公式 フル

歌詞

歌手
96猫

終電後の誰もいない道に 二人の悲しげな一つの影
もう二度ともう二度と 会わないと 心に誓い合った夏の夜
ただ傍にいるだけで笑い合えた そんな日が続いてくと信じていた
あなたを嫌いになるくらいなら このまま二人で夜になりたい


最後の口づけ 触れるだけで痛いよ
愛しい気持ちが溢れて 貴方を壊す前に


抱きしめて 貴方の腕で あと1秒だけでもこうしていたい
もう喧嘩する事も もうやきもち焼く事も
もう顔を見る事さえ出来なくなるの


不思議だね どうして人はすぐに 守れない約束をするのだろう
人の心を繋ぎ止めるものなど どこにもないと知っているのに


最後の言葉が 優しすぎて痛いよ
二人はお互いのこと分かりすぎてしまった


抱き寄せて 私の胸に 子供のような貴方の髪を撫でたい
もう横で笑う事も もう横で眠る事も
もう名前を呼ぶ事さえ出来なくなるの


心を繋ぎ止められるものは約束じゃない
約束は自分への気休めなのだろうか…


抱きしめて貴方の腕で あと1秒だけでもこうしていたい
もう喧嘩する事も もうやきもち焼く事も
もう顔を見る事さえ出来ないのなら
もう会いたくなっても もう息が出来なくても
貴方を呼ばないと約束するから
貴方を呼ばないと約束するから


『96猫 楔 歌詞』収録の『』ジャケット
歌手: 96猫
発売日: 2018.12.30
作詞: 奥華子
作曲: 奥華子
ステータス: 公式 フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE