よみ:
あめさんさん

雨燦々 歌詞King Gnu

ドラマ「オールドルーキー」主題歌

『King Gnu - 雨燦々』収録の『雨燦々』ジャケット
発売:
2022.07.15
作詞:
Daiki Tsuneta
作曲:
Daiki Tsuneta

King Gnu「雨燦々」歌詞

選べよ 変わりゆく時代を 割り切れなくとも
この瞬間この舞台を 生き抜くから
手答えの無い 今日でさえも


紡ぐよ でこぼこな此の道に 降り注ぐ雨燦々と
悩ましく 生き惑う僕らの
悲しみさえも 水に流してゆく


錆びついた自転車を走らせて 君へと向かうのさ 雨に濡れながら帰ろう


臨時ニュースの報せでは
どうやらこれから土砂降りの雨が降るらしい
傘を忘れた溜め息は
夕立ちが連れてきた夏の匂いに解けてゆく


過去を謳う悲しみ達が 雲となり雨を打ちつける


叫べよ 気の晴れるまで 声は雨に掻き消され
今じゃ何処の 誰にも届かなくても
手遅れになってしまった 未来へさえも


繋ぐよ そのバトンを
静かに待ってる人がいる 雨燦々と悩ましく
生き惑う僕らの 悲しみさえも水に流してゆく


線路沿い風を切り 一直線に君へと向かうのさ 雨に濡れながら帰ろう


雨燦々と降り注ぎ 夏を弾いて反射した 僕らを映し出す
雨燦々と降り注ぎ 夏を泳いでずぶ濡れの 僕らを映し出す


烈しく照りつける太陽よ 僕らを導いておくれよ
未来を謳う言葉だけが 風となり森を吹き抜ける


選べよ 変わりゆく時代を 割り切れなくとも
この瞬間この舞台を 生き抜くから
青き春の瞬きから 何度醒めようとも


紡ぐよ でこぼこな此の道に 降り注ぐ雨燦々と
悩ましく 生き惑う僕らの
悲しみさえも 水に流してゆく


錆びついた自転車を走らせて 君へと向かうのさ 雨に濡れながら帰ろう


King Gnu『雨燦々』の 詳細

『King Gnu - 雨燦々 歌詞』収録の『雨燦々』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.07.15
購入:
曲名:
雨燦々
よみ:
あめさんさん
歌手:
King Gnu
関連作:
オールドルーキー
作詞:
Daiki Tsuneta
作曲:
Daiki Tsuneta
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

King Gnu『雨燦々』の Official Music Video

「雨燦々」のリリース情報

6月26日(日)に放送がスタートするTBS系ドラマ「日曜劇場『オールドルーキー』」の主題歌として、King Gnuが新曲「雨燦々」を書き下ろした。


「オールドルーキー」は脚本を福田靖、主演を綾野剛が務めるドラマ。プロサッカー選手の主人公・新町亮太郎は、37歳で選手としてのピークは過ぎたものの、J3に所属するチーム「ジェンマ八王子」で活躍していた。しかしある日、ジェンマ八王子の解散が突然告げられ、移籍先が見つからず現役引退を余儀なくされてしまう。どん底の新町は、現役アスリートの代理人やマネジメントを行う会社・ビクトリーと出会い、そこで働く決意をする。


King GnuがTBSドラマの主題歌を担当するのはこれが初めて。「雨燦々」の音源は「オールドルーキー」初回放送の中で解禁される。常田大希(G, Vo)はこの曲について「意外にもKing Gnuとしては剛ちゃんとの初作品になりますね! 我々としましては今までの自分達には無い、新しいラインの楽曲に仕上がりました。聴いていただくのが楽しみです」、綾野は「『オールドルーキー』にとって最後のピースがそろいました」「これからの時代を切り開き、生きる人すべてへふりそそぐ応援讃歌。ここに誕生です!」とコメントしている。


「常田大希」コメント

日曜劇場「オールドルーキー」の主題歌のために「雨燦々」という楽曲を書き下ろしました。お話を頂き脚本を読み込んで行く内に、登場人物達の魅力に引き込まれて時間を忘れて読み耽ってしまったのが良い思い出です。こんなポジティブなエネルギーに満ちた作品に力を添えられた事をとても嬉しく思っております。
意外にもKing Gnuとしては剛ちゃんとの初作品になりますね! 我々としましては今までの自分達には無い、新しいラインの楽曲に仕上がりました。聴いていただくのが楽しみです。どうぞ宜しく!


「綾野剛」コメント

「オールドルーキー」にとって最後のピースがそろいました。誰一人として孤独にならぬよう照らしてくれる煌めき。いつだって寄り添ってくれる力強い愛。そして涙以上に染み込む雨がこんなにもあったかいなんて。また僕らを眩しい世界へと導いてくださいました。
これからの時代を切り開き、生きる人すべてへふりそそぐ応援讃歌。ここに誕生です!


「編成・東仲恵吾氏」コメント

本作の主人公は、突然の引退により望んだ人生ではないけど、
それでも精一杯生きようとしていく“悲哀”と、
家族のために前に進む“勇気”を持った人物です。
そんな複雑な色々な感情を持ちながら覚悟を持って突き進む主人公に寄り添い、
後押ししてくれる主題歌と考えた時に、
King Gnuさんが作ってくれたら、ドラマにさらなる立体感を出してくれて、面白くなるのではと思いました。
楽曲制作に入る前に、常田さんと打ち合わせをさせてもらい、
作品に向き合う真摯な姿勢とその人間力に圧倒されつつも、
必ずやいい曲になると確信しました。
そして、実際に出来上がってきた曲は、
想像を遥かに超えた“優しさ”も“力強さ”も併せ持つ、とても愛おしい曲でした。
この曲があれば、
主人公はきっと
どんなに高い壁だって越えることができる。
これは、
主人公だけではなくて、
今、色々な壁に立ち向かっている人たちへの最上級の応援歌です。
ぜひ、ご期待ください。


感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

King Gnu 雨燦々 歌詞 (オールドルーキー 主題歌)