キューブ

Cube 歌詞星野源映画「CUBE 一度入ったら、最後」主題歌

『星野源 - Cube』収録の『Cube』ジャケット
  • 発売:
    2021.10.18
  • 作詞:
    星野源
  • 作曲:
    星野源
シェア:

ステータス:

公式 フル

星野源「Cube」歌詞

未来 閉ざした
もう終わりさ すべてに希望が見えない
振られた賽の中 閉じ込められた


わーきゃーと叫べど
待つだけじゃ 助けは来ないさ
考えろ ここでは
誰も彼も出られない


昔観た カナダの映画であった
いかれた箱で殺されてゆくだけ


運命の河流れ いま抗え
気付かず生き惚(ほう)けた
過去をみな 脆い藁に変えて
出口に繋ぐまで


一寸の虫けらと 笑うやつを
終わらせろ
悲しみに座り くつろげるまで
投げる匙も持てず ただ生きていくだけだ


昔見た 手品の箱のようだ
四角い闇の中で刃を待つだけ


運命の河流れ まだ抗え
気付かぬふり通した
過去のこと 顎を摘み見つめ
口づけできるまで


前言を撤回し 音でやつを
殴らせろ
憎しみは やはりここにあるから
逃げることもできず まだ生きていくだけだ


ほら見ろ 扉が開くようだ
光に包まれて 出るとどうだ
箱がただ 球になっただけだ


運命 飲み込まれ すべて呪う
ことにも飽き飽きだな
バカが強いる 理不尽を解(ほど)け
出口が光りだす


運命の河流れ いま抗え
気付かず生き惚(ほう)けた
過去をみな 紡ぎ縄に変えて
出口に繋ぐまで


一生の切なさを 笑いながら
踊らせろ
悲しみに座り くつろげるまで


僕らいつも果てなきこの愚かさの中


『星野源 - Cube 歌詞』収録の『Cube』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.10.18
  • 曲名:
    Cube
  • 読み:
    キューブ
  • 歌手:
    星野源 (ほしのげん)
  • 関連作:
    CUBE 一度入ったら、最後
  • 作詞:
    星野源
  • 作曲:
    星野源
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

星野源 『Cube』の MV / PV

「Cube」のリリース情報

星野源の新曲「Cube」が、10月22日公開の菅田将暉主演映画「CUBE 一度入ったら、最後」の主題歌に決定した。


「CUBE 一度入ったら、最後」は、1997年に公開されたヴィンチェンゾ・ナタリ監督による映画「CUBE」をリメイクした密室エンタテインメント。熱感知式レーザー、ワイヤースライサー、火炎噴射など殺人トラップが仕掛けられている謎の立方体・CUBEに閉じ込められた男女6人の姿が描かれる。主演の菅田のほかに、杏、岡田将生、田代輝、斎藤工、吉田鋼太郎といった面々が出演する。


主題歌「Cube」を書き下ろした星野は、本楽曲について「楽曲制作に入り、己と映画から受け取ったテーマをぶつけてみると、怒りにも似た爆発するようなエネルギーが生まれていき、それを音と言葉に封じ込めました。ぜひ、わーきゃー叫びながら、爆音で聴いてください」とコメント。一足先に楽曲を聴いた菅田は「圧倒的絶望の中にいて、希望を探す。希望を探すと愚かな自分に出会い見つかりかけた希望が自分のせいでまた失ってしまう。そんなCUBEという映画が最後星野さんの音楽によってその悲しみや後ろめたさは残したまま希望を持って前に進める作品になる気がしました」と語っている。


「星野源」コメント

オファーを頂き、カナダのオリジナル版と完成したばかりの日本リメイク版の『CUBE』を観ていると、その猟奇的な内容にこれまでになかったような新しい自分の音楽が作れる予感がしました。楽曲制作に入り、己と映画から受け取ったテーマをぶつけてみると、怒りにも似た爆発するようなエネルギーが生まれていき、それを音と言葉に封じ込めました。
ぜひ、わーきゃー叫びながら、爆音で聴いてください。


感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ