『CHEMISTRY - Still Walking』収録の『Angel / Still Walking』ジャケット

Still Walking 歌詞 CHEMISTRY


Still Walking Lyrics
Still Walking 歌詞
歌手:CHEMISTRY

「自分信じて」なんて言われても ほんとの自分が何かわからない

ごまかして過ぎた毎日 たどり着いたこの場所 だけど それだけじゃいけない気もしてた

不器用でかまわない 僕だけの絵を描きたい 生きてることの証(あかし)を 残しておきたいから ささやかでも 誰かのために生きたい 未来(あした)へとつながる道 ずっとさがしてる また歩きつづける

僕を僕よりわかる人なんて この地球(ほし)にはいないと思ってた

そんなとき 君に出会えて 空の高さ 知ったよ 苦しみの先にあるという ときめきも

遅すぎることはない ゴールは自分で決める 今この胸を震わす音に向かって進む ふぞろいでも 誰とも違うリズムで 未来(あした)が手招きしてる道をたどろう また歩きつづける

ささやかでも 誰かのために生きたい 未来(あした)へとつながる道 ずっとさがしてる また歩きつづける また歩きつづける もう立ち止まらない

発売日:2019.08.21
作詞:松尾潔
作曲:和田昌哉・豊島吉宏
ステータス:公式フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

Lyrical Nonsense