生きるってなんだよ 歌詞葵木ゴウ(午後ティー)

『葵木ゴウ(午後ティー) - 生きるってなんだよ』収録の『生きるってなんだよ』ジャケット
  • 作詞:
    午後ティー
  • 作曲:
    午後ティー

ステータス:

公式 フル
シェア:

葵木ゴウ(午後ティー)「生きるってなんだよ」歌詞

なぁ 「生きる」ってなんだよ


「根腐れした生活との心中を夢見て止まない」
そんな歌を書く 退屈で自慰的な日々だ
失うものなんてない 強いて言えばこの命くらい
情けない 三十で死にたい


喜怒も哀楽も邪魔だな もう窓から捨てたい
僕は空っぽであるべきだ
じゃないとまた泣いてしまう
惨めな現状に


壊してしまえよ
僕のこの感傷を 音楽を 理想の未来を
声を 言葉を 愛憎の記憶を
譲れないものも守りたい存在もないような人生を 
なぁ 「生きる」ってなんだよ


夕焼けの部屋に焼死体は僕一人だ
死にたい理由が天井に焼け付いたまんまだ
僕が歌を歌えば たちまち灰になって消えた
だからもう これで最後にしたい


春ももうすぐか 嫌だな
ねぇ 風の隨に
僕も攫ってくれないか
じゃないとまた気付いてしまう
己の無価値さに


美しいものは総じて一瞬だ
じゃあ僕は不老不死かもな
冬の夕日も黎明の夜明けも朝焼けも刹那
花も雨も四季も風景も同様だ
もう みなまで言うなよ


「負けるが勝ち」っていうのは勝者の甘言だ
肥大した自嘲は敗者の後遺症


好きで握ったペンやギターは僕を刺すナイフ 成れの果て
己が血を啜るその先に幸福はないぜ
「いつか」って言葉が嫌いでしょうがねぇ
今んなって足掻いても僕には「それ」しかないのに


死なば諸共だ
くらえ この絶唱を
来世では笑っていたいよ


それだけでいいや
望めば損すんだ 大抵は
知ってんだ


壊してしまえよ
僕のこの感傷を 音楽を 理想の未来を
声を 言葉を 愛憎の記憶を
譲れないものも守りたい存在もないような人生を
腐った性根を


「花は散るから愛されるのよ」
いずれ死ぬ僕は愛に飢えた
なりたいもんにもなれねぇと悟って枯れたんだ
桜の咲いた庭を眺めて呟いていました


「生きるってなんだろう」


「生きるってなんだよ」


『葵木ゴウ(午後ティー) - 生きるってなんだよ 歌詞』収録の『生きるってなんだよ』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2020.03.12
  • 曲名:
    生きるってなんだよ
  • 歌手:
    葵木ゴウ(午後ティー)
  • 作詞:
    午後ティー
  • 作曲:
    午後ティー
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

葵木ゴウ(午後ティー) 『生きるってなんだよ』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE