優里 ノンタイトル 歌詞

『優里 - ノンタイトル』収録の『ノンタイトル』ジャケット
  • 作詞:
    優里
  • 作曲:
    優里
シェア:

優里「ノンタイトル」歌詞

今心の中には
お前の声が響く


不確かな未来に手を伸ばして
薄明のその先に光が見える
星屑を握りしめて誓った
今は亡き友と語らう心中
(お前にならできる)
背中を押す掌が
翼になり羽ばたいて


荒れ果てた大地に降る雨が
恵みかどうかとか 今は知り得ない
振り向いた時そこにある俺の足跡が
全てを物語る だから迷わずに


今心の中には
お前の声が響く


不可思議な事実に目を凝らして
疑うか信じるかの狭間で揺れる
軽薄な正義を振り回して犯した過ちを
涙で洗い流しても 償えないなら


貫いたその先にあるモノが
確かかどうかとか 誰もわからない
振り向いた時目に写るその景色が
全てを物語る だから止まらずに


進むべき道ならば
己の為に


声が 響く
胸の 中で生きる言葉


苛立ちの炎が燃え盛りようが
叩きのめされようが
憂さ晴らしにつきあう気など
俺には毛頭無いから
そこで見てろ


肘でもついてな
いつの日か何かをつかんだら
今ここにいる意味 全てが繋がる


荒れ果てた大地に降る雨が
恵みかどうかとか 今は知り得ない
振り向いた時そこにある俺の足跡が
全てを物語る だから迷わずに


今心の中には
お前の声が響く


『優里 - ノンタイトル 歌詞』収録の『ノンタイトル』ジャケット
シェアしよう!
  • 曲名:
    ノンタイトル
  • 歌手:
    優里 (ゆうり)
  • 作詞:
    優里
  • 作曲:
    優里
  • ステータス:

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

優里 『ノンタイトル』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ