.30
作詞: コレサワ
作曲: コレサワ
ステータス: 公式 フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE