ガラス越しに消えた夏の歌詞 CHEMISTRY

『CHEMISTRY - ガラス越しに消えた夏』収録の『Angel / Still Walking』ジャケット
  • 作詞:
    松本一起
  • 作曲:
    大沢誉志幸

ステータス:

公式 フル

CHEMISTRY「ガラス越しに消えた夏」歌詞

やがて夜が明ける
今は冷めた色
次のカーブ切れば
あの日 消えた夏


君は先を急ぎ
僕は ふり向き過ぎていた
知らずに別の道
いつからか離れていった


サヨナラを繰り返し
君は大人になる
ときめきと とまどいを
その胸にしのばせて


ツライ夜を数え
瞳くもらせた
ガラス越しの波も
今はあたたかい


君がいないだけ
今は苦しくはない
二度とは帰れない
あの日が呼びもどすけれど


サヨナラを言えただけ
君は大人だったね
ときめきと とまどいを
その胸にしのばせて


君は先を急ぎ
僕は ふり向き過ぎていた
知らずに別の道
いつからか離れていった


サヨナラを繰り返し
君は大人になる
ときめきと とまどいを
その胸に


サヨナラを言えただけ
君は大人だったね
ときめきと とまどいを
その胸にしのばせて


『CHEMISTRY - ガラス越しに消えた夏 歌詞』収録の『Angel / Still Walking』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2019.08.21
  • 曲名:
    ガラス越しに消えた夏
  • 歌手:
    CHEMISTRY
  • 作詞:
    松本一起
  • 作曲:
    大沢誉志幸
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE