jon-YAKITORYの歌詞リスト

FREAK feat. Yupman

歌手
jon-YAKITORY & 八王子P
歌い出し
数多の愛を語る作品なんてさ どれもが濁りない全部偽物 欲望肯定 リアルは”不愉快”も全部混ぜこぜ ドロまみれ 僕らにしてみればただのトラウマ 目も当てられない 何千回と思考を巡らせ 差し出した手は食われてた 信念なんていつ見てもブレブレ じゃあもういいや 紅い紅い嘘を喰らって 真っ黒なヤワハダ搔っ捌いて 甘く苦い溢れる雫 全部飲み干す 「キモイ」「クサイ」 君の口が全部言わせてるのならばいっそ 唇を千切らせて 君が救われるように 泣かないでくれ 「情けないこんな僕もいつか」なんてさ どこかの誰かが言っていたけど響かない 僕らにこびり付く 重く醜い塊を まとめてこそぐような そんな歌を今も待ってるんだ 痛い痛い傷を触って 真っ白になるまで掻き回して 辛い思いを抱えたままじゃ 生きてけないから 紅い紅い嘘を喰らって 真っ黒なヤワハダ搔っ捌いて 甘く苦い溢れる雫 全部飲み干す 「キモイ」「クサイ」 君の口が全部言わせてるのならばいっそ 唇を千切らせて 君が救われるように 泣かないでくれ

Noisy Sweet Home

歌手
jon-YAKITORY
関連作
プロジェクト「GABULI」キャラクターソング
歌い出し
雑踏 罵倒 もうどっちがノイズかわかりゃしないさって 感情 感動 もう何もない 何もないさ 颯爽 脱走 この現実から救い出すなんて 甘い言葉で胸焼けばかり なあ 今でも愛はあると言えるか? じゃあ今見せてくれよ ああ変わって 変わってく 信じてみようとした全部 もういい もういい 何もかも捨てて さあ変わって 変わってく 怖いものなんてない様 ずっと ずっと 独りでいるよ 最低な貴方へ 一生 失笑 貼り付いたスマイルに虫唾 嘔吐して 一層 深層 もう気味悪い 気味悪いね ずっと ずっと 傷つかないよう 貴方を妄信して 無垢な心は溶かされていた なあ 今でも愛はあると思うかい? じゃあまだ馬鹿すぎるな ああ変わって 変わってく 信じてみようとした全部 もういい もういい 何もかも捨てて もう黙って 黙っていて 甘いクソッタレな狂言 ずっと ずっと 独りで往きたいな 正義のふりした悪魔が 夢と日常を踏み潰していった 偉い誰かは微笑むだけ そのゴミを見るような目で さあ笑って、笑って 潔⽩で純粋なままの僕を 見世物さ 笑え ああ変わって 変わってく 信じてみようとした全部 もういい もういい 何もかも捨てて さあ変わって 変わってく 怖いものなんてない様 ずっと ずっと 独りでいるよ

ONI

歌手
jon-YAKITORY
歌い出し
バックレたきゃ さあどうぞ このまま パッと消えちゃって まあなんてことはない だってそもそも僕がやりだした 誰もがこっ恥ずかしい洗脳を経て経て こっから先へ 熱気だけで走り出しては 派手に転んで La La La 今宵、最下位 濃い思い出 Na Na Na また消して 何回 暗い今日だっていい 一夜限りの"狂"でいれるなら 全て差し出せるさ 脳内 「くだらない」ばっかり 問い続けては 一人きりで幾つも戸を開ける 鬼を呼び覚ますように あーまた何もしないうちに ただただ 時間が過ぎ去っていくな 頭の中はパッパラパー そうに見えてフル回転さ ジャンケンパー 日々 前に前にもがく様に 到達点へにじり寄る今日に 勘違いがないと始まらない 丁寧丁寧丁寧に描き出して 何回 辛い今日だっていい 一夜限りの"興"でいれるなら 全て差し出せるさ 後悔・要らない なんてない 生きる全てが 興に変わるから 今も火を灯して Na… 千回泣き出したっていい 自分を信じて 歩いていけば いつか報われるさ 何回 暗い今日だっていい 一夜限りの"狂"でいれるなら 全て差し出せるさ 脳内 「くだらない」ばっかり 問い続けては 一人きりで幾つも戸を開ける 鬼を呼び覚ますように

ONI

歌手
シユイ & jon-YAKITORY
歌い出し
バックレたきゃ さあどうぞ このまま パッと消えちゃって まあなんてことはない だってそもそも僕がやりだした 誰もがこっ恥ずかしい 洗脳を経て経て こっから先へ 熱気だけで走り出しては 派手に転んで La La La 今宵、最下位 濃い思い出 Na Na Na また消して 何回 暗い今日だっていい 一夜限りの"狂"でいれるなら 全て差し出せるさ 脳内 「くだらない」ばっかり 問い続けては 一人きりで幾つも戸を開ける 鬼を呼び覚ますように あーまた何もし ないうちに ただただ 時間が過ぎ去っていくな 頭の中はパッパラパー そうに見えて フル回転さ ジャンケンパー 日々 前に前にもがく様に 到達点へにじり寄る今日に 勘違いがないと始まらない 丁寧丁寧丁寧に描き出して 何回 辛い今日だっていい 一夜限りの"興"でいれるなら 全て差し出せるさ 後悔・要らない なんてない 生きる全てが 興に変わるから 今も火を灯して Na… 千回泣き出したっていい 自分を信じて 歩いていけば いつか報われるさ 何回 暗い今日だっていい 一夜限りの"狂"でいれるなら 全て差し出せるさ 脳内 「くだらない」ばっかり 問い続けては 一人きりで幾つも戸を開ける 鬼を呼び覚ますように

THUNDERBOLT

歌手
jon-YAKITORY
歌い出し
その心臓を奪い取って虜にさせる 落雷のようなエナジーを 溜まりたまった鬱憤と 灰色の空 心は濁り続けてる 果てない不安にもういっそ 終わりにしてと 陽の光を待ちわびてる 君に恋をしたの 永遠の時の中 生きたいと今も 叫び続けてる さあサンダーボルト 雷鳴を この感情的な一瞬を 共に描こう ここに刻もう 痺れるような世界で 絶望的を突破して 歌いたいのさ永遠に 君と共に築く未来 形を変え生きていく 時代が変わったって変わんないさ 君と共にずっと 愛を 見えない明日と正論に 息を切らして 救いの手も諦めてる 伝う号令や命令もあやふやなまま 頼りになる人はいない 会いに来たよ そこで待ってる君に 今会いに来たよ この声よ届け さあサンダーボルト 雷鳴を この瞬間的な最高を 共に歌おう ここに刻もう 痺れる程の感度で 最低なんてポイしちゃって 踊りたいのさ永遠に 君と描くまだ見ぬ未来 全てを超え繋がっていく その心臓を動かして全てが変わる 落雷のようなエナジーを さあサンダーボルト 雷鳴を この感情的な一瞬を 共に描こう ここに刻もう 痺れるような世界で 絶望的を突破して 歌いたいのさ永遠に 君と共に築く未来 形を変え生きていく 時代が変わったって変わんないさ すぐそばにいる 君と共にずっと 愛を

アンチシステム's

歌手
jon-YAKITORY
歌い出し
脳味噌から足先まで 真っ当な言葉並べて 今もまだ 造られた 缶カラな夢に生きてる 容疑者は言う「あなたの為」 まっさらな心叩いて 耐えきれずに 壊される 吸い殻にされては捨てられる まともなままじゃ いられなくなってく その仮面を今 剥がして 狂ってるのはどっちなのか 白黒つけようぜ なあ? HACKまではもう 待ったはなし 真っ黒な夜を暴れ出す でっち上げられた今日を捨てて 道徳を今 塗り潰す Capばかりの この街の 真っ赤な虚栄を暴くのさ 「引き分けだ」とか 笑える 零と壱で書き換える そうやってまた 喝采の裏 誰にも知られないようにただ ”まっさら”を奪いとってみせるから きっと明日も夜のまま 本当の事は後まわし 嫉妬や希望 なすがまま 揃いも揃い猿回し 「これもまた平和のため」 醜く踊るエゴイズム 百の目が舐め回す 今日という日は今 誰のため? HACKからはもう 逃げられない 真っ白な明日の夢を見る たった一秒も渡せない 最悪を今 塗り潰す だって今も救われない 真っ青な顔のHELPを見る 「白旗だ」とか 笑える 零と壱で書き換える どうやってもさ 理解の裏 「誰かを救いたい」なんて まだ信じてもらえないや ひとつ上がった声さえも 掻き消されて無かったようにされて 奪ってるのはどっちなのか 白黒つけようぜ 待っててもさ 変わらない 何度も祈って騙される そんな間違った今日はいらない 現実を今 見せてやる HACKまではもう 待ったはなし 真っ黒な夜を暴れ出す でっち上げられた今日を捨てて 道徳を今 塗り潰す Capばかりの この街の 真っ赤な虚栄を暴くのさ 「引き分けだ」とか 笑える 零と壱で書き換える そうやってまた 喝采の裏 誰にも知られないようにただ ”まっさら”を奪いとってみせるから

アンチシステム's

歌手
jon-YAKITORY feat. Ado
関連作
プロジェクト「GABULI」OP
歌い出し
脳味噌から足先まで 真っ当な言葉並べて 今もまだ 造られた 缶カラな夢に生きてる 容疑者は言う「あなたの為」 まっさらな心叩いて 耐えきれずに 壊される 吸い殻にされては捨てられる まともなままじゃ いられなくなってく その仮面を今 剥がして 狂ってるのはどっちなのか 白黒つけようぜ なあ? HACKまではもう 待ったはなし 真っ黒な夜を暴れ出す でっち上げられた今日を捨てて 道徳を今 塗り潰す Capばかりの この街の 真っ赤な虚栄を暴くのさ 「引き分けだ」とか 笑える 零と壱で書き換える そうやってまた 喝采の裏 誰にも知られないようにただ ”まっさら”を奪いとってみせるから きっと明日も夜のまま 本当の事は後まわし 嫉妬や希望 なすがまま 揃いも揃い猿回し 「これもまた平和のため」 醜く踊るエゴイズム 百の目が舐め回す 今日という日は今 誰のため? HACKからはもう 逃げられない 真っ白な明日の夢を見る たった一秒も渡せない 最悪を今 塗り潰す だって今も救われない 真っ青な顔のHELPを見る 「白旗だ」とか 笑える 零と壱で書き換える どうやってもさ 理解の裏 「誰かを救いたい」なんて まだ信じてもらえないや ひとつ上がった声さえも 掻き消されて無かったようにされて 奪ってるのはどっちなのか 白黒つけようぜ 待っててもさ 変わらない 何度も祈って騙される そんな間違った今日はいらない 現実を今 見せてやる HACKまではもう 待ったはなし 真っ黒な夜を暴れ出す でっち上げられた今日を捨てて 道徳を今 塗り潰す Capばかりの この街の 真っ赤な虚栄を暴くのさ 「引き分けだ」とか 笑える 零と壱で書き換える そうやってまた 喝采の裏 誰にも知られないようにただ ”まっさら”を奪いとってみせるから

イート feat. Ado

歌手
jon-YAKITORY
歌い出し
ねえ ただ苦しくはないの? 冷めきった心を 向かい合わせで食べて 見てられないわもう カビの生えた ちっちゃなプライド それなら 意地が悪いわもう その粗探し 沈黙が毒に変わる 飲み込んだら そう ねえ まだ終わりは来ないの? 冷めきった言葉を 向かい合わせで食べて ねえ ただ虚しくはないの? 秘密が二人を 繋ぎ止めてるなんて 気味が悪いわもう 恥の末路 知ったかぶりでそう 戸惑う 知りたくないわもう 隠したまま ねえ まだ終わりは来ないの? 冷めきった言葉を 向かい合わせで食べて ねえ ただ虚しくはないの? 秘密が二人を 繋ぎ止めてるなんて 嗚呼 その手は今も汚さないように ただ口を開けて ねえ まだ動けはしないの? 正しいふりをして 甘い嘘だけ食べて ねえ まだ終わりは来ないの? 冷めきった言葉を 向かい合わせで食べて ねえ ただ虚しくはないの? 秘密が二人を 繋ぎ止めてるなんて ねえ

うぉんちゅーばっど

歌手
jon-YAKITORY
歌い出し
一切興味ない (あちゃちゃ無理やり) 絶対動じない (そんなんじゃムリムリ) 愛嬌なんてない (だけどこのまま) 一生そっけないなんてヤダヤダ どうもこうもないよね 愛も恋も焦がした成れの果て 煮詰まった想いはね 黒くドロリと毒に変わるだけ けど でも いややっぱね どうせだったらさ キミに言わせたい 嗚呼 キミを見ると なんなんなんでだろう 頭ん中がキミだらけ ドックンドックン 心は 暴走中 AH! なんなんなんでかな 一晩中ただ妄想ばっかし Zock-On Zock-Onあるいは 洗脳中 AH! 一切興味ない (あちゃちゃ無理やり) 絶対動じない (そんなんじゃムリムリ) 愛嬌なんてない (だけどこのまま) 一生そっけないなんてヤダヤダ きっかけは少しだけ ニトロみたく想いは破裂して 純かどうかなんてね もはやどうでもいいことなんだね お人形さんみたい 動かないキミを見て ドックンドックン全てが 暴走中 AH! なんなんなんでだろう 頭ん中がキミだらけ ドックンドックン 心は 暴走中 AH! なんなんなんでかな 一晩中ただ妄想ばっかし Zock-On Zock-Onあるいは 洗脳中 AH! ドックンドックン 心は 暴走中 AH! Zock-On Zock-Onあるいは 洗脳中 AH! 一切興味ない (あちゃちゃ無理やり) 絶対動じない (そんなんじゃムリムリ) 愛嬌なんてない (だけどこのまま) 一生そっけないなんてヤダヤダ

ここで生きてる

歌手
めありー×jon-YAKITORY
関連作
アニメ「探偵はもう、死んでいる。」OP
歌い出し
君を見てたあの日から 全てが変わるような気がしてた 夢を見てた気がした 今じゃもう聞こえない足音で 目を閉じればいつもと 同じ ただ一人 期待していた ねえ 君に言えなかったこと 今も閉じ込めてる あの世界で見つけた 大切な何かを この心は探し求めてる ねえ ずっとここで君と 笑っていられるように 約束をするよ 時を超えて今 何も変わらずにただ 今が過ぎて行くあの日々が 怖くて仕方ないから 夢や希望を 逃がさないようにした ねえ君とあの日見たもの 今も覚えている この世界で見つけた 大切な何かで この心は生きてここにいる ねえ ずっとここで君と 前を見ていられるように 約束をするよ いつもいつまでも 笑えなくなっていた あの孤独もいつか 明日を照らす灯に変わるから あの世界で見つけた 大切な何かを この心は探し求めてる ねえ ずっとここで君と 笑っていられるように 約束をするよ 時を超えて今

さながらミスター

歌手
jon-YAKITORY
歌い出し
ミスター ミスター君は このまんまじゃいらんない だけどもミスターミスター君は 覚悟できてるかい? 物語はここに ちょっと待った何回目だい ギロリ 視線を勘ぐってる ちょっともうさ難解じゃない? 滲む視界にテンパってる なんていうか、もう限界 消えたい思いを押し込んでる 「そんなもん」って言いたくない 変えたい自分を描いてる ハッと気付いたら またまた頭の奥底 こっからこっちはただただ あなたと二人 現実逃避?はたまた時の気まぐれ よく聞くんだぜ さながら ミスター ミスター 君は モブなんかじゃいらんない ここから いつかいつか僕を 連れ去ってくれるんだ それなら ミスター ミスター 涙乾くほど飛ばして いつかは きっときっと僕も 誰かを救うんだ 時間だって超えるから 奥深く孤独 怖くなっちゃう 答えのない地獄 佇む 泣きっ面を刺す 胸に勲章 嗤い潜んでる もう 意味がわからない どことどこが仲違い ちょっと踵踏み外すだけで お陀仏マジ地雷 「流行りに乗るのかい」 気にし過ぎにゃ世知辛い 今日だって さながら ミスター ミスター君が 君だけが主役さ このまま ミスターミスター君と あの日を乗り越えて さながら ミスター ミスター 君は モブなんかじゃいらんない ここから いつかいつか僕を 連れ去ってくれるんだ それなら ミスター ミスター 涙乾くほど飛ばして いつかは きっときっと僕も 誰かを救うんだ 時間だって超えていけ

シカバネーゼ

歌手
jon-YAKITORY
歌い出し
明日の事を考える事も嫌になってんだ 「僕らなんて、僕らなんて」 そう言いながら屍と化したんだ あれやこれやと考えてはまた 這い回ってんだ 死を想って 血を吐いて 何処か遠く 彷徨い続けんだ この地獄から抜け出せないと悟りきってんだ もう心なんて脆いもんで一度砕けたら戻りゃしないんだ どうかたった一度 時間が戻ってくれるのならば どんなことも厭わない 指の1,2本だって捧げたい 笑えないよ ずっと 当たり前の感情 はあなたと共に消え去っていった そうさ 千年たっても癒えない この傷を背負ってお終い ねえ、神様 殺して 殺してよ、ねぇ 全部僕のせいさ 同じように戻せはしない 最後にまた 笑って笑ってよ僕に 誰かを恨めたらどれほど気楽だったんだ 故に極刑 自分を罰せ 健康な心を食い殺すんだ 自分の醜さにほとほと呆れてしまったんだ 目を潰して 耳を切って それでも声は消えてくれないのさ 何年経ってもまた 死んだ様に生きる僕を さあ神様 壊して壊してよ ねえ どうなったって知らない カラカラに乾く僕の心臓にさ 触って触ってよ ねえ ああこのまま時が過ぎて 古傷にもなれずずっと 本性なんて見せない 美しい僕らのまま さあ神様 壊して壊してよ ねぇ 千年たっても癒えない この傷を背負ってお終い ねえ、神様 殺して 殺してよ、ねぇ 全部僕のせいさ 同じように戻せはしない 最後にまた 笑って笑ってよ僕に

フェイキング・オブ・コメディ(feat. Ado)

歌手
jon-YAKITORY
歌い出し
「アイツはきっと」が始まった 飽きもせずまた ブラックなジョークのつもりが 踏み越えたらもうラッタッタ 空気と行儀が嫌いだ やる気が失せんだ ”礼儀知らず”をまた作り出すから 『そんなものだって割り切ればいい』 さあ たった一人でステージに立って あの手この手で君を笑わせたいの 本当のことはわからない 嘘と嘘で笑いあうの 嫉妬と怠惰で起こった 嫌いな自分が もう何度も何度も被った 化けの皮を剥がす 「こんなになってもやるんだ」 「へーそんな人なんだ」 五月蠅ぇ莫迦が知ろうともせずにさ 偉そうに言っていても ”見たまんま”が全て イメージの擦り付け 誰も彼もみんな 「その実っ…」つったってもう 見えなきゃわかんないし 大人になる度 割り切れてく さあ たった一人でステージに立って あの手この手で君を笑わせたいの 本当のことはわからない 嘘と嘘で笑いあうの さあ たった一人でステージに立って あの手この手でまた笑われて さあ たった一人でステージに立って あの手この手で君を笑わせたいの 本当のことはわからない 嘘と嘘で笑いあうの 僕ら 笑いあうの

ペルソナリティ feat. jon-YAKITORY

歌手
神野メイ
歌い出し
貼り付けた笑顔の下ではいつも茹だる毎日に飽き飽きなんだ 溶かして濾過して色褪せて味の消えてる嘘を吐き捨てる 鏡に映った有象無象 君もそっくりそのままなんだと言えば 過去に罪なんてないのに黒い顔に仮面を被せてる 偽る限り 鈍色の涙 馬鹿馬鹿しいだけの咎めが怖くて仕方ないんだ 誰だって苦しいんだ ここで輪になって叫ぶんだ 抱え込んで苛立って 見透かされそうで怯えてる 誰だって苦しいんだ ここで輪になってわかるんだ 思い込んで彷徨って 気付かされそうで怯えてる 人の目気にして殻に篭るだけ それはいつまでも同じなんだ 今日も嘘を着て外に出よう 傘をさすの忘れずに でも心の隅の方で誰かに縋り続けて うだつの1つも上がりはしないんだ 弱さが蔓延る胸の中 それすら予定の通りと頷こう 愛もとってつけては 上手くいきやしない 間違い探しをいつまで繰り返すつもりなんだ 誰だって苦しいんだ また嘘をついて嘆くんだ 引きずって寝れなくて 見透かされそうで怯えてる 誰だって悲しいんだ また嘘をついて壊すんだ 嫌になって呆れて 気付かされそうで怯えてる ふらふらして くらくらして 分からないよ 窮屈な毎日が迫って逃げ場の1つもないんだ 気付いていない 今の僕は 染まっていたんだな 涙を誰かに 拭い取ってもらいたかった 誰だって寂しいんだ 一人 夜になって気付くんだ 数インチの向こうで 今も照らされ求めてる 誰だって苦しいんだ ここで輪になって叫ぶんだ 抱え込んで苛立って 見透かされそうで怯えてる 誰だって苦しいんだ ここで輪になってわかるんだ 思い込んで彷徨って 気付かされそうで怯えてる

秘密ばっかり

歌手
jon-YAKITORY
歌い出し
なんてったの?今 なんてったの? 笑ってるだけじゃわからないよ 二人の秘密が 花を咲かせたんだ 一時の夢も終わる 私はダレだ? 貴方は何処だ? 痛い痛いの全て 飛ばしてよダーリン 曖昧なままで 不確かなままで 挨拶がわりのキスをしようか ふざけてんじゃん ねえ ふざけてんじゃん いないいないばあで煙に巻くの? きっとずっと秘密は 貴方だけのもの 私を弄ぶの 私はダレだ? 貴方は何処だ? 嫌い嫌いを全て 受け止めてダーリン おしまいの先へ 連れてってなんて 言えないよ私 もう戻れないし 小さくなって待ってた 真っ赤な傘の中 愛の根っこを生やしてた 生き抜くため もっともっとわかってよ 感じたこと全て 愛がもっと欲しいんだよ わたしも もう何回 君の言葉に 惑わされてるのでしょう その愛を愛を愛を 手に出来ないのなら 秘密のままでいい

蝸旋

歌手
jon-YAKITORY feat. Ado
関連作
ゲーム「LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶」主題歌
歌い出し
なんで、どうして この孤独は 誰にとって必要なの? 明日を見上げる首は いつか誰かに 切り取られていた 大声で笑うことは いつになれば 許されるのかな もし今疲れ果てて 倒れたって誰も気付かない 今日は今日のまま お前らのせいだ お前らのせいだ あの記憶も この制裁も お前らのせいだ お前らのせいだ 言い訳なんて 聞きたくない 後悔や絶望 苦痛も全部 クソ喰らえ 賽の河原で待ちぼうけ 救いがあるって期待をしていた あの日あの時ここで何ができれば 変われていたかな 夢の中で今日も ソレはずっとこちらを見てる ただ静かにそっと この首に両手をかけて この悪夢にずっと 閉じ込めて苦しめるなら ここで殺して 今すぐここで殺して! お前らのせいだ お前らのせいだ あの記憶も この制裁も お前らのせいだ お前らのせいだ 本心なんて 聞きたくない 知りもしない奴らは言う 何が正しくて誰が悪か 決めつけで底の浅い倫理広げて お前らのせいだ お前らのせいだ 疲れたんだ 何もかも お前らのせいだ お前らのせいだ あの記憶も この制裁も お前らのせいだ お前らのせいだ 言い訳なんて 聞きたくない 後悔や絶望 苦痛も全部 クソ喰らえ

歌手
jon-YAKITORY
歌い出し
笑って走っていく日も 泣きながら帰る日も この街と共に生きてる ガラガラの電車に乗る度 思い出すことがあった 窓の外から見えてるのは それぞれの物語 仲間の呼ぶ声がする 合わさって初めて動き出す 笑って走っていく日も 泣きながら帰る日も この街はいつもここに 刻み込んでいく 誰かが笑ったような気がした 泣いたような気がした 遥か昔の記憶に針が落ちていく 街と共に カラカラに渇く喉の奥 強がりを飼い慣らした 繋ぐ手が増えるその度に 強くなれる気がしたんだ 僕らを呼ぶ声がする 連なって先へ繋ぐ絆 傷つけてしまう日も 悲しさ込み上げる日も 言葉と音に変えてく 忘れないように 笑って走っていく日も 泣きながら帰る日も この街はいつもここに 刻み込んでいく 誰かが笑ったような気がした 泣いたような気がした 遥か昔の記憶に針が落ちていく 街と共に

謀反くん feat. Yupman

歌手
jon-YAKITORY
歌い出し
あんたにゃわかんないよな この意味がその痛みが 言い訳が五月蝿い その口をまず潰してあげる いくら泣いてもらったっていい 野次馬が群がったっていい このまま共に地獄に堕ちよう こうなるってわかっていたら やさしく扱っていたかい? どうでもいいかもう 涙流し嗚咽混じり 「ごめんなさい、ごめんなさい」 でも許せないから許さないんだよ ごめんなさいごめんなさい なあ俺が人殺しなら あんたは俺殺しだ お互い様でいいだろ? 誰もわかんないよな 裏の顔 本音なんてさ だから驚くよな 「あの人が」って もう遅いけどな あなたの前で情けなく ごめんなさいごめんなさい 壊れかけのおもちゃみたく ごめんなさいごめんなさい 何も楽しくはないんだよ ごめんなさいごめんなさい ただ涙だけが止まらないんだよ ごめんなさいごめんなさい なあ誰が悪だとかもう どうだっていい どうだっていい さあ今全てにおサラバ ごめんなさいごめんなさい なあ俺が人殺しなら あんたは俺殺しだ お互い様でいいだろ?
【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

jon-YAKITORYの歌詞一覧リスト