『OKOJO 殿堂入り 歌詞』収録の『能あるオコジョは牙を隠さない』ジャケット 公式 フル

殿堂入り 歌詞

歌手
OKOJO

本当の名前も僕は知らないままで君に恋をした 一人行為をした
自分の気持ちに誇りを持つ勇気さえ 君はくれたのさ 心に触れたのさ
なにやらギャップがモテるんだって ファッション誌の薄っぺらい記事
袋とじ 親指で開ける意地 君に注ぐ愛


たまにでいいから思い出してよ
数ある中の一つとしても君への想いに嘘は無いから
僕がいなくても寂しいとか これっぽっちも思わないんだろうな
君は僕の殿堂入りさ


気付いちゃったんだ この恋はまぼろしのようだ
君に触れたくて漕ぎ出した泥の船
恋はカラダに良いんだって ニュースサイトの薄っぺらい記事
袋小路 迷い込んだネズミに君は何を思う?


君のえくぼに水を張って その中で溺れてしまいたいな
息も出来ないほどに好きさ
僕がいなくても楽しいとか これっぽっちも思わないでほしい
君を僕のものにしたい


口に含めば溶けそうなマシュマロのような君と
白い砂浜で戯れたいな 叶うことはないけど


たまにでいいから触れさせて 気持ちなんて無くてもいいから
その5 秒の為に生きる
僕がいなくて困るような君であってほしいだけ
それ以上は求めないよ


たまにでいいから思い出してよ
数ある中の一つとしても君への想いに嘘は無いから
僕がいなくても寂しいとか これっぽっちも思わないんだろうな
君は僕の殿堂入りさ
今も君を見つめてるよ


『OKOJO 殿堂入り 歌詞』収録の『能あるオコジョは牙を隠さない』ジャケット
歌手: OKOJO
発売日: 2019.03.06
作詞: 松下陽祐
作曲: 松下陽祐
ステータス: 公式 フル

OKOJO『殿堂入り』の MV / PV

LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞
Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE