Vivid Noiseの歌詞 ヴィヴィッドノイズ XIIX

『XIIX - Vivid Noise』収録の『USELESS』ジャケット
  • 作詞:
    斎藤宏介
  • 作曲:
    斎藤宏介・須藤優

ステータス:

公式 フル

XIIX「Vivid Noise」歌詞

群れを成した獣たち薄ら笑い浮かべているんだ
気付かないままどうか踊ってくれ
雑音が消えるまで


片っ端から構ってちゃキリがねえ
構ったとこでつけ上がる引き金
黙っていてもかさばっていく種
振って湧いてしまった時は金成
右左のらりくらりかわし続けた蓄積
癖になってんぞ んで make some noise
あとは好きにしてええよ


肝心なとこで放り出す
不適切な言葉のオムニバス
そぐわない態度と高気圧
それがわたくしにとっての常備薬でごわす
適当に並ぶ small でも up でも
一切から合切からまだまだ欲しがりたいね


五線譜に輝く悲しみが1つ
音の渦に飲み込まれて
今夢を見ていた


群れを成した獣たち薄ら笑い浮かべているんだ
血走ったその目を忘れられそうになくて
消えて行く都会の渦
少し正常なフリをしただけさ
気付かないままどうか踊ってくれ
雑音が消えるまで


悲しみの形 金縛り故に かなり綱渡り カナリアさえずり 必ず抜ける金網
北南西東見境無しいざ旅立ち
すげえパーフェクト んで make some noise
あとは好きにしてええよ


くらったらくらったで取り乱す
それでもわたくしは本気です
出会って8秒でフォーリンラブ
そりゃ動物さながら命知らずにおわす
夢中で探す round and round でも hand in hand でも
インサイドからアウトサイド命からがら揺さぶりたいね


五線譜をはみ出す綻びが1つ
奏でるには儚すぎて
そっと手を重ねた


はぐれてく除け者たち息を潜め震えているんだ
張り詰めたその目から逃れられそうになくて
消えて行く都会の渦
少し正常なフリをしただけさ
気付かないままどうか踊ってくれ
雑音が消えるまで


胸の奥に揺れる灯火が1つ
まどろむには眩しすぎて
それを吹き消した


生まれたばかりの獣 鏡の中手招きするんだ
澄み切ったその目も思い出せそうにないままで
壊れてく都会の渦
いつ正常が狂ってしまったか
わからなくてもどうか許してくれ
雑音が消えるまで


『XIIX - Vivid Noise 歌詞』収録の『USELESS』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.02.24
  • 曲名:
    Vivid Noise
  • 読み:
    ヴィヴィッドノイズ
  • 歌手:
    XIIX (テントゥエンティ)
  • 作詞:
    斎藤宏介
  • 作曲:
    斎藤宏介・須藤優
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

新着&おすすめ
文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE