yama 歌詞一覧

よみ:
やま
歌手タイアップ動画歌い出し
a.m.3:21溶けた光の跡、甘い夢の中で すぐになくなってしまう時間と人生と なびく干したシャツに香る秋の花が 諦めの悪い私の癖みたいで 乾いた風と哀愁 カーブミラーで曲がって見えた世界は カーテン越しに聴いた隣人の会話の様に見えた 遠くの電線にyama-溶けた光の跡、甘い夢の中で すぐになくなってしまう時間と人生と なびく干したシャツに香る秋の花が 諦めの悪い私の癖みたいで 乾いた風と哀愁 カーブミラーで曲がって見えた世界は カーテン越しに聴いた隣人の会話の様に見えた 遠くの電線に
Downtownおままごとは大変でした 夜の街にハイタッチして あからさまに嘘ついてんな 「あらお上手」 上手(笑) 着飾ってたのはダメでした 首 肩 心もいきました アンタのせいで狂いました この先どうすんだ?ねぇ 行く末は歪な形をした悪yama-おままごとは大変でした 夜の街にハイタッチして あからさまに嘘ついてんな 「あらお上手」 上手(笑) 着飾ってたのはダメでした 首 肩 心もいきました アンタのせいで狂いました この先どうすんだ?ねぇ 行く末は歪な形をした悪
Grown (feat. 空音 & yama)Yaffle深夜 尼崎の6畳半 夢を見てた 母さん ごめんね 今更謝る 布団の隙間から 夜な夜な“あやしいひかり” 零れる 液晶映る 仮想現実に憧れた あの頃から かれこれ何年経つ? 君も僕も生まれ持った レベルは100を超え いつかの戦友と芽Yaffle-深夜 尼崎の6畳半 夢を見てた 母さん ごめんね 今更謝る 布団の隙間から 夜な夜な“あやしいひかり” 零れる 液晶映る 仮想現実に憧れた あの頃から かれこれ何年経つ? 君も僕も生まれ持った レベルは100を超え いつかの戦友と芽
Hello/Hello feat. yama, 泣き虫☔MAISONdes灰色に染まりはじめて また曖昧に過ごした君 天井にまとわりついた 今現在消化して 気が付けないから腑に落ちない 油断したものは放置して 感覚に囚われすぎた 今存在浄化して Hello/Hello 悴んだ指先を見つめた週末 MAISONdesレインボーファインダー 動画灰色に染まりはじめて また曖昧に過ごした君 天井にまとわりついた 今現在消化して 気が付けないから腑に落ちない 油断したものは放置して 感覚に囚われすぎた 今存在浄化して Hello/Hello 悴んだ指先を見つめた週末
Lostあの日から全部が嫌になって ただ生きてるだけの存在で 数えきれないほど無駄に泣いて あの日にはもう戻れない 僕はまだ立ち止まっていて どうしようもない夜を彷徨っている どうしても消せない痛みを抱えてる 今も声を上げては虚しくてyama線は、僕を描く 動画あの日から全部が嫌になって ただ生きてるだけの存在で 数えきれないほど無駄に泣いて あの日にはもう戻れない 僕はまだ立ち止まっていて どうしようもない夜を彷徨っている どうしても消せない痛みを抱えてる 今も声を上げては虚しくて
MoonWalker0時以降に目が覚めた 誰もいない終電に揺らされて 反射した窓の中に 映る僕の肩を 月が触れるように照らしていた 静かな夢から 世界が回り出した 脆くて痛ましい日々を 夢中で愛してくれ かき鳴らせメーデー 命を込めて踊り出せyama-0時以降に目が覚めた 誰もいない終電に揺らされて 反射した窓の中に 映る僕の肩を 月が触れるように照らしていた 静かな夢から 世界が回り出した 脆くて痛ましい日々を 夢中で愛してくれ かき鳴らせメーデー 命を込めて踊り出せ
Oz.ひとりぼっちにはさせないでよ いつから重たい荷物を持つ日々に 慣れてしまっていたんだろう 難しいことは後回しでいいから 孤独なボクを夜が待つ 寂しい思いは もうボクにはさせないでよ 思い出した夜を どうかひとりぼっちとは呼ばなyama王様ランキング 動画ひとりぼっちにはさせないでよ いつから重たい荷物を持つ日々に 慣れてしまっていたんだろう 難しいことは後回しでいいから 孤独なボクを夜が待つ 寂しい思いは もうボクにはさせないでよ 思い出した夜を どうかひとりぼっちとは呼ばな
slash正しい引き金を引いて らしくない感情のお前が嫌いだ つまらないものばかり追って 物陰に潜める 悲しい言い訳をして いつも ヒロインを演じてるお前を憎んだ 涙なんて性に合わないだろう 鏡に映る本当の 何も成せないままの僕に 終yama機動戦士ガンダム 水星の魔女 Season2 動画正しい引き金を引いて らしくない感情のお前が嫌いだ つまらないものばかり追って 物陰に潜める 悲しい言い訳をして いつも ヒロインを演じてるお前を憎んだ 涙なんて性に合わないだろう 鏡に映る本当の 何も成せないままの僕に 終
Sleepless Night昔の話をしようか つやのない布にくるまれた 正しいかたちを掴めない 手垢のついた言葉を ゴミ捨て場で眺めてる また今日がはじまってゆく 心ひとつだけで息をするから 両手で包んで、誰のものでもない 70幾億かの朝が来るまで 静かにyamaナイト・ドクター 動画昔の話をしようか つやのない布にくるまれた 正しいかたちを掴めない 手垢のついた言葉を ゴミ捨て場で眺めてる また今日がはじまってゆく 心ひとつだけで息をするから 両手で包んで、誰のものでもない 70幾億かの朝が来るまで 静かに
アイタリナイ feat. yama, ニト。MAISONdesまだ足りない愛してたいやいや あなた以外考えられないや あたしを好いてあたしだけ見て もうあなたの髄まで愛してる 瞳の奥底 誰を待ってるの? あなたは横顔しか 見せてないわ 教えて欲しいの give me love give MAISONdesうる星やつら (2022) 動画まだ足りない愛してたいやいや あなた以外考えられないや あたしを好いてあたしだけ見て もうあなたの髄まで愛してる 瞳の奥底 誰を待ってるの? あなたは横顔しか 見せてないわ 教えて欲しいの give me love give
アブノーマリティー。(feat. yama)泣き虫☔︎当然のようにすり抜けフワフワしてるだけ 何様かもわからないまま 夢見がちな少女はユメの中 まだ誰かもわからないでいる 偽っては飲み込んで平然平然平然 廻る脳内異空間の嘘みたいな態度で 歪みきった浸かりきったeasy flow 放泣き虫☔︎-当然のようにすり抜けフワフワしてるだけ 何様かもわからないまま 夢見がちな少女はユメの中 まだ誰かもわからないでいる 偽っては飲み込んで平然平然平然 廻る脳内異空間の嘘みたいな態度で 歪みきった浸かりきったeasy flow 放
あるいは映画のような午前0時 夜 遊泳 飛び乗る最終電車 階段から覗いた隘路と揺れる街路樹 夜空を隘したような車窓に映る風景 月の裏側では溜息をついている (「知らない」はもういない) 夜明けと (夕焼けとあの日を) 埋めるように (溶けてく 溶けyama-午前0時 夜 遊泳 飛び乗る最終電車 階段から覗いた隘路と揺れる街路樹 夜空を隘したような車窓に映る風景 月の裏側では溜息をついている (「知らない」はもういない) 夜明けと (夕焼けとあの日を) 埋めるように (溶けてく 溶け
イノセント何気ない日々も何時かは 神様の気持ちひとつで 煙のように消える ほろ苦い日々も何時かは 思い出のように 綺麗なものになれれば 構わないから 君の声が 聞こえたから 青い空を 見上げたんだ 君の声が 聞こえたから 風のyama--何気ない日々も何時かは 神様の気持ちひとつで 煙のように消える ほろ苦い日々も何時かは 思い出のように 綺麗なものになれれば 構わないから 君の声が 聞こえたから 青い空を 見上げたんだ 君の声が 聞こえたから 風の
いぶききらりきらりきらり 輝いた 誰かの好きより僕の好きを溢さないで One Love One Love One Love forever 嗚呼、息吹く花は 力強く 輝いんてんだ 誇らしげに 雨が降っても風が吹いても 僕だけの心のyama- 動画きらりきらりきらり 輝いた 誰かの好きより僕の好きを溢さないで One Love One Love One Love forever 嗚呼、息吹く花は 力強く 輝いんてんだ 誇らしげに 雨が降っても風が吹いても 僕だけの心の
カーテンコール筋書きのない恋に落ちよう 開かれるのを待つ本のように 綻ぶ口元 隠された痣も 刻み込んで 幕が上がる 花が落ちて 蒼に染まる 窓は何を映す 時の流れが 狂っていく予感 静かに燃えてる 霧がかかる 景色がすっと晴れる そyama恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~筋書きのない恋に落ちよう 開かれるのを待つ本のように 綻ぶ口元 隠された痣も 刻み込んで 幕が上がる 花が落ちて 蒼に染まる 窓は何を映す 時の流れが 狂っていく予感 静かに燃えてる 霧がかかる 景色がすっと晴れる そ
くびったけ目に映ったその一本線には 言葉なんか忘れちまうくらいな ありったけにくびったけさ 今まで出会った何よりも 今ならちゃんと言葉にできるから 聞いてよちゃんと 「あの日出会った君の姿よりも、何よりも先に心を感じていた。」 でも君は上yama線は、僕を描く 動画目に映ったその一本線には 言葉なんか忘れちまうくらいな ありったけにくびったけさ 今まで出会った何よりも 今ならちゃんと言葉にできるから 聞いてよちゃんと 「あの日出会った君の姿よりも、何よりも先に心を感じていた。」 でも君は上
クリームベランダに出た 青い柵にもたれかかって煙を喫んだ 不確かな日々 歩きながら確かめていった 日が暮れるのが遅くなったね だんだん暖かくなってきたね 風も気持ちよくなってきたね窓をあけようか 茜色の空を眺めながら肩にもたれかかって 夢みたyama-ベランダに出た 青い柵にもたれかかって煙を喫んだ 不確かな日々 歩きながら確かめていった 日が暮れるのが遅くなったね だんだん暖かくなってきたね 風も気持ちよくなってきたね窓をあけようか 茜色の空を眺めながら肩にもたれかかって 夢みた
クローバー絡まり合う関係は カラトリーで掬ってフルコースにしてしまった 君はどうやら数奇な人生を 食べあったり傷ついたりした 魔法の様に知り合えた二人 まだ解けないでいてと 丸いプレートの上で寝転がった 例えば僕が一人で奪われることに慣れyama-絡まり合う関係は カラトリーで掬ってフルコースにしてしまった 君はどうやら数奇な人生を 食べあったり傷ついたりした 魔法の様に知り合えた二人 まだ解けないでいてと 丸いプレートの上で寝転がった 例えば僕が一人で奪われることに慣れ
こだま溢さないでいようよ たゆたう日々でも 春の夜風を感じるままにさ 腐らないでいよう しがらみは要らない 囁く言葉は優しいこだまになれ 普通のふりをして おぼつかないまま歩いてる 血潮の色隠しながら 野ざらしにされたままで 誰yama- 動画溢さないでいようよ たゆたう日々でも 春の夜風を感じるままにさ 腐らないでいよう しがらみは要らない 囁く言葉は優しいこだまになれ 普通のふりをして おぼつかないまま歩いてる 血潮の色隠しながら 野ざらしにされたままで 誰
ストロボ深い谷の上で綱渡り 折り合いつけはじめたら 成りたくなかった大人になったよ ずいぶん遠くまで来たけれど 辺りは多彩で輝かしい 僕がいかにつまらない 人間であるかを 思い知るばかりなんだ もう、すり抜ける声 これはタイムマシンyama-深い谷の上で綱渡り 折り合いつけはじめたら 成りたくなかった大人になったよ ずいぶん遠くまで来たけれど 辺りは多彩で輝かしい 僕がいかにつまらない 人間であるかを 思い知るばかりなんだ もう、すり抜ける声 これはタイムマシン
スモーキーヒロインヒロインになって 文字をなぞって 奪いたいよ 奪いたいよ 運命がまた白む前にキスをしたい 読み合う2つの種 どちらも意地悪だね 咲けば誰かを傷付ける花 水をやる日々が もどかしいよ 忘れないで 光を浴びたらきっと 本も心yama-ヒロインになって 文字をなぞって 奪いたいよ 奪いたいよ 運命がまた白む前にキスをしたい 読み合う2つの種 どちらも意地悪だね 咲けば誰かを傷付ける花 水をやる日々が もどかしいよ 忘れないで 光を浴びたらきっと 本も心
それでも僕はここは灰色の街 誰かに嫌われたくなくて 僕は言葉を選んでいる 声はずっと頼りないけど 誰かのように息をして 好きに言葉を 紡げたらどんなに 幸せでしょうか 誰かを導こうなんて 大それた事思ってないから 後ろめたくて ごめyama- 動画ここは灰色の街 誰かに嫌われたくなくて 僕は言葉を選んでいる 声はずっと頼りないけど 誰かのように息をして 好きに言葉を 紡げたらどんなに 幸せでしょうか 誰かを導こうなんて 大それた事思ってないから 後ろめたくて ごめ
タルト別れ際 ベッドの隅で 煙草の残り香を吸った 昨夜のダンスも一つわからず 困らせてばかり 芝居だらけのこのフォーリンラブ 刺し合っちゃって 愛を纏ったナイフ 気にしちゃいられない流血が 身体行き交ってそれで御休み 物憂げな夜にyama-別れ際 ベッドの隅で 煙草の残り香を吸った 昨夜のダンスも一つわからず 困らせてばかり 芝居だらけのこのフォーリンラブ 刺し合っちゃって 愛を纏ったナイフ 気にしちゃいられない流血が 身体行き交ってそれで御休み 物憂げな夜に
デイ・ドリーム・ビリーバーもう今は 彼女はどこにもいない 朝はやく 目覚ましがなっても そういつも 彼女とくらしてきたよ ケンカしたり 仲直りしたり ずっと夢を見て 安心してた 僕は Day Dream Believer そんで 彼女は クイーン でも yamaレインボーファインダーもう今は 彼女はどこにもいない 朝はやく 目覚ましがなっても そういつも 彼女とくらしてきたよ ケンカしたり 仲直りしたり ずっと夢を見て 安心してた 僕は Day Dream Believer そんで 彼女は クイーン でも 
ないの。そう 生きてくだけ なんて虚しい 一人でいたいんだ 歩調合わす意味などないんだよ 足早に過ぎる人の中 ただ一人抱え込んでいた 流す涙なんてもう無くて いつだって此処で叫んでた ずっと誤摩化したじゃない? 夢 希望 あるフリしてyama-そう 生きてくだけ なんて虚しい 一人でいたいんだ 歩調合わす意味などないんだよ 足早に過ぎる人の中 ただ一人抱え込んでいた 流す涙なんてもう無くて いつだって此処で叫んでた ずっと誤摩化したじゃない? 夢 希望 あるフリして
ねむるまち feat.yamaくじらあの日持って帰ったライターで煙草に火をつける 煙で前が見えなくなった 換気扇の音 消えた 部屋に残った缶ビール 干した下着がうなだれた私に見えた ぐちゃぐちゃになった部屋 死体みたいなぬいぐるみ 今夜はパレード 弱めの冷房に揺れくじら-あの日持って帰ったライターで煙草に火をつける 煙で前が見えなくなった 換気扇の音 消えた 部屋に残った缶ビール 干した下着がうなだれた私に見えた ぐちゃぐちゃになった部屋 死体みたいなぬいぐるみ 今夜はパレード 弱めの冷房に揺れ
はなにあらし (feat. yama)DURDN見逃したドラマの次回予告でネタバレするし いつもの電車も今日はなんだか乗り遅れたんだ 小さなついてない、なす術なし 帰りの買い物、欲しいものも売り切れ、マジかよ それなりにいい人生だと思ってはいるけど こういうのたまにあるよな 誰でもDURDN- 動画見逃したドラマの次回予告でネタバレするし いつもの電車も今日はなんだか乗り遅れたんだ 小さなついてない、なす術なし 帰りの買い物、欲しいものも売り切れ、マジかよ それなりにいい人生だと思ってはいるけど こういうのたまにあるよな 誰でも
パレットは透明目に見えない自分の形 輪郭は誰かを不恰好になぞってる 胸を刺した言葉の針 言えずに笑った君を見ました 溢れ出すささやかな光景 誰にも奪われないように描きましょう パレットは透明 分からない傷跡を越えて 飾らないこの色に気付yama- 動画目に見えない自分の形 輪郭は誰かを不恰好になぞってる 胸を刺した言葉の針 言えずに笑った君を見ました 溢れ出すささやかな光景 誰にも奪われないように描きましょう パレットは透明 分からない傷跡を越えて 飾らないこの色に気付
ハロyama × ぼっちぼろまるさぁ 進め 雲つきぬけ 言えなかったあの言葉を 思い出しては 潜った 不確かに泳いでいく 雲かき分け 青い空へ いつかさ 振り返んだ あの真っ赤な夕焼けを 一切合切 焼き付けて 届かない 世界の真理も あの子の 気持ちもyama × ぼっちぼろまるポケットモンスター (2023) 動画さぁ 進め 雲つきぬけ 言えなかったあの言葉を 思い出しては 潜った 不確かに泳いでいく 雲かき分け 青い空へ いつかさ 振り返んだ あの真っ赤な夕焼けを 一切合切 焼き付けて 届かない 世界の真理も あの子の 気持ちも
ブルーマンデーブルーブルーマンデー 変わらないように 全て抱いていてあげるから ブルーマンデー 乾かないバスタオルがひとつ マンションの向かい 季節と移りゆくバス停に 少し遅れてやってくる人の声が 何度も私の家に入り込んで もうなんだかウザッyama-ブルーブルーマンデー 変わらないように 全て抱いていてあげるから ブルーマンデー 乾かないバスタオルがひとつ マンションの向かい 季節と移りゆくバス停に 少し遅れてやってくる人の声が 何度も私の家に入り込んで もうなんだかウザッ
マスカレイド埃かぶったギター 空っぽのペットボトル 机に突っ伏す僕 煌々と笑う深夜番組 明日が怖いなんて 甘えだと言われそうで 無邪気さ偽り続けてる 簡単に傷付いて たまに許せないけど それでもいい 君がいれば僕はもう平気さ だからyama--埃かぶったギター 空っぽのペットボトル 机に突っ伏す僕 煌々と笑う深夜番組 明日が怖いなんて 甘えだと言われそうで 無邪気さ偽り続けてる 簡単に傷付いて たまに許せないけど それでもいい 君がいれば僕はもう平気さ だから
モンスター feat. yamaジェニーハイ熱愛とか言って 私たちで騒いで 火をつけっぱなしで忘れる 軽いモンスター ラブが調子づいていく 人生の拍子がルンルン スキップの途中から 足されてく2ステップ ありのままになって 周りが見えなくて 優しい世界に身を委ねて寝そべる ジェニーハイ- 動画熱愛とか言って 私たちで騒いで 火をつけっぱなしで忘れる 軽いモンスター ラブが調子づいていく 人生の拍子がルンルン スキップの途中から 足されてく2ステップ ありのままになって 周りが見えなくて 優しい世界に身を委ねて寝そべる
ライカ何も変わらない今日で 閉じた扉の向こうで 僕と似たような顔で 君は笑っていたんだ 何もかもが信じられない 覚えてしまった 裏切りとか その言葉だって半信半疑 「僕も同じさ」 どうだっていいよ 滲んでいく この薄い酸素みたいなyama-何も変わらない今日で 閉じた扉の向こうで 僕と似たような顔で 君は笑っていたんだ 何もかもが信じられない 覚えてしまった 裏切りとか その言葉だって半信半疑 「僕も同じさ」 どうだっていいよ 滲んでいく この薄い酸素みたいな
ランニングアウト然るべき時に然るべき言葉で 心を言い表してみれば 屹度 胸の奥が満たされていくんだろう なんて冗談じゃないが 確かに僕等はいつだって五十音だった 逆さになったって逃れられないから 空っぽの文字を綴った 十八才 僕は時の何かを知らyama-然るべき時に然るべき言葉で 心を言い表してみれば 屹度 胸の奥が満たされていくんだろう なんて冗談じゃないが 確かに僕等はいつだって五十音だった 逆さになったって逃れられないから 空っぽの文字を綴った 十八才 僕は時の何かを知ら
一寸の赤ずっと変わらない日々の中でそっと揺れるもの いつも支えられていたその笑顔に 嘘のない真っ直ぐな瞳に やさしい声に ああ気付けなかった いつでも側に居たからかな 意地張ったりしないで正しい距離で そう冷静に君をもっと知りたいんだ あyama-ずっと変わらない日々の中でそっと揺れるもの いつも支えられていたその笑顔に 嘘のない真っ直ぐな瞳に やさしい声に ああ気付けなかった いつでも側に居たからかな 意地張ったりしないで正しい距離で そう冷静に君をもっと知りたいんだ あ
世界は美しいはずなんだ鳴り止まない深夜のサイレン 耳を塞いで眠れないまま どこかで誰かが泣こうと 僕の知った事じゃないのさ 違う 違うんだ そんな事を 歌いたい訳じゃないのに 半透明な僕たちは 明日ですらすり抜けてしまう カーテンを開けてyama- 動画鳴り止まない深夜のサイレン 耳を塞いで眠れないまま どこかで誰かが泣こうと 僕の知った事じゃないのさ 違う 違うんだ そんな事を 歌いたい訳じゃないのに 半透明な僕たちは 明日ですらすり抜けてしまう カーテンを開けて
偽顔関係、探って 嗚呼 ごめんね って意味がないね バグだらけアルゴリズム 満ち足りない じゃあどうなりたい? そっと暴いて 二重で被る面相 優しい言葉 並べて ふたり お揃いに甘えて 演じて魅せてるのは誰のために ただ 泣yama- 動画関係、探って 嗚呼 ごめんね って意味がないね バグだらけアルゴリズム 満ち足りない じゃあどうなりたい? そっと暴いて 二重で被る面相 優しい言葉 並べて ふたり お揃いに甘えて 演じて魅せてるのは誰のために ただ 泣
光の夜小さな星を見上げた僕ら 息をする事も忘れたね 光と影が混ざり合うから 世界は色鮮やかになるんだな 満たされないまま 時は果てしなく流れてゆく 手を振る君に何も伝えきれなくて 光の夜 美しくて 時が止まる気がしていたんだyama-小さな星を見上げた僕ら 息をする事も忘れたね 光と影が混ざり合うから 世界は色鮮やかになるんだな 満たされないまま 時は果てしなく流れてゆく 手を振る君に何も伝えきれなくて 光の夜 美しくて 時が止まる気がしていたんだ
名前のない日々へ青色の声が遠く響き 3度目の寝返りを打つ 微睡みを抜け出せない 冷たい空気が肺を伝う 天気予報初雪を報せ 町が白く染まると 唇はささくれていく 面倒は積もる 雪のように 限りある時の中で 季節は移ろう 形ないもの抱きしめyama-青色の声が遠く響き 3度目の寝返りを打つ 微睡みを抜け出せない 冷たい空気が肺を伝う 天気予報初雪を報せ 町が白く染まると 唇はささくれていく 面倒は積もる 雪のように 限りある時の中で 季節は移ろう 形ないもの抱きしめ
声明いつだって思い描いてたような想像に 手を伸ばしては遠のいて 嫌になるけど きっと今以上を繰り返していけるはずだから まだ夜を飛び越えて また夜を乗り越えていこう 初めは興味本位だった もし感情に突き動かされなければ 今を享受して溶け込yama--いつだって思い描いてたような想像に 手を伸ばしては遠のいて 嫌になるけど きっと今以上を繰り返していけるはずだから まだ夜を飛び越えて また夜を乗り越えていこう 初めは興味本位だった もし感情に突き動かされなければ 今を享受して溶け込
天色地面ばかり見て歩いていた僕は 上の青さに気付かなくて 馬鹿みたいに 闇雲に探していた 白線の上に立って 流れる文字を追う 踏み出しそうになる足は 気付けば脆くも崩れて 微かに匂う 君の声が 風になびいていた 湿気た顔をしyama-地面ばかり見て歩いていた僕は 上の青さに気付かなくて 馬鹿みたいに 闇雲に探していた 白線の上に立って 流れる文字を追う 踏み出しそうになる足は 気付けば脆くも崩れて 微かに匂う 君の声が 風になびいていた 湿気た顔をし
存在証明画面の奥底に見える 答えのない答え合わせ 真夜中一人スクロールで確かめる 終わんない症状 眩い画 僕はずっと感じていた 空虚な同調を 大層な格好 目に映る比較対象 それ故に嵩んでく本性も 僕らは生き急いでる 夢も嘘も全部集めてyama-画面の奥底に見える 答えのない答え合わせ 真夜中一人スクロールで確かめる 終わんない症状 眩い画 僕はずっと感じていた 空虚な同調を 大層な格好 目に映る比較対象 それ故に嵩んでく本性も 僕らは生き急いでる 夢も嘘も全部集めて
寝れない夜に feat. yamaくじら寝れない夜にカーテンを開けて ガラス越しの街 深い藍色 冷たい風と心地いい静かな匂いが 「まだここにいていい」 そう言ってる気がして あぁ、意味もなくベランダの奥眺めて 頭だけがいつまでも回る 水槽の中で息をしているようで また同くじら-寝れない夜にカーテンを開けて ガラス越しの街 深い藍色 冷たい風と心地いい静かな匂いが 「まだここにいていい」 そう言ってる気がして あぁ、意味もなくベランダの奥眺めて 頭だけがいつまでも回る 水槽の中で息をしているようで また同
希望論正解なんて無いからね わざと大きい声で叫ぶ世界 大体代替品世代 故の存在証明を今 冷えた缶ビールの季節です 汗で張り付いたTシャツが言う ここで自爆テロの速報です ビルに張り付いた画面が言う 梅雨は明け快晴が続くでしょう モヤyama-正解なんて無いからね わざと大きい声で叫ぶ世界 大体代替品世代 故の存在証明を今 冷えた缶ビールの季節です 汗で張り付いたTシャツが言う ここで自爆テロの速報です ビルに張り付いた画面が言う 梅雨は明け快晴が続くでしょう モヤ
愛を解く手放したっていいさ 傷を付け合う運命 ぞんざいな日々は 手離したっていいさ 軽薄な言葉も 紛れもなく愛だろ? 破れた言の葉 空に散っていく はらりはらり落ちる様を 眺めていた 戻らない季節で 枯れ朽ちていく 濁り切ったyama- 動画手放したっていいさ 傷を付け合う運命 ぞんざいな日々は 手離したっていいさ 軽薄な言葉も 紛れもなく愛だろ? 破れた言の葉 空に散っていく はらりはらり落ちる様を 眺めていた 戻らない季節で 枯れ朽ちていく 濁り切った
憧れのままにyama & キタニタツヤただ悠然と掴んだ吊り革とダンスして 次の駅で降りてったブレザー 眩しくて仕方ないな いま、不安定な宇宙を歩いてかなくちゃね 船から離れないためのロープ 僕も握り直すよ 子供みたいに拾い集めてきた空想 心の骨 探している 星の海でyama & キタニタツヤ- 動画ただ悠然と掴んだ吊り革とダンスして 次の駅で降りてったブレザー 眩しくて仕方ないな いま、不安定な宇宙を歩いてかなくちゃね 船から離れないためのロープ 僕も握り直すよ 子供みたいに拾い集めてきた空想 心の骨 探している 星の海で
新星「君のこと思っては歌っているよ ずっと情けないなりに ちゃんと立っているよ」 愛や平和を誰かが語っていたよ くだらないみたいね 青から赤に変わる信号を待って メガホン越しの思想を浴びた イヤホン挿して白い目を向けた 散々な鈍感な僕yama-「君のこと思っては歌っているよ ずっと情けないなりに ちゃんと立っているよ」 愛や平和を誰かが語っていたよ くだらないみたいね 青から赤に変わる信号を待って メガホン越しの思想を浴びた イヤホン挿して白い目を向けた 散々な鈍感な僕
日々置き去りにされんのは いつもこっち側ってさ 決まってる 冷めた自分 将来のこと なんもかんも後回し 夢見てる 仰向けばなんもない 人生のシミばかり 数えてやんの 俯けばなんともないのに 重力で涙が落ちる ああ…悲しいな yama--置き去りにされんのは いつもこっち側ってさ 決まってる 冷めた自分 将来のこと なんもかんも後回し 夢見てる 仰向けばなんもない 人生のシミばかり 数えてやんの 俯けばなんともないのに 重力で涙が落ちる ああ…悲しいな
春を告げる深夜東京の6畳半夢を見てた 灯りの灯らない蛍光灯 明日には消えてる電脳城に 開幕戦打ち上げていなくなんないよね ここには誰もいない ここには誰もいないから ここに救いはないよ 早く行っておいで 難しい話はやめよう とりあえず上がっyama-深夜東京の6畳半夢を見てた 灯りの灯らない蛍光灯 明日には消えてる電脳城に 開幕戦打ち上げていなくなんないよね ここには誰もいない ここには誰もいないから ここに救いはないよ 早く行っておいで 難しい話はやめよう とりあえず上がっ
桃源郷壊れたままのスピーカーから かすかに聞こえるメロディ 何の歌か分からなくてイラついていたみたいだ そうやって今日も焦げていく時計を見つめてた 今 一体 何時何分か分からないけど 袋小路の中で私はただただ祈っている それが幸せで 歪yama-壊れたままのスピーカーから かすかに聞こえるメロディ 何の歌か分からなくてイラついていたみたいだ そうやって今日も焦げていく時計を見つめてた 今 一体 何時何分か分からないけど 袋小路の中で私はただただ祈っている それが幸せで 歪
沫雪途切れ途切れの声 警笛が鳴り響く ノイズの中、潜めた 言葉はもう知っていた 二人別つ窓が 閉ざされていく 千切れそうな糸を 眺めていた よろけたまま伸ばした手は空(くう)を掻く 哀れむような風の音 黙り込んだ君の眼に映したyama- 動画途切れ途切れの声 警笛が鳴り響く ノイズの中、潜めた 言葉はもう知っていた 二人別つ窓が 閉ざされていく 千切れそうな糸を 眺めていた よろけたまま伸ばした手は空(くう)を掻く 哀れむような風の音 黙り込んだ君の眼に映した
灰炎感情を研ぎ澄ました 誰も居ない交差点 夕立に打たれた街で 僕は未だ燃えている 不確かな今を見た 彼方の空はいつも 僕らに影を落とす 誰かの思惑通り 咳き込みそうな煙が むしばむように歩く ぼやけた眼に映る セピア色の夢から醒yama--感情を研ぎ澄ました 誰も居ない交差点 夕立に打たれた街で 僕は未だ燃えている 不確かな今を見た 彼方の空はいつも 僕らに影を落とす 誰かの思惑通り 咳き込みそうな煙が むしばむように歩く ぼやけた眼に映る セピア色の夢から醒
独白だましだましで息をしてたから 明日に持っていく余白がないほど ただれ腐って黒くなった跡が 覆いつくしていた 僕の歪んだ器が嫌いで 額打ちつけ無力さを責めた 君の純白な器が綺麗で 声にならない声で 牙を剥いていた 背中合わせたyama--だましだましで息をしてたから 明日に持っていく余白がないほど ただれ腐って黒くなった跡が 覆いつくしていた 僕の歪んだ器が嫌いで 額打ちつけ無力さを責めた 君の純白な器が綺麗で 声にならない声で 牙を剥いていた 背中合わせた
真っ白ご覧 夕日が沈むのが早くなりました 少し考えちゃう様な 夜が増えました 夏の蒸し暑い気候が 恋しくなりました 夢を追いかけてる 君は素敵です あの口付けはお芝居でしょうか 真っ白な薔薇の上で二人 寝転んで このままでいられたら素敵yama恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~ご覧 夕日が沈むのが早くなりました 少し考えちゃう様な 夜が増えました 夏の蒸し暑い気候が 恋しくなりました 夢を追いかけてる 君は素敵です あの口付けはお芝居でしょうか 真っ白な薔薇の上で二人 寝転んで このままでいられたら素敵
色彩じっと機微を見逃さないで きっと大人はそれらしくするのでかかりきりになるんだ 関心はまだ僕ら 真珠の欠片だって無価値、そこに物語がなければ からくりのなかで廻る僕ら命だ 実は奇跡のような毎日を、当たり前に手を差し伸べあって過ごしているyamaSPY×FAMILY 動画じっと機微を見逃さないで きっと大人はそれらしくするのでかかりきりになるんだ 関心はまだ僕ら 真珠の欠片だって無価値、そこに物語がなければ からくりのなかで廻る僕ら命だ 実は奇跡のような毎日を、当たり前に手を差し伸べあって過ごしている
血流グラついてた 今 この心が 描いたストーリー 胸打つ鼓動 ずっと流れてる 奇跡の色 騒がしい通りを抜けて 路地裏で見つけたワームホール 触れないまま 日々を過ごしてた やるせない顔 君の目を通してみたら どんな光が 差すんだyama-グラついてた 今 この心が 描いたストーリー 胸打つ鼓動 ずっと流れてる 奇跡の色 騒がしい通りを抜けて 路地裏で見つけたワームホール 触れないまま 日々を過ごしてた やるせない顔 君の目を通してみたら どんな光が 差すんだ
返光 (Movie Edition)夢にまで 見てた夢 もう帰れない 覚めても覚めてもただ夢 庭には犬が居て 可愛い子供たちは昼寝をしてる ねぇ知ってる この何気ない時間を幸せと呼ぶんだよ でも呼んだら壊れるから知ってるだけでいいの 庭には二羽とか言って 可愛い子供たyamaスイート・マイホーム 動画夢にまで 見てた夢 もう帰れない 覚めても覚めてもただ夢 庭には犬が居て 可愛い子供たちは昼寝をしてる ねぇ知ってる この何気ない時間を幸せと呼ぶんだよ でも呼んだら壊れるから知ってるだけでいいの 庭には二羽とか言って 可愛い子供た
陽だまり僕の小さな手をぎゅっと握った あなたは陽だまりのような人 僕の無茶なお願いも叶えてくれた あなたは広い空のような人 黄金色の笑顔を見せた あなたのことが愛おしくて 風が舞い込む夜は頬寄せ合って 見返りないこのぬくもり あなたは僕にyama--僕の小さな手をぎゅっと握った あなたは陽だまりのような人 僕の無茶なお願いも叶えてくれた あなたは広い空のような人 黄金色の笑顔を見せた あなたのことが愛おしくて 風が舞い込む夜は頬寄せ合って 見返りないこのぬくもり あなたは僕に
麻痺痺れちゃうくらいに怖くてさ 足が竦んで竦んでいた その時 落ちた涙が今も忘れらんないよな どうしようか 逆境は慣れてないから 曖昧な覚悟しか出来てないよな 細胞が硬直し始めては あんまりな未来を見せてくんだな あの頃の僕ら ただyama2.43 清陰高校男子バレー部 動画痺れちゃうくらいに怖くてさ 足が竦んで竦んでいた その時 落ちた涙が今も忘れらんないよな どうしようか 逆境は慣れてないから 曖昧な覚悟しか出来てないよな 細胞が硬直し始めては あんまりな未来を見せてくんだな あの頃の僕ら ただ
【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

yama 歌詞一覧リスト