レオ 歌詞優里

『優里 - レオ』収録の『壱』ジャケット
  • 発売:
    2022.01.12
  • 作詞:
    優里
  • 作曲:
    優里
シェア:

ステータス:

公式 フル

優里「レオ」歌詞

ショーケースの中過ごしていた
誰もかれもが過ぎ去っていた
怖かったんだ あの日君に
連れられるまでは


僕と同じの小さな手
転げまわり くすぐりあう僕ら
こんなに君の事好きになってた


どんなときでも傍に居て
君が言うなら ああ


名前はレオ 名前呼んでよ
君がつけてくれた名前だから
嬉しい時も悲しい時も
傍に居ると決めた大事な人


君が大きくなるほどに
僕との時間は減るが道理
遠くに君の友達同士
仕方がないよなぁ


最近つけるその香水
鼻の利く僕にとっては辛いや
今日も帰りは遅くなるんだろうか


君が居ない部屋 夢を見る
あの日のこと また


名前はレオ 名前呼んでよ
君がつけてくれた名前だから
寂しいけれど 悲しいけれど
傍に居ると決めた大事な人


君が誰かと暮らすことを
伝えに帰ってきた夜に
撫でてくれたね きっとお別れだね
最後にさ 会えたから ねぇ幸せだよ


名前はレオ 名前呼んでよ
君がつけてくれた名前だから
もう泣かないでよ 名前呼んでよ
あの日より大きな手で撫でてくれた


名前はレオ 名前呼んでよ
君がくれた名前で良かったよ
忘れないでよ それでいいんだよ
新しい誰かにまた名前つけて


『優里 - レオ 歌詞』収録の『壱』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2022.01.12
  • 曲名:
    レオ
  • 歌手:
    優里 (ゆうり)
  • 作詞:
    優里
  • 作曲:
    優里
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

優里 『レオ』の MV / PV

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ