よみ:
いせかいこんごうだいぶとうかい

異世界混合大舞踏会 (feat. おばけ) 歌詞星野源

『星野源 - 異世界混合大舞踏会 (feat. おばけ)』収録の『異世界混合大舞踏会 (feat. おばけ)』ジャケット
発売:
2022.07.18
作詞:
星野源
作曲:
星野源
編曲:
星野源

星野源「異世界混合大舞踏会 (feat. おばけ)」歌詞

静かに 時計の針が止まって
窓から ぬるい風と共に来たる


祭ることを忘れた 愚か者達の世
枕這う声がきみに 囁いたら


おばけが でるぞ
耳のうしろ あの世が踊る
おばけが でるぞ
だけど わりとそこまでは悪くない
おばけが きみを
連れて 視えぬ世界を遊ぶ
おばけは いるぞ
だけど 生きた人よりは 怖くないよ


密かに きみの肩に留まって
この世が 変わりゆく様を観てる


名付くことで 我ら生まれてきた いつの日も
未知を受け入れることが もしできたら


おばけが でるぞ
川の向こう あの子が踊る
おばけが でるぞ
胸の闇を 食べながら歌いだす
おばけが きみを
大人 聴けぬ言葉で笑う
おばけは いるぞ
側で いつも見てるから 覚えててね


嘆く民に 多様な神に
行き詰まるこの地球に
きみが創り 化け出る


おばけが でるぞ
生きて踊る ぼくらを繋ぐ
おばけが でるぞ
涙拭いて 遊ぶしかないからね
おばけが きみを
残し 視えぬ世界へ帰る
おばけは いるぞ
さらば 生きる人たちよ 気をつけてね


星野源『異世界混合大舞踏会 (feat. おばけ)』の 詳細

『星野源 - 異世界混合大舞踏会 (feat. おばけ) 歌詞』収録の『異世界混合大舞踏会 (feat. おばけ)』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.07.18
購入:
曲名:
異世界混合大舞踏会 (feat. おばけ)
よみ:
いせかいこんごうだいぶとうかい
歌手:
星野源 (ほしのげん)
関連作:
ゴーストブック おばけずかん
作詞:
星野源
作曲:
星野源
編曲:
星野源
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

星野源『異世界混合大舞踏会 (feat. おばけ)』の MV / PV

「星野源」コメント

彼岸と此岸の境がなくなり、あの世とこの世が入り乱れ、異なる世界が混ざり合って、
人間と人間以外が一緒に踊れるような楽曲を作ろうと思いました。
制作中、いくつかの楽しい心霊現象に見舞われたので、
来ていたおばけたちについでにコーラスを入れてもらいました。
遊びと祈りを込め、踊ってしまう呪いをかけたこの楽曲が、
劇場の中で主人公たちと一緒に異世界を冒険する皆さんのお守りになれば幸いです。


「山崎貴監督」コメント

ふと気づくとサビが頭の中で鳴っていて、おばけのように取り憑かれてしまいました(笑)。今回の映画の不思議な世界にヒュッと連れて行ってくれるチケットのような曲を作ってもらえたと思っています。そのパワーは優しそうでありながら計り知れなくて、まさに星野さんそのもののような存在感を発揮しながら、沢山の観客の皆さんを巻き込んでくれそうです。『その曲を聴いてはいけない。聴いたら最後…』


「山田兼司 (「ゴーストブック おばけずかん」企画・プロデュース)」コメント

コロナ禍が広がった2020年末に、「どんな過酷な試練も、子供たちだったら乗り越えていける。」そんな思いが、準備中の本作に自然と宿されました。同時に、子供たちが冒険するおばけの世界観を現代的に表現し、幅広い世代に楽しんでもらう。そのための主題歌が必要だと考えていました。その時、真っ先にお願いした理想のアーティストが星野源さんです。星野さんにしか生み出せない、子供と大人の境界を超えて支持される、ポップで深い歌詞と楽曲で、ゴーストブックの世界におきる化学反応を期待したのです。そして今、一度聴いたら心に残る最高のゴーストソングが誕生しました。ぜひ映画とともに楽しんでいただければと思います。


感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

星野源 異世界混合大舞踏会 (feat. おばけ) 歌詞 (ゴーストブック おばけずかん 主題歌)