よみ:
さわがしいこどく

騒がしい孤独 歌詞PELICAN FANCLUB

『PELICAN FANCLUB - 騒がしい孤独』収録の『解放のヒント』ジャケット
発売:
2022.03.02
作詞:
エンドウアンリ
作曲:
エンドウアンリ
編曲:
PELICAN FANCLUB

PELICAN FANCLUB「騒がしい孤独」歌詞

いつか心に従えたら 言葉にできるのなら
僕を許せるかな 孤独というくせに


歩き慣れたんだ架空の路地裏で
ひとり人混みに溶け込む


まるで太陽系から外れた肌が
馴染まずにただ彷徨うだけ


与えられてきたはずの僕はいま
溢れて心を零した


どうか言葉で渡せたら 全て伝えたら
僕は約束した 止まない耳鳴りに


最果てから声上げて頬を伝ったパレード
騒がしい孤独をまた過ごしている


歩き慣れたんだ架空の感情がまだ
ひとりきりにさせていた


まるで空中を泳ぐようで
すれ違うことなくただ漂うだけ


恨むのは何もしない僕だから
期待するだけ汚くなっていた


どうかこの目に映るもの全て愛せたら
僕を許せるかな 解ってないくせに


最果てから声上げて目を突つくハレーション
騒がしい孤独にまた耳を塞いだ


何を見ていたいの
誰が待っているの
今日の終わりになんだか涙を流している
どこに行けばいいの
誰に言えばいいの


いつか心に従えたら 言葉にできるのなら
僕を許せるかな 孤独というくせに
ひとりにすらなれていない いつの間にかの勘違い
生きているいまはまだ未完成


どうして叫んでも どうして届かない
僕を許せるような 答えはないけれど


気づいたよ ごめんね
受け入れたい今日までを
騒がしい孤独をまた迎えに行く


そして遠回り 僕とすれ違い
今日の終わりに少し笑えた
こうして走る日々 心がうるさくて
今日の終わりを少しでも愛せたらな


PELICAN FANCLUB『騒がしい孤独』の 詳細

『PELICAN FANCLUB - 騒がしい孤独 歌詞』収録の『解放のヒント』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.03.02
購入:
曲名:
騒がしい孤独
よみ:
さわがしいこどく
歌手:
PELICAN FANCLUB
作詞:
エンドウアンリ
作曲:
エンドウアンリ
編曲:
PELICAN FANCLUB
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

PELICAN FANCLUB 騒がしい孤独 歌詞