Tsugi no Asa e Lyrics (Romanized)

Cover art for『XIIX - Tsugi no Asa e』from the release『XIIX』
Original Title: 次の朝へ
Artist:

XIIX

Release: 2023.07.26
Lyricist: 斎藤宏介
Composer: 斎藤宏介・須藤優
Arranger: Yu Suto
Video:

View Video

Transliterated (romaji) lyrics for this song are still waiting to be completed by our dedicated staff.

If you would like to submit your own romaji transliteration for this song, please use the form below:

Video:

View Video

Artist: XIIX
Submit a translation:
  • XIIX - Tsugi no Asa e Lyrics (Romanized)

  • XIIX - 次の朝へ Lyrics (Romanized)

何から伝えればいいだろう
よくわからないけど
これが最後の朝食だねって
焦げたパンを頬張る


人の数だけ普通があってその逆もあることも
近過ぎるだけでは見えない
いつも変わらない優しさがときに切ないことも
あなたと出会わなければ知らなかったよ


ありふれた言葉が部屋中舞うけれど
どれも違う気がするからもどかしいな
まだ寝ぼけてるふりをして
その目を擦ったなら次の朝へ


言葉にならない感情は
大事にしまうから
2人がここまで重ねてきた
日々を思い返してる


足音1つで機嫌の悪さが手に取るようにわかることも
口が裂けたとしても言えない
あなたはあなた私は私別の人だから
あなたと笑える今日を愛しく思った


それでも本当は切ないはずなのに
思い出が綺麗すぎるからもどかしいな
いつもの場所靴をはいて
ドアを開いたなら次の朝へ


眩い光がすぐそこにある
あなたの知らない未来への道
眩い光がすぐそこにある
どこまでも続く未来への道


ありふれた言葉が部屋中舞うけれど
どれも違う気がするからもどかしいな
ぎこちない笑顔背中に受けて
その目を擦ったなら次の朝へ


いつだって自分は自分で
同じように他人は他人で


分かり合えるなんて思ってもみなかったよ


どうして切なくなるんだろう
どうして愛しく思うんだろう


「ありがとう、さようなら、こんな私を許して。」


Copy Link

Video:

View Video

Artist: XIIX

XIIX『Tsugi no Asa e』Official Lyric Video (Short ver.)

×

Your Thoughts:

Come chat with us!

XIIX - Tsugi no Asa e (次の朝へ) Lyrics (Romanized)